旭川トンボ紀行

北海道旭川市を中心としたトンボの写真とその生態

ギンヤンマ

2021年06月24日 | ヤンマ科

ギンヤンマ交尾
コメント

カオジロトンボ-その2

2021年06月23日 | トンボ科

成熟♂

カオジロトンボは既に最盛期を過ぎ、年老いた個体が多くなってきました。今年はやや個体数が少ないと感じます。
コメント

羽化殻

2021年06月22日 | ヤンマ科

オオルリボシヤンマ羽化殻

早いもので、既にオオルリボシヤンマの羽化が始まっています。7月になれば彼等の元気な姿を見ることが出来るでしょう。
コメント

コサナエ

2021年06月20日 | サナエトンボ科

成熟♂


成熟♂ 縄張り


成熟♀ 産卵
コメント

モイワサナエ

2021年06月11日 | サナエトンボ科

モイワサナエ未熟♂

モイワサナエも今が羽化のピークのようで、未熟個体や羽化個体を見ることが出来ました。
コメント

ニホンカワトンボ

2021年06月10日 | カワトンボ科







未熟♂

ニホンカワトンボはちょうど羽化が始まった頃のようで、未熟個体のみ見ることが出来ました。
橙色型♂の未熟個体は翅の前面が白く、成熟するとこの白斑紋は消えてしまいます。成熟個体よりも未熟個体の方が美しいと感じるられる、少数派のトンボ。
コメント

シオヤトンボ産卵

2021年06月09日 | トンボ科

産卵-1


産卵-2


その生息環境と警護産卵
コメント

カオジロトンボ

2021年06月08日 | トンボ科

成熟♂


交尾

まだまだ少ないですが、カオジロトンボも水辺に戻ってきていました。エゾカオジロもそうですが、このトンボは成熟するとすぐに汚くなってしまうので、成熟初期の今時期が最も美しいと感じます。
コメント

カラカネトンボ

2021年06月07日 | エゾトンボ科

カラカネトンボ成熟♂


カラカネトンボ成熟♂


カラカネトンボ♂とヨツボシトンボ♀

羽化写真の撮影から2週間、既に成熟成虫が飛んでいる頃と思い撮影に出ました。
3枚目の写真、個体数の多い環境下ではカラカネトンボ♂は産卵中の「トンボの♀」を見つけると同種、他種問わず、かなりの高確率で見境なく連結しようと襲いかかります。
不運にも産卵中のヨツボシトンボ♀が捕まり、縺れて水面に落下してしまいました。すぐにカラカネトンボ♂の方は何事もなかったかのように飛び去っていきましたが、ひっく
り返ってしまったヨツボシ♀の方は翅が水没してしまい飛び立てず。一部始終を目撃してしまった私は放っておくわけにもいかず、その後救出するはめに。
コメント

2021年スタート

2021年06月06日 | 日記

コサナエ羽化(5月22日撮影)


シオヤトンボ羽化(5月22日撮影)


カラカネトンボ羽化(5月22日撮影)


ヨツボシトンボ羽化(5月22日撮影)

2021年のトンボシーズンもスタートしましたが、ブログの更新をサボっていたので2週間前の羽化写真をアップします。
今年は5月から天候に恵まれず、なかなかフィールドに出ることが出来なかったのですが、さて、これからのシーズンどうなることやら?
コメント

2020年・今年最後のトンボ観察

2020年10月11日 | 日記
飛来種を探しに天塩町へ今年最後のトンボ観察へ行ってきました。結論から言ってしまうと、飛来種は全く見つかりませんでした。他地域からも記録が殆ど聞こえてこないので、今年はこのまま終わりを迎えそうです。また来年に期待ですね。


飛来種の集まる沼風景








タイリクアカネ


キトンボ♂


マユタテアカネ♂
コメント (2)

昨日の続き・・・・・

2020年09月23日 | 日記
せっかくなので、昨日撮影した他のトンボ写真もアップしておきます。写真以外ではアキアカネ多数、ノシメトンボ多数、オオルリボシヤンマ、あと季節外れなシオカラトンボも飛んでいました。


コノシメトンボ成熟♂


ミヤマアカネ交尾


オニヤンマ成熟♂


ルリボシヤンマ成熟♂


ルリボシヤンマ産卵(青型♀)


マユタテアカネ交尾
コメント

キトンボ

2020年09月22日 | トンボ科
4連休最終日。今週末はまたしても雨降りのようなので、先日の東川町へ再び行ってみることにしました。目的は「キトンボ」の撮影です。個体数は少ないながら、池の周囲隅々まで探して♂を5、6頭と連結産卵する1カップルを確認することができました。多産地とまではいきませんが、旭川市近郊ではコノシメトンボを含む貴重な「確実な生息地」と言えそうです。産卵が見られたので、来年以降も継続的に発生してくれることを期待します。


成熟♂ 静止


成熟♂ 縄張り


キトンボ♂とミヤマアカネ♂


成熟♂ 静止
コメント

ルリボシヤンマ

2020年09月20日 | ヤンマ科
午後は旭川市内に戻ってルリボシヤンマの撮影をしました。道内ではド定番の普通種ですが、個人的にはオオルリボシヤンマよりこちらの色合いの方が好みで、狙いがいがあります。


成熟♂ 縄張り飛翔


成熟♂ 飛翔(上と別個体)


成熟♂ 飛翔(上と同一個体)


成熟♂ ヒョウモン系の蝶々を空中で捕獲

コメント

久しぶりのトンボ観察

2020年09月20日 | 日記
ここ一か月余り、天候に恵まれずトンボ撮影に出られない状況がずっと続いていました。今日は久しぶりに休日の晴れに当たったので、以前から気になっていた隣町・東川町の造成池へ行ってきました。既に道内ではトンボ観察終盤にさしかかっていますが、今後は可能な限りトンボの撮影に出かけたいと思います。


コノシメトンボ成熟♂
旭川市内ではなかなか目にする機会の少ないトンボですが、ここでは多くの個体を観察することができました。私の知る限り旭川市近郊では最も個体数の多い生息地の発見となりました。


ミヤマアカネ
温泉地が近いことと、池に流れ込みがあり流入環境が保たれているため、本種も多く見られました。


キトンボ成熟♂
こちらも旭川近郊では非常に個体数の少ないトンボ。写真は成熟個体ですが、稀に見られる赤化しない♂個体。今日は♂2頭のみの観察でしたが、ここで発生していると思われます。


オニヤンマ成熟♂
1頭のみですが、道北では季節外れなオニヤンマの姿も見られました。

コメント