千恵子@詠む...★福島みずほ応援団

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれや
と交差の果てへ

手帳をば無くして痛し予定かな 還暦定年あと二箇月と

2016年08月24日 | 詠む

もう十年以上使ってた手帳。おきにいり薄型ダイゴー千円黒革すら高くて、ビニールに変えた近年。なくしちゃった。

もともと、おっちょこちょいだが注意力も散漫になっているかな。あと2箇月で還暦&定年

今度こそ見つからなそうなので、不義理をしたらごめんね。

そうそう、有給休暇あと8日。使い切らなきゃ、というか生まれて初めての!有休全部消化。

わたしのツイッター画像 レデイ・ジャスティス

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

「帰ってきたヒトラー」なりの原作は ティムール・ヴェルメシュ河出書房新社

2016年08月24日 | 詠む

「帰ってきたヒトラー」  ティムール・ヴェルメシュ 河出書房新社

原題: Er ist wieder da 「彼が帰ってきた」

先月封切りの映画は、みた。原作の、ドイツのベストセラー小説だ。

題名がトンデモ本ぽいけど、違う。風刺が効いている。人気者になっていくヒトラー。

笑っちゃうけど、正鵠を射ている。

トルコ人がたくさんいるのに驚くヒトラー。個人商店が衰退している、チェーン店ばかり。節操のないテレビ、政治家。ははは。

15年はドイツで、ヒトラー本人気。16年は日本で角栄人気と。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

経産省テント撤去で逮捕かよ 霞が関は高江化してる

2016年08月23日 | 詠む

脱原発テントは消えても 避難者を優しく支えた場「またみんな集まってくる」 東京新聞8月22日

良い記事だ。気になる部分を、転載。

>午後一時から、テントの跡地で開かれた抗議集会には約百人が集まった。たまたまこの日、テントを訪れる予定で 上京した福島県浪江町の畜産農家吉沢正巳さん(62)も参加。吉沢さんは福島第一原発事故で被ばくした牛を飼育しており、「福島の原発事故の反省もないま ま国は原発を動かしていく。私たちの街は原発事故でチェルノブイリの状態になり、多くの人や家畜が亡くなった」と訴えた。

>さらに「テントは脱原発の象徴だったが、抗議のやり方は別にある。テントがあった場所にまた皆集まってくるはず。命そのものがどう扱われてきたか訴えることは変わらない」と強調した。

捜査関係者によると、抗議集会では、吉沢さんが持ち込んだ牛のオブジェをどけようとした男性警察官にぶつかって抗議したとして、丸の内署が公務執行妨害の疑いで、六十代の男性参加者を現行犯逮捕した。男性は黙秘しているという。

日本語がよくわからないが、よーするに不当逮捕ってことか???

テント日誌8月21日(日)によれば、

>まったくひどい不当逮捕だ
>昼過ぎには、丸の内警察署がやたらに高圧的に我々の妨害をし、
>オブジェの分捕りあいが起こり、

>それを撮影していたカメラマンが大勢の警備警察に囲まれて交叉点の反対側に連れて行かれ、
>更に警察の車で丸ノ内署に拉致されてしまった。
>まったくひどい不当逮捕だ。
>テントから沢山の人が丸の内署にかけつけ、抗議の声をあげた。
>4階で面会していた、カメラマンと弁護士さんには、抗議の声が力強く聴こえたそうだ。
>22日も18時から丸の内署に抗議する。
>不当なテント撤去にも不当な弾圧にも私たちは負けない。(K.M)

注目しよう。

以下は、今後の予定。わたしのブログは自らが参加する企画のみを厳選して紹介してるが、こんかいは特例だ。

22日(月)10時~18時 経産省前抗議、座り込み、スタンディング
         18時~19時 丸の内署抗議行動
23日(火)10時~18時 経産省前抗議、座り込み、スタンディング

8/26(金)抗議行動 経産省抗議行動 17:00より18:00
  
8/26(金)抗議行動 再稼働反対!首相官邸前抗議 18:30より20:00主催:首都圏反原発連合

脱原発9・11怒りのフェスティバル 主催:経産省前テントひろば



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

5年間続いたテント経産省 午前三時の強制撤去と

2016年08月22日 | 詠む

2011年9月11日、東京・霞が関のど真ん中、経済産業省管理のポケット・パーク内に建てられた「経産省前テントひろば」。5年の間、テントは脱原発を求める市民たちの声を代弁し、集会・コンサートやイベントなど、交流の場として親しまれてきた。 

2013年3月、テントは経産省から立ち退きを求めて訴訟を起こされ、2015年10月、高裁で「控訴棄却」の判決。控訴したが、まよなか強制撤去。高江もだが、霞が関も強硬なり。

9時から、現場で記者会見。IWJ中継あり。


画像は、テント美術館イラスト

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

戦中の闇を引きずる談合だ 「状況曲線」松本清張

2016年08月21日 | 詠む

「状況曲線」 松本清張 新潮文庫

歴史分析がするどい清張だが、これは土建業界の談合、高級官僚と戦中の闇を背景にしたミステリー。

1976年から「週刊新潮」に「禁忌の連歌」として連載された4小説の、ひとつ。

下巻では謎解きに、刑事が挑むと。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

明るいよ原田病の日記なり 内戦だって・森まゆみ譚

2016年08月20日 | 詠む

「明るい原田病日記 私の体の中で内戦が起こった」 森まゆみ 亜紀書房 ちくま文庫

百万人に五人という、たいへんに珍しい病気。ウイルスに感染し変形したメラノサイト(メラニン色素を作る細胞)が、免疫の攻撃を受ける。副題に私の体の中で内戦が起こったとあるが、まさにそう。

がんで認知症気味の父、自身の子宮頸がんや花粉症。なんて大変なんだ。だけど、明るい日記なんだよ。森まゆみ、見なおした。

------------- 目次 緑字は千恵子メモ ------------------------

1 明るい原田病日記 歪んだ世界―2007.4.13‐4.17

腹出し病?―4.18‐4.21 見つけたのが原田さんだから、原田氏病とも呼ばれるが、なんと腹出し病?と聞き違えるひとも??
お産以来の入院―4.22‐4.25 3人の子供育て、地域の雑誌つくりと健康的な生活を送ってたのに
病棟観察記―4.26‐5.2 観察眼が鋭い さすがっ
副作用はじまる?―5.3‐5.7 ほか やっぱり難病なんだよね

2 ほんとうに聞きたかったこと

自己免疫疾患とわたし―津田篤太郎医師に聞く ちゃんと専門家に聞くとこが、えらい
見えるということ―若倉雅登医師に聞く 複数の視点から探る

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

メキシコの料理まんさい「テピート」だ 滝沢久美よPARCO出版

2016年08月19日 | 詠む

「メキシコ料理 Tepito レシピブック」 滝沢久美 PARCO出版

下北沢のメキシコ料理店「テピート」の料理本。

なんども行ったので、すこしずつメキシコ料理の味を覚えていった。本書では作り方が詳しく載っている。

前菜のワカモレ。アボガドがきれい、美味しい。そのチップスも手作り。

とうもろこしから作るクレープ状の「トルティージャ」。いろいろに展開した料理の数々。

「サルサ」は、ソース。家庭料理から本格料理まで。

メキシコ料理は世界で初めて、料理として世界遺産に登録されたんだって。

ソムリエでもある著者。お店には100種類以上のプレミアムテキーラ。お試しセットもあり。

お店の小物や飾りも素敵なのだが、写真集の皿や布も美しい。さすがPARCO出版。

--------- 目次 緑字は千恵子メモ ------------------

はじめに
メキシコ料理とは テックスメックスとの違い
メキシコ料理のフルコース コメは野菜の分類なんだって
トルティージャ そ、これが定番
トルティージャ・チップス 手作りの、おいしいね

1 サルサとタコス ソースとタコスと
2 トルティージャを使う料理 いろいろあるんだねー
3 前菜とスープ 家では作れない わたしの場合
4 肉料理と魚料理 なるほど なるほど
5 メキシカンライス、トルタ(サンドイッチ)とパスタ トルタって言うんだ
6 デザートとドリンク 甘いんだよ

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

土曜日は「おいしいペルー」代々木にて ペーニャハラナを聴きにいくのさ

2016年08月18日 | 詠む

ペルー音楽を聴く。---------- 以下、転載。

8月20日(土)おいしいペルー(代々木公園)で演奏します!

おひさしぶりです。ペーニャ・ハラナです。
真夏の炎天下、今年も代々木公園ケヤキ並木で開催される「おいしいペルー2016」に出演することになりました。

場所:代々木公園 ケヤキ並木[地図:Google Map]
入場:無料

・JR「原宿駅」徒歩3分
8月20日、21日の土日に開催されるのですが、ぺにゃはが演奏するのは初日の20日土曜日です。
時間はだいたい2時から3時の間ぐらいではないか、とのこと(まだプログラムが決まっていないそうです)。
世界的にもブームになっているペルーのおいしい料理を食べながらぺにゃはの音楽を楽しみませんか?
また情報が確定し次第、こちらを更新していきたいと思いますので、よろしければぜひチェックしてください!

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ボウハイゴ暴力団の物語 「雨の狩人」大沢在昌

2016年08月17日 | 詠む

「雨の狩人」 大沢在昌 幻冬舎

上の句、ボウハイゴ。暴力団排除条例の施行後ということ。

映画「ヤクザと憲法」を知ってるわたしには、興味深い主題だ。

といっても、新宿鮫大沢在昌なので警察ロマン小説。エンターテイメントだけどね。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

「ティエリーの憂鬱」それは社会だね ドキュメント風フランス映画

2016年08月16日 | 詠む

映画「ティエリーの憂鬱」

50歳を超えて買い越されたティエリー。失業して1年半、クレーン操縦士の資格を取っても、職は見つからない。

やっと見つけた警備員の仕事は、社会の矛盾が煮詰まった在りよう。たんたんと描かれる憂鬱。

ひとごととは思えない。

地味な映画なのに、フランスで百万人が観たという作品。

渋谷ヒューマントラストシネマなどで、8月27日から上映。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

映画だよ「不思議なクニの憲法」は 22日に弁護士会館

2016年08月15日 | 詠む

弁護士会館のって、無料が多いよね。ラッキー。

フェミニズム映画を撮った松井久子監督の見たかったんだ。 ---以下、転載

夏休み映画企画 「不思議なクニの憲法」を観て監督と語ろう

画「不思議なクニの憲法」は、憲法に関する議論が主権者である国民の間に広がることを願って制作されたものです。

第一部では、映画の上映後、映画を制作した松井久子監督と伊藤真弁護士とのトークセッションを行います。憲法や国の在り方についての疑問を気軽に語り合い、一人ひとりがこの国の将来と憲法について考えるきっかけになることを願っています。

今年は憲法制定から70年を迎える節目の年です。
この節目の年の夏休みに、ご家族と一緒にこの映画を観て、憲法や国の在り方について考えてみませんか。

 

2016年8月22日(月)

【第1部】 14時00分~17時10分

【第2部】 18時30分~20時40分

 

場所

弁護士会館2階 講堂「クレオ」A 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」B1
arrow_blue_2.gif会場地図

参加費・受講料 参加費無料・事前申込不要
(※臨時託児施設をご利用される方は必ず事前にご連絡ください。)
   
内容

●第1部  14:00-17:10 (13:30開場)

【映画上映】 「不思議なクニの憲法」


【トークセッション】 松井久子監督 ・伊藤真弁護士(日弁連憲法問題対策本部副本部長)

 ● 第2部  18:30-20:40 (18:00開場)

【舞台挨拶】  松井久子監督

【映画上映】  「不思議なクニの憲法」

映画の詳細は映画のicon_page.pngウェブサイトをご覧ください icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;1MB)

   
主催 日本弁護士連合会 03-3580-9969
   
 

画像は、声をあげるなかのひとり 孫崎享・本

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

チェチェンでの医師の「誓い」は重いのだ 貴重な記録ハッサン・バイエフ

2016年08月14日 | 詠む

「誓い チェチェンの戦火を生きたひとりの医師の物語」 ハッサン・バイエフ アスペクト

岩手県くらいの大きさ。1994年に始まった第一次ロシア・・チェチェン戦争のとき100万人足らずだったのが、25万人が殺され、50万人が国外で難民生活を強いられているという。

題名の「誓い」とは、ヒポクラテスの医療倫理への誓いだ。それを実践したがゆえに、ロシア政府からもチェチェン側からも暗殺されそうになる。米国に亡命せざるを得なくなる実録記。

チェチェンの境遇、ロシアの暴虐が、丁寧に綴られている。そのなかでのハッサン青年の動きと決断。2キロくらいある厚い本、中身は重い。たいへんに重い。

--------------- 目次 緑字は千恵子メモ --------------------------------

第1部 平和な時代

ダダとナナのこと

父祖たちの記憶

医師への道 医大の補欠にやっと入れたが、家がなくホームレスしながら待つ 86

帰郷、そして結婚

開戦前夜

第2部 第一次チェチェン戦争

破壊された病院

天国と地獄

若いロシア兵たち 脱走してきたロシア兵を助ける 198

救うべきか、見捨てるべきか コーカサスの虜 216

アルハン・カラの危機

グロズヌイ脱出

第3部 束の間の平和

瓦礫の中の復興 化学兵器 271

魂の衰退

メッカ巡礼 いびつなチェチェン語 295

人心の荒廃

第4部 第二次チェチェン戦争

戦争の再燃 大工道具を医療器具にするしかない 305

悪化の一途

つきまとう死の影

地獄の中へ 地雷源の進軍 若者たちの死 408 気を失いながらも2日間ずっと手術を続ける 414

第5部 米国への亡命

チェチェン 脱出

厳しい選択

悲しみのとき

モスクワ劇場占拠事件

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

「スターシップ・トゥルーパーズ」20年か ポール・バーホーベン監督だったね

2016年08月13日 | 詠む

個性的な作品を作ってるなあ。ポール・バーホーベン監督。

8月の映画会も参加するけど、宣伝惹句が意味不明。

>私たちも戦争の偉大さ、神聖さを称え、熱く「漢」になって花と散りましょう!

嘘だろ!? これは、皮肉なのか? なんなのか??

--------------------------------------- 以下、転載
8月の東京スプリング

日時:8月21日 15:00~
場所: 新宿カフェ★ラヴァンデリア

地図http://3.bp.blogspot.com/_nDOGMYbAAD4/TU0bbfal7HI/AAAAAAAAAyE/sadO_PvTs0o/s1600/cl_map.png

今回の東京スプリングは夏休みスペシャルです!夏と言えば戦争!テレビでも戦争に関するドラマや特集番組が溢れかえっています。私たちも戦争の偉大さ、神聖さを称え、熱く「漢」になって花と散りましょう!

上映する映画は「スターシップ・トゥルーパーズ」です。

入場は無料ですが、上映前に必ずワンドリンクオーダーをお願いします。

directactionddd@gmail.com 08032711871

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

「私たちは『買われた』展」 神楽坂11日〜21日

2016年08月12日 | 企画

この少女たちの企画、2月の「ヴェギナ・モノローグ」のときから気になってた。-------以下、転載

私たちは買われた

中高生世代を中心とする当事者がつながり、声を上げることで、児童買春の現実を伝え、世の中の持つ「売春」のイメージを変えたい。これまで表に出ることができなかった「買われた」私たちの声を伝え、今も苦しんでいる妹たちや、同世代、そして、かつて似た苦しみを経験した女性たち、すべての女性に勇気を与えたい。

〇開催日 2016年8月11日(木)〜21日(日) 12:00~20:00

〇会場 神楽坂駅、ギャラリー 神楽坂セッションハウス2F

 入場料1,500円 前売り1,300円 カード決算を導入!クレジットカードからご寄付 

 高校生以下無料

〇展示物
・それぞれの伝えたい「買われた」現実や日常を表す写真
・「大人に伝えたいこと」をテーマにしたメッセージ
・参加メンバーが表現したい絵やアート作品、日記 などを予定

〇企画・主催
Tsubomi(Colaboとつながりのある女子たちによるサポートグループ)
一般社団法人Colabo

<売春する中高生について、どんなイメージを持っていますか?>

ある大学の授業でそう投げかけると、
こんな言葉が返ってきました。

―快楽のため
―愛情を求めて
―行き場のない不安を抱えている
―仕方なくさせられている
―その場限りの考え
―孤独でさみしい人がやること
―遊ぶお金がほしいから
―友達に誘われて
―自分も街で買春をもちかけられたことがあるけど、断った。
 だから、やる人はやりたくてやっているんだと思う
―そんな友達はいなかったから、わからない
―正直、そんな人と関わりたくない
―どうしてそこまでやれるのか、理解できない

その場にいた当事者のAは言いました。
「そんなもんだよ。世の中の理解なんて。もう、そんなことでは傷つけなくなった」
Aは自分の体験を語りました。すると、多くの学生が自分の持つ極端なイメージや偏見に気づいてくれたことを感じました。

後日、このことをColaboにつながる女の子たちで共有し
「イメージを変えたい!」と、この企画に至りました。
『買われた展』という名前も、話し合いの中で生まれました。

▪️企画に寄せて(参加メンバーより)

「行くところがないとき、声をかけてくるのは男の人だけ。体目的の男の人しか自分に関心をもたなかったし、頼れるのはその人たちだけだった。他にご飯を食べさせてくれる人も、泊めてくれる人もいなかった。同じ想いをする子を減らしたい」(17歳)

「“普通はしないことだから、する奴は異常”みたいなイメージがあって、違うのになって思う。それぞれに理由があって、単にさみしいとか、遊ぶ金がほしいとか、そういう簡単な理由じゃないことを知ってもらいたい」(16歳)

「親も頼れる大人もいない、ひとりで生きていくしかないと思ってた。最近一人暮らしを始めるまで、家っていう感覚がなかった。今でも、そういう小中学生はたくさんいると思うし、そういう子たちが体を差し出す代わりにおにぎりをもらったりしていることを、Colaboに来る年下の子たちをみて思う。だから私もこの企画に参加して、伝えたい」(20歳)

「色んなきっかけでそうしてた、やめたくてもやめられなくなった子がいる。そういうことを知ってほしい」(19歳)

私たちが、いま、ここに生きていることを知ってほしい。

「Colaboには同じような経験をしたお姉さんたちがいて、そういう女の人から支援が届いているのを知って、自分だけじゃなかったんだって安心した。何か感じてもらうきっかけになったらいい」(15歳)

「うまく伝えられるかわかんないけど、やりたい。ほんとにやりたい。他の子のメッセージを読んで強くやりたいと思った。私なんかの経験なんてちっぽけでクソみたいなことだけど、それでも役にたつならやりたいし、自分とも向き合いたい。辛いかもしれないし、死にたくなるかもしれないけど、でも決めたから」(19歳)

「私、出来るときにしたいんです。今までのこともう一度振り返りたくて。。今、過去の行いをものすごく後悔しています。体に不調が出て、怖くて涙が止まりません。この体になって、ますます今の若い子に伝えたいこと多くなりました。だから、参加させてください」(18歳)

私たちが、いま、ここに生きていることを知ってほしい。

▪️Tsubomiとは?

Tsubomiは、Colaboとつながる女子たちによるサポートグループです。
中高生を中心に、10代~20代の女子が活動しています。困難を生き抜いた・生き抜こうとする当事者同士のゆるやかなつながりを通して支えあい、相談者のサポートや当事者としての発信活動などをしています。
これまで、女子中高生合宿や、バザーへの出店、Colaboに応援者の方から届く物資の仕分けや、寄付者の方にプレゼントをするアクセサリー制作、国連や米国国務省などからのヒアリング協力、シェルターの開設準備や掃除などを、みんなで行ってきました。

Tsubomiという名前は、高校生たちで、アクセサリーブランド名として考えたものでした。今回の企画展にあわせて、Colaboとつながる女の子たちのゆるやかなつながりをTsubomiと呼ぶことになりました。

蕾は、「まだ咲いていない花」という意味です。
私たちの活動も、私たち一人一人も蕾であるという想いを込めました。
いつか大きな花を咲かせられるよう、応援よろしくお願いします!

▪️一般社団法人Colaboについて

「すべての少女に衣食住と関係性を。困っている少女が暴力や搾取に行きつかなくてよい社会に」を合言葉に、中高生世代を中心とする女子を支える活動を行っています。

少女たちの相談に乗るほか、児童相談所や警察、学校、病院などへの同行支援を行ったり、虐待や性暴力被害を背景に家家に帰れない少女たちが一時的に泊まれる場所を運営し、食事、風呂、衣類や宿泊場所などの提供を行っています。


▪️企画に寄せて(Colaboより)

Colaboとつながる女子たちによるサポートグループTsubomiでは、中高生世代の少女が主体となった様々な活動を通してつながり、体験の整理や自分と向き合ったり、将来を考える機会にもなっています。シェルターの運営、物資の仕分けや、食事提供、相談の場面でも彼女たちに支えられています。

Tsubomiとは、「まだ咲いていない花」という意味です。
今回の企画でも、撮影したい写真のイメージや文章などの展示物について、少女たちが中心となって考えています。

「売春=気軽に、遊ぶ金欲しさ」という世間のイメージに一石を投じるとともに、そこにある暴力や、その影響を受けて生きる当事者の姿を伝えることで、彼女たちの背景に目を向け、買う側の行為や大人の責任に気づく人を増やせる企画になればと考えています。

来場者には、彼女たちの優しさや愛と、たくましさにも触れてもらえたらと思っています。彼女たちが、自らの体験に向き合い、声をあげる勇気に敬意を表し、企画を実現させたいと思っています。応援お願いいたします!

 画像は 『女子高生の裏社会 「関係性の貧困」に生きる少女たち』  仁藤夢乃 光文社新書


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

眞須美さんPC国賠控訴審 第二回めの報告ありと

2016年08月11日 | 詠む

関西救援連絡センターニュースに載ってたので、転載 ----------------

和歌山カレー立会・PC国賠訴訟

控訴審 第2回口頭弁論報告


林眞須美氏と弁護人四名を原告とし、国を被告とする国賠訴訟の控訴審で、7月8日、国は原告らの控訴理由書に対する反論書(第一準備書面)を提出、時間制限や刑務官の立会(一審で国が敗訴)についてはほとんど主張せず、PC持込についてのみ反論した。

原告らは、名古屋地裁判決(今年2月16日)にもとづいて、被疑者は弁護人と立会人なく接見できると定めた刑訴法39条1項は、再審請求弁護人にも適用され、PCの内容の申告は秘密交通権の侵害にあたると主張している。また2013年最高裁判決も「秘密面会の利益は、刑訴法440条一項の趣旨に照らし、再審請求の弁護人の固有の利益である」と判示しており、面会室にPCの持ち込みを禁じる現在の処遇は「秘密交通権の侵害」だと主張している。
 
これに対して国は、同書面で、「刑事被告人と異なり死刑確定者は外部交通に関して厳しい制限を受けている」と一審と同じ主張を行っている。しかし、これは旧監獄法に代わって定められた新処遇法の趣旨にまったく反している。また、PC持込に関しても「法律上の規定がない」ので認められないと主張するが、新処遇法は「制限を加える必要がある場合」にのみその限界を定めたものであり、使用を禁止する法律がない場合は原則として認められなければならない。
 
また国は、「面会の時間は制限されているから、一回の面会で使用する証拠の数には限度」があり、必要な場合は弁護人が「面会に必要な証拠を印刷して持参すれば、死刑確定者との面会の目的は達成される」と述べているが、これがPC持ち込みを積極的に禁止する理由にならないことは明らかである。
 
次回口頭弁論は 10月4日2時半~大阪高裁82号法廷 原告側反論が提出される。

※関係条文は、下記を参照されたい。

刑訴法第39条1 身体の拘束を受けている被告人又は被疑者は、弁護人又は弁護人を選任することができる者の依頼により弁護人となろうとする者(弁護士でない者にあっては、第31条第2項の許可があった後に限る。)と立会人なくして接見し、又は書類若しくは物の授受をすることができる。

刑訴法第440条1 検察官以外の者は、再審の請求をする場合には、弁護人を選任することができる。
 
--------------------- 以上転載 -----------------------------
ニュースの出典 第328号 2016年8月
関西救援連絡センター
〒530‐0022大阪市北区浪花町11‐14    電話 06-6372-0779
 
発  行  隔月刊(原則として) 年間購読  送料共 1部 1,000円
 
Comment
この記事をはてなブックマークに追加