千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

尖閣の正体こうだ外務省 小説仕立て孫崎享と

2014年06月30日 | 詠む

小説外務省―尖閣問題の正体」 孫崎享 現代書館

あの名著「「戦後史の正体 1945ー2012」を小説の形で綴ったもの。

84 漱石の「吾輩は猫である」

157 なんと「健全な法治国家のために声を挙げる市民の会」も出てくるんだわ。

196 防衛大臣が元首相を「国賊」と言うに至った

198 ウズベキスタン大使 なるほど

217 杉並からの情報発信です

222 文化放送 おはよう寺ちゃん コメンテーター

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

のりこえねっと 反撃はじめたよ

2014年06月29日 | 

 

クリエイティブ・コモンズにて、転載。救援連絡センター発行「救援」紙の、2面の連載コラムより

のりこえねっと 反撃はじめたよ

 

 ヘイト・スピーチって知ってるかい。新聞なんかだと薄めて表わされるから、おぞましさ凄さを感じないかもしれない。あるいは反対する人々と同格に扱われて、双方が喧嘩してるかのような映像の報道も。

 

 しかし、現実は二万件以上のネット上の人権侵害。恐怖と憎悪を増幅された動画サイトの数々。笑いながらヘイトしまくる人たち。たとえば「悪い朝鮮人も、良い朝鮮人も殺せ」と。死ね殺せじゃ足りないんだ。悪い奴を殺せでも足りないんだ。良い奴でも人種絶滅ジェノサイド。最初はインターネット掲示板「2ちゃんねる」の書き散らしから始まった。同様にネット参加が売りの「ニコニコ動画」で蔓延し増幅していった。大阪の朝鮮人居住区では、露骨に地名を指定し「鶴橋大虐殺を実行しますよ」とマイクを握って叫んだのは女子中学生。

 

 「ヘイト・スピーチ」という呼び方に対して、本紙の執筆者かつ運営委員でもあり同ネットの共同代表でもある前田朗東京造形大学教授は、スピーチ(話)ではなく犯罪「ヘイト・クライム」だと指摘する。まさに、その域に達しているぞ。

 

 彼らの使う在日認定というのも、うるとらだ。福島みずほ参議院議員などなど勝手に認定し、最近では米国大使キャロライン・ケネディまでをも認定。あのケネディ王朝の白人さんまで在日とは、甚だしく常軌を逸している。さらに在日特権というのも嘘八百。税金を払って永年すんでいても参政権も与えられない人々なのに。あいつら狡いと憂さ晴らしの対象にしている。

 

 この憎悪の洪水に、辛淑玉は殺されると思ったという。そうよ、彼女が、仲間が殺されかねない。攻撃対象は朝鮮人だけではない。女を敵視し、沖縄人、被差別部落のひと、婚外子、障碍者、性的少数者などの、マイノリティなのだ。

 

 そこで昨年九月、のりこえねっと(ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク)が結成された。設立宣言の末尾は、「人間の涙の歴史を無に帰そうとする挑戦に、私たちは、決して屈しない」。アメーバのように広がった反レイシズムの嵐。思想を超え、組織を超え、民族を超え、性差を超え、年齢を超え、国境を超えて一緒に生きたいという行動が始まっている。

 

 日本の公民権運動だ。共生社会を目指し大久保に事務所を持ち、レイシズムへのカウンター行動、イベント、学習会、書籍も出ている。弁護団は百名だってさ。各地で様々な取り組みが行われている。ニコニコ生放送は嫌いだったが、毎週水曜日のはお薦めもの。
 
☆関連サイト
のりこえねっと(公式サイト)



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

女たち「サバイバル」作戦さすがだな 上野千鶴子の本領発揮

2014年06月28日 | 詠む

女たちのサバイバル作戦」 上野千鶴子 文春新書

ナオミ・クラインの「ショック・ドクトリン」で新自由主義の恐ろしさを知った。

日本は、どうなのか。上野千鶴子の分析は、深く鋭い。

題名だけ見ると実用書みたいだけど、ハウツーではない。

------------備忘メモ -------------------

138 女児選好の謎

160 東大の上野千鶴子の研究室は、別名「保健室」と呼ばれてた

206 抑圧移譲の原理 丸山真男と赤木智弘

220 ジェンダーフリー 自民党

222 「女叩き」の歴史

242 男女共同参画 「平等」という言葉を使わない...日本国内でしか通用しない造語

341 サステイナブルよりサバイバル 時代はそこまできている

----------- 目次 ---------------------

 ネオリベ/ナショナリズム/ジェンダー

 雇用機会均等法とは何だったか?

 労働のビッグバン

 ネオリベと少子化

 ネオリベとジェンダー

 ネオリベが女にもたらした効果―カツマーとカヤマーのあいだ

 オス負け犬はどこへ行ったのか?

 ネオリベ・バックラッシュ・ナショナリズム

 ネオリベから女はトクをしたか?

 性差別は合理的か?

 ネオリベの罠

 女たちのサバイバルのために

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

こどもへの性犯罪を描きたる 「闇の底」ねえ薬丸岳と

2014年06月27日 | 詠む

「闇の底」 薬丸 講談社文庫

子どもへの性犯罪が起きるたびに、かつて同様の罪を犯した前歴者が殺される。卑劣な犯行を殺人で抑止しようとする処刑人・サンソン。

小児性犯罪者の犯行は再犯率が高い、そうなのか。

刑務所での更生は望めないのか。

この小説を読むかぎりでは、あまりにも昏い。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

いまようの「ビッチの触り方」なりや 変遷さぐる湯山玲子と

2014年06月26日 | 詠む

ビッチの触り方」 湯山玲子 飛鳥新社

ビッチ。「牝犬」という意味で女性に対する蔑称。

日本では、「あばずれ」「やりまん」「尻軽」。

著者によれば規格外女、なんだって。

八百屋お七、阿部定、宇野千代、岡本かの子、桐島洋子、そして松田聖子か。

マドンナという革命。

----------- 目次 ----------------------------

はじめに

1 ビッチって何?

  ① ビッチとはどんな女性なのか?

  ② ヒーローとしてのビッチへ

  ③ ビッチが男性社会に突きつけるもの

  ④ ビッチ生態百景

  ⑤ 日本におけるビッチの歴史的系譜

  ⑥ ビッチとやるには、ビッチみたいにやるには

2 ビッチ図鑑 ← これ、おもしろくない

3 ビッチ座談会

  アラフォー・リアルビッチ・トーク ← なまなましい

  「一回で終わりかよ」 × 松沢呉一 ← ネットの影響で男は陰毛を剃るのか?

  「風の女」と「水の女」 × 岩井志麻子 ←法螺ふき大会か?

あとがき

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

下北の「テピート」ライブ楽しみね ペーニャ・ハラナは十周年だ

2014年06月25日 | 詠む

ペルーのムシカ・クリオーヤアフロペルー音楽を演奏する日本人バンド「ペーニャ・ハラナ」が久々のライブを7月5日に下北沢の絶品メキシコ料理レストランテピートにて行います。

ちなみに今年はペニャハ結成10年目!2004年7月に初めて顔合わせをして気がつけば10年が過ぎてしまいました。びっくりです。

そんなペニャハのライブ、よろしければぜひお誘い合わせの上おいでください。一緒に楽しい時間を過ごしましょう

2014/07/05(土)  Open 12:00 / Start 13:00

テピート (03-3460-1077 / info@tepito.jp)  下北沢より徒歩4分

メキシカン・ランチ+チャージ 3000円

TEPITOホームページ http://www.tepito.jp/

テピートもしくは水口まで事前に予約の一報いただけますとありがたいです。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

強姦魔おぞましきさま少年を いかにせんとや「さまよう刃」

2014年06月24日 | 詠む

さまよう刃」 東野圭吾 角川文庫

連続して強姦を続ける少年たち。少女が自殺しても、薬物で死んでも反省もない。

共犯の少年は、保身のために主犯を殺させようとしてみたり...どうしようもない。

被害者の父に感情移入しそうになるが、死刑反対/私刑反対なので激しく葛藤してしまう。

まえにも映画化されているが、新たに9月に劇場公開

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

「裁くのは僕たちだ」なる小説の 判事のすがた...水原秀策

2014年06月23日 | 詠む

裁くのは僕たちだ」 水原秀策 東京創元社

山下幸夫弁護士いわく、「何度もどんでん返しがあり、最後まで一気に読ませられた」。

裁判員の熱血物語かと思いきや、評議の過程で一人の判事がわざと最初に無罪の意見を出して...最後に有罪にしようと誘導する「ずっるーい」ようすも描かれる。

被告人は逃げないように踵のない靴を履かされるって、ほんとうなのかなあ。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

良心の声に従う自由と権利 政府に抗す...ヘンリー・ソロー

2014年06月22日 | 詠む

落合恵子が週刊金曜日で引用してたので、気になった。

一市民の反抗 良心の声に従う自由と権利」 ヘンリー・デイヴイッド・ソロー 文遊社

>奴隷制を支持するマサチューセッツ州政府に対する不服従を表明するために人頭税を支払わなかったソローは刑務所に入れられた。
そうすることで町の人びとに奴隷制の問題を強く訴えることが出来ると考えたのだ。

>「多数派が支配している政府は、どのような場合でも正義にもとづくことはありえません」
法律を尊重して政府に忠実になればその人は良き市民として評価される。

>しかし、そうするときに人びとは、人間個人としてではなくて、軍隊、民兵、警防団などもっぱら組織として、からだを使って州に仕えるのだ。

>「私たちはまず人間として生きなければなりません。統治されるのはその後です」
奴隷を認める政府であるこの政治組織を、私の政府として認めることはどうしてもできないのです」

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

どくんごの旅するテント北上ちゅう 飯能公演みにいくもんね

2014年06月21日 | 詠む

劇団どくんご

飯能(埼玉)公演 いく!

6/28(土 18:30開場 19:00開演

飯能市中央公園

●西武池袋線 飯能駅(北口)より徒歩25分
バス【飯01~飯07】系統「天覧山下」下車3分

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

産めないと辞退す女「約束の船」ノアの意思その後またもや...

2014年06月20日 | 詠む

映画「ノア 約束の船

聖書の創世記をもとに新解釈をした映画。

下腹部に怪我をした少女をノア一家が育てる。その養女がノアの長男と恋仲となったのだが、「産めない身体なので舟に乗らない」「ほかの女を探して」と訴える。なんだ、産めないと女じゃないのか。この価値観は、どこから来るのか。

その後、彼女は妊娠したのだが...ノアは「生まれたのが女なら即座に殺す」と宣言する。これも、なんだかなあ。

ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキー監督は、心象風景を表すのが独特の作風。

字幕は、語訳の女王戸田奈津子だから気をつけてね。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

3.11以降を生きる...千鶴子と玲子 快楽上等!ワンダーランド

2014年06月19日 | 詠む

快楽上等! 3.11以降を生きる 上野千鶴子 湯山玲子 幻冬舎

ふたりの女の会話が、すごっ。

1+1=2 以上になってる。

ついてけないとこもあるけど、おもしろっっ。

副題が「3.11以降を生きる」 なのだ。

------------ 備忘メモ ---------------

156 フランス革命 貴族が慈悲こいまくりだったら、断頭台という処刑方法はもっと早く終わってたかも。

178 2009年 山田詠美の「学問」 日本の女性作家のマスターベーションを題材にした、初の小説。

181 女ぎらい―ニッポンのミソジニー わっ、3年前に読んだのだが再読の要ありか。

204 80年代のボストン 「からだ・私たち自身」 版権をタダでください。翻訳も9人の女が無報酬で。

262 中国 ランラン。 ショパンが京劇にしか聞こえない?

286 上野千鶴子は、なぜ強くいられるか? 応援団、つまり仲間がいるから。

306 ブラックシープのまんまで、いいんだ。

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

あさでんしゃTOMATOつぶすなBANANAぶじ? 魔法のリュック...今日も働く

2014年06月18日 | 詠む

昨日3割引で買ったTOMATO、切るのも面倒で放置してたのをリュックに詰め込む。お昼の、もう一品。

満員電車で考えごとをしてると、BANANA潰れる。あぶねーあぶねー。

3年前にマンションから安アパートに引っ越して、駅から遠い。

魔法のリュックに、たくさん。

着替え、本、食べもの、水着、さいきんは財布に割引券もろもろ。

で、唐突に安田好弘弁護士とのツーショット。

詐欺ノミクス、アベ一族郎党の攻撃が凄まじい昨今。

お守りがわりにツイッター背景画像を変えてみた。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

難民の日「わあるどわいど」たこくせき フェスは中野で22日だよ

2014年06月17日 | 詠む

ムキンポくんから、チラシもらった。

いこっ。

世界難民の日企画 たこくせきフェス2014

2014年6月22日(日) 12:00-16:00

中野駅北口広場  東京都中野区中野4-9

主催: たこくせきフェス2014実行委員会

後援: 中野区(東京都)

入場料: 無料

東京にくらす移民・難民が、生のことばと生きかたを表現する、そんなまつりです。これからの多文化社会に向けて、交流を深めるために、足をはこんでみませんか?

予定企画

 ★ エスニック料理(販売) … イラン ネパール トルコ etc.

 ★ 展示 … パレスチナ 国内移民社会 etc.

 ★ ダンス … ラテンアメリカ クルド  etc.

 ★ 音楽 … 難民の歌 バグパイプ サズ etc.

 ★ 難民・支援者の体験談

問い合わせ

たこくせきフェス2014実行委員会
takokuseki14@gmail.com
080-8844-7318

---------------------------------------------------------- 以上、転載。

数年前なら、入管かんれんの行政書士として参加したのだが...いまは一般ピープルだわ。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

性暴力と刑事裁判シンポジウム 21日土曜日ね

2014年06月16日 | 詠む

京都から「刑事司法とジェンダー」、牧野雅子研究員。

そして吾らが角田由紀子弁護士、コーディネイター。

これは、刮目ものだわ。

司法におけるジェンダー・バイアス

~性暴力被害の実態と刑事裁判の在り方~

性暴力事件をはじめとする権利侵害を受けた者に対し、司法関係者がジェンダー・バイアスに基づく対応をすることは、二次被害を与え、司法に関する信頼を損なうことに繋がりかねません。

そこで、性暴力被害の実態に詳しい専門家から性暴力被害の実態を伺い、性暴力及びその被害の実態を正しく理解していないことから生ずる捜査や公判段階における問題点を検討しつつ、被害の実態を踏まえた性暴力事件の捜査・刑事裁判の在り方について、刑事弁護の視点も取り入れて議論を深めます。刑事弁護を手がける司法関係者等、多数の皆様のご参加をお待ちしています。

 

6月21日(土) 
13時30分~   

場所

弁護士会館17階1701会議室( →会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

参加費

無料

   
内容

【基調報告】

  • 宮地尚子氏(一橋大学大学院社会学研究科教授)
  • 吉田容子弁護士(日弁連両性の平等に関する委員会特別委嘱委員)

【パネルディスカッション】

  • 牧野雅子氏(京都大学アジア研究教育ユニット研究員)
  • 神山千之氏(元さいたま地方裁判所川越支部判事)
  • 宮村啓太弁護士
  • 宮地尚子氏

コーディネーター:角田由紀子弁護士(日弁連両性の平等に関する委員会特別委嘱委員)

 icon_pdf.gifチラシ(PDFファイル;494KB)

申込方法

臨時保育が必要な方のみ、6月13日(金)までにTEL(03-3580-9968)にお問い合わせ下さい。

主催 日本弁護士連合会
問い合わせ

日本弁護士連合会人権部人権第二課

TEL:03-3580-9968/FAX:03-3580-2896


Comment
この記事をはてなブックマークに追加