博多の建築士三兄弟!豊かな食卓をつくる・トライクルハウス株式会社         電話:092-791-1801

福岡市、福岡近郊の住宅リフォーム
・ガス給湯器・ガスコンロ・レンジフードの修理/交換!

※住宅設備アドバイザー※

福岡 リンナイレンジフード交換工事 LGR 福岡市中央区平尾 マンション

2016年05月26日 | 新_レンジフード

■工事内容:リンナイ レンジフード交換(取り替え)工事 LGR-3R-AP601SV

 福岡市中央区平尾マンション

 

福岡 住宅リフォーム会社(西部ガスリビング指定販売店) 博多の建築士三兄弟

今回は、ノンフィルタ・スリム型レンジフード LGRの 工事の様子をご覧いただきます。

リンナイ製のノンフィルタのレンジフードで、LED照明付きをご検討の方は、参考になると思います。

 

■お客様からのご相談内容: 博多の建築士三兄弟のブログを見て、ご相談をいただきました。

 ご近所のお客様です。

 『レンジフードと、ガスコンロ・オーブンの交換を検討しています。』

 『レンジフードから音がします。 見ていただけますか?』

 ご連絡ありがとうございます。 早速、専門診断にお伺いします!

 

↓住所:福岡市中央区平尾 マンション

 

↓今回 採用したのはリンナイ製のスリムなレンジフードです。 2016年の主要なレンジフードは4タイプ!

今回は、ハイグレードな LGRを採用しました。

 

↓LED照明が魅力の LGRシリーズ シルバーメタリックを採用しました。

 

↓LGRの断面構造 

スリムな中に、最新の機能がつまっています!

 

↓お手入れの流れが特徴的なので、1から5までご紹介。

1.取り外しカンタン整流板

2.レンジフード内部をカバー 一体型クリーンパネル

 

↓お手入れの特徴

3.油をためる ベルマウス一体型オイルトレー

4.油煙をファンに誘導 インナーガード

5.プッシュボタンを押すだけ ワンタッチ脱着ファン

 

採用した商品のご説明はここまで。

 

↓早速、お客様のお宅へレンジフードの専門診断へお伺いしました。

住宅設備アドバイザーの専門診断

 

↓内部のモーターから異音がしています。 うるさいので使いづ辛い状態です。

 

↓ご希望の商品が設置できるのか、寸法を確認します。 横幅:60cm 規格寸法です。

 

↓高さを確認します。 木製の前幕板を含めて、交換を検討します。

 

↓木製前幕板を含めると、高さが88cmになります。 LGRの規格高さを超えています。

 設置方法の検討が必要。

 

↓リンナイのカタログから、寸法を確認します。

 

↓高さの限度は、735mmです。(今回高さ880mm) 

 レンジフードの下端の位置を変更して、施工したいと思います。

 

↓診断結果: LGRの設置は可能です! (前幕板の工事方法は検討)

診断結果と、お見積書を提出してご検討いただくことになりました。

数日後、ご注文をいただきました。

ご依頼、誠にありがとうございます!

 

ご注文から、商品の入荷まで4日かかりました。

工事日の調整をして、お伺いすることになりました。

 

 

↓工事開始! 本体を取り外しました。 新商品なため、取付ベースという新たな部品が登場しています。

施工性と、設置強度が上がっているようです。

 

↓取付ベースの施工の流れ

 

↓取付ベースへ引っ掛けるように、本体を固定します。

 

↓本体設置後、左右の調整目隠し板を設置しました。 アルミダクトも繋ぎます。

 

↓調整目隠し板の設置

 

↓前幕板を閉じる前の状態

 

↓前幕板を設置します。

 

↓前幕板は、穴に引っ掛けて、下部をネジで固定します。

 

↓前幕板の固定中

 

↓完成しました!

 

↓高さ方向の問題は、下端を約10cm上げることで解消しました。

背面にタイルが張ってあるので、壁面の補修は必要ありません。

(壁の補修が必要な場合は、キッチン用の化粧板を貼ります。)

 

工事の様子はここまで。

 

↓操作ボタンは、ソフトタッチで扱いやすいです。

左から、運転入り/切り ・風量 ・タイマー ・照明 ・お手入れ ・常時換気になります。

 

↓LED照明は、とっても明るい! (リンナイ製 LGRシリーズ)

フライパンの中まで明るく照らしてくれるので、料理の彩りにも良い影響が出そうです。(個人的見解!)

 

↓比較参考に ノーリツ製のNFGレンジフードのLED照明をご覧ください。

LED照明 左右2か所

リンナイ製と、ノーリツ製のどちらが、お好みでしょうか!?

 

↓LED照明の利用をおススメします。

 

↓レンジフードを下から見た構造です。

 スリムタイプのレンジフードは、お掃除する面積が少ないのが特徴です。

 

↓ここからは、簡単にメンテナンスの方法をご説明します。

左右のボタンを押して、整流板を取りはずします。

 

↓整流板の取り外し

 

↓整流板を外すと、オイルガードが見えてきます。

 

↓オイルガード押えを手前に引くと、外れます。

 

↓オイルガードの取り外し

オイルが溜まっているので、こぼさないようにご注意ください! 

 

↓オイルガードの裏面

 

↓オイルガードを取りはずすと、シロッコファンの全体像が見えます。

 

↓シロッコファンは、取り外しボタンを押すと外せます。

 

↓真っ直ぐ下へ引き下げる。

 

↓シロッコファンに安全対策が! 怪我をしないように、工夫がされています。

安全性の向上! お掃除の際に、手を切らない様な工夫。

 

↓シロッコファンは、油が付きにくい表面加工もされています。

 

↓シロッコファンの戻し方

赤色の差し込み確認ピンが、飛び出すことで固定を確認できます。 とっても簡単です。

 

↓写真は、差し込み確認ピンが出ている状態です。

 

↓操作方法: やさしく押すだけで操作ができます。

 

↓左から、運転 入/切 ・ 風量 ・ タイマー ・ 照明 ・ お手入れランプ ・ 常時換気

 

↓基本は、運転スイッチを押すだけ。

 

↓普段は、中 程度でも十分換気が出来そうです。

↓LGRシリーズの主な特徴   ビルトインコンロ連動も魅力です。

 

↓LGRシリーズは、ビルトインコンロ連動が出来ます。

 コンロを着火すると、「 照明 」 と 「 換気 」が連動します。 (機能のON・OFFも可能です。)

コンロ・レンジフードを連動させるには、連動対応の商品を選択してください。

 

↓今回、採用したレンジフードは、リンナイ製のLGRシリーズです。

 

↓今回は、横幅60cmの商品を使用しました。 横幅75cm・90cmの商品もあります。

 

↓カラーは、2タイプ ブラック

 

↓シルバーメタリックがおススメです。

 

レンジフードの紹介はここまでです。

 

長いブログをご覧いただき、誠にありがとうございます!

 

↓レンジフード・コンロ交換で「若返るキッチン」 

 福岡のレンジフード・ガスコンロは、博多の建築士三兄弟まで ご相談ください!

 

まずは、専門診断にお申込みください。 ご連絡をお待ちいたします!

 

 

 

↓ホームページのリンク (レンジフードの詳しい情報が満載です!)

 

 

 

http://www.tricyclehouse.co.jp/rangfood.html

 

 

 

トライクルハウスの電話番号は 092-791-1801 お気軽にご相談ください。