博多の建築士三兄弟!豊かな食卓をつくる・トライクルハウス株式会社         電話:092-791-1801

福岡市、福岡近郊の住宅リフォーム
・ガス給湯器・ガスコンロ・レンジフードの修理/交換!

※住宅設備アドバイザー※

福岡 ターボファン交換工事(平型レンジフード) VT-602N EFRシリーズ(ファルコンタイプ) 

2014年05月08日 | 旧_レンジフード

■工事内容:タカラスタンダード製 ターボファン(平型レンジフード)の交換工事 VT-602N 福岡市中央区赤坂

福岡 ガス給湯器のメンテナンス会社 (西部ガスリビング指定販売店) 博多の建築士三兄弟

■今回は、平型レンジフードの交換の様子をご覧いただきます。

 後継機種の優れた点と、ファルコンタイプ(EFR)への交換のイメージが確認できます。

 

■お客様のご相談内容:建築士三兄弟のブログを見て、ご連絡をいただきました。

 『レンジフードが、使えなくなりました。 見ていただけますか?』

 『古いレンジフードなので、交換は可能ですか?』

 ご連絡ありがとうございます。 早速、無料診断にお伺いします!

 

■住所:福岡市中央区赤坂(けやき通り)

000

 

↓今回は、タカラスタンダード製 VTタイプの後継機種VT-602Nを採用しました。

 

00

 

↓オプションとして、グリスフィルターを採用しました。

 

00_1

将来のお掃除を考えると、グリスフィルターの購入をおススメします。

※採用した商品のご紹介は、ここまでです。

 

↓お客様のマンションへお伺いして、無料診断を行います。

 

 

01_3

現在、モーターの故障により使用できない状態です。 

『大好きな焼き魚料理が出来なくて困っています。』

 

↓商品の型式は、タカラスタンダード製のVT-60N、平型のレンジフードです。

 

 

02

 

↓固定ネジを2か所取り外すと、蓋が開きます。正確な排気の方向を確認します。

 

 

03

※お客様は、一度も蓋を開けたことが無かったと言われました。 

 

↓商品の寸法を確認していきます。 横幅は、595mmです。

 

 

04

※注意:カタログでは、商品の横幅が600mmと記載されています。 確認が必要です。

 

 

 

↓高さは、180mmと薄く作られています。

 

 

05

 

↓奥行は、545mmと長い仕様になっています。

 

 

06

電球の口金は、E24サイズで大型の白熱電球が使われています。

 

↓ターボファンは、このような形をしています。

 

 

07

奥にある排気口の寸法も確認します。

 

↓先ほど気になっていた横幅について、タカラスタンダードのショールームで確認します。

 

 

08

様々なレンジフードの中、VTシリーズも展示してあります。

 

↓気になる横幅を確認、595mmありました。

 

 

09

無料診断で確認した横幅と同じで、問題なく交換ができます。

 

無料診断の後、お客様には後継機種のご説明と、お見積書を提示して、

ご納得いただき、ご注文となりました。

ありがとうございます。

 

↓ご注文から、商品の納品まで3日かかり、工事日を設定しました。

 工事を開始します!

 

 

10

レンジフードを撤去した後の様子です。

 

↓十数年、奥に隠れていた部分を大掃除します。

 

 

11

排気口をアルミテープで補強して、クッションテープで隙間を埋めます。

 

↓LED電球に交換して、完成しました。

 

 

30

以前と照明の位置は変わりませんが、表面材がガラスに変わったので明るく感じます。

 

↓使い方は簡単で、左から「切・弱・強・ランプ」の操作になります。

 

 

31

 

↓オプションのグリスフィルターに交換しています。

 

 

40

格子状のフィルターが効果的です。

個人の判断になりますが、グリスフィルターの上に不織布でカバーすると、油汚れから守ることができます。(定期的に不織布を交換しないと、故障の原因になりますのでご注意ください。)

 

工事の様子は、ここまでです。

 

↓ここからは、VTシリーズの交換機種のご提案です! リンナイ製EFRシリーズ

 

 

41

 

↓流線形で美しいデザインのファルコン型レンジフード

 

 

42

 

↓整流板と、シロッコファンを標準搭載しているので、吸引力が向上します。

 

 

43

 

↓今回のお客様には、ご提案できなかった商品です。 ※横幅の確認が重要です!

 

 

44

 

 

↓福岡のレンジフード交換は、トライクルハウス株式会社へお任せください。

 

999

 

 

 

まずは、無料診断にお申込みください。 ご連絡をお待ちいたします!

↓ホームページのリンク

http://www.tricyclehouse.co.jp/rangfood.html

トライクルハウスの電話番号は 092-791-1801 お気軽にご相談ください。

 

 


福岡 レンジフード・ファルコンタイプ リンナイ製EFRシリーズ交換 福岡県飯塚市

2014年05月07日 | 旧_レンジフード

■工事の内容:リンナイ製 ファルコンタイプレンジフード EFRシリーズの交換工事 EFR-3R 福岡県飯塚市

福岡 レンジフードのメンテナンス会社 (西部ガスリビング指定販売店) 博多の建築士三兄弟

■今回は、ファルコンタイプのレンジフードの交換の様子をご覧いただきます。

 既存の商品は、NAIS(松下電工 製)洗浄機能付きのレンジフードでした。

 レンジフードEFRの取り扱い方法など、詳細な情報が確認できます。

 

■お客様からのご相談内容: 建築士三兄弟のブログを見て、ご連絡をいただきました。

 『レンジフードが壊れています。特殊なレンジフードの様なんですが・・・』

 『交換を考えています。見積もりをしてもらえますか?』

 『近くに相談できる工事店が無いので連絡しました。 飯塚からですが、大丈夫ですか?』

 ご連絡ありがとうございます。

 施工エリア外ですが大変お困りとの事なので、無料診断にお伺いします!

 

■住所:福岡県飯塚市

000

 

 

↓今回採用したEFRシリーズのレンジフード  流線形のファルコンタイプです。

00_1

 

↓使用時に、正面にレンジフードが見える、清掃性に優れた商品です。

00_2

 

↓本体とは別に、スライド前幕板も採用しました。

00_3_2

採用した商品のカタログ情報は、ここまでです。

 

↓ここからは、無料診断の様子。

 古いレンジフードは、すでに壊れていたので、写真の状態のように分解されていました。

01

NAIS(旧 松下電工製)のファルコンタイプのレンジフードです。

 

↓まずは、横幅の確認。 規定の600mmの商品です。

02

 

↓吊戸棚の底からの高さを確認します。

03

 

↓吊戸棚の高さは、700mm  商品全体の高さは、1030mmでした。

03_1

 

↓吊戸棚の奥行は、標準的な370mmでした。

04

 

↓このレンジフードには、水洗いの機能がついています。 洗浄ボタンが見えます。

05

 

↓一般的な、直径150mmのアルミダクトが使用されています。

06

 

↓洗浄機能のための給排水設備が見えます。

07

これまで数多くのレンジフードを見て来ましたが、初めての商品です。

奥様は、洗浄機能がついていたので、お掃除をしたことが無いとの事でした。

壊れるまでは、とても優れた商品だったようです。

※無料診断は、これまでです。

 

会社へ戻り、後継機種や、適当な交換商品を検討した結果、リンナイ製のEFRシリーズをご提案しました。

お客様には、ご提案商品にご納得をいただき、ご注文をいただきました。

商品の発注から、メーカーの納品までに一週間ほどかかり、工事日となりました。

 

↓工事日 当日の写真 EFR-3R-AP602SIの梱包状態です。

10

 

↓内部には、このような商品が入っています。

10_1

 

↓商品を開封すると、流線形の整流板が見えてきました。

11

 

工事の前に、商品の各部について見てみたいと思います。

 

↓整流板の取り外し方です。 2か所のフックで固定されています。

11_1

 

↓フックの拡大写真です。 簡単に取り外せます。

12

 

↓中には、このようなフィルターが2枚入っています。

12_1_2

 

↓整流板を外すと、2枚のフィルターが見えます。

13

 

↓このフィルターは、とても肌理が細かい所が印象的です。

14

単板に、精巧に穴が打ち抜かれています。

 

↓フィルターを取り外した様子。 フィルターの奥にシロッコファンが隠れています。

15

 

↓レンジフードの下部には、オイルパックが格納されています。

15_1

このように取り外せます。

 

↓このオイルパックに、内部から流れ出てきたオイルが溜まります。

16

 

 

↓上面は、ステンレス製なのでお手入れがし易いと思われてます。

17

 

↓レンジフードの工事の準備のために、下部のカバーを取り外しました。

18

 

↓レンジフードの背面の写真です。

19

 

↓背面のはい排気口の拡大写真。 奥にシロッコファンが見えます。

20

 

↓EFR専用の丸排気シャッターです。 

21

本体の電源を切った時の、シャッターが閉じた状態が見えます。

 

↓本体の電源を入れると、空気の流れでシャッターが開きます。

22

 

↓排気シャッターを本体に取り付けています。

23

 

↓付属品のソフトテープを排気シャッターに巻きます。

24

アルミダクトとの隙間を無くすために巻きます。

 

↓本体の上部に、吊り金具を2か所固定します。

25

 

↓本体上面のイメージ

26

 

本体の部品紹介と、準備はここまでです。

 

 

↓ここからは、工事に入ります。 古いレンジフードを撤去した写真です。

30

給排水管の撤去に手間取りました。 背面は、丈夫な針葉樹合板が使われています。

 

↓給排水管に蓋をします。

31

 

↓針葉樹合板の穴を埋めるために、アルミテープを貼ることにしました。

32

 

↓吊り金具を使って、本体を壁面に固定していきます。

32_1

 

↓本体を固定しました。

33

全部で、4か所の固定が出来ました。

 

↓固定ができたので、下部の蓋を閉じます。

34

 

↓上部の排気管を接続します。

35

 

↓旧式の電源を、新しいコンセントに交換します。

36

 

↓前幕板を固定します。 

 写真はありませんが、吊戸棚の側面に部品で固定しています。

37

全ての工事が終わったので、キレイに拭き掃除をします!

 

↓完成しました!

40

試運転を行います。

 

↓電球の交換を行います。 写真は、既設の白熱電球の明るさです。

41

既製品は、白熱電球特有の黄色い色を発しています。

 

↓ガラスの蓋を開けると、交換前の白熱電球が見えます。 金口は、E17電球になります。

42

 

↓LED電球に交換しました。 

43

400ルーメンの明るいLED電球を選んだので、とても明るくなりました。

昼白色を選んだので、視認性も良くなり、コンロの上が白く鮮やかに見えます。

 

↓レンジフードと壁の隙間にシーリングを充填しています。 

44

お掃除もし易く、見た目もキレイになりました。

 

↓写真は、『 強 』で運転させています。 運転中には、ライトが点灯します。

45

 

↓3分後切スイッチは、便利な機能だと思います。

46

 

↓このレンジフードは、目の高さにあるのでお掃除がし易くなっています。

50

 

↓すぐに手が届くのでお掃除がしやすくなっています。

51

 

↓整流板の奥には、シロッコファンがあります。

52

 

↓シロッコファンは、このようにお掃除ができます。

53

 

↓ご希望で、ブラックも選べます。

54_efr3rap601bk

※工事の様子や、商品の説明は以上になります。

 

工事には、4時間かかりました。 (撤去工事に、時間を取られました。)

♪ お客様の声 ♪

『 シルバーを選んだので、キッチンが明るく感じます。』

『 きれいな工事をしていただいて、ありがとうございます。』

 

  お客様、こちらこそありがとうございました。

  帰り道に、お土産にいただいた熱々の蒸かし芋を、美味しく食べることができました。

  ホッコリできました。 ありがとうございます。

  また、トライクルハウスをご指名ください。

 

↓福岡のレンジフード交換は、トライクルハウス株式会社へお任せください。

999

 

 

 

まずは、無料診断にお申込みください。 ご連絡をお待ちいたします!

↓ホームページのリンク

http://www.tricyclehouse.co.jp/rangfood.html

トライクルハウスの電話番号は 092-791-1801 お気軽にご相談ください。