千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

差入れの対応あまた違うんだ 東京拘置所栃木刑務所

2016年01月31日 | 詠む

昨年末、獄中者に切手を贈る短歌を詠んだね。

年の瀬に切手おくろう由紀子さん 房子さんほか獄中見舞

1月中旬。東京拘置所の大道寺将司・死刑囚からは、礼状がきた。はじめてみた肉筆。うるうる。

1月下旬。無粋な特例記録郵便が届いた。栃木刑務所の浴田由紀子さん。会計課から問合せ。照会への返事を書けと。

なんで生年月日や職業を書かねばならんのか? 

1か所でも記入がない場合は、差入物の引き取りを求めることがある!? 

6か月間回答がないと差入れは国庫に帰属!!! なんだこの高飛車は!!!!



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

燐光群+アジア共同プロジェクト『Summer House After Wedding』

2016年01月30日 | 芸術

移住労働者の味方になろうと行政書士をしていた私としては、気になる芝居。----、以下転載

燐光群+アジア共同プロジェクト

『Summer House After Wedding』

1月28日(木)19:00開演

29日(金)14:00開演/19:00開演

30日(土)14:00開演/19:00開演

31日(日)13:00開演/17:00開演

開演は19時、受付開始は18時20分です。

森下スタジオ Cスタジオ

ある日、彼女は家を出た、子どもを連れて。 

支えるのは誰か、支えられるのは誰か―

超高齢化社会、海外からの労働力に頼らざるを得ない日本。

移住労働に従事するフィリピン人女性への取材を元に

燐光群の新進作家・清水弥生が書き下ろす、

時代の芯を突く渾身の一作!

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

「なぜ妻は突然、離婚を切り出すのか」 打越さく良 祥伝社新書

2016年01月29日 | 

「なぜ妻は突然、離婚を切り出すのか」 打越さく良 祥伝社新書

芸能人みたいな名前、写真は「お人形」みたい。だが実は離婚に詳しい弁護士なのだった。

(名前は本名らしい。アイドルみたいな顔写真なのは、お化粧のせいらしい。)

同じ著者の岩波ジュニア新書「レンアイ、基本のキ 好きになったらなんでもOK?」も、おすすめ。

------------- 目次 -------------------------------------

第1章 夫婦円満、本当ですか?(絵に描いたような幸せな夫婦?;夫婦間の認識の違い ほか)

あるある。ありそう。うちの同居人は、小さい頃に父親に殴られる毎日だった。

ご年配のかたなら覚えているだろうか。NHKの連続ドラマ「うずしお」で林芙美子の息子役をやってた可愛い子。5歳児の頃はもっと愛らしかったろう。それを殴る蹴るって、懲役3年くらいくらわしてやりたいぞ。

離婚しても養育費を払わない。職業は教員。社会的地位が高い奴に限って、心は冷たいのか。

あー、脱線。ごめん。

本章は、恋愛期、新婚期、子育て期の三局面での「夫の勘違い」と「妻の本音」を浮かびあがらせてくれる。

第2章 こんなサインに気づけたら(そもそもDVとは;こんな変化がありませんか ほか)

強者のほうは気がつかないってころ、あるよね。

第3章 突然の離婚の申し入れ(離婚の申し入れに驚愕して;代理人を通してではなく、直接話し合いたい ほか)

ありがちな対応。経験豊富な弁護士が、コンパクトにまとめてる。

第4章 裁判所に行くことになってしまったら(勝手に出て行ったのだから、生活費は自分で持ってほしい;私立に行かせる必要なんてない。学費は負担しない ほか)

裁判の様子がていねいに説明されている。

第5章 離婚(突然離婚)を避けるためのアドバイス(覆水盆に返らず;まだやり直せるなら ほか)

一度は愛した相手なのだから、やり直せたらよいよね。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

強面のカナリヤ瀕死なり  映画『ヤクザと憲法』!

2016年01月28日 | 芸術
強面のカナリヤ瀕死なり  映画『ヤクザと憲法』!
 
カメラ越しのヤクザ組員に対する質問が、なにやら“間抜け”だ。長細いナイロン製バッグを見つけて、「マシンガンですか」「そんなわけないじゃないですか!! ヤクザの事務所だからって」、開けてみるとテント道具だ。返答に納得できないのか「拳銃はないんですか?」「ないですよ。置いとけないじゃないですか」「置いとけないんですか?」「日本の法律で決まっているでしょう、銃刀法」「いざっていうときは、どうするんですか?他の組が攻めてきたり……」「そういうときは……、自分にはわからないです。テレビの見すぎじゃないですか?」おもわず爆笑してしまった。誰だい、こいつはと思ったら、テレビ局で「やりたいやりたい」と主張した自称・発達障害、他称・漂流社員の本作監督インタビューなのだ。
 
法律監修は、映画『死刑弁護人』の、われらが安田好弘弁護士。あのときはマスコミ嫌いの安田さんを「騙して」撮影した東海テレビ、事後承諾作戦だったよね(笑)。
 
今回の取材で、ヤクザとの取り決めは、三つだけ。一、取材謝礼金は支払わない 二、取材テープ等を事前に見せない 三、モザイクは原則かけない。この原則を守ったら、すごいドキュメンタリーとなった。
 
部屋住みの新人青年、中堅、会長の日常もろもろ。実行犯が「トップの指示でやった」と供述したために川口和秀会長は逮捕され、十五年の実刑判決を受けた殺人事件が暴対法のきっかけだと言われる。百日間の密着取材は、どんどん広がる。葬式も撮る。どこから問題が噴出し、企画が中止になるか分からないから短期間で一気呵成に撮り上げた。
 
暴対法、暴排条例によってヤクザは絶滅危惧種となっている。例えば銀行口座が作れない。作ってばれると詐欺で訴えられる。銀行口座が作れないから子どもの給食費を現金で払おうとするとヤクザとばれて、子どもが学校で虐められる。 事故で自動車が傷ついたので保険会社に修理代を頼む。保険会社は不合理に渋る。こじれると、恐喝やら詐欺で逮捕される。
 
弁護を頼もうにも引き受けてくれる弁護士がいない。 山口組の顧問弁護士・山之内幸夫弁護士は、懲戒処分を受け、何度も起訴され、有罪確定で資格剥奪。
 
ヤクザと接点をもった人たちは、ヤクザと一緒に追いやられていく。安全安心社会の裏で、憲法番外地となっている。新左翼党派弾圧、オウム弾圧刑務所拘置所、大企業の職場、そしてヤクザ。日本中に広がる憲法番外地は怖い。それを許す「日本国民」も怖い。
 
 
 
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

「騙されてたまるか 調査報道の裏側」 清水潔 新潮新書

2016年01月27日 | 

「騙されてたまるか 調査報道の裏側」 清水潔 新潮新書

「Focus」編集部のカメラマンを経て、日本テレビでは報道部記者&解設委員をしてるひとの実践記録だ。

------------- 内容 -----------------

1 騙されてたまるか—強殺犯ブラジル追跡

地球の反対側まで三人を追いかけた。地元記者との協力に感動。

2 歪められた真実—桶川ストーカー殺人事件

告訴状を改竄する警察。

3 調査報道というスタイル

4 おかしいものは、おかしい—冤罪・足利事件

前に足利事件の本を読んだときは、辛口評だったけど、見直した。無実を信じた西巻糸子さん。自転車実験。目撃者いるじゃん。幼児は自転車の荷台に乗れない。母の言葉、ごめんなさいが言えない警察。

5 調査報道はなぜ必要か

震災、レベル7。伝書鳩化する記者。百人の記者クラブ員に囲まれ、「出ていけ!」。

6 現場は思考を超越する—函館ハイジャック事件

95年、オウム信者といのは嘘で、銀行員。脳外科病院の通用口で写真を撮って、直後に睡魔に襲われ意識喪失。

7 「小さな声」を聞け—群馬パソコンデータ消失事件

97年、DOSとWindowsの混在したパソコン。データは消えてなかった。

8 “裏取り”が生命線—“三億円事件犯”取材

裏取りして騙されなかったけど、騙されて誤報を打つ週刊誌も。

9 謎を解く—北朝鮮拉致事件

砂浜、松林、上陸目標(ユースホステル、旅館、国民宿舎が灯台がわり)

10 誰がために時効はあるのか—野に放たれる殺人犯

公訴時効はなくなったんだ2010年 そのまえの怒りの記

11 直当たり—北海道図書館職員殺人事件

勝手に家出扱いにする警察、しかし

12 命すら奪った発表報道—太平洋戦争

少尉が結婚するには軍の許可が必須、その申請のためには親の承諾が必要という時代 東京大空襲 特攻隊の作戦は極秘、そもそも吉の場所すらはっきりしない 知覧出撃数時間前の手紙

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

男女平等の危機! 改憲はここにも! 2/2(火) 角田由紀子弁護士 

2016年01月26日 | 企画

わーい、角田由紀子弁護士だ。 これは行かねば。 .....以下、転載。

 第4回ミニ講座

<憲法24条(男女平等)の危機! 改憲はここにも!>

いつ誰と結婚するか、結婚するかしないか、誰とどこに住むか、それは自分の自由な意思で決める、それが当たり前と私たちは思っています。でも、当たり前ではなくなる日が近くやってくるかもしれません。70年前までの日々のように・・・

憲法24条はどのように成り立ち、その条文の意味することは何か、自民党の新憲法草案の条文ではどう変わるのか、戦争する国が日々現実化する中で、憲法9条との関係を視野に入れてもう一度学び直します。

講師:角田由紀子

日時:2月2日(火)18:30~20:40

場所:ウィメンズプラザ会議室A(32人) 谷区神宮前5-53-67

  • 渋谷駅 宮益坂口から徒歩12分

  • 表参道駅 B2出口から徒歩7分

*参加希望の方は下記フォームからお申し込みください。

http://1pyo-de-kaeru.com/news/859/

●当日、講座の前に「戦争法の廃止を求める2000万人署名」を集める活動を行います。参加したい方は、16:30までに、渋谷駅モヤイ像(渋谷駅南口東急東横店南館前、バスターミナル手前)付近にお集まりください。署名用紙、画板、ボールペンなどをご持参ください。

主催:一票で変える女たちの会



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

もうすぐだ「断食芸人」予習する 「映画/革命」足立正生と

2016年01月25日 | 詠む

「映画/革命」 足立正生 河出書房新社

「断食芸人」カフカの原作は読んだ。短編。

本書は2003年に出版された、500頁を超える大部の書。2007年の「幽閉者 テロリスト」を作る前の本だ。あ、でも本を読んでなくても映画は楽しめるよ。

2005年の「塀の中の千夜一夜 - アラブ獄中記」も前に読んだなあ。監督の絵が表紙になってる本。

そして2010年の映画「革命の子どもたち」には出演してたね。

さて映画「断食芸人」は2月に公開される。試写は見たが、初日にも見参予定なり。渋谷のユーロスペースね。

監督とは救援連絡センター運営委員なかまなのよん。

----------- 目次 緑字は千恵子メモ -------------------

1 少年時代まで

13 飲酒は小学校2年生から 出来たての芋焼酎は甘い焼き芋の味と香りがくーんとしていて美味い

23 家族の喧嘩問題

27 軟派と硬派の両方やってる

2 日本大学芸術学部新映画研究会

53 山本晋也

3 若松プロダクションと創造社の時代

映画は少ししか見てないので、斜め読み

4 第二次『映画批評』そして『略称・連続射殺魔』

5 『赤軍―PFLP・世界戦争宣言』

351 パレスチナへ

354 重信房子

356 ガッサン・カナファーニ アリという青年が出てくる映画をみたなあ 三井くんに似てる青年

357 信原孝子 「聴診器を手に絆を生きる 信原孝子医師のパレスチナ解放運動と地域医療」 読まなくちゃ

362 典型的光景は撮らない はは プロバガンダやんないと

371 上映隊を若松プロで結成すると 赤バス

372 内ゲバは絶対にやらないと決めたんだから、手を出すな 皆で袋叩きさればすむことだ

383 そして連合赤軍事件 権力の側のテレビジャック 謝り部隊

393 パレスチナでのリッダ作戦以降の巻き返し

419 国際手配 「特徴、醜い男」 きゃは んなこと行ったら警官なんて大半が醜い男じゃん

420 「天使の恍惚」 脚本を書いたんだ これは見たよ

429 企画審議会に並んでるなかに寺山修二、赤塚二二、なんと中山千夏もいたんだ

6 越境―日本赤軍―パレスチナ

454 浴田由紀子

456 状況劇場の公演 アラビア語

488 レバノン国家保安局の逮捕 3年の投獄

489 拉致され飛行機の中での逮捕 有印私文書行使 執行猶予4年

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

「刑事弁護の基礎知識」 岡慎一 神山啓史 有斐閣

2016年01月24日 | 

「刑事弁護の基礎知識」 岡慎一 神山啓史 有斐閣

刑事事件というと裁判員裁判がらみになっちゃうのね。著者の二人とも法テラスの裁判員裁判弁護技術研究室の主任研究員、室長(えらい)だ。わたしは裁判員制度には反対なんだけど、おふたりの高名は聞いている。また本書の協力弁護士も尊敬するかたがただ。

教科書だな。

黙秘のとこだけ、めもめも。

43頁 供述するかしないかの方針決定 

(1)黙秘権の意義

取り調べに応じて供述することのリスク 

1.供述が変遷するリスク 2.被疑者の認識や記憶が歪められるリスク

(2)供述することが利益になる場合(黙秘が不利益になる場合)

1.有利な処分につながる場合

自白事件では、起訴猶予、略式起訴、即決裁判申立て

否認事件では、不起訴、認定落ち起訴、被告人に有利な事実を前提とした起訴(共犯者間の役割分担について被告人主張に沿った事実を前提とした起訴、被告人主張に基づく過剰防衛、被害者の落ち度を前提とした起訴などがありうる)

2.否認事件において、被告人側の積極的主張の時期が、公判での被告人供述の信用性判断に大きく関わる場合

ただし、捜査段階における被疑者の供述内容を記録化して保全する方法としては、取り調べで供述する以外に、弁護人による供述録取書作成その他の方法がありうる。上記2のように、供述の時期(の記録)だけが問題となる場合については、弁護人が作成する供述録取書等で目的が達成できることが少なくない。 ← 刑事に言うんじゃなくて

(3)方針決定のあり方

「次の接見まで黙秘する」という方針が適切なことも少なくない。 ← これなら、できるかも

「供述するかしないか」の方針決定では、被疑者の性格や精神状態も考慮する必要がある。「供述しない」方針が被疑者の利益になると判断されるときでも、こうした事情から黙秘権行使は困難と考えられる場合もある。

骨のとこだけ抜粋したので、詳しくは本書を読んでね。

----------------- 目次 -------------------

第1部 基本編
 第1章 刑事裁判の変化
 第2章 弁護人の任務と方針決定
 第3章 ケース・セオリー
 第4章 捜査段階の弁護活動
 第5章 身体拘束からの解放
 第6章 起訴後の公判準備(概要)
 第7章 証拠開示
 第8章 弁護人による調査と証拠収集
 第9章 検察官請求証拠に対する意見
 第10章 公判前整理手続における争点及び証拠の整理
 第11章 最終弁論
 第12章 冒頭陳述
 第13章 証人尋問のルールと異議
 第14章 主尋問
 第15章 反対尋問
第2部 ケース編:否認事件
 第16章 〔ケース1〕強盗殺人未遂事件─殺意を否認する事件
 第17章 〔ケース2〕強盗致傷事件─犯人性を否認する事件
第3部 量刑についての弁護活動
 第18章 量刑判断の枠組み
 第19章 量刑事件におけるケース・セオリー
 第20章 量刑事件弁護の留意点
 第21章 殺人事件の量刑弁護
 第22章 傷害致死事件の量刑弁護
 第23章 強姦致傷事件の量刑弁護
 第24章 強盗致傷事件の量刑弁護
第4部 弁護活動の限界
 第25章 弁護活動の限界 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

福島みずほとともに...神田香織 31日(日)埼玉

2016年01月23日 | 企画

 なんだい、検索してもデータがないぞ。

せめて、レイバーネット・イベントカレンダーくらいいれといたほうが良いのに。

以下は、神田香織サイトから断片転載。-----------------------------------------------

31日(日)

午後2時半~

   「福島みずほとともに平和と人権を守る会・埼玉スタート集会」

   会場;さいたま市文化センター大集会室

ということでもちろん、神田香織も出演。

(福島みずほ参議院議員と...労働組合・旗びらき)


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

現代暴力論 「あばれる力」を取り戻す 栗原康 角川新書

2016年01月22日 | 芸術

現代暴力論 「あばれる力」を取り戻す 栗原康 角川新書

おもしろかった。ひらがなの勢いが良い。

だけど、敬愛するモジモジセンセが

>本書を最初からたのしくグイグイ読めた、という人は、ちょっと「暴力」に入れ込み過ぎかもしれません。

えー、わたし暴力だいきらいなのに。へんだなあ。臆病もの千恵子だし。

86 核シェルターの普及率100%のイスラエル。缶詰の普及の火付け役になったのが核シェルター。知らなんだ。マイシェルターで一家団欒。そのためには金を稼ごう。もっと稼ごう。核戦争の人間化!?

90 平和のための原子力 アイゼンハワー大統領の国連総会演説

124 水滸伝は暴力論の教科書 北方謙三の水滸伝19巻わくわく読んだなあ

132 「ゾミア」 これも気になる 山賊の武器はイモだと

202 直接行動としての自殺?!

224 土地と自由 ナロードニキ

248 リャク(略奪)をやって遊郭に向かう 最低だよ

255 犠牲と交換のロジック もじもじせんせが引用してるとこ

260 ブラックブロック ドイツ 2万人の黒集団! アウトノーメか

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

「ANTIFA ヘイト・スピーチとの闘い 路上の記録」 秋山理央/写真 朴順梨/文

2016年01月21日 | 芸術

「ANTIFA ヘイト・スピーチとの闘い 路上の記録」 秋山理央/写真 朴順梨/文 鹿砦社

写真を見ながら、とんでもない国になってしまったなあと思った。否、闘い 路上の記録なのだが。

巻末の朴順梨の文章。

忍者みたいな風体の秋山理央は、「レイシストはダサい。カウンターはカッコイイ。もちろん義憤はあるけれど、カッコイイから撮影する」と。

カウンター行動しているひとたちの気持ちも記されている、貴重な記録集だ。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

「殺されたミンジュ」すなわち民主とは? 異色の映画キム・ギドクなり

2016年01月20日 | 詠む

「殺されたミンジュ」

キャッチコピーは「少女が葬り去られた日、良心はすべてこの世から消えた。」

少女の名前「ミンジュ」は韓国語で民主主義を意味する。

ある夜、女子高生が男たちに無残に殺害された。1年後に、事件に関わった1人の男が武装した7人組の謎の集団に誘拐される。集団は男を拷問し、自分が起こした事の告白を強要する。やがてその集団は事件に関わった7人の容疑者たちをひとり、またひとりと誘拐してゆく。

貧民層の描きかたが、うまい。謎を孕む展開。

キム・ヨンミンが熱演する1人8役。見ていたときは分らなかった。鑑賞後に写真をみて3役くらいは、判った。演技が上手なんだろうな。

異色作「レッド・ファミリー」の脚本、製作、編集をしたのが...今回のキム・ギドク監督。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

映画版「ふたりの死刑囚」たちは 連綿つづく...東海テレビ

2016年01月19日 | 詠む

「ふたりの死刑囚」

ずっしずっしと廊下を、家の中を歩く袴田巌さん。

拘禁反応が痛ましい。少しずつ少しずつ癒されていく姿。でも、閉じ込められた48年の影響は大きい。

奥西勝さんは病気で入院したさいも手錠をかけられたという。半世紀に及ぶ独房生活。89歳で獄死。

最後の3年間は八王子医療刑務所で寝たきりの生活。奈良の山村に住む妹は、兄の無実を信じ、片道5時間をかけて通い続ける。たった5分の面会のために。むごい、むごすぎるぞ。

監督初挑戦は、東海テレビディレクター鎌田麗香さん(30)。なんて若いんだ。初日の初回の舞台あいさつで分った。

東海テレビ。30年前に取材を始めた「証言~調査報道・名張毒ぶどう酒事件~」門脇康郎、「毒とひまわり――名張毒ぶどう酒事件の半世紀」などの齊藤潤一と、次の世代に受け継がれてきたんだ。テレビ無歴40年のわたしも東海テレビだけは見たかった。

で、鎌田麗香監督。テレビ版、追加したテレビ版を経て、劇場版を創ったと。

彼女は将棋の特訓をし、ボクシングも訓練したんだ。

監督インタビューの言葉、奥西さんが犯人だと思ってないと、あの村としてはやっていけないっていう現実があって、そういう点では村人の方々も被害者なんですよね」


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ろくでなし子さん どうしてあなたは逮捕されたの?  30日(土)世田谷

2016年01月18日 | 企画

せたがやボロじゆうくⅡ 再出発第1弾

「ろくでなし子さん どうしてあなたは逮捕されたの?」
~表現の自由はどこへ行く?直接話を聞いてみよう!~

ワイセツって何ですか?
私の体がワイセツ?!
どうして2度も逮捕されなきゃいけないの?
女性器の3Dデータを配布したとして逮捕された芸術家・ろくでなし子氏をゲストに迎え、その真相と心中を語っていただきます。聞き手として大学生のアートユニット「ぽてち」が参戦。若者を交えて赤裸々に過激に、わいわい議論いたしましょう。ボロじゆうくⅡ再出発記念企画は「表現の自由」についてとことん語る。YESもNOも思いのまま。自由な言論空間へようこそ!

日 時 : 2016年 1月30日(土) 
講 演          18:00~19:30 
シンポジオン(饗宴・討論)19:30~21:00

会 場 : 世田谷ボランティアセンター(三軒茶屋駅から徒歩10分)世田谷区下馬2-20-14
資料代 :大人1.000円 学生500円(1杯程度の懇親会費も含む)   
主 催 : せたがやボロじゆうくⅡ    
協 力 : リベラル日本研究会 / ぽてち
講 師 : ろくでなし子氏 ろくでなし子裁判被告
連絡先 : 2016 jiyuku@gmail.com  

◆ろくでなし子氏プロフィール(1972年3月14日 - )

日本の漫画家、芸術家。自らの女性器を型どりデコレーションしたアート作品「デコまん」を作り、注目を集める。2014年7月「わいせつ電磁的記録頒布罪」の疑いで逮捕される。7月15日、支持者が即時釈放を求め1万5000人の署名を達成。7月18日 釈放。10月東京藝術大学シンポジウム に登壇。「週刊金曜日」にて逮捕拘留漫画の短期集中連載開始。12月3日、わいせつ物公然陳列の疑いで再逮捕されるが、保釈金150万円で保釈される。

◆~せたがやボロじゆうくⅡの出発にあたって~
ボロ塾とは1990年代に教員のイナセンこと稲野茂正と児童館職員だったヒゲこと澤畑勉、そして現在は世田谷区長を務める当時教育ジャーナリストの保坂展人の3人によって始められた自由な言論空間である。「エイズ問題」から「学校のいじめ問題」まで、取り組んだテーマは多岐にわたる。時に議論沸騰し、夜明けにまでわたることも。稲野は去年の安保法制の議論や市民運動の覚醒を通して、またこれを復活すべきだと思った。今こそ固定的でない自由な面白い言論空間を作るべく、ヒゲとともに再出発をよびかける。新たな出発にあたり呼びかけ人にリベラル日本研究会主宰の梁田貴之を加えた。

 『私の体がワイセツ?! 女のそこだけなぜタブー』 ろくでなし子 筑摩書房


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

なんだこれ...ん「新宿ミッドナイトベイビー」 寺西一浩ゴマブックス刊 

2016年01月17日 | 詠む

「新宿ミッドナイトベイビー」 寺西一浩 ゴマブックス

いま上映中の映画の原作だ。同性婚が主題の映画らしいが、25点だな。

軽薄だし、金持ちが得をするというのが気に入らないし。

35 ゲイバー ホモバー 観光バー いろいろあるんだ

41 バックが禁止の州 ユタ州のソルトレイクはホモ禁止 そうなんだ

45 大学に行きたくて売り専 効率よく稼げるからか

134 中絶は母体を痛めるから嫌 そんな理由って、ありか

151 「あの二人に、赤ん坊を育てられるわけないじゃない。絶対に虐待して殺すわよ。親の愛情が不足していた人間は、子供にも同じようなことをするのよ」といって、殺すために赤ちゃんを預ける!? すごい発想 えぐさに堪らない思い

Comment
この記事をはてなブックマークに追加