千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

非正規滞在者~排除の上に築く共生!? 7月22日(祝)

2008年07月18日 | 行政書士
(社)自由人権協会のメーリングリストから、紹介。

ニューカマーって、...そう言うんだ。
オーバーステイを、.....不法滞在じゃなくて、非正規滞在と表わすのか。ふーむ。

ともあれ、行ってみよう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2008緊急シンポジウム
非正規滞在(オーバーステイ)者~排除の上に築く共生でいいのか?~

───────────────────────────────────

■日時:2008年7月21日(月・祝日) pm. 2:00~5:00 (開場 pm. 1:30)
■会場:韓国YMCA (東京都千代田区猿楽町2-5-5)
    JR水道橋駅徒歩6分、御茶ノ水駅徒歩9分、地下鉄神保町駅徒歩7分
    地図は以下URLを参照 
http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/map1.htm 
■参加費:1000円  通訳:英語

「ニューカマー」の来日から20年以上が経過しました。当初、そのほとんどを
占めた非正規滞在者は1993年をピークに減少し、2008年には約17万人となって
います。しかし現在も、多くの非正規滞在者がこの社会で暮らしています。こ
の間、数万人の非正規滞在者が、在留特別許可によって合法化されてきました。

その一方で、非正規滞在者を犯罪の温床である「不法滞在者」として捉えるま
なざしが定着し、政府も2003年から取り締まりを強化してきました。加えて来
年、新たな在留管理制度を構築し、非正規滞在者をいっさい排除しようとして
います。

少子化を背景に、移民の「受け入れ」議論が「多文化共生」をキーワードに各
界で始まっています。しかしそれは、非正規滞在者を排除した上での「共生」
でしかなく、NGOや市民団体が長年訴えてきた「多民族・多文化共生」とは異
なっています。

シンポジウムでは、こうした「共生」と「排除」が同時進行する現状を、非正
規滞在者の視点から考えてみたいと思います。ぜひご参加ください。

【プログラム(予定)】
◇ 20年の総括
◇ パネルディスカッション:
  今すぐ合法化を!~非正規滞在者のこれまでとこれから
  旗手明(自由人権協会)/鳥井一平(移住連事務局長)/金哲敏(弁護士)
  ほか
◇ レイ・ベントゥーラさん発題と“DEKASEGI"上映
  レイ・ベントゥーラさん…『ぼくはいつも隠れていた――フィリピン人
  学生不法就労記』(草思社、1993年)、『横浜コトブキ・フィリピーノ』
  (現代書館、2007年)著者
◇(元)当事者からの発言
◇ 質疑応答

【主催】
外国人人権法連絡会/移住連/外国人差別ウォッチ・ネットワーク

【連絡先】
移住労働者と連帯する全国ネットワーク(移住連)
東京都文京区小石川2-17-41 T C C 2-203
tel: 03-5802-6033, fax: 03-5802-6034, email: fmwj@jca.apc.org
Comment
この記事をはてなブックマークに追加