千恵子@詠む...★福島みずほ応援団

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれや
と交差の果てへ

ナチスだよ「獣たちの庭園」は 30年代J・ディーヴァー

2016年07月28日 | 

「獣たちの庭園」 ジェフリー・ディーヴァー 文春文庫

――反ナチス抗争のため、一九四三年に処刑されたハンスとゾフィ・ショルの同胞、オラニエンブルクの収容所にありながら一九三五年のノーベル平和賞 を受賞したジャーナリスト、カール・フォン・オシエツキー、そして”割れたガラスの夜”として知られるナチスが扇動した反ユダヤ暴動のさなか、シナゴーク を破壊しようとした群集を退けたベルリンの警察官ヴィルヘルム・クルーツフェルトの思い出に……四人は悪を目の前にして「否」と言った。    ――『獣たちの庭園』 序文より

題名はティーアガルテン、ベルリンの有名な公園からの由来。王家の狩猟場。ナチス時代には、獣たちが民衆を殺した場所。

米国の作家ジェフリーディーヴァーの原題は、Garden of Beasts.

著者の初めての歴史小説。サスペンス作品。30年代ドイツが、よく調べられている。

114 ヒトラー生地。樹木の繊維から作られた模造布の別称。当時のドイツは科学技術が進んでいるんじゃなくて、吝嗇なのね。外国から物が入ってこないから、戦時に代用品を作るしかなかったと。

284 フォルクスワーゲン。号令一下、国策会社が大衆車を作ると。

352 くだんの庭園がでてくる場面。悲しいね。

362 断食芸人。ガラスの箱で48日。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

貝原浩「風しもの村 チェルノブイリ・スケッチ」原画展 

2016年07月28日 | 芸術

貝原浩「風しもの村 チェルノブイリ・スケッチ」原画展 

      ……ここは風しも、そして風かみ……

  日時 : 2016年8月5日(金) ~ 18日(木) 日・祝休み

          9時から18時(ただし土曜日は17時半まで)


  会場 : 市政会館(東京都千代田区日比谷公園1-3) 1階ギャラリー

  8月12日(金)18:00〜 「風かみ」ナイトツアー

    真夏、逢魔が時の「風かみ」を探訪します。
    途中、日比谷図書文化館で開催中 (14日まで) の宮澤賢治生誕120年記念「小林敏也画本展」を小林敏也さんにご案内いただきます。 自由参加


  8月16日(火)14:45〜17:00 「市政会館」建物見学ツアー
    昭和初期に建てられた歴史的建造物の内外を、解説付で見学します。

上記ツアーは要予約です 8月13日までに貝原浩の仕事の会(kaiharaten@gmail.com)にメールでお申し込みください。 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

望むのは死刑ですか 考え悩む“世論”  渋谷アップリンク

2016年07月27日 | 企画

市川寛弁護士の回に見ようと思う。-------- 以下、転載。

『望むのは死刑ですか 考え悩む“世論”』

2015年/日本語/59分
企画:佐藤舞、ポール・ベーコン
監督:長塚 洋
制作:Institute for Criminal Policy Research(イギリス)
助成:スイス外務省ほか

渋谷・アップリンク 一般¥1,500/学生¥1,300/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000

2016/8/8(月)①18:00~ ②20:00~ 2回上映 

9月11日(日)①18:00~ ②20:00~ 2回上映※受付開始は17:00~ 

9/24(土)16:00~ 

【上映後トークセッション】

・8月8日(月)18:00の回/20:00の回いずれも上映後トークセッション 
<ゲスト>市川寛弁護士 (元検察官・「検事失格」著者)」、長塚洋監督 



9月11日(日)18:00の回/20:00の回いずれも上映後トークセッション
<ゲスト>鈴木邦男(政治活動家・一水会最高顧問)、長塚洋監督 



9月24日(土)16:00の回上映後トークセッション
<ゲスト>袴田秀子(“えん罪”死刑囚・袴田巌さんの姉)、ほか

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

「トランボ」は赤狩りの中へこたれず 出所後にても書き続けると

2016年07月26日 | 詠む

映画「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」 原題:Trumbo

副題の「ハリウッドに最も嫌われた男」というのは、映画の筋書きと違う。嫌ったのは米国の権力者の手先。映画人は、偽名脚本作戦や、ひと山纏めて作戦やら、俳優や監督が協力してたよ。誰が出てくるかは、お楽しみ。

トランボ。でかいガタイで、一本指でタイプするのが可愛い。

みてると、もっと愛らしくなる。まっとうすぎるほど、まとも。やんちゃなとこが素敵。

下院非米活動委員会での喚問。思想を裁かれる。米国は自由の国では無かったのか。「自由の女神」は単なる観光遺産かい。発言により監獄入り、懲役。出所したら、仕事が無い。でも、書く。書くことが闘いだ。

しかし、ハリウッド・テン以外に何千人もがブラック・リストに載ったんだ。こわい。

有名な「ローマの休日」のほかにも、たくさんあるんだねー脚本。B級映画の社長が、権力的な映画協会に反撃するとこで爆笑。アカデミー賞を二度、受賞したんだって、変名で。

にくたらしい意地悪ばあさん、ヘレン・ミレンだと後でわかった(苦笑)。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

アンドレア家族5人で砂糖断ち チェコの映画だ「シュガー・ブルース」

2016年07月25日 | 詠む

映画「シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ

妊娠糖尿病に罹ったアンドレア。お婆ちゃんは糖尿病で死んだし、お爺ちゃんは後追い自殺。

三人の子どもと夫の暮らしを生き延びるために、砂糖の大研究だ。

チェコ共和国って、東側諸国だったんだ。角砂糖を作った国なんだって。いかにも工業製品だよなあ。砂糖の呪縛というとキューバを連想するねえ。

カメラを持って世界三大陸にでかけていく。科学者や医師、糖尿病の患者にも取材し。砂糖業界の対応、家族での反対アクションも描いたセルフ・ドキュメンタリー。ポップな展開が、微笑ましい。

最後に流れる「シュガー・ブルース」は、エラ・フィッツジェラルドの声。たぶん。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

「津軽・斜陽の家」の光芒を 丹念に綴る鎌田慧と

2016年07月24日 | 詠む

「津軽・斜陽の家 太宰治を生んだ「地主貴族」の光芒」 鎌田慧 講談社文庫

津軽。東北の「地主貴族」の勃興と零落。

太宰治は十代のころに何冊も読んだけど、二十代になると嫌になった。卑屈で見栄っ張りなんだもの。

誠実な鎌田慧がルポするって違和感があったけど、同郷の津軽なんだ。

東北の歴史は奥が深いぞ。ボロ儲けって、ほんとに襤褸で儲けることだったんだ。

十三湊は、日本海七港のうちのひとつだったんだ 142

地主たちが鉄道建設に熱中した理由 「駄賃付け」と蔑称されながらも運搬は業者に独占されてたから 155

飢饉で人肉 166 すさまじい飢饉だ

ホイト 184 ホイト芸をしてたおじさんに逢ってないなあ

借子の着干 248 服が無いから、着て干すってわたしもやってる

---------- 目次 ------------

序章 兄弟

1章 地主

2章 棟梁

3章 鉄道

4章 飢渇

5章 借子

終章 斜陽

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

東北の震災から2年「共震」 被災地たどる相場英雄と

2016年07月23日 | 詠む

「共震」 相場英雄 小学館

さいきん、また地震が多いなあ。

本作の舞台は、東北大震災「3・11」から二年後の被災地。

進まぬ復興、被災地支援がらみで起きた事件。

ミステリーなのだが、まるでドキュメンタリーのように緻密に描かれている東北の現状。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

新宿で「悪童日記」上映だ 31日ラヴァンデリアと

2016年07月22日 | 詠む

三部作、原作を「読む詠む」の映画 -----------------  以下、転載

 東京スプリング 映画上映「悪童日記」


日時:2016.7.31(SUN) open 3:00 start 3:30

場所:新宿 Cafe★Lavanderia ( MAP | facebook )

イベント参加は無料です。(ただし上映前に必ずワンドリンク・オーダーをお願いします) また可能な限りでかまいませんのでカンパをお願いします。
 
ハンガリー語(日本語字幕)

『悪童日記』は2013年のドイツ・ハンガリー合作の映画。 原作はハンガリー出身の亡命女性作家アゴタ・クリストフのデビュー作となる1986年発表の同名小説で、映像化は不可能と長年言われ続けてきた。

【連絡先/Contacts】 directactionddd@gmail.com

画像は、原作本

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

独立をめざす三人「暗殺」は 三十年代朝鮮なのだ

2016年07月21日 | 詠む

映画「暗殺」

韓国で1270万人が見た大作アクション作品。圧巻の、2時間19分だ。

過酷な日本統治下の朝鮮、暴虐な日本軍、のしあがろうとする親日派。

そして「暗殺」作戦。

日本では反日映画と報道されているが、抗日の歴史を背景にした優れた作品。プロパガンダではない。

独立軍最高の女狙撃手。5キログラムの重さの鳥銃を、さっと構える格好よさ。

密偵役は、役作りのために15キログラム減量したと。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

鈴鹿殺人事件の裁判と報道 今井恭平 7/22(金)

2016年07月20日 | 企画

山口正紀さんから教えてもらったので、転載。--------------------

日 時:7月22日(金) 18時半~21時

会 場:スペースたんぽぽ(水道橋駅下車、ダイナミックビル4階、

地図
<http://www.tanpoposya.net/main/index.php?id=336>
http://www.tanpoposya.net/main/index.php?id=336)

テーマ:〈鈴鹿殺人事件の裁判と報道

講 師;フリージャーナリスト・今井恭平さん

 主 催:人権と報道・連絡会(03-3328-7609 山際) (
<http://www.jca.apc.org/‾jimporen/> http://www.jca.apc.org/‾jimporen/)

この「鈴鹿殺人事件」は、関東ではあまり報道されなかったので、ご存じない方も多
いと思いますが、2012年11月、三重県鈴鹿市のインターネット通販会社役員T
さん(38)が自宅で後頭部を殴打され、殺害されたものです。会社の共同経営者の
加藤映次さん(当時34)が事件直前Tさん宅を訪ねていたとして犯人と疑われ、逮
捕・起訴されました。加藤さんは一貫して容疑を否認し、動機も証拠も何もなく、彼
の無実を信じる人たちは昨年、「加藤映次さんを守る会」を結成して救援活動に取り
組んでいます。

昨年5月、津地裁で始まった裁判員裁判は67日間という裁判員裁判としては異例の
長期裁判になり、検察・弁護側が全面的に争いましたが、7月24日、津地裁は「状
況証拠」だけで懲役17年の有罪判決を言い渡しました。加藤さんは直ちに控訴し、
今年2月から名古屋高裁で控訴審の審理が続いています。

今井さんはこの事件について『冤罪File』の今年3月号、7月号にレポートを書か
れています。自白強要の取調べ、不自然な動機、物証なき有罪認定など、冤罪の共通
パターンが見られ、今市事件とともに「裁判員裁判による冤罪事件」の可能性が高く
なっています。

例会では、一審から裁判を取材してきた今井さんに、事件と裁判の問題点を詳しく報
告していただき、可能な範囲で報道の問題にも触れていただく予定です。

今年6月30日には、熊本県で1985年に起きた「松橋事件」で再審開始決定が出まし
た。また、8月には大阪・東住吉事件の再審で冤罪被害者2人に無罪判決が出されま
す。

こうした中で、現在も各地で同じような見込み捜査・自白強要捜査による冤罪が相次
ぎ、それをチェックすべきメディアは、あいかわらず、警察情報鵜呑みの犯人視報道
を続けています。しかも、それが裁判員裁判で、市民が冤罪に加担させられているの
が、最近の特徴です。

裁判員裁判時代の冤罪、報道を考える機会にしたいと思います。

例会は会員以外の方の参加も自由。資料代300円です。ぜひ参加し、討論に加わっ
てください。(山口正紀)
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

「第三の嘘」とは何か不思議だな 戦争えがくアゴタ・クリストフ

2016年07月19日 | 詠む

「第三の嘘」 アゴタ・クリストフ ハヤカワ文庫

第三の、ということは第一第二があったってことだよね「悪童日記」三作目。

戦争も過酷だが、殺人や病気も熾烈だ。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

「海づくり」海を壊して真逆だね 天皇制に反対するぞ!

2016年07月18日 | 詠む

天皇行事の「海づくり大会」 はいらない! 海づくりは、海こわし7・18討論集会

 
天皇制翼賛体制を全国各地に作りだす3大天皇制行事の一つ『第36回全国豊かな海づくり大会~やまがた』が「森と川から 海へとつなぐ 生命のリレー」を大会テーマとして今年9月10日、11日に山形県で開催される。「海づくり大会」は、天皇が言葉を述べ(現在高齢により休止)、衆議院議長や山形県知事が「天皇・皇后の御臨席を仰ぎ……」と天皇を迎えた光栄を述べ、功績団体の表彰を中心とする式典行事(酒田市民会館)とわざわざ海に放流台をつくり天皇・皇后が「国民」手本として稚魚を放流する(鼠ヶ関・ねずがせき港/鶴岡市)イベントである。
 
山形「海づくり大会」は、「東日本大震災」、福島原発事故翌年の2012年に開催が決定されました。
 
開催意義は「明日のわが国漁業の振興と発展を図る」とあるが、漁業団体を天皇制のもとに組織するためのものである。そして今回の山形開催の意義の一つは「東北地方の元気再生 」として、大震災と原発事故による被害からの「復興」を目指す機会としている。福島原発事故は未だ現在進行中であり、汚染水放出による深刻な海洋汚染も続いている。安倍政権はその元凶であるにも関わらず、原発再稼働を強行している。「海づくり大会」開催はそれを隠蔽するための天皇行事である。
 
そもそも「海づくり大会」は、埋め立てや大規模開発、空港建設予定地、とりわけて原発予定地での開催が目立っているように、「豊かな海」の破壊を推進し、隠ぺいしてきたのである。
 
「海づくり大会」は、地球規模の環境破壊が深刻化した1981年現天皇アキヒトが皇太子時代から開始され、即位後天皇行事に「格上げ」された、天皇アキヒトを平和と環境を守る天皇として押し出すために「全国植樹祭」と並ぶ重要な行事である。全国持ち回りで毎年開催され、1995年戦前の「海の記念日」を復活・制定した「海の日」とともに今日的な「海洋国家日本」にとっての重要な行事である。
 
山形「豊かな海づくり大会」は、2016年岩手「国体」、2018年福島「植樹祭」とつづく東北での天皇行事のさきがけであり、2020年東京オリンピックにむけて福島原発事故収束―福島切り捨てを演出するものとなる。同時に戦争国家化の中で行われる天皇制行事は、地域での天皇制翼賛体制を強化し、戦争する「国民」づくりを加速させるためにある。
 
今集会は山形現地で「海づくり大会」反対の闘いを準備している鈴木雄一さんと実行委の天野恵一さんによる問題提起を受けて討論したいと考える。ぜひ多くの皆さんの参加を。
参考画像:貝原浩・画伯の絵。なつかしいなあ。

日時:2016年7月18日(月・休)13時半~

場所:築地社会教育会館第1洋室

お話:「東北(支配)と水産業」(鈴木雄一・反戦反天ネット山形)

  「天皇行事の政治的意図」(天野恵一・「8・15」反靖国行動実行委)

資料代:500円

主催●「聖断神話」と「原爆神話」を撃つ 8・15反「靖国」行動

【呼びかけ団体】アジア連帯講座/研究所テオリア/戦時下の現在を考える講座/立川自衛隊監視テント村/反安保実行委員会/反天皇制運動連絡会/「日の丸・君が代」強制反対の意思表示の会/靖国・天皇制問題情報センター/連帯社/労働運動活動評議会

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

悪童日記その後の展開あらららら 「ふたりの証拠」クリストフなり 

2016年07月17日 | 詠む

「ふたりの証拠」 アゴタ・クリストフ ハヤカワ文庫

第二次大戦下を描いた「悪童日記」の続編。

あれれ、なんだか違うぞ。

前は代名詞だったのが、名前が出た。リュカとクラウス、不思議な関係。

それに近親相姦やら何やら、でてくる展開が違う。あたまのなかが、くらくらするよう。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ペルーの働く子どもたちへ Nから子どもたちへ ペルーの仲間たちを迎えて

2016年07月16日 | 企画

「ペルーの働く子どもたちへ -Nから子どもたちへ- 〜ペルーの仲間たちを迎えて」

ペルーには子ども人口の30%、約200万人以上の働く子どもがいます。その子どもたちが働く権利と教育を受ける社会的環境を獲得しようと1976年リマで結成したのがマントック(MANTHOC=働く子どもたちによる運動)です。そしてこの運動をさらに広げるために1996年に結成された全国ネットがナソップ(MNNATSOP=ペルーの働く子ども・若者の全国運動)です。

全国で約1万3千人が参加しています。自分たちを支援される対象としてではなく、大人とともに社会に参画する主体であるという基本姿勢を持っています。中南米・アフリカ・アジアの運動とも連携して、働く子どもの権利のための活動を積極的に進めています。児童労働廃絶への動きに対しては飢える子、路上に戻る子、法の保護外に置かれる子どもたちの急増を懸念して反対の立場をとっています。

永山則夫の印税とチャリティトーク&コンサートの収益は、この働く子どもたちの奨学基金として活用されています。

・日時:2016年7月30日(土) 開場12:30 開演13:00

・会場:YMCAアジア青少年センター スペースYホール 東京都千代田区猿楽町2-5-5

「水道橋」5分、「お茶の水」8分

・主催:永山子ども基金  http://n-cf.org/nagayama/bienvenidos_2.html
・共催:公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本/ NPO法人東京シューレ/パチャママ基金/ NPOクシ・プンク協会
・後援:ダイニング街なか
・チケット  前売 2,500円  当日 3,000円 中学生〜18歳 1,500円  小学生以下は無料
・チケット申し込み先  nagayama@chehemmi.sakura.ne.jp 
・申し込み方法 チケット種類と枚数、お名前、ご連絡先をお知らせください。
(詳細はこちら) http://n-cf.org/nagayama/chikettono_shenshi_mi.html

*チャリティトーク&コンサートの収益金はペルーの働く子どもたちの奨学金として送られています

◆プログラム

・講演  子どもが“主体”となって働くということ
ペルーの働く子どもたちの組織「マントック」創始者:アレハンドロ・クシアノビッチ・ビジャラン神父    
「マントック」メンバー:トミー・ラウラテ・トゥアナマ(16歳)/アニー・テェディ・オリベラス・アレスクレナガ(16歳)

・コンサート 
木下 尊惇(ギター、チャランゴ、うた)
菱本 幸二(ケーナ、シーク、パーカッション)
小川 紀美代(バンドネオン)

・演劇      
演劇グループ セロ・ウアチパ

・朗読  絵本「わがままリンド」 (作・絵  井江 春代)
朗読:水野 慶子
伴奏:宇佐 照代(ムックリ)

・映画  ペルーの働く子どもたち物語 vol.8
制作: NPOクシ・プンク協会


◆◆◆出演者紹介◆◆◆

講 演

・アレハンドロ・クシアノビッチ・ビジャラン神父(Alejandro Cussianovich Villaran)
1935年11月リマ生まれ。80歳。若い頃は各地の小中学で教える。働く子供たち運動やその指導者養成機関などを設立しペルー中の働く子供たちから尊敬を受けている。大学院で教育心理学を教授。2016年5月3日に国立サンマルコス大学から名誉博士号を授与される。

・アニー・テェディ・オリベラス・アレスクレナガ(Annie Teddy Olivares 
Arescurenaga)
リマ市リマック出身、16歳。小さいころから家の手伝いをしており、10歳からは父親が開催している子どもの祭りの司会や踊りを担当する傍ら、母親が作る腕輪や首輪の仕事を手伝っている。「政治学、法学、文学を勉強して学校の先生になりたい」

・トミー・ラウラテ・トゥアナマ(Tomy Laulate Tuanama)
イキトス市プチャナ出身、16歳。6歳から仕事を始める。オートバイ駐車時の監視役。14歳頃から父親が営んでいる中央市場のレストランの助手。現在はイキトスのマントック代表。「弁護士資格を取って共同体の人たちの役に立ちたい」


コンサート

木下尊惇 きのした・たかあつ(ギター、チャランゴ、うた)
82年、エルネスト・カブールの招きでボリビアに渡る。 カブール・トリオのギタリストなどを経て、86年より「ルス・デル・アンデ」のリーダー。フォルクローレの 視点から、音楽本来の意義を考え、全国各地でさまざま な活動をしている。

菱本幸二 ひしもと・こうじ(ケーナ、シーク、パーカッション)
13歳でケーナ、シークに出逢い独習。90年より6年間ボ リビアに暮らし、数多くのアーティストたちと共演。ヨーロッパ、南米各国でも演奏し、アンデス管楽器の独奏 者として高い評価を得る。01年ラパス市よりボリビア音 楽への貢献を表彰される。

小川 紀美代 おがわ・きみよ(バンドネオン)
バンドネオンの音色に魅せられ、ほぼ独学で奏法を学び 01年単身ブエノスアイレスに渡る。03年アルゼンチンの「コスキン音楽祭」に出演。国内のみならず、アジア、ヨーロッパでも活躍する数少ない女性バンドネオン奏者の 一人である。

演 劇

セロ・ウアチパ(Cerro Huachipa)
日本人とラテンアメリカ人の演劇グ ループ。スペイン語と日本語が飛び 交う演劇が特徴的。主にラティーノスたちが日本に住む難しさや楽しさをテーマに創作し、路上演劇祭や教会で上演している。


■朗読・絵本「わがままリンド」

水野慶子 みずの・けいこ(朗読)
役者。1982年〜93年、テント芝居「風の旅団」に参加。以後、「独火星」などに出演。金時鐘詩の朗読ライブ『ここより遠くよりこのここに近く』(2008年) 『四月よ、遠い日よ』(2011年)に朗読で出演。

宇佐照代 うさ・てるよ(伴奏)
北海道釧路市生まれ。10歳から関東にて アイヌの伝統舞踊やムックリ(口琴)な どを習う。北海道ムックリ大会にて2年 連続優勝。(財)アイヌ文化振興・研究 推進機構アイヌ文化アドバイザー。

井江春代 いえ・はるよ(原作)
鳥取県生まれ。女子美術大学卒。第13回 小学館絵画賞受賞。1977年よりアンデス をテーマに個展。86〜91年パチャママシ リーズ全6冊(フレーベル館)。 2011年5 月死去。

映画「ペルーの働く子どもたち物語 vol.8」
・NPOクシ・プンク協会(制作)
ペルーの働く子どもたちの発する声に耳を傾け、子ども たちを取り巻く状況を知り、彼らと議論する中で問題の 解決に向けた活動を展開している。同時に、子どもたち の現状をホームページや映像を通して内外に伝えていく 作業も続けている。(代表:義井豊)

〜ペルーからの3人が参加する関連イベント〜

7月31日(日) 東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム主催
子どもと向き合う人間の安全保障連続セミナー 第6回「働く子どもたちの安全保 
障」にて講演 (会場:東京大学駒場キャンパス)
8月2日(火) ピースボートとの交流会 (東京)
8月3日(水) 京琉料理店にんじん食堂での交流会 (京都)
8月5日(金) 大阪大谷大学での交流会 (大阪)

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

「クーラーいらずの涼しい生活 99の技」 石渡希和子 コモンズ

2016年07月15日 | 

「クーラーいらずの涼しい生活 99の技」 石渡希和子/イラスト・文 松井一恵/文 コモンズ

あれこれ工夫で、原子力の電気を避けるためにも...クーラー回避と。

わたしの部屋は、クーラーどころか扇風機もない。ついでに暖房もないけど。

------- 目次 緑字は千恵子メモ -----------

1 住まいの工夫でグーンと涼しく
2 ファッション変えて快適に 夏用の肌着 44 タイパンツ 51
3 寝るときは、こうする
4 昔の暮らしに学ぼう
5 涼しく感じ(させ)る技 キャペツの皮を頭に? 95
6 食べて冷んやり健康に コリアンダーシード・ウオーター 115


Comment
この記事をはてなブックマークに追加