千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

本でたよ「ヘイトスピーチ・レイシズム」 のりこえねっと...七つ森書館

2014年05月31日 | 詠む

ヘイトスピーチってなに?レイシズムってどんなこと?」 のりこえねっと 七つ森書館

じゃーん。本でたよ。

出版記念シンポジウムも行くもんね。

------------ 目 次 --------------

1 ヘイト・スピーチ NO !

   東アジア大事にしないと、日本は歴史から遅れる (石井ポンペ)

   もっと寛容な社会を! (宇都宮 健児)

   理不尽な要求 (河野義行)

   在特会──ヘイト・スピーチを繰り返す自信なき「排外主義」集団 (佐高信)

   愛国者への疑惑 (鈴木邦男)

   根はもっと深いところにある (田中宏)

   差別を消費する日本人 (田中優子)

   自分が発した言葉は自分に返る (知花一昌)

   人間らしく「ともに生きる」社会 (西田一美)

   協力しあって発展していくこと (村山富市)

   いまだかつてない日本の危機 (和田春樹)

   違いを乗り越えていく社会へ (松岡徹)

   問題を真正面から捉える (若森資朗)

2 のりこえネットTV開設記念トーク

   大爆笑女語り!! ヘイトを斬る!

     上野 千鶴子辛淑玉北原 みのり

3 ヘイト・スピーチとレイシズム

  【海外の事例を中心に】表現の自由を守るためにどうすればよいか(前田朗)

  【日本の事例を中心に】ネトウヨ・ヘイトスピーチ・レイシズム(中沢けい)

  【心理学の立場から】ヘイトスピーチに必要な「ケアの視点」(香山リカ)

はじめに──辛淑玉(のりこえねっと共同代表)

 私は江戸っ子である。しかも三代目だ。

 だから売られたケンカは買うし、宵越しのカネ(余分な富)は持たない。そして、なんたって義理と人情を大切にし、始末に負えない輩にはきっちり落とし前をつけさせる。そうやって生きてきたのだ。

 どうして「のりこえねっと」を始めたの? と聞かれるたびに、このまんまじゃ気分が悪くて死ねないから、と答えている。

 難しいことはわからないが、排除といじめが横行する中、大人が黙っていたら恥ずかしい。偉そうな思想や信条なんか要らない。反論できない立場の相手を、ウソついて陥れるような手合に黙っていたら、江戸っ子がすたるってもんじゃないか。

 もちろん、そんなことやってないでちゃんと働け! とお叱りを受けることもしばしばだ。断っておくが、あたしは三〇年以上前から、一日一六時間以上働いている。土日も祝日もない。自分のための自由な休みは、一年に一回か二回あるかないか。働いているか、具合が悪くて寝ているか。そうやって会社を切り盛りしてきたし、家族の生活も維持してきた。そして、発言する場も確保してきた。今だって働きながらやっている。叩かれもしたし、レッテルも貼られたし、誹謗中傷、名誉毀損なんか数えきれないほど受けてきた中でだ。

 ある在日は、「あなたが日本に異議申し立てをすると私達がやられるからやめてくれ」と電話してきた。親しい先輩からは、「在日は政治的なことは一切せず、経済活動にだけ専念しろ。それが一世からの教えだ」という手紙が来た。

 そう、そうやって先輩世代は、差別が横行するこの社会への絶望の果てに、耐え忍んで生き延びることを選択し、生きる知恵として「通称名」を使い、子どもを守ってきたのだ。しかしその結果、「日本名を使うのは嘘つき」「犯罪を隠すためだ」と言いがかりをつけ、叩く理由をでっち上げる輩がのさばりだした。

 あげくの果てには、在日には「特権」がある、なんて言い出す始末だ。嘘も一〇〇回つけば本当になるかのように、ネットにそう書いてあったからと、「ヘイトもダメだけど在日特権もダメ」と来る。

 そして差別主義者連中は、「日本人が差別されている」と言い出した。弱者いじめを隠す卑劣な嘘だ。だいたい、マジョリティがマイノリティに差別される社会なんて、一体、この世界のどこにあるのか。

 要するに、「在日」の分際で権利など主張するな、文句を言うならさっさと出て行け、これだけ嫌がらせしても出て行かないお前たちがオレは恐ろしい、と言っているのだ。

 だから、「良い韓国人も悪い韓国人も殺せ!」となる。こいつらには何をしてもいいんだと、「朝鮮人の女はレイプしていいんですよー」と白昼堂々合唱する。弱い自分たちが強いチョーセン人に正義の闘いを挑んでいるというポーズだ。

 被害者意識に覆われたマジョリティが何をしでかすか。関東大震災の例を見るまでもなく、それはマイノリティの虐殺だ。日本もナチスも一緒だ。

 そして、ガス室を爆破してその事実を隠そうとしたナチスのように、日本政府は未だに、当時どれほどの朝鮮人を虐殺したのか、国家としての真相解明も謝罪もしていない。

 差別する意図はないから差別ではないと言い張り、やっていることを決して改めようとしないのが、この社会の「伝統」なのだ。

 だから、世界から見れば目を覆うようなことを、平気でやってしまう。

 二〇一四年三月八日、Jリーグ浦和レッズのサポーター席に「JAPANESE ONLY」と書かれた横断幕が貼られた。この「ジャパニーズ・オンリー」が醜悪なのは、相手チームへの野次ではなく、自分たちのチームにいる、日本国籍を取得した選手に向けられているところだ。そして浦和レッズはJリーグから無観客試合の制裁を受けた。

 サッカーは国境を超えたスポーツだ。そして、国際サッカー連盟(FIFA)は、民族や出自を超えて行くことを目標に掲げている団体でもある。Jリーグを主催する日本サッカー協会はその参加団体だ。浦和レッズは、試合が終わるまで(近しいサポーターたちだから)注意ができなかったというが、未だに単なる言葉の問題としてしか捉えていないではないか。この事件がどれほどファンを傷つけ、奈落の底に陥れたか、クラブ側はいまだにきちんと認識していない。

 また、指摘された側は、差別する意図はなかったという。つまり、意図がなければやっても差別ではないというのだ。痴漢する意図はなかったからお尻を触っても犯罪ではないと言うのと同じ。あまりに稚拙だ。

 嫌韓ブームの中、日本国籍を取得した選手を排除するその姿は、この国が可決した「特定秘密保護法案」とそっくりではないか。

 外国を敵とし、外国籍の者はもちろん日本国籍取得者や外国籍の伴侶を持つ者までも調査対象とする。その延長線上にこのジャパニーズオンリーがあるのだろう。「日本人の、日本人のための、日本人の法律」であり、そのベースは「敵か味方か」。そうやって社会を二分し、壊していくのだ。

 話を元に戻すと、強い者に過剰適応しなければ生きられない社会を、これからも温存していいのか、ということだ。

 沈黙を強いられた者に対する想像力は、きちんと指摘しない限りマジョリティには育たない。言われなきゃわからんのだ。

 第二次世界大戦という、二〇〇〇万のアジアの民が国家による「正義」の名の下で殺された歴史を思えば、その後に生きている私たちは、決してあの歴史の愚かさを繰り返してはならない。

 無知と、デマと、被害者意識と、自民族優越主義で、いいことなんかこれっぽっちもない。それが、人類が膨大な血を流してようやくたどり着いた真実なのだ。

 弱い者いじめはいかん。沈黙を強いられる人たちを見ていると、なんとも寝付きが悪くてしょうがない。で、毎朝起きるたびに、「落とし前つけないで死ねねー」と叫んでいる。

 だからのりこえねっとは、負の歴史を乗り越えるために、嵐の中、立ちあがったというわけ。

 あなたも一緒にどぉ?

のりこえねっと(ノリコエネット)

 「ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク」を略した名前です。
 尊厳を冒すヘイトスピーチとレイシズムを許さない活動をすすめるために2013年9月に結成されたネットワーク。

<差別はいやだ、いじめはいやだと思う人とつながりたい>
 日本社会は一線を超えました。
 「殺せ」という扇動が表現の自由として日本全国で叫ばれる時代になったのです。ターゲットは「在日」「沖縄」「被差別部落」「障がい者」「婚外子」「被ばく者」「戦時性暴力被害者」「生活保護利用者」「移民」「難民」「教員・公務員」「韓国」「中国」そして「反原発を叫ぶ人々」。国家がその生存権を奪ってきたものたちと、国家の敵と認定したものへと集約されています。
 無知と偏見と差別意識とストレス発散の快楽が、語る言葉すらもちえないものへと向かっている今、沈黙は許されません。人間の良心が試されています。
 わたしたちは声を上げました。
 その声を支える仲間になってください。

<活動内容>
●ヘイトデモやスピーチは許しません
 全国で頻発するヘイトスピーチ・デモを把握し、抗議活動団体と連携をはかります。
●日本社会、特にマスメディアに漂うヘイトスピーチにきちんと対処します
 情報収集し、掲載・発言したマスメディアやサイト管理者へ警告・抗議・告訴します。
●差別は無知から生まれます──エンパワーメント
レイシズム・差別について学ぶ場を作ります。のりこえねっとセミナーの開催~講師の派遣も受け付けます(地方開催も検討中)。
 HPでのe─ラーニング、マイノリティカウンセラー・リーダーの育成など。
●Webでの情報発信:動画を中心にレイシストに負けない広報活動を行います
 のりこえねっとTVで毎週水曜日午後10時から
   http://ch.nicovideo.jp/norikoenet-tv
 ポータルサイトとしてのWEBサイトも今後内容を充実させていきます。
●国境を越えて、さまざまな人々との交流を
 HP外国語版を作成、米国・韓国・ヨーロッパなどでの反レイシズム活動と提携します。
 ホームステイなどの交流会を行い、当事者・被害者の出会いをすすめます。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

11章...いろんな現場ひろがるよ「共生社会リーガルベース」

2014年05月30日 | 詠む

共生社会へのリーガルベース――差別とたたかう現場から」 大谷恭子 現代書館

大谷恭子弁護士の仕事の大集成。

こんなにも、いろんな現場で活躍してるんだ。

----------- 備忘メモ --------

5 女性修習生は「能力を腐らせて家庭の肥やしになることも考えろ」と裁判教官から言われる。

23 強姦救援センター作りの、きっかけ

75 高崎コロニー事件 労働組合

85 金井君 31歳の酒による早死に 70年代にわたしも小学校に応援に行った彼

89 HIV解雇

110 裁判員裁判 発達障害の被告人 求刑16年が20年の判決 これが「市民感覚」か

157 アイヌ肖像権裁判

176 チカップ美恵子 61歳の死

181 レディ・ジョーカー 部落 発売当時だから、ずいぶん前に読んだなあ

217 アクリルの遮蔽板 イスラエルとイタリアの重警備刑務所だけだって

232 丸岡さん 涙なみだ涙 悔し涙だよお

244 裁判員裁判と死刑 市民は市民として仲間を死に追いやる

250 永山くんの「隠された日記」

258 東日本大震災の被災者 障害者の死亡率は2倍

264 個人情報保護法 障害者の生存確認、どこにいるかを教えない

301 貝原浩 画伯の絵は前著にも使われたんだ 享年58

307 主権回復の日 2013年4月28日 安倍首相

319 母への想い わたしの母と同い年 そしてリッダ空港の奥平さんの母

----------------- 目 次-----------------

第1章 男女がともに――共生の基盤――

第2章 障害者とともに――分け隔てなく――

第3章 病気の人とともに――心身を病んでも――

第4章 外国人とともに――多様性の尊重――

第5章 アイヌ民族とともに――民族としての尊厳――

第6章 部落の人とともに――いわれなき差別――

第7章 塀の内と外で――罪を犯しても――

第8章 死刑のない社会へ――寛容な精神を――

第9章 被災者とともに――災害とマイノリティ――

第10章 原子力発電のない社会へ――崩れた安全神話――

第11章 基地のない社会へ――平和と共生――

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

「法王は祈る 分離壁に否」

2014年05月29日 | 
「法王は祈る 分離壁に否」

 
 
パレスチナに平和はもたらされるのだろうか。65年前にイスラエルに追い立てられ、中東各地に散らばった。この人々のうち、何割かはイスラエル領内のパレスチナ自治区に住んでいる。
 
イスラエルは悪辣にも、この自治区と自国領内の間に2002年から十メートル近い高さのコンクリート製の分離壁建設を進め、パレスチナ人の生活区域を分断し、人々をさらに苦難に追いやっている。この壁は別名アパルトヘイト・ウォールとも呼ばれる。
 
住民は一日三回開けるゲートを通って壁の向こう側の畑に行く。水源がパレスチナ側にない地域もある。「壁の向こうの土地を返せ」「閉じ込められるのはもうたくさんだ」と毎金曜日にデモが行われているが、自治区住民の苦悩は計り知れない。
 
国際司法裁判所は2004年に「イスラエル政府の分離壁の建設は国際法に反し、パレスチナ人の民族自決を損なうものとして不当な差別に該当し、違法」であるという勧告を出し、また国連総会も建設に対し非難決議を出している。だが、イスラエルは無視を決め込んで建設を続行中だ。
 
ところがインターネットで5月25日のBBCニュースをみて驚愕した。フランシスコ・ローマ法王が滞在中のイスラエルで、予定外の行動に出、分離壁に手を当て、さらには頭を当て祈っている写真が掲載されている。その壁には「パレスチナに自由を」との英語の落書きが鮮明に見える。法王の注意を引いたのは、「法王、私たちには正義を説く人が必要です」との言葉だったという。この法王の行動は「分離壁はいらない」「分離壁の建設をやめるべきだ」と言っているに等しく、十二億人を超えるカトリック信者に大きな影響を与えるに違いない。
 
イスラエル側は「壁を建設した理由が伝えられていない」と反発していると報じられているが、その理由なるものは自爆テロの防止だという。しかしイスラエルの暴圧を受けながらも、実際は自爆テロの数は減少傾向にある。パレスチナ人に自由を、そして平和な生活を保証すれば、自爆テロなど直ちになくなるはずだ。
 
なお、日本人がパレスチナ人に対しできることがある。第一にイスラエルがアパルトヘイト差別国家であることを認識すること。そしてイスラエル系(イスラエルを支援する会社)の商品をボイコットすること。欧州にも広がっている不買運動の効果は絶大だ。南アフリカも不買に屈した。不買対象はスターバックス、マクドナルド、コカコーラ、ネスレなどがある。
 
関連リンク
YouTube - Catholic News Service: Pope Francis prays at West Bank wall
 
クリエイティブ・コモンズにて、転載。救援連絡センター発行「救援」紙の、2面の連載コラムより。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

のりこえネット出版記念シンポだよ 11日の明治大学

2014年05月28日 | 詠む

「のりこえねっと」では、2013年度を振り返り、みなさまから寄せられ たご支援とご理解への感謝、そして今後の活動の発展、引き続きのご支援と ご理解のお願いをこめて「のりこえシンポジウム」を開催します。
多くのみなさんの参加を心からお待ちしております。

それは、アメーバーのように広がった反レイシズムの嵐だ。
思想を超え、組織を超え、民族を超え、性差を超え、年齢を超え、国境を超 えて一緒に生きたいという行動が、ここにある。
私たちは、いま、ここに生きている。ここで、生きていく。
のりこえねっと、いま、ここで。

2014年6月11日(水曜日)18:30 ~ 21:00

内容

 第1部 私たちのとりくみ(友好団体の活動報告)

     C.R.A.C・男組・女組・差別反対東京アクション

 第2部 出版記念シンポジウム

    「ヘイトスピーチってなに? レイシズムってどんなこと?」

 パネラー:石坂 啓(まんが家)

      寺脇 研(元文部省官僚 京都造形芸術大学教授 コリア国際学園理事)

      八木啓代(ラテン歌手、作家、エッセイスト、ジャーナリスト)

 司会  :辛 淑玉(のりこえねっと共同代表)

会場  明治大学リバティタワー1096号室

    東京都千代田区神田駿河台1丁目1 明治大学リバティタワー

    JR中央線・総武線、東京メトロ丸の内線/御茶ノ水駅 下車徒歩3分
    東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩5分
    都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩5分

参加費  500円

 ※のりこえブックス「ヘイトスピーチってなに?レイシズムってどんなこと?」の付いた協力券あり

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

古道具屋「がらくたから」の「たから」もの マンタムさんは面白いなあ

2014年05月27日 | 詠む

がらくた から たから ― 古道具屋 新たなネウチを生む仕事」 マンタム 晶文社

骨董屋「アウトローブラザーズ」だって。

むかしミクシー時代に知り合って、上野の骨董市を訪れたことがある。

このまえ個展に行ったら、不思議な作品が並べてあった。

へんなひと。おもしろいひと。

骨董屋さんの品目。ギターはまだしも....医療器具やら人体模型、動物の剥製や骨。

面妖な映画を創るヤン・シュヴァンクマイエル監督も買物するんだって。

ネットオークションの分析は、さすが骨董屋歴25年。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

うれしいな「デス・ペナルティ・フォーカス」の TシャツGETカリフォルニア産

2014年05月26日 | 詠む

Death Penalty Focus

あのジョン・グリシャムスーザン・サランドンも会員になってるんだって。

訳は、 「わたしは私は正義の擁護者だ」

訳は、「死刑に焦点」 団体の名前

土曜日は米国の死刑廃止運動の最新情報を聞きに行った。

新作ビデオで認識が深まる。

英語が堪能だという堀和幸弁護士、現実的な分析&提案の小川原優之弁護士

サプライズゲスト。ニューヨーク帰りの澤康臣記者の報告が、格好よかった。

内容が濃かったので、フォーラム90ニュースで復習しなくちゃ。

じゃ~ん。

最後に、お楽しみ。小川原優之弁護士のカリフォルニア土産、あれこれ抽選会。

「Justice Advocate」 Tシャツ、布かばん、サンクェンテイン刑務所のポスター、アルカトラズ監獄製のトランプ、バッジなどなど。

なんと最初に私が当選。やっぱ心がけが良いからなあ。

うふふ、どれでも好きなものを選べるんだ。

迷わず、これ。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

反原発いやがらせなり全記録 海渡雄一...明石書店と

2014年05月25日 | 詠む

反原発へのいやがらせ全記録――原子力ムラの品性を嗤う」 海渡雄一 明石書店

昨年の歴史展は観てきたが、資料で読むと更に奥深い怖さがある。

18 訴訟 そのまえの6年間の行動をだしてくる

49 子どもといっしょに、背後から隠し撮り 彼女&子どもと芦浜に行ったこともあり、ひえ~~

66 佐藤栄佐久・元福島県知事

79 謎の死 動燃社員

巻末の人権救済申立には、わたしの参加した「れんこんネット」も入ってる

-------------- 目 次 ------------------

 はじめに

01 解明する

 反原発運動へのいやがらせ 歴史と背景を分析する(西尾漠)

 犯人像と狙いを推理する (海渡雄一)

 反原発運動と原子力推進側の動き 【1970年~2013年】

02 証言する

 高木仁三郎へのいやがらせ (高木久仁子)

 私の受けたいやがらせ (鮎川ゆりか/武藤類子/澤井正子/安達由起)

 実行委員会に参加していた男は公安警察だった (井上年弘)

 ○ コラム 絹の森殺人事件

 スパイ活動の成果 悪意に満ちた「にやにやかるた」 (西尾漠)

03 闘う

 佐藤栄佐久氏(元福島県知事)インタビュー
 原子力帝国との死闘 (聞き手=海渡雄一 まとめ・撮影=木野龍逸)

 対談 西村トシ子×海渡雄一
 動燃の反原発運動対策と夫の謎の死をめぐって (まとめ=中川亮)

04 対抗する

 そして、あらたないやがらせが始まった (中川亮)

 声をあげる輪がもっと広がることを願って (千葉麗子)

 秘密保護法と公安警察 (海渡雄一)

  脱原発弁護団全国連絡会一覧

  資料 人権救済申立書
  執筆者/編集協力者紹介

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

つづれおり「死刑とファシズム」辺見庸 ひとり語りの...判じ物かな

2014年05月24日 | 詠む

いま語りえぬことのために -- 死刑と新しいファシズム」 辺見庸 毎日新聞社

副題の「死刑と新しいファシズム」の関係を知りたかった。

毎日エベレストに登るのは分かったが、あれこれ難しい。

-------------- 備忘メモ ----------------

17 朝マック 下が根元から痺れるほどひどい味のハンバーガーを、どぶ汁みたいなコーヒーで腹に流しこむ

48 大道寺将司の俳句の塗りつぶし

71 旧東ドイツの重罪刑務所 熱帯魚を飼う

75 禁中 仄暗さ 刑場

140 兵器による有効殺人距離が延長されればされるほど<殺すなかれ>の抑制が

151 永山則夫

165 生活保護の死者

184 書いてるんだブログ

211 デモ隊のなかに囲まれた警官 「やめろ」 「逃がせ」

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

闇の金...持ち逃げだから「告訴せず」 松本清張たんのうしたよ

2014年05月23日 | 詠む

告訴せず」 松本清張 光文社文庫

「告訴できない」犯罪、拐帯金と共に消えた男の転生計画。

プレミアム・ミステリーと冠したシリーズの第一弾。

74年に週刊朝日に連載されたものだが、ぜんぜん古びてない。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

みとせぶり鰻重うまし早稲田の地 すず金にては漱石きぶん

2014年05月22日 | 詠む

うなぎ「すず金」

おんな友達から鰻重を御馳走してもらった。

文豪夏目漱石も食べたという、老舗。

早稲田大学ができるまえ、西南戦争で西郷隆盛が没した年に創業。

「すず」さんと「金太郎」さんの名前から命名。女が先が良いね。

そして「土用の丑」は、うなぎ供養休業なんだって。

ぱくぱく、ぱくぱく。

職場で鰻スキップされてたので、3年ぶりの鰻。

スーパー閉店間際の半額の穴子とは、ずいぶん違う。

元気もりもり、うなこちゃんになったの巻。

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

警察の捏造証拠またもやか 煽り報道あいかわらずと

2014年05月21日 | 詠む

PC遠隔操作事件:河川敷のスマホにまつわるこれだけの謎  八木啓代ブログ

>もしも、「河川敷のスマホ」が「味噌蔵のズボン」だったとしたら、そこまでやる警察のなりふりかまわなさと、そのことに、片山氏が愕然とする姿が目に浮かぶ

これが八木啓代ブログの最後の部分。

実は引用しようとして、あれこれ加工しようとしたけど...やっぱり直接に読んでもらったほうがよい。

下線リンクのブログ本文を見てちょ。

さあ、木曜のライブが楽しみだ。

5月22日(木) 六本木 ノチェーロ これも下線リンクすると情報がでるよん。

 (八木啓代と、わたし)

 このブログを書いたあとに犯人だと判明したが、結果オーライで警察・検察・マスコミ報道が免責されるわけではない。

Comments (5)
この記事をはてなブックマークに追加

米国も死刑廃止へ向かってる 24日の土曜日いこっ

2014年05月20日 | 詠む

(安田好弘「死刑弁護人」とのツーショット)

死刑廃止へ向かうアメリカ

5月24日(土) 開会14時

会場:文京区民センター3A

 小川原優之弁護士 日本弁護士連合会死刑廃止検討委員会事務局長
 堀和幸弁護士 京都から死刑制度廃止をめざす弁護士の会代表

ビデオ「絞首刑を考える」 (2014年1月製作 24分59秒) 初公開
 大阪弁護士会作成、法律監修・永田憲史、法医学監修・ヴァルテル・ラブル 
 絞首刑は残虐な刑罰ではないのか? この国の死刑執行の実態を明解に提示する。

会場費 500円

主催・フォーラム90

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

裁判員インコ不在は淋しいが いってみようか21日と

2014年05月19日 | 詠む
大好きなインコちゃんが放擲されたので嫌だけど、きみちゃん出るから行こうかな。
鷲は心がひろいから。

(かわいいインコちゃん、下記の団体とは無関係じょうたい)


日時   5月21日(水)午後6時開場、6時半開会

会場   東京・日比谷公園
       日比谷図書文化館 B1F コンベンションホール
主催   裁判員制度はいらない!大運動

入場無料

発言
   ☆ 福島裁判員ストレス国家賠償訴訟の現場から

      "つらい思いは私を最後に"

   ☆ 高山俊吉さん (弁護士)

      "裁判員制度はいよいよ破局"

   ☆ 遠藤きみさん(元裁判官・弁護士)

      "『絶望の裁判所』の先に

Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

上映会これは行かなきゃ月末だ 「卵子提供―美談の裏側」

2014年05月18日 | 詠む

「卵子提供―美談の裏側」 上映会

【日時】2014年5月31日(土)

会場 明治学院大学 白金キャンパス 3号館3201番教室


開場 13:00 
開演: 13:30~15:30 

(上映約40分+上映前に日本語版制作者による説明、上映後に上映会主催者による解説と意見交換) 

会場へのアクセス: 
地下鉄 白金台駅2番出口 徒歩8分  
高輪台駅 A2出口 徒歩7分 
バス 目黒駅東口から都バス「大井競馬場行き」または品川駅高輪口から都バス「目黒駅行き」にて約7,8分 明治学院前バス停徒歩1分 
アクセス詳細 http://www.meijigakuin.ac.jp/access/ 

米国の不妊治療は数千億円規模の巨大産業に成長しています。 

そこでは、人間の卵子が盛んに取引されています。卵子の提供者になることを「不妊の女性を助けるために」と誘われ、「謝礼」にひかれる若い女性が、実際にどんな経験をしているか、リスクを負っているかについてはほとんど知られていません。

このドキュメンタリーは卵子を提供した女性たちへのインタビューを通じて、卵子提供と産業の実態を明らかにしていきます。

2011年カリフォルニア・インディペンデントフィルム祭 ベストドキュメンタリー賞受賞作品、2013年新バージョン・リリース

--------------------------------------- 以上、転載。


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ひゅうがなつ醤油つけても美味しいわ 酒の肴の新発見なり

2014年05月17日 | 詠む

日向夏 ひゅうがなつ

別名 ニューサマーオレンジ 土佐小夏 小夏みかん

柚子が突然変異したものらしい。

日向は宮崎ね。

皮の向き方が独特。ふわふわのワタも独特ね。

スーパーで1割引きになってたので買ってみた。

季節の果物って、好き。

醤油をかけたら、なかなか良い。

酒肴になるじゃん。

ビタミンCたくさんで美容効果も大。

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加