博多の建築士三兄弟!豊かな食卓をつくる・トライクルハウス株式会社         電話:092-791-1801

福岡市、福岡近郊の住宅リフォーム
・ガス給湯器・ガスコンロ・レンジフードの修理/交換!

※住宅設備アドバイザー※

福岡 ガス衣類乾燥機「乾太くん+専用設置台」を洗面脱衣室に新設しました!RDT-52SA 福岡市南区高宮

2019年05月30日 | ガス衣類乾燥機

福岡 ガス衣類乾燥機を洗面脱衣室(新築木造住宅)に新設しました。リンナイ製RDT-52SA

一般的な1坪の洗面脱衣室にガス衣類乾燥機を設置する、専用設置台の活用事例です。博多の建築士三兄弟

ご自宅の環境・広さと比較して、設置可能なのか?ご検討の材料にしていただけたらと思います。

 

↓ガス衣類乾燥機を一般的な広さの洗面脱衣室(1坪・木造住宅)に新設しました。

ガス衣類乾燥機の施工事例ブログ_木造住宅の一般的な洗面脱衣室に新設

 

↓博多の建築士三兄弟のブログを見て、ご連絡をいただきました。 ありがとうございます。

 今回は、洗面脱衣室(1坪)へ設置した事例です。

ガス衣類乾燥機のブログ博多の建築士三兄弟

 

↓屋内設置仕様の専用設置台を使うと、さまざまな現状に合わせた設置が出来ます。

ガス衣類乾燥機の設置台(高)

 

↓専門診断へお伺いして、お客様のご要望や現状を把握しました。

 当初は、背面窓の開閉が出来るのか? 特に悩みました。

専門診断でガス衣類乾燥機の問題点をチェック

 

↓新築のご入居済みの木造住宅です。

 左に洗面化粧台、右に洗濯機の一般的な洗面脱衣室です。

 写真の右側にユニットバスがあります。

ガス衣類乾燥機の専門診断_一般的な洗面脱衣室

 

↓空間を把握するために、現況図面を書きました。

右側面のリモコンや、スイッチなどが気になります。

ガス衣類乾燥機設置検討_洗面脱衣室の工事前図面

 

↓レバーを回転させて、窓を開く。 窓は、開閉させたい…

ガス衣類乾燥機設置検討_窓の開閉チェック

 

↓窓廻りの寸法を把握。

ガス衣類乾燥機設置検討_窓廻りのチェック

 

↓浴室換気扇のリモコン、照明スイッチ、給水栓、コンセントなど。

ガス衣類乾燥機設置検討_操作盤・リモコンスイッチのチェック

 

↓排水管の位置を把握。

ガス衣類乾燥機設置検討_床面のチェック

 

↓メーカーの型式を特定して、図面を入手しました。

ガス衣類乾燥機設置検討_洗濯機の型式特定が重要

 

↓屋外スペースに問題が無いか確認。

 ガス管は、ガス給湯器から引き込みます。

ガス衣類乾燥機設置検討_屋外の写真

 

↓計画図面に、ガス衣類乾燥機と専用台を配置します。

専用台は、決まった寸法でしか組み立てできないため、現況に合わせて「刻印4」の寸法で計画しました。

ガス衣類乾燥機設置検討_洗面脱衣室の計画図面

 

↓専用設置台の図面です。

 7段階のサイズから、高さや幅を変えられます。

ガス衣類乾燥機の専用台の図面

 

↓お客様へご提案図面と御見積書を提出して、ご検討をしていただきました。

ガス衣類乾燥機の提案図面とお見積書

 

↓ご提案図面 A3サイズの図面です。

ガス衣類乾燥機のご提案図面

 

 

↓それでは、工事を開始します♪ 

 専用設置台の組み立てからスタート!

ガス衣類乾燥機の専用台_刻印が重要

 

↓現場の床面、洗面化粧台をキレイに保護養生をします。

 排水管を除けながら、専用台の位置を微調整します。

ガス衣類乾燥機の専用台_設置位置の微調整

 

↓窓の開閉ハンドルが回るのか?確認しました。 刻印4の高さ。

 奥様に手を入れて回していただきました。→奥様のOKをいただけました。

 設置台が高すぎると、衣類の出し入れがしにくくなるので、ちょうど良い高さで設定しました。 

ガス衣類乾燥機の設置台_窓の開閉が出来るのか?

 

↓左右・背面の位置も微調整しました。

ガス衣類乾燥機の専用台の位置微調整

 

↓排湿管の壁穴あけの位置を特定するために、本体を一度載せます。

 お客様へ最終確認して、穴あけに移ります。

ガス衣類乾燥機の設置位置_お客様確認

 

↓右側に45mmの確保が必要です。

ガス衣類乾燥機設置_側面の幅45mm以上確保

  

↓排湿管用の穴の位置を特定します。

ガス衣類乾燥機の排湿管の位置を検討

 

↓ガス衣類乾燥機本体が汚れない様に、本体を降ろします。

穴あけ前に保護養生をする。

  

↓穴開け中です。

 壁の中に骨組み(柱・梁・下地材)が無いのか、建物図面で確認しました。

 (お客様から「エアコン設置用の図面」施工会社作成の図面をお借りしました。)

ガス衣類乾燥機の排湿管の穴開け中

 

↓ガスコンセント用の穴開けです。

 ガス衣類乾燥機のガス引き込み口は、本体の右下にあります。

ガス衣類乾燥機のガスコンセント工事

 

↓ガスコンセントを設置します。

ガス衣類乾燥機のガスコンセント工事

 

↓ガス管用 外壁の穴開け

ガス配管の外壁穴あけ

 

↓ガス配管と、化粧カバーの施工。

外部のガス配管工事

 

↓新築の外壁に合わせた、白い化粧カバーを施しました。

 給湯器からガス管を分岐しています。

 ※施工後は、西部ガスの本部に書類を提出しなければいけません。

ガス衣類乾燥機のガスは、給湯器から引き込み

 

↓完成しました。

ガス衣類乾燥機の工事完了

 

↓RDT-52SAの操作部

RDT-52SAの操作部

 

↓右下のガス管は、カチッと接続できます。

ガス衣類乾燥機のガスコンセントはカチッと

 

↓排湿管は、化粧カバーでキレイにしました。

排湿管の工事は、保護カバーする

 

↓完成 扉を開けた状態です。

 左に、小物(靴)などの乾燥棚。

 右に、フィルターが見えます。

RDT-52SAの扉が開いた写真

 

↓奥様にお喜びいただけました。 ありがとうございました。

RDT-52SAの設置写真 博多の建築士三兄弟

 

↓トライクルハウス株式会社のホームページもご覧ください。 あなたのお役に立ちます!

トライクルハウス株式会社ホームページのリンク

トライクルハウス株式会社の電話番号は、092-791-1801 お気軽にご相談ください。

 

トライクルハウスの所在地 福岡市南区高宮1-9-18

 


この記事についてブログを書く
« 福岡 ガス衣類乾燥機をバル... | トップ | 福岡 レンジフード・クララ... »
最近の画像もっと見る

ガス衣類乾燥機」カテゴリの最新記事