ザウルスの法則

真実は受け容れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け容れられない者には不快である。
ザウルスの法則

「5Gの電磁波を遮るものなど何かございましたら、ご提案をお願いしたいのですが。」

2020-04-20 21:33:15 | 電磁波
「5Gの電磁波を遮るものなど何かございましたら、ご提案をお願いしたいのですが。」     上記のようなメールを頂きましたので、以下のように回答します。       5Gを展開している都市は日本ではまだまだ少数です。 あなたの住んでいる市で5Gが導入される動きがあったら、反対運動を起こすほかありません。 5G対策以前に、まずは、ご自 . . . 本文を読む
コメント (36)

コロナに対する “脆弱性” は、人類の第2次劣化現象? その原因は?

2020-04-19 23:13:04 | コロナ騒動
コロナに対する “脆弱性” は、人類の第2次劣化現象? その原因は? すでに 「人類の第2次低脳化現象  (1) 人類は過去に一度 “低脳化”  している」 において、農耕社会への移行に伴って人類が第1次の “劣化” を経てきていることを以下のように論じた。 以下、赤字部分は今回の引用に際して特に強調の必要のある個所である . . . 本文を読む
コメント

コロナ騒動:5GとCOVID-19の “因果関係メカニズム” :米医学界重鎮の論文

2020-04-15 06:44:26 | コロナ騒動
5GとCOVID-19の “因果関係メカニズム” :米医学界重鎮の論文   以下に紹介する論文は、米国ワシントン州立大学名誉教授のマーティン・ポール博士が先月公開したものを、Google の機械翻訳にかけてそのまま転載したものである。生化学、基礎医学の専門家の論文なので読みにくいかもしれない。 Martin Pall 博士は、アメリカでは以前から電磁放射線の . . . 本文を読む
コメント (8)

コロナ騒動:“感染者発生の予行演習” が、昨年9月に当の “武漢” で!

2020-04-13 13:13:42 | コロナ騒動
コロナ騒動:“感染者発生の予行演習” が、昨年9月に当の “武漢” で! (今までカテゴリー名を 「コロナウィルス」 としてきたが、「コロナ騒動」 に変更した)  場所は、武漢 “天河国際空港” で、新型コロナウィルスの感染者が入国審査場で発見されたという想定。疫学的調査、医学的検査といったスクリーニングから始まり、臨 . . . 本文を読む
コメント (2)

コロナ騒動:新型コロナウィルスという病原体はそもそも実在するのか?

2020-04-10 11:25:05 | コロナ騒動
コロナ騒動:新型コロナウィルスという病原体はそもそも実在するのか? https://www.bitchute.com/video/CPLyoWIQLsUK/ 追記:以下は、現在では “コロナ騒動” の真相解明において最重要とみなされている最初期の動画を、日本で初めて記事にして紹介したものである。   “5G” と “武漢 . . . 本文を読む
コメント (6)

コロナ騒動:パンデミックはわずか1か月前にNYでシミュレートされていた!

2020-04-07 16:27:13 | コロナ騒動
コロナ騒動:パンデミックはわずか1か月前(Oct.18, 2019)にNYでシミュレートされていた!   ニューヨークの高級ホテルのイベント会場である。この会議のウェブサイトもちゃんとある。→ EVENT 201   Hotel The Pierre,  Luxuary Hotel in New York City   &n . . . 本文を読む
コメント (8)

コロナ騒動:ユヴァル・ノア・ハラリのTIME寄稿論文: 習近平の高笑い?

2020-04-05 12:21:13 | コロナ騒動
コロナ騒動:ユヴァル・ノア・ハラリの TIME 寄稿論文: 習近平の高笑い?     実は、ユヴァル・ノア・ハラリの著作はすべて英語で読んでいて、日本語で読むのは今回の論文が初めてである。“SAPIENS”  は4回読んでいる。最後の1回は英語でノートを取りながら読み、4冊になった。“Homo Deus”&nb . . . 本文を読む
コメント (2)

ノルウェー近海の美しき矩形波(3)「海底考古学34」 ディテール篇下巻

2020-04-04 01:51:52 | 歴史、考古学
ノルウェー近海の美しき矩形波(3)「海底考古学34」 ディテール篇下巻   断面6 断面線6の長さは比較的長く 63 km で、新宿から三崎港までの直線距離に等しい。 断面線6がカバーするクローラー痕は6本で、隆起帯が4本、陥没帯が2本である。 断面図の黒枠の中の横幅が 63 km(新宿ー三崎港)である。等間隔の垂直線は 7.5 km 間隔である。6本あるクローラー . . . 本文を読む
コメント (11)

ノルウェー近海の美しき矩形波(2)「海底考古学34」 ディテール篇上巻

2020-04-03 01:57:38 | 歴史、考古学
ノルウェー近海の美しき矩形波(2)「海底考古学34」 ディテール篇上巻   番号順に見ていくが、最初に4つの四角を見る。以下の画像では2つずつを1つの画像に収めている。   これら4つの四角は、海底の表面を進むクローラーがカーブを切ったと思われる痕跡である。いずれにも扇状の “キャタピラ痕” が見て取れる。誰が見てもそこに機械工学的な活動があ . . . 本文を読む
コメント (2)

ノルウェー近海の美しき矩形波(1)「海底考古学34」 概略篇

2020-04-01 07:26:11 | 歴史、考古学
ノルウェー近海の美しき矩形波(1)「海底考古学34」 概略篇    場所はノルウェーのフィヨルドから100kmほど沖にある。   3つの画像のうち、左端がグーグルアースのグリッドを使った元画像。それぞれの画像の右下に見えるのはスカンディナビア半島の一部(ノルウェーのフィヨルド)。 真ん中は、フィルタリングの途中の画像で、矩形波が少し浮かび上がってきている . . . 本文を読む
コメント (10)