oboegaki

備忘録 ただの日記みたいなものです

ソフトオンデマンド

2010年05月28日 09時30分41秒 | BPUMP
今夜も自転車でBPUMP。

の、途中 青梅街道沿いにSODのビル(1棟借り)はある。

今日は定時株主総会だったらしい
エイベックスみたいに所属タレントさんが来てたり

株主優待とかってあるのかな
どんなのだろう

んでもって、ジムでは初めて2階の11b39手が出来た
この日一回目で出来たけどまだ余裕ではない。
そのうちにクールダウンで出来るようになるかな。

あとは、青テープを10回以上やっても出来ないのがあったり、
空いてる壁でちょこちょこ。

深爪しすぎたのかちょとつま先痛かったり。

とりあえずやることやったから、あとは、週末の運(天候)
にまかせるだけだな。
コメント (1)

今日もジムトレ

2010年05月25日 00時23分16秒 | BPUMP
雨で自転車が使えないのでめんどかったけど
週末に備えて荻窪。
(来週再来週は岩場行けないこと決まってるから尚更)

狙い通り月曜は空いてる。

いつもは混んでてやれない(やり辛い)1階奥の11bを
やってみたら出来てしまった。

こっちはスタティックにいけるので肩痛くない

あとはやたら難しい赤テープにやられたりいろいろ。

次は木曜日行けるかな
コメント (2)

5月21日ジムトレ

2010年05月25日 00時15分52秒 | BPUMP
この週末は岩場に行けないので来週の為にジムトレ。

古いミニサイクルの自転車でいくのだけどライトが
古いダイナモ式なので点けるととっても重い

それさえも壊れたので、LEDのライト(2080円也)を
付けてみた。

軽くて(ってゆうか抵抗が無い)快適。
警官にも止められないし。

さていつもやってる11b39手は38手までいったさ
でもこれやると肩が痛くなることに気付いた。
もうやらないかも。

うー 肩痛い

おみやげいっぱいの有笠山

2010年05月17日 11時39分37秒 | 有笠山
今回は結構大人数で2週連続の有笠山。
S木夫妻 K林夫妻 S田さんと総勢6名。

東口は道が悪くてクルマが入り辛いので
今週も西口から偏屈岩にした。

今日も空いていてやりたい放題だった。
天気も最高に良い。(でも偏屈岩は日影で涼しい)

とりあえずアップで大統領10b。

続いて棚からボタ落ち11bをマスターでトライする。
3P目がボルトよりかなり左寄りに登ってしまい、ちょい怖
右に戻って腰クリップ。
最初の棚に上がって4P目にクリップしてから2段目の棚に
乗り込んで5P目を飛ばして(降りてきた時に気が付いた
6P目クリップ。
ここからが核心()の薄かぶりのスラブ(?)
といっても少し遠いけどちゃんとホールドはあって、よーく
ルーファイすればホラ終了点

終了点にクリップするのにちょと手こずった(ガバを掴んでいない)けど
無事終了。

マスターで1撃出来て嬉しい
途中の棚で完全レスト出来るから登りやすいかも。

次はさっきS木さんがMOSしてた低姿勢11b。
見た感じと聞いた感じでは前半勝負とのこと。

S木さんにはヌンチャク回収してもらっているので
またマスターでトライした。

前半をセーブしながら、中間のテラス(?)で大レスト
したあとは10aくらいのガバフェースを登って終了。
無事MFL

こっちの方が易しい気がするなぁ。
傾斜に慣れていればという条件付きだけど。
三つ星は付けすぎかも。
すぐにT恵さんもRP。

最後に10dをトップロープセットの為に登って
のんびりしてたらもういい時間で終了。

有笠はいつもなにかお持ち帰り出来て楽しいなぁ

帰りに小野上温泉入って食事も済ました。
メニューが少し変わっていてまた悩んだ末に
ソースカツ丼大盛を選択。ご飯が食べきれず。

帰りの関越道は渋滞もなく快適な一日であった。
交通費割り勘1200円。

来週も再来週も行きたいな。

みなさん有り難う御座いました。


コメント (2)

有笠シーズン開幕(今頃?)

2010年05月10日 18時06分06秒 | 有笠山
やっと有笠に行くことができた。

GWは甲府幕で修行だった。

メンバはS木さん、K林さん、S田さんの4人。

天気サイコーで西口駐車場着。
クルマは1台も無かった。

以前2年以上前に来たときは2階の易しめルートしか出来なかった
偏屈岩へ。

最初は左に寄りすぎて、間違えて2階の有笠登頂888を登って
しまった。
どうりで易しいと思った。S田さんゴメン。

今度はちゃんとカプセルホテル10c(MOS)とハローミッチェルでアップ。

お昼寝の後に掟破り11a(MFL)と哀愁のアリカサブランカ10d(MFL)。
フロントウォールは封印です。

S木さんは棚からボタ落ちをMOSしてました。
かっこいいです。

ワタシもまあまあの成果で。
ヒトと比較しないように心がけてます。

みなさんありがとうございます。また来週もよろしくです。
コメント (2)

GWの〆でジム

2010年05月07日 11時44分13秒 | BPUMP
週末は有笠なのでちゃんとトレしないと。

でも左肩が痛いな。
甲府は被ってないのになんでだ。

11b39手が初めて35手までいった。
でもそのあとは30手くらいで沈。

うー 肩いたいゾ

5月1日~4日 甲府幕岩

2010年05月07日 11時40分01秒 | 甲府幕岩
GWはS家と甲府幕岩。

いろいろあったけどまずまずかな。

29日の城山はてんじんやでお弁当買ってるうちに
雨が降り出して峠の駐車場についた頃にはどしゃ降り。
あえなく敗退。
これでこの春のワイルドボアは無くなった

30日は仕事が休みになったので、夕方のうちに長津田
のS木宅へ着いて19時前に出発。
大和の丸亀製麺寄ったら沼津の支店より盛りが少ないのは
気のせいでは無いゾ、きっと。

八ヶ岳の某宅へは22時過ぎころには着いたと思う。
こっちはまだまだ寒かった。
エビス飲んで早々にシュラフに入って就寝。

翌1日はなんと6時起き。
6時半には出発し、須玉のすきやで飯食って、比志経由で
甲府幕岩着。8時くらいだがこの日はまだ車は1台しかなかった。

メルヘンランドに荷物を置いてまずは昨年来の宿題を片付ける
作戦である。

まずは、いきなりアップがてら深海の幻想11aをマスターRP
いい感じである。

次はサイコモーター11a/b。
出だしを何度かやり直してRP

さいごはコジマン11aだがいきなりトップアウトできず
T恵さんのムーブをパクって3度目でやっとこRP

やった、これでとりあえず宿題は終了
天気も良くて葉の落ちた林の中は暑いくらいであった。

S木さんはスパイラルリーフMOSして
アフリカ象がすきをお触り。
T恵さんも11aを2つお持ち帰り。

今度はシルキーとブラッキーだぜー

と翌日につづく。

さて翌5月2日。

この日は一番奥の山椒王国をベースとした。
この日も快晴で昨日より暖かく快適。

アップは森からのおくりものMOS。
さらに隣の山椒は辛い11aを2撃。
ムーブが解れば出来るって感じ。

ブラッキーやろうと思ったけど終了点手前のボルトが
抜けていてトライ不可。(既にリボルトされている)

シルキーはトライしている人もいて、なんとなく盛り上がらず
昼寝ばかりしていたら結構いい時間で
メイプルの涙、てるやまもみじの2本をやって終了してしまった。

今夜もエビス飲んで快眠。

最終日の5月3日。

今日こそシルキーを落とす、という気合で山椒王国へ。

アップでGATEをやったらテンションかけてしまう
ホントにオンサイトしやすいの
やり直して2撃。ムーブメチャメチャだ

3人みんなでシルキーを落とすことになっているので
まずワタシがヌンチャク掛け。テン山。
今日中にできるかな

すぐにS木さん、T恵さんは1撃してしまった
あとはワタシが登るだけだ。
プレッシャーを(勝手に)感じてしまう。

2回目は、2P目で右に寄り過ぎたのか、テンション。
その時点で降りて力を温存しようかと思ったが、とりあえず
最後まで抜けて中盤以降のムーブを固める。

じっくり休んで3回目トライ。
しかーし、今度は出だしのムーブも出来なくなってしまった
どうしよう

チビカチを経由したりいろいろやり直してやっと離陸。
1P目の前なので何度でもOK

その後はバタバタしながら、4P目も腰クリップになったりしながら
なんとかかんとかRP。
これって3回目でいいの?何回目でもいいや、1日でRPしたってことで。

やっと肩の荷がおりてスッキリ。

最後に森であそぼうをやったら1撃できなかったけど
評判通り(?)面白かった。また今度やろう。

S木さんは、シメにオンリーワンをOSしてました

今回のツアーはこれでおしまい。
結果は11aと11bを合計5本だったけど通算で1撃したのは
なかった。
自分でムーブを考える力も足りないけど、ヒトのムーブを見て
取り入れる力も足りないと感じた。
ムーブをこなす力はあっても登り始めるとバタバタになってしまう。

記憶力が悪い?
アタマ悪いなら持久力と筋力つけて、ムーブはいい加減でも
登れちゃうくらいにならないとダメだな。
(それじゃクライミング上手いって言わないけど)

あとはヒトと比較しないことかな

今日も温泉飯エビスで快眠。

翌4日も朝6時起床。
お掃除して撤収・帰宅。

渋滞を避けて午前中に帰宅出来ました

またまたS木家にはお世話になりました。

しばらく有笠だけど、また夏に来たい。

4月29日 城山

2010年05月07日 11時38分50秒 | 城山
峠の駐車場まで行って
雨敗退。