ザウルスの法則

真実は受け容れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け容れられない者には不快である。
ザウルスの法則

中国は世界中に酸化グラフェンを売っていた? AliExpress, Alibaba で貴方も買える!

2021-07-26 23:52:01 | コロナ騒動
中国は世界中に酸化グラフェンを売っていた? AliExpress,  Alibaba で貴方も買える! 2021年7月26日   中国がそのトロイの木馬であるAliExpressを通じて酸化グラフェンを含む製品を販売していても、驚くべきことではない。さらに問題の製品が生理食塩水やワクチンに加えることができるグラフェン水溶液であっても、驚いてはいけないだろう。  . . . 本文を読む
コメント (3)

“酸化グラフェン曝露” は2012年から? その方法が既に特許に?

2021-07-24 13:57:58 | コロナ騒動
“酸化グラフェン曝露” は2012年から? その方法が既に特許に?   ワクチン接種もマスクの着用もPCR検査も受けていないのに、なぜ磁気を帯びているひとがいるのだろうか?実は、それに対する答えがすでにあったようだ。   ワクチン中に酸化グラフェンが存在することが確認されただけでも大事件だと思っていた矢先に、われわれの度肝を抜くようなニュース . . . 本文を読む
コメント

モデルナにも “酸化グラフェン” が、99.5%!

2021-07-24 13:57:58 | コロナ騒動
モデルナにも “酸化グラフェン” が、99.5%! 2021年7月22日 ザウルスは海外の情報を、原文以上に(笑)、わかりやすく、レベルを落とさずに読めるように翻訳しています。ちなみにGoogle 翻訳の精度は 65% 以下ですが、ザウルス訳は 95% 以上の精度と読みやすさ、わかりやすさを目指しています。特に関連画像を配した “紙芝居効果” を . . . 本文を読む
コメント (8)

D:ニース沖の超絶ドットストライプ: 海底考古学37-D

2021-07-22 01:26:52 | 歴史、考古学
D:ニース沖の超絶ドットストライプ: 海底考古学37-D       もう一つ見てみよう。  “X-2” とした、いちばん下の “交差ドットライン” である。ここでは “平行ドットストライプ” との交差角度は 45度前後 である。   ドットは5つあり、すべて陥没ド . . . 本文を読む
コメント

C:ニース沖の超絶ドットストライプ: 海底考古学37-C

2021-07-22 01:25:47 | 歴史、考古学
C:ニース沖の超絶ドットストライプ: 海底考古学37-C   さて、“ドットライン” を拾い出して見てきているが、このドットラインの集合体を “ドットラインフィールド” として見ると、その巨大さは人知をはるかに超えたものであるように思える。そのため、われわれ人間のキャパシティの小さい脳はこうした “海底巨大痕跡” . . . 本文を読む
コメント

B:ニース沖の超絶ドットストライプ: 海底考古学37-B

2021-07-22 01:25:04 | 歴史、考古学
B:ニース沖の超絶ドットストライプ: 海底考古学37-B   “B-2” すでに 前記事 「海底考古学37-A」 で見てきたように、“ドットライン” には訳(わけ)あって1行おきに薄いブルーの補助線が施されている。下の画像中の “A-10” の次のドットライン “B-1”   には補助線 . . . 本文を読む
コメント

A:ニース沖の超絶ドットストライプ: 海底考古学37-A

2021-07-22 01:22:28 | 歴史、考古学
A:ニース沖の超絶ドットストライプ: 海底考古学37-A   今回の舞台はフランスのニースの沖である。以下の地図では前回の 「イタリアのかかとの矩形」 も見えている。黄色の経線は “グリニッジ子午線” である。経線、緯線ともに球面湾曲している点に注意。     ここまで拡大しても、粗削りな石器のような輪郭の中に、せいぜい斜めの線が . . . 本文を読む
コメント

インフルエンザワクチンにも酸化グラフェンが!?

2021-07-21 17:34:48 | コロナ騒動
酸化グラフェンはすでにインフルエンザワクチンにも入っていた!?   以下の記事では、インフルエンザワクチンに “酸化グラフェン” が入っていた証拠が挙げられている。そして、実は それが、COVID ワクチン のリハーサルとして “コロナ騒動” 以前に大掛かりに接種されていた可能性について論じている。つまり、コロナの症状の多くは、酸化グラ . . . 本文を読む
コメント (10)

ワクチン接種者の血管が発光? 酸化グラフェンのせい?

2021-07-21 01:56:01 | コロナ騒動
ワクチン接種者の血管が発光? 酸化グラフェンのせい?   引用元/原題:La Quinta Columna:分析されたワクチン接種バイアルに酸化グラフェンが含まれているという主張を裏付けるUV蛍光テスト結果 2021年7月9日 プログラム番号77で、La Quinta Columnaは、ファイザーのワクチン液バイアルで実施されたUV蛍光分析の結果を公表した。 パブロ・ . . . 本文を読む
コメント (9)

5G - ナノカーボン - 人体:ナノテクノロジーの超SF的状況

2021-07-20 00:53:38 | コロナ騒動
5G - ナノカーボン - 人体:ナノテクノロジーの超SF的状況 <緑色部分はザウルスの補足> 元記事: La Quinta Columna discusses a study on the properties of graphene and their link with EMF グラフェン、酸化グラフェン、カーボンナノチューブ等 は、いずれもカーボン系のナノ物質であり、“ナ . . . 本文を読む
コメント (3)