英の放電日記

将棋、スポーツ、テレビ等、日々感じること。発信というより放電に近い戯言。

弁護士って……… ~“死刑廃止を目指す宣言”を採択”~ 【補足あり】

2016-10-14 22:48:12 | 時事
(体調を崩す前に書こうとしていた記事で、回復傾向になったら“三浦疑惑”が勃発)
まず、放電する前に「死刑制度の周辺事情」と「宣言採択の状況」を

Ⅰ死刑制度の周辺
・死刑は被害者家族が心の整理をつけるのに必要
・死刑制度の犯罪抑止力は立証されてはいない
・死刑廃止は世界の潮流である
・2014年11月の世論調査では、「死刑もやむをえない」が80.3%、「死刑は廃止すべきだ」9.7%

Ⅱ宣言採択の状況
・人権擁護大会(日本弁護士連合会が開催)は一部の弁護士しか参加しておらず、この大会で宣言を採択し、「死刑制度の廃止」という日弁連としての意思決定を決めるのはおかしい
・日弁連はこれまで、刑の執行停止や社会的な議論を呼びかけていたが、4年後に司法制度に関する国連の会議が日本で開かれることなどから、初めて制度の廃止を掲げた
・宣言採択の反対意見が相次ぎ、大会は一時紛糾した

日弁連が「死刑制度廃止」を掲げる一番の理由
 「冤罪によって死刑が執行されると取り返しがつかない」

 もちろん、冤罪はあってはならない。
「冤罪によって死刑が執行されると取り返しがつかない」というのももっともな主張である。

 しかし、それを防止するために、死刑制度を廃止するというのは、あまりにも短絡的!……論理がおかしい
 極論ではあるが
 「交通事故で人命を失うのはダメ」⇒「車を失くしてしまえ」
 と同じ理屈。

 「附属池田小事件」や「秋葉原通り魔事件」など無差別殺人事件、現行犯逮捕で冤罪の予知など全くなく、凶悪な容疑者でも死刑にならない。おかしくないかい!
 冤罪が起きないような捜査や裁判に尽力すべき!
 あなたたち弁護士が頑張るべきでしょう!


一票の格差に拘ることと言い、今回の死刑制度廃止の理由と言い…………

【補足】
死刑廃止にしても、冤罪はなくなりません。
法曹界や法律家にとつては、
「冤罪防止」<「冤罪者の死刑根絶」なのでしょうが。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相棒 season15 第1話「守... | トップ | 三浦九段不正疑惑、出場停止... »
最近の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
優先順位 (かみしろ)
2016-10-15 01:17:53
>それを防止するために、死刑制度を廃止するというのは、あまりにも短絡的!

これは優先順位によって変わります。
> 「冤罪によって死刑が執行されると取り返しがつかない」
死刑制度の存廃に於いて、冤罪死刑の防止を最重要問題とすれば単純に成立します。死刑制度を続ける限り先ずなくなりませんから。少なくする努力は当然するが、冤罪死刑が発生することを認めないと死刑制度は賛成できません。
 冤罪死刑の発生を認めない司法にしたいと考えれば自然な選択です。

>「附属池田小事件」や「秋葉原通り魔事件」など無差別殺人事件、現行犯逮捕で冤罪の予知など全くなく、凶悪な容疑者でも死刑にならない。おかしくないかい!

この辺、というか死刑制度の賛否はほぼ理屈ではなく感情の問題なんですよ。

>冤罪が起きないような捜査や裁判に尽力すべき!
>あなたたち弁護士が頑張るべきでしょう!

 ここが重要で
 完璧な捜査と完璧な判断があれば、死刑の有無は大した問題ではない、と私は思います。完璧な捜査と判断があれば、目には目をが一番いい気がします。
 それがあり得ないので、冤罪死刑の防止は死刑制度反対の大きな理由になるんです。

 一票の格差も、民主主義でやる以上は大事ですよ。
 ただ、それ自体は現状大した問題ではない。
 それに対する司法判断が大問題なんです。

 一票の格差をどの範囲に収めるかを司法が決めた訳です。
 そしてその範囲に収まっていなければ、憲法違反なので格差解消してやり直しなさい、というのがまともな司法判断です。

 ところが今は
 違憲状態ではあるが憲法違反とまではいえない
 と司法が言っています。
 これ、本気で言ってたら頭おかしいですよ。
 最高裁がこんな目茶苦茶言っているんですから、法律家は当然騒ぎます。
 私も一票の格差は大した問題ではいと思いますが、それを放置したままでいいよと裁判所が言うというのは、もう駄目なんだろうなあ、と思います。
Re:優先順位 (英)
2016-10-15 07:16:47
なるほど優先順位ですか……(記事に補足しました)

1票の格差についてですが、
法律家にとって、許せない司法判断、なるほどです。
しかし、これまで記事にしてきたように、現実問題として、1票の格差より、文化的格差の方が大きいです。「平等」ではないです。

でも、かみしろさんのおかげで、弁護士が1票の格差にこだわる理由がわかりました。
Unknown (矢倉)
2016-10-20 20:25:20
英さん、初めまして。

英さんの考え方で2点質問があります。

①英さんは冤罪を「完全に」無くせると思ってらっしゃるんでしょうか?

②もし「完全に無くすのは無理だ」と思っていた場合、「冤罪で死刑になる人がいても仕方ない」という考え方なのでしょうか?
痛い処を突かれますね ()
2016-10-20 20:50:17

矢倉さん、こんばんは。

①の答え
 世の中、100%ということはないと思っております。
 「完全になくすの」は難しいです。

②の答え
 「冤罪で死刑になる人がいても仕方がない」とは思いません。

 私の考えは「死刑制度を廃止するのは間違っている」=「冤罪で死刑になる人がいても仕方がない」ではありません。
 本文で例に挙げた無差別殺人(現行犯逮捕)の容疑者でも、死刑にならないというのはおかしいと述べているのです。「現行犯逮捕でも100%冤罪ではないのか?」と問われれると、100%言い切れないかもしれませんが……
 私が言いたかったのは、「ほとんど100%犯人の場合に死刑判決がない」というのはおかしいということと、「死刑を廃止すること」は「冤罪で死刑になることは0%」ということに直結しますが、「死刑を廃止すること」と「冤罪の有無」は因果関係がないので、「死刑云々より、冤罪をなくす努力をすべき」ということを述べたかったのです。
 文章力不足と極論に走りがちなことを欠点をご容赦ください。
「亀山がいてこその右京さん」の時代が良かったなあ(笑) (矢倉)
2016-10-21 14:01:41
こんにちわ。

お返事ありがとうございます。

個人的には英さんが例に挙げられたような、無差別殺人かつ現行犯のような場合には死刑があっても仕方ない(死刑にすべき)という思いがあります。
私がもし現行犯の凶悪殺人事件の陪審員を務めるなら間違いなく「死刑」を求刑すると思います。

ただそれでも「法律的には」死刑制度は廃止したほうがいいというのが私の考えです。

個別の事例での感情や判断とは別に、「法的に」どうあるべきかはその法律自体が存在するためにおきるメリット、デメリットも考慮して決められるべきだと思います。
死刑を廃止することで、交通事故(冤罪)は無くせなくても交通事故による事故死(冤罪による殺人)は無くせるのならそうすべきではないかということです。
(死刑反対派は車自体を無くせと言ってるわけではなく、車自体を無くせないことが分かっているからこその主張なのです。)

例えば前述のような無差別殺人の類似ケースでも、犯人が心神喪失状態や多重人格障害等の問題があった場合には判断が難しいにもかかわらず、「死刑が存在する」ことで「無罪or死刑」の究極の選択になることもあります。

また各証拠から一見100%犯人に見えても、証拠自体を警察や国家権力がねつ造するケース等も「十分」考えられます。
そういった場合弁護士がいくら頑張っても無罪を勝ち取ることが難しいケースも出てくるかと思いますし、それで死刑が執行されれば、その家族は無差別殺人の被害者遺族と同じ思いをすることになります。

「冤罪で死刑になる人がいても仕方がない」と思う人はほとんどいないでしょう。
ただ冤罪を100%無くせない以上、死刑制度を存続させるということは「『結果的に』冤罪で死刑になる人がでても仕方ない」ということと同じことだと思います。

死刑制度の賛否の要因は多岐にわたるため、「冤罪死刑」問題だけでそれを決めることはできないとは思うのですが「『結果的に』冤罪で死刑になる人がでても仕方ない」という考え方を受け入れられるか否かという部分は、制度の賛否が分かれる大きな要因の一つになっていると思います。
私は現状では受け入れられませんでした。

(長文失礼しました。私も文章力がない上、結論が違っているのでどうしても英さんの考えを全否定するかのような文章になってしまっているかもしれません。
お気を悪くされたらすみません。
そのうえで賛成はできなくても一つの意見として理解していただければ幸いです。

・・・でも三浦さんの件については私も同意見ですよ(^^)
大事な考えとして ()
2016-10-21 15:51:27
矢倉さん、こんにちは。

 なるほどです。
 おそらく、法律や裁判についてはるかに詳しいと思われる矢倉さんが感じている「冤罪による死刑」の危険性が、私の考える危険性より、相当大きいようですね。
 素人考えですと、冤罪の可能性がある被疑者(被告)に死刑の判決は出さなければいいと思ったのですが、判決は被告の罪に対して下すので、シロかクロか不確定なのでは、判決が下せませんものね。

 今回、≪何だよ、こいつ。よく知りもしないクセに≫と思われるような私の主張に対し、冷静に問題点を指摘してくださり、感謝しています。
 矢倉さんのご意見に100%納得はしていませんが、納得する部分も大きいです。心に留め置きます。
私も・・・ (矢倉)
2016-10-21 17:08:56
死刑反対の立場でコメントを書きましたが、本当にそれが正しいといえるのか自信があるわけではありません。

だから私の方こそ、今回英さんの記事を読んで、いろいろ考えるきっかけを与えていただいたことに感謝しています。

ありがとうございました。
何を重視するかで ()
2016-10-21 19:19:27
矢倉さん、こんばんは。

 かみしろさんも仰っていましたが、何を重視するかで主張も変わってきます。視点を多く持つのは重要で、議論は有益ですね。
 これからもよろしくお願いします。
死刑廃止のホンネとタテマエ (madi)
2016-10-22 12:00:21
軍事やテロリスト対策の場合との対比の視点が日本では軽視されがちです。欧米では現場での射殺はあたりまえ(まちがいもおりこみずみ、そのときは国家賠償等で対処)、そのうえでの死刑廃止となっています。

 冤罪事件が身近かどうかで警察検察に対する信頼度はかなりかわると思います。わたしは25年間弁護士をやって無罪を2件とっていますが、どちらも長期間逮捕勾留されていました。
その国、その人によっても判断が違うかも ()
2016-10-22 19:25:53
madiさん、こんばんは。

 madiさんの仰る通り、犯人逮捕の際の射殺の頻度が欧米と日本では大きく違います。
 冤罪と距離が近い弁護士と私では、冤罪に対する切実さも違いますね。

 「一票の格差」>「合区の不合理・強引さ」と考える弁護士グループに反感があったのも、今回の記事に影響しています。
 それに、クロの被告であっても、無罪を勝ち取ろうとする弁護士をドラマで観て、毒されているのかもしれません。
 ところで、実際にクロと知りつつ、無罪を勝ち取ろうとする弁護士はいるのでしょうか?

コメントを投稿

時事」カテゴリの最新記事