ザウルスでござる

真実は受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルスの法則

電磁波、 うつ病、 自殺 の関係

2017-08-01 23:50:43 | 電磁波

電磁波 → うつ病 → 自殺?

http://www.express.co.uk/news/uk/49330/Suicides-linked-to-phone-masts

https://www.thesun.co.uk/living/2720523/mystery-small-welsh-town-bridgend-23-men-committed-suicide-one-year/

https://www.goodreads.com/book/show/17834883-overpowered

http://www.dailymail.co.uk/news/article-1174789/Bridgend-father-hanged-daughter-nephew-killed-themselves.html


 

 

 

 

 

 

 

英国はサウスウェールズの小さな町、ブリッジエンドで2007年から2008年の18か月のあいだに22名の未成年者が相次いで自殺した

 

英国政府の携帯電話電磁波問題諮問委員会の顧問を務めるロジャー・コグヒル博士は、彼らの住居の携帯基地局からの距離が平均よりもずっと近い ことを突き止めた。

 

 

 

ブリッジエンドの町並み。典型的なイギリスの田舎町。

 

 

 

 

 

英国人は平均して基地局から800メートルの場所に住んでいるのに対し、その自殺者たちの平均はわずか356メートル、つまり平均の半分にも満たない。

さまざまな科学的研究によれば、「携帯電話や基地局からのマイクロ波の被曝はうつ病を引き起こすこと」を示しており、基地局が、自殺した22人全員のうつ病の一因である状況証拠がある と同博士は考えている。



コグヒル博士は、携帯基地局への近さとうつ病との関係についての世界中の研究を調査した。携帯基地局は学校や病院といった公共の建物にもよく設置されるが、同博士の調査結果は、おそらく 携帯基地局のもつ潜在的な危険性 について警鐘を鳴らすことになるであろう。公共の場所に携帯基地局を立てることに対して、健康上の根拠に基づいた反対運動に弾みをつけることが考えられる。

 

コグヒル博士はインタビューに答えて以下のように語った。 「携帯基地局がブリッジエンドの自殺者たちをうつ病に追い込んだ可能性を示す強い状況証拠があります。」 その自殺者たちの中には、ケント州のフォークストンでの休暇中にシャワーのカーテンレールで首をつった女性、ケリー・スティ-ブンソン(20)がいる。

 

 

 父親と写っているケリー。

 コグヒル博士が上記の発表をしたのは最初の自殺から18カ月後で、合計22人であったが、その後も自殺の連鎖は続き、24カ月後には24人にまでなっていた。年齢は15~28歳である。

  ちなみに、この父親(40)は娘の自殺の14カ月後にあとを追って同じように首を吊ったが、自殺した24人の若者には数えられていない。

 

 

 

 
同博士は続けて言う。「携帯電話電磁波への被曝がうつ病をもたらす事実を指し示す一連の研究がここ数年積み上がってきています。電波や電磁波を放射する電気的な装置の近くに生活する人々の間では平均よりも自殺率が高い ことを示す証拠があります。」 

 

 

 

 

 

 

イメージ写真

 

英国ではこんにち(2008年)、携帯端末は7千万台出回っており、基地局はおよそ5万基立っている。そのどちらからも電波信号と電磁波がが発せられており、それらは脳を透過する可能性がある。もう何年も反対運動家たちは、こうした電磁波がひとびとの健康を大きなダメージを与えているかもしれないと主張している。

 

 

 

 

 

イメージ写真

 

 

英国における基地局への平均距離は基地局のタイプによって変わってくるが、最新の基地局は、写真や動画といった高度なデータを送って携帯端末でダウンロードできるように、はるかに高出力になっている。


新型の高出力の携帯基地局の英国での平均距離は1キロメートルであるが、ブリッジエンドでは540メートルであった。3基が200メートル以内にあり、13基は400メートル以内にあり、22基は自殺者たちの家から500メートル以内にあった。

 

 

研究によれば、未成年者の脳は成人の脳よりも電波エネルギーの影響を受けやすい ことがわかっている。 ごく最近発表された報告によれば、携帯電話は睡眠のパターンに影響を与えることが突き止められている。コグヒル博士は言う。「電気的エネルギーは脳の生化学的プロセスに影響を与え、セロトニンの分泌レベルを枯渇させてしまう ということが起きているように思われます。」

 

 

うつ病においてはセロトニンのレベルが低下するので、うつ病の標準的な治療はセロトニンのレベルを上げる薬品の処方である。こうした薬品が効きだすと、うつ状態が晴れてくる。

 

ブリッジエンドでは2007年1月から22人の若者が自ら命を絶った。自殺者たちには何らかの関連があったと考える者もいるが、専門家によっても今のところ共通点は見出せずにいる。


2007年2月に首つり自殺をしたトマス・デイヴィスの弟のネイサンはコグヒル博士の調査を好意的に受け止め、こう答えている。

 

Thomas Davies

 

 

 

「うちの家族に関する限り、何をどうしても兄のトムが戻ってくることはありません。しかし、もし何らかのつながりが見つかり、何かができるのであれば、これからの自殺予防につながるかもしれません」

 

 

 

しかし、モバイル事業者協会専務理事のマイク・ドーラン氏は、コグヒル博士の調査結果を退(しりぞ)けてこう語っている。 「この説はまともな科学に何ら根差していない、無神経で無茶な憶測にすぎません。英国政府の健康保護局によれば、携帯基地局、それも最新の高出力の基地局ですら、国際的に合意された安全基準を優に下回っているのです。携帯基地局が人々に有害であるという証拠はどこにもありません。電波のレベルは非常に低いものです。」

 

 

 

 

ブリッジエンドの墓地

 

 

 

コグヒル博士は自説の裏付けとして、以下のような調査結果を挙げている。

ある調査でフィンランド人1万2063人を対象に20年にわたって累積された超低周波曝露を推定した。続いて、各被験者に21項目からなる“ベックうつ病質問表(定評のあるうつ病の診断尺度)”に回答してもらった。

 

その結果、高圧電線から100メートル以内に住む人は重度うつ病のリスクが470%(4.7倍)増大する ことが示された。

 


英国での別の同様の研究では、イングランドのウォルバーハンプトンの住民を調査している。その結果、屋外の超低周波放射が50Hz以上の住居用の送電線の近くに住む人は、うつ病のリスクが著しく高い ことを明らかにしている。

 

さらに米国の研究チームは、送電線のそばに住む人にはうつ病に関連のある症状が、そばに住まないひとの2.8倍見られる ことを突き止めた。

うつ病は重症の場合、自殺の潜在的な原因となる。電磁波への曝露がうつ病を引き起こすことが証明されたとしたら、電磁放射線への曝露と自殺発生率とのつながりも見えてくる可能性がある。

そして、実際にまさにその通りのことが多くの研究から明らかになっている。1980年、英国のマリア・ライクマニス博士らのチームが 自殺” と “磁場の強さ” に顕著な相関関係がある ことを実証した。

この研究者たちは1969年から1976年にかけてイングランドのウェストミッドランズ州で検視官より報告された自殺651件のうち、590件を調査している。チームは各自殺者の自宅住所に加え、比較対照用の594戸の住所の電磁波レベルを測定した。すると、自殺者の自宅住所の “磁場の強さ” は対照群の住所よりも高い ことがわかった。特に電磁波曝露のレベルが「高い」およびに「非常に高い」に分類された住所では、自殺率が相応の対照群に比べて40%大きかった。

米国の研究者グループも同様の問題に関するリサーチの結果を発表した。こちらは居住地ではなく、職場での超低周波曝露に重点を置いたもので、13万8905人の男性電気作業員の調査 である。

その結果によると、送電線作業員は自殺で死亡するリスクが59%高い(1.6倍)。電気工事士はそのリスクが2倍以上だった。さらに強い関連性が見つかったのは、対象を50歳未満に限定したときである。彼らは自殺で死亡するリスクが全米平均の3倍を超えていた。

 

 

自殺にはさまざまな原因が絡まっており、多くの場合、単一の原因に絞り込むことはむずかしい。

しかし、さまざまな原因のうちの一つとして、たとえ目に見えなくても 電磁波 も考慮に入れる必要があるのではなかろうか?

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

イギリスとEUの多くの国々では、携帯電話・スマホの未成年者対象の広告は禁じられている。日本では野放しである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (17)   この記事についてブログを書く
« YouTube 携帯基地局の電磁波... | トップ | 高圧線の下でも平気で暮らし... »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
高圧電線のそばに住んでいました (まろのすけ)
2017-08-02 09:53:49
昔高圧線の横切る土地の家に住んでいました
今は売ってしまい別の所に住んでいます
近所が異常に病気の人が多かったです
引きこもり、うつ病、癌数人、メニエル氏病、精神病
早くしてご主人が亡くなった家、私の父は腎臓癌で死亡
妹はリウマチになり、その娘はノイローゼ状態で退学
旦那さんは心臓病、私の元旦那も変なことを言い出し
飲酒がたたって食道に穴が開き大手術
離婚の原因もなぜかやたらにお互いイライラしてしまってなんです
おかしいですよね
高圧線のせいでしょうか
私もめまいに悩まされ、うつ傾向があって
今は元気ですが・・
大損してただ同然の値段で新築した家を売ってしまいました
損したと悩んでいましたが、命は助かったと思うべきかなと今は思ってます
まろのすけ さま (ザウルス)
2017-08-02 14:42:00
生々しい貴重な証言をありがとうございます。理由はともあれ、引っ越して、あなたの “身体” と “心” には良かったのではないでしょうか。

実は、今日はたまたま電磁波測定器を持って、隣の町まで高圧線の下の電磁波を測りに行ってたのです。いつも電車の窓から見ているだけでした。現地に行って見ると、高圧線の下はまったくふつうの住宅地で保育園までありました。保育園の真上を高圧線が走っています。測ると、3.3mG(ミリガウス)でした。2mG、3mGで、白血病やがんになる確率は1.5倍から2倍になるという権威ある研究論文があります。
まろのすけさまの証言にもある通り、がん、白血病以外の病気の原因にもなります。また、うつ病をはじめとしたさまさまな精神的障害を引き起こす元となり得ます。
実は、3.3mG というのはまだいいほうで、6mG、9mG の場所にふつうの戸建て住宅がいくつももあったのです。
そういった場所に暮らしている家庭に何の問題もないわけがありません。気の毒に思いながら帰って来たところ、まろのすけさまの生々しい証言のコメントが入っていて衝撃的でした。


こんばんは^ ^ (丸)
2017-08-02 21:08:32
たまに日本でも起きる"殺せと頭の中で命じられた"的な事件や精神科などに通っている方々の中に居る"頭の中で声がする"人達も電磁波ビームを浴びている人が居ると思っています。
電磁波兵器、ステルス兵器はとても恐いです。
と言いつつ自分自身、スマホやタブレット、PCなど生活の一部になっているという事実もありとても難しい問題です。
攻撃する側、支配層はとてつもなくやり方が上手いです。
電磁波や食べ物等における添加物から身を守る方法は田舎での自給自足くらいしか思いつかないです。
しかし、それらも難しいという。。。
早くいい時代が来るといいと思います。
丸 さま (ザウルス)
2017-08-03 02:03:38
おっしゃる通りです。電磁波が人間の脳のはたらきを “撹乱” することがあるのは間違いありません。意図的にステルス兵器として使われることもあれば、“撹乱” が事故的に起きることもあります。
人間の脳だけでなく、さまざまな電子機器を “撹乱” することも起こるわけで、最近のコンピュータ制御の自動車では、これが原因で起きている事故が相当あるようです。

さて、インターネット = 電磁波  ではありません。インターネットじたいは有線でまったく問題なく使えるものです。問題は “無線” です。“ワイヤレス・テクノロジー” です。わたしはタブレットをもっていますが、“有線” で使うか “オフライン” で使うものと割り切っています。 
“無線” の便利さを当たり前と思ってはいけないのです。そこには “非常に危険な代償” があるということを忘れないことです。
Unknown (すずめ)
2017-08-05 01:39:05
まろのすけさんと似たケースが親戚の家です。
やはり高圧線の近くに住んでおりました。家族が癌でなくなったり、鬱病にかかったりと云っていました。
今は引っ越しましたが、夫婦してまだ若いのに顔にシミがすごいです。
シミが出るのは身体が酸化しやすくなっているのではないかと思っています。

Unknown (NM)
2017-08-10 10:19:39
親族の墓が変電所のすぐ側にあるのですが、電磁波に敏感な娘は幼い頃に墓参りをしていると体調が悪くなるので連れて行かなくなりました。

近くには団地がありますが、住民に知り合いはいないので詳しいことはわかりません。
NM さま (ザウルス)
2017-08-10 13:32:31
賢明な判断だと思います。 敏感に感じる人のほうが少ないので世間ではあまり大きな問題にはなりませんが、潜在的にDNAレベルでは同じ程度の損傷を受けているはずです。ご先祖様には申し訳なくても、大人も長居は禁物でしょう。
幼稚園が (NM)
2017-08-12 11:32:36
ザウルス様 思い出して地図を確認しましたら、墓と反対方向に市立幼稚園がありました。少し離れた場所に保育園もあります。子供達に影響があるはずです。
NM さま (ザウルス)
2017-08-12 14:03:26
恐ろしいことです。欧米では違法なことです。
成長期の子供は大人よりも影響を受けやすいです。とうぜん幼ければ幼いほどより多くダメージを受けます。DNAレベルで欠損が増え、それが蓄積していって、さまざまなかたちで発症します。
大人は子供を目に見えない危険から保護してやらなければなりません。危険は交通事故だけではないということをまず大人が自覚することが必要でしょうね。
すずめ さま (ザウルス)
2017-08-14 13:27:39
ふつうのひとは多少気になって、家を買う時に不動産屋とかに質問するはずです。「この高圧線、大丈夫なんですか?」 と。そのとき業者や電力会社が言葉巧みに安心させるようなことを言っているのではないでしょうか。それをそのまま信じてしまうひとが多いように思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

電磁波」カテゴリの最新記事