千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

「リブとフェミニズム」 

2012年05月31日 | 

リブとフェミニズム」 岩波書店

バックラッシュと闘うの項。「闘って得たものは闘って守り抜く」上野千鶴子に、深く頷く。

障碍者フェミニズムの項。「子宮とのつきあい」岸田美智子に、痛い思いを感じた。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

鮫島の

2012年05月30日 | 詠む

鮫島の十作めなる物語 「絆回廊」ふたつの愛か

絆回廊 新宿鮫Ⅹ」 大沢在昌 光文社

新宿署の刑事、犯罪がベースになっているエンタテイメント小説。シリーズ第十作。

今回は、20年以上獄にいたひとを支え続けようとする愛、鮫島刑事と恋人との愛。

このふたつが、とても強く印象に残った。

ところで昨日、法務省に70人が愛の要請行動をしたら、すばらしき男前の事務官がでてきたそうな。あー、わたしも見たかった。ひごろ霞ヶ関うろちょろしてるのに、惜しかったな。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

両脚の

2012年05月29日 | 詠む

両脚の切断の危機こえてなお 「万病息災」吉武輝子

万病息災―老いても病んでも「元気」でいるコツ」 吉武輝子 講談社

満身創痍になりながらも、前向きに生きた輝子さん。

明日は両脚切断と医者に言われ、泣きじゃくりながら有吉佐和子に電話する。佐和子さんは一時間後に病室に飛び込んできてくれた。即座に担当医に面会を求め、「検査もしないで、両脚切断の診断を下すのは余りに乱暴」と激怒する。そして翌日の検査を約束させた。そして、輝子さんの足は切られずに済んだ。

膠原病、大腸癌、失明の危機、片肺の切除、白血病。壮絶な実話が、たくさん。つねに、明るく「自己決定権」を貫く。

1978年。わたしが大学4年のときに学園祭で、吉武輝子講演会を企画した。爾来...注目していた先輩でもある。

草木が萌えいずるこの4月に、逝去。享年80。あらためて合掌。

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

昭さん

2012年05月28日 | 詠む

昭さん辛い病いに尽くす妻 庭の「紅梅」なにを思わん

紅梅」 津村節子 文藝春秋

裁判官も絶賛した小説「破獄」の作者でもある吉村昭の...最期の様子を、妻が描いた凄まじい小説。

抗癌剤の苦しさ。彼女は、身を切られるような思いをしながら必死の看病をする。

なぜ妻は、作家=職業を持つことを...そんなにも後ろめたく思うのか。

つくす妻。2時間おきに尿意を覚える彼に、そのたび毎に起きる。それが、毎晩。

堪らない泥沼。それを苦しみながら書いた彼女の思いは、いかばかりか。

---------------------------------------

などと文学的世界に浸っていたら、ストーリー田代のリーク記事

 

Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

「おおいぬの

2012年05月27日 | 詠む

「おおいぬのふぐり」なあんて名前とか 物語ある「へくそかずら」よ

身近な雑草のゆかいな生き方」 稲垣 栄洋 草思社

このまえの野菜観察録の本に続いて、読む。

「大犬の陰嚢」おおいぬのふぐり、別名は瑠璃唐草るりからくさ。花の名前は「星のひとみ」英名は「キャッツ・アイ」

「屁糞蔓」へくそかずら、別名は「早乙女花」さおとめばな

あれこれ雑草の仕組みが...満載なの。

吾は雑草。「司法改革を実現する国民会議」どうしようか思案ちゅう...千恵子@非国民

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

「知らずにふりかかるジェンダーバイアス」

2012年05月26日 | 企画

きゃあ、みのりちゃんだ。いくぞ。

----------------------------------------------------以下、転載

知らずにふりかかるジェンダーバイアス

 お話:北原みのり

日時  : 2012年5月26日(土)14:30~16:30

場所  : 東京YWCA会館サロン(JR御茶ノ水駅徒歩4分他)

参加費 : 学生500円/一般700円

 PDFファイル

主催:東京YWCA 電話03-3293-5421

          

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

先みえぬ

2012年05月25日 | 詠む

先みえぬ昏いばかりの現実に 抗して歩む一歩なるらん

豆腐屋の四季」 松下竜一 講談社文庫

20年ぶりに再読。非力だが反骨の青年、あらためて感銘うける。

泥のごとできそこないし豆腐投げ怒れる夜のまだ明けざらん」だけ、かすかに覚えていた。

健忘症、千恵子@健康法だわ。

あ、そうそう。これが、昨日の告発状ね。八木啓代ねえさんが報告を書いてるわ。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

まやかしの

2012年05月24日 | 詠む

まやかしの検察リーク抗すべし 第三弾の告発状さ

告発第三弾:怒らせると猫より怖いかもしれません 八木啓代ブログ

>先週末から今週にかけて、またぞろ「田代不起訴説」を一生懸命リークしておられる方たちの暗躍も目立ってきているということです。

朝日新聞「嫌疑不十分で不起訴へ」、その「へ」って何だよ。

>「田代の自白がないんだから、犯意はないってことで、嫌疑不十分で不起訴にして、上司もみんな不起訴。検審に持ち込まれたところで、不起訴の証拠ばっかりどっさり出すから、起訴相当なんて出させないもんね」と記者に嘯いていらっしゃる幹部の方もおられるそうです。

なに、それー。検審だまし、またやるのかよ。ガダルカナル極まれリ。

かくなる怒りで有給休暇を取った次第。

昨日、急に呼びかけたばかりなのに...なんと検察庁に20人以上の告発人が結集。

その後、司法記者クラブで記者会見。

さらに裁判所地下でIWJインタビュー。八面六臂の八木啓代会長に同行の巻。

IWJ 18:00~Ch1→ ( live at )にも注目ね。

Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

試験なの?

2012年05月23日 | 詠む

試験なの?27台トラックに 抗す人々逮捕する

試験焼却のがれき 大幅に遅れ搬入 5月22日NHK

>西日本では初めてとなる震災のがれきの試験焼却を予定している北九州市に、22日朝、宮城県石巻市のがれきを積んだトラックが到着しましたが、受け入れに反対する市民グループなどの激しい抵抗

試験という名目だが、「大型トラック27台」って多すぎるじゃん。

>公務執行妨害の疑いで2人が逮捕された

IWJ画像では、非暴力直接行動の模様。

>北九州市は、有識者の検討会の意見なども踏まえ、来月にも、がれきを受け入れるかどうか判断することに

なんだい。まだ決まってもいないことを強行してるのか。

さすが、おにぎり餓死の町。

時系列で書かれた朝日新聞の記事: 怒号が飛び混乱 北九州 震災がれき(2012年05月23日)

以下、ustream.tvに録画された現場の映像
IWJ_FUKUOKA1(録画日時 : 2012/05/22 13:50 JST)
IWJ_FUKUOKA1(録画日時 : 2012/05/22 15:46 JST)
IWJ_FUKUOKA1(録画日時 : 2012/05/22 16:36 JST)
IWJ_FUKUOKA1(録画日時 : 2012/05/22 16:56 JST)
IWJ_FUKUOKA1(録画日時 : 2012/05/22 17:00 JST)
IWJ_FUKUOKA1(録画日時 : 2012/05/22 17:29 JST)

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

決戦下

2012年05月22日 | 詠む

決戦下「米鬼必殺」刷り込んで 呪いあふれる主婦の友

神国日本のトンデモ決戦生活  広告チラシや雑誌は戦争にどれだけ奉仕したか」 早川タダノリ 合同出版

米鬼を一匹も許すな!

寝た間も忘るな米鬼必殺!

一人十殺米鬼を屠れ!

大君の怒り給える米鬼打て!

ぶっつけろ一億の肉弾!

全奇数頁の左肩に、「ぶちころせ」スローガンが刷り込まれた...「主婦の友」誌。

すさまじき執念。

なんとまあ、「野獣民族アメリカ」特集があったりするんだ。

多数のチラシ、出版物の資料満載の本書。

写真が小さくて読み取ることが難しいのが、ちと難。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ジョージ兄

2012年05月21日 | 詠む

ジョージ兄...家庭崩壊なんとしょう ピンチはチャンス!いまからなのだ

映画「ファミリー・ツリー」 原題:The Descendants

ジョージ兄貴。おまぬけ顔が、好きなのさ。

ぼろぼろ、ずたずたが次第に発覚。さて、どうする? どうなる??

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

旧陸軍

2012年05月20日 | 詠む

旧陸軍病院めざす道すがら 迷彩車両4台通過

朝早く起きて、お見舞いに行く。お金がないのでバスに乗らずに、てくてく歩く。

宇都宮社会保険病院は普通の名前だが、60年前は「軍需工場附属病院」なのよね。

今でも近くに「駐屯地」は、存在する。

国道4号線を、大型ジープが数台通過。迷彩服を来た自衛隊員が沢山。

帰りの雀宮駅でも、迷彩服の若者がいた。銃こそ持ってないが、ぎょっとするよな。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

アララガマ

2012年05月19日 | 詠む

アララガマ宮古の言葉おぼえたわ 南の島の「闘魂」労組

先進性が色あせない宮古毎日新聞労組~アエラ「珊瑚礁の島の労組つぶし」掲載

上記は3年前の記事だが、昨日のブラック企業抗議集会で現在の話を聴いきた。

やくざなと書いたら、やくざさんが怒るくらい酷い会社の対応。

この3月には2人のひとに、「トイレ以外は離れるな」と命じて8時間、何もさせずに部屋の隅に座らせ続ける。

わたしもいま仕事を干されているだけに、ひとごととは思えない。

その後、50日近くストライキ!

「組合だからこそ、横暴な経営にも立ち向かえる。なければ泣き寝入り」と、沖縄の宮古島から恩川さん報告。

いまも意気軒昂な組合

千円の物販、「闘魂アララガマ」タオルを買ってしまったぞ。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

オランドの

2012年05月18日 | 詠む

オランドの組閣はなんと女半数 公約どおりフランス国は

オランド仏大統領の新内閣は公約通り史上初めての男女同数内閣!そりゃ少子化問題も克服できるわけだ!!

>フランス大統領府は2012年5月16日、エロー内閣の組閣名簿を発表し、オランド大統領の公約通り、担当相を含めて34人の閣僚のうち17人が女性という「男女同数内閣」

なんと素晴らしい。

サルコジ破っただけでも、めでたいのに。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

白い粉

2012年05月17日 | 詠む

白い粉農薬なりと勘違い ブルームレスで更に農薬

身近な野菜のなるほど観察録」 稲垣 栄洋 ちくま文庫

むかしの胡瓜は、ブルームと呼ばれる白い粉状のもので実を覆っていた。

表面の細胞が変化して白く細かい毛になったもので、水を弾く役割があったと考えられている。

これは桃の果実の表面にある、白い粉状の毛と同じである。

胡瓜そのものから自然に分泌されるものだから、何の問題もないはず。

それなのに「農薬ではないか」と疑われ、すこぶる評判が悪かった。

消費者のニーズに合わせて、ブルームレス胡瓜が登場する。いまや、ほとんど全てが、これだ。

ブルームレス胡瓜は病気に弱いので、かえって農薬をたくさん使わなければならなくなった。

恐い話。

それ以外に、楽しい話。なるほどの話が、43種。

ちょっとだけ難を言えば、女が料理を作るという固定観念が気になる。本人は悪気があって書いてるのではないだろうが、性別役割分業は...やめてほしいな。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加