博多の建築士三兄弟! 豊かな食卓をつくる    ( トライクルハウス株式会社 )     電話:092-791-1801

福岡市、福岡近郊の住宅リフォーム
・ガス給湯器・ガスコンロ・レンジフードの修理/交換!

※住宅設備アドバイザー※

福岡 TOTO製 トイレ リフォーム(レストルーム)便器交換工事 筑紫野市武蔵ケ丘

2014年03月19日 | トイレ・レストルーム

■工事内容:TOTO製 トイレのリフォーム(便器交換工事)ピュアレストEX 福岡

福岡 住宅リフォーム会社 (TOTOリモデルクラブ正会員) 博多の建築士三兄弟

■今回は、レストルームの工事の様子をご覧いただきます。

 「 冷たく感じる、タイルづくりのトイレリフォーム 」参考にしてください。

 

■お客様のご相談内容:

 お得意様のご紹介で、ご依頼をいただきました。

 『古くなった便器の交換をお願いしたい。』

 『タイルの床のせいか、寒さを感じる。』

 『温かみを感じる清潔なトイレにしたい。』

 ご相談ありがとうございます。 ご予算に応じた、最適なご提案をいたします。

 

 

■住所:筑紫野市武蔵ケ丘

000

 

↓無料診断:現状の便器や、床・壁・天井、照明、電源の有無について確認します。

01

注意点

タイル床は、冷たくて掃除が難しい。

腰壁のタイルの状態は、割れもなくキレイに使われている。

暖房便座では無いので、専用の電源が無い。

水栓の位置は、問題なし。

 

↓上を見上げると、

02

注意点

換気口は、あまり使われておらず、すす汚れが目立つ。

壁は、漆喰塗でひび割れはしていない。 少し汚れが見られる。

 

↓天井面は、

03

注意点

白熱電球の照明は、少し暗さを感じる。

天井は、化粧合板に少し雨染みが残っている。原因は不明。

 

↓拡大して見ると、

04

なんとなく、冷たく感じるタイルを何とか、温かみのある壁にしたい。

しっくい壁の「和」の表情から変化させたい。

 

↓ラススケッチを描いて現状を確認

05

図面を書くと、少しアイデアがわきます。

天井の照明の位置を中央に移動させようか、、など。

 

 

お客様とお話しする中で、便器本体は決まりました。

節水機能があり、価格的にもお手頃なこの商品にしました。

↓TOTO製 ピュアレストEX ウォシュレット S1A

05_00

 

2度目のお打ち合わせで、ご予算に合った工事内容が決まりました。

床: 木目調のクッションフロアへ リフォーム。

腰壁: 光沢のある化粧パネルへ リフォーム。

壁: お好みの壁紙へ リフォーム。

天井: お好みの壁紙へ リフォーム。

その他: 換気口の交換 ・LED照明の新設。

 

正式なご依頼をいただきましたので、工事に必要な材料を発注いたします。

ご注文から1週間ほどで、工事にお伺いしました。

 

↓今回は、2日間に分けて工事を行いました。

05_1

工事前の写真です。

 

↓便器を撤去しました。 

06

外部から電源を引き込みました。

 

↓床にパネルを設置して、専用のビスで固定しました。

07

あれこれと、床の排水管の手直しをしています。

 

↓腰壁のパネルをタイルの上から設置しています。

08

現況のタイルは、ひび割れもなく しっかりしていたので、上から被せる

カバー工法を選びました。

※ひび割れがある場合は、撤去をして壁を作り直すことをおススメします。

 

↓クッションフロアを貼らずに、便器を仮設置。

09

 

↓便器の撤去、電源の引き込み、パネルの加工や、備品の設置に時間がかかりました。

10_3

工事の途中ですが、1日目完了。

 

↓欄間と天井に6ミリのベニア板を設置して、壁紙貼りに備えます。

10_1

LED照明を新設したのでとても明るくなりました。

 

↓内装の職人さんとの時間を調整して、便器を仮撤去します。

11

 

↓クッションフロアの貼り付ける接着剤を塗っています。

12

 

↓優しい印象の木目調にしました。

13

職人さんには、いつも通りに丁寧な仕事をしてもらいました。

 

↓壁紙工事が完了しました。

13_1

今回は、しっくい壁にひび割れもなくしっかりとしていたので、プライマー処理(下地補強・接着力向上)をして、その上に壁紙を貼りました。 凹凸もなく、平たんに貼りています。

 

↓便器の設置 準備中

14

※手間のかかることですが、便器の下にクッションフロアが入り込むように

 工事をしています。 将来、床の隙間の汚れで、困らないようにする配慮です。

 

↓もう一度、便器を設置します。

15

 

↓本体と、床の隙間から水が入らないように、シーリング工事をします。

16

 

↓今回は、透明のシーリングを採用しました。 床の木目の表情に影響が少ない。

17_2

 

↓新しく電源を引き込んで、専用のコンセントを設置しました。

18

 

↓既存の給水ルートを使って、パーツを新しくしました。

19

 

↓完成しました。

20

手洗い付きのトイレです。

 

↓最近のウォシュレットは、ボタン一つで取り外すことができます。

20_1

簡単にお掃除ができるのが嬉しい。

 

↓床・壁・便器本体を含めて、平たんで光沢のある素材になったので、

 お掃除がしやすくなりました。

21

 

↓光が反射して、レストルームが明るくなりました。

22

暖色系の色で統一したので、以前よりも暖かみのあるレストルームになりました。

 

↓多機能なリモコンも魅力です。 リモコンで、便器を洗浄できます。

23

 

↓お客様のお気遣いに感動しました。 ありがとうございます。

50

心癒される時間をありがとうございます。


福岡 ビルトインガスコンロ トッププレートの隙間が気になる。 お客様からのご相談にお答えいたします。

2014年03月19日 | ビルトインガスコンロ

■先ほど、お客様からビルトインガスコンロの相談を受けました。ゴムパッキンについて 福岡市

福岡 ガス給湯器のメンテナンス会社 (西部ガスリビング指定販売店) 博多の建築士三兄弟

■ご相談内容:

最近、新築で住宅を購入しました。

Q.ガスコンロのトッププレートの隙間から水が入らないのか気になります。

設置した会社からは、「水は入らないから大丈夫!」と言われますが、

隙間があるのが気になります。

 

そこで、参考になりそうな写真を掲載いたします。

 

「交換工事の場合」

 

写真で説明すると、 

↓キレイにお掃除をして、、、

01

 

設置している商品は、ハーマン製の ファミ

 

↓設置をすると、、、 本体と、カウンターの隙間は無くなります。 

02

 

↓四隅に、黒いゴムパッキンが入っていることが分かります。

03

 

↓拡大写真 黒い部分がゴムパッキンです。 多少の水・油の浸入を防ぐ。

04

 

↓ゴムパッキンは、トッププレートを設置すると隠れて見えなくなります。

05

 

↓少し横から見ると、隙間があるように見えますが、隠れた部分でゴムパッキンが利いています。

06

 

工事の様子を見ておくことで、このような心配は無くなると思います。

 

その他の商品を見ても、同じようにパッキンがあり、少しの隙間が見受けられます。

 

実際に設置された商品と違うかも知れませんが、参考になりましたら幸いです。

 

 

トライクルハウス株式会社

 

 

 


福岡 洗面化粧台(シャンプードレッサー)交換工事 タカラスタンダード製ファミーユ 福岡市博多区板付

2014年03月13日 | 洗面化粧台

■工事内容:タカラスタンダード 洗面化粧台(シャンプードレッサー)交換工事 福岡市博多区板付

福岡 ガス給湯器のメンテナンス会社 (西部ガスリビング指定販売店) 博多の建築士三兄弟

■今回は、シャンプードレッサー・ファミーユ(BSYAK751(YSA))の 工事の様子をご覧いただきます。

 洗面化粧台横の、壁紙の水はね対策も参考にしてください。

 

■お客様のご相談内容:

 すでに、レンジフードの交換をご依頼いただいた、お客様からのご相談です。

 『ショールームでレンジフードの見学の際に、洗面化粧台も見て来ました。』

 『ショールームで、参考のプランを作ってもらいましたが、実際に取り付けられるのか?』

 『工事の費用も含めて一度見てほしい!』

 ご連絡ありがとうございます。 早速、無料診断にお伺いします!

 

■住所:福岡市博多区板付(福岡空港の近く)

000_2

 

↓タカラスタンダードのホーロー洗面化粧台のラインナップ

00_1

 

今回は、ファミーユを採用しました。

↓ホーロー洗面化粧台は、4タイプからラインナップ。

00_2

 

↓木製洗面化粧台は2タイプ

00_3

 

↓スマートな印象の【 ファミーユ 】 カタログの参考プランです。

00_4

ベーシックグレード:3色から選べます。

 

↓ハイグレードからは、6色からべらべます。

00_5

 

↓新商品としてエコ水栓が仲間入りしました。 上手に節水ができます。

00_7

 

↓洗面化粧台の側面にパネルを設置すると、壁の汚れを防止できます。

00_8

今回は、ホーロークリーンパネルを採用しません。

 

商品の説明はここまでです。

 

 

↓無料診断に伺いました。 古い洗面化粧台の状態を確認します。

01

TOTO製の1面鏡のスタンダードな洗面化粧台です。

 

↓各部分の寸法と、現状の問題点を確認します。

02

特に、右側の隙間が気になります。 解決策を考えたいと思います。

 

↓床がフローリングのため、クッションフロアの貼り替えは不要です。

05

 

↓収納奥の給排水管の状態を確認します。 一般的な接続方法です。

04

 

↓影響のある各部分の寸法を詳細に採寸します。

07

設置にあたって、大きな問題はありません。

 

※現状を確認しながら、最適な提案を考えます。

 

↓ここからは、タカラスタンダードのショールームのご紹介です。

091

お客様は、ご自宅の近くにあった「福岡ショールーム」にいかれました。

 

↓タカラスタンダード 福岡ショール

092

 

↓実際の商品を見ることで、グレードの違いが明確に分かります。

093

 

↓タカラスタンダード 福岡ショールームに展示してある【 ファミーユ 】

10

あなたとの相性が直ぐに分かります。

 

↓ホーロークリーンパネルも展示してありました。

11_2

 

↓細かいデザインや質感を確認できるのも安心です。

12

 

↓さまざまな提案が見られます。

13

写真では、タオルの置ける「ドライエリア」と、濡れたコップを置く「ウエットエリア」の

提案が見られました。

 

↓細かな収納についても確認できます。

14_2

 

ショールームの情報は、ここまでです。

 

 

無料診断の後に、改めてお見積書を提出しました。

一週間ほど、ご検討いただいた後にご依頼をいただきました。

家具職人のご主人様との打ち合わせの結果、ホーロークリーンパネルの代わりに

ご主人様自家製の「特製化粧板」を採用することになりました。 後ほどご覧ください。

 

↓それでは、工事開始です。 水栓を扱うので、水を止めます。

20

ご家族に出来るだけ、ご迷惑が無いように最短で工事を進めたいと思います。

 

↓まずは、商品を開封して寸法を再確認します。

21

 

↓撤去工事を開始します。 給水管の撤去。

22

 

↓排水管の撤去。

23

 

↓鏡を撤去すると、背面から電源のコンセントが現れました。

24

 

↓洗面化粧台の本体も撤去しました。

25

左右の壁に、水がはねた跡が残っています。

 

↓床下には、数年分の埃が溜まっていました。 どうしてもお掃除ができない部分です。

26

 

↓これを機に、キレイにお掃除をしておきます。

27

 

↓タオル掛けが邪魔になるので、仮撤去を行います。

28

 

↓これが、今回注目の家具職人のご主人様が作られた、特製の側面化粧板です。

29_2

左右の隙間を埋めると共に、水はねから壁を守ります。

 

↓裏面は、精巧に木材を組み合わせて強度を持たせていました。

30_4

細い木材を組み合わせて、しっかりとしたパネルが作られています。

素人が作ると、重たいパネルになりがちですが、このパネルは軽く強くできています。

 

↓化粧板を側面に接着するために、壁紙を剥がして接着力を高めます。

32_2

 

↓可能な限り剥がしました。 大事な下地づくりです。

34

 

↓接着剤と、両面テープを使ってしっかりと固定します。

35

 

↓手作りでなければ作れない、左右の化粧板が設置できました。 オンリーワン!

36

 

↓下地ができたので、商品の組み立てに入ります。

37

シャワー水栓の部品を組み立てます。

 

↓パーツの分解図が、面白かったので掲示します。

38_1

 

↓シャワー水栓の部品を組み立て中です。

38

ひとつひとつ固定していきます。

 

↓洗面化粧台を置いてみました。 

41

左右の隙間が、程よく開いています。 後ほど、シーリング材で埋めます。

 

↓給排水管をつないでいきます。

44

扉を設置して、干渉する部分が無いか確認しています。

 

↓給水給湯管・排水管を接続していきます。

45

全ての配管を接続して、漏水検査を行います。 問題ありません。

 

※今回の工事では、約2時間 水道の元栓を止めていました。

 

↓特製化粧板と洗面化粧台の隙間を、シーリング材で埋めていきます。

50

 

↓ シーリング材を充填します。 防カビ剤入りのホワイトカラー

51

 

↓マスキングテープを取り外して、、

52

 

↓シーリングを均したら完成。

53

 

↓次は、鏡の取り付け準備。

53_1

壁面が石膏ボード製だったので、ボードアンカーを利用して固定します。

 

↓ボードアンカーの部分に、ビスで固定します。

54

 

↓照明を付けると、一気に明るくなりました。

55_2

 

↓洗面化粧台は、鏡を設置して完成!

56

 

↓次は、特製化粧板のシーリングを行います。

57

 

↓隙間が消えました。

58

 

↓壁・化粧板・洗面化粧台が、一体の商品の様に見えます。

59

 

これで、すべての工事は完了しました。

 

↓次は、洗面化粧台の機能性についてご紹介します。

60

 

↓今回は、1面鏡を採用しました。

60_2

 

↓曇り止め・照明スイッチ・コンセント

62

 

↓シンクの排水口は、ポップアップ式です。

63

あふれた水は、オーバーフローから流れ出ます。

 

↓次は、水栓の機能 

63_1

 

↓通常は、ストレート吐水で使用できます。 吐水口のレバーを右へ回す。

64

 

↓今回は、標準水栓を使用しました。 

64_1

エコタイプは、工事完了後に新発売になりました。 もう少し早かったら。。

 

↓見ずはねも少ないシャワー吐水

65

 

↓ホースを引き出して使うこともできます。

66

 

↓抜き出してシャワーの利用も可能に。

67

 

↓カウンターの情報 カタログから

67_1

 

↓収納力を確認してみます。 今回は、扉(引出付き)タイプを採用。

68

扉のカラーは、ライトブルーです。

 

↓ホーロー洗面化粧台という商品名だけあって、中も外もホーローでできています。

69

 

↓スライド扉があると、収納力がグッと上がります。

70

 

↓引出の底も、ホーローなので、液体がこぼれても、さっと拭くだけで大丈夫。

71

 

↓3タイプの収納が選べます。

72

 

↓隅から隅まで、ホーローで出来ていました。 長持ちしてくれそうです。

82

 

↓収納の内側も、ホーロー製

83

 

↓最後に、LED電球に交換しました。

84

今回の商品には、蛍光灯タイプの電球が同封してありましたが、お客様がLED電球に

関心がおありでしたので、この電球を紹介しました。

 

↓これで、すべての工事が完了です。

85

 

ここまで、ご覧いただきありがとうございます。

 

今回は、タカラスタンダードの商品でしが、この他のメーカーにも対応しています。

 

↓福岡の洗面化粧台の交換は、トライクルハウス株式会社へお任せください。

999

 

 

 

まずは、無料診断にお申込みください。 ご連絡をお待ちいたします!

↓ホームページのリンク

http://tricyclehouse.co.jp/index.html

 

トライクルハウスの電話番号は 092-791-1801 お気軽にご相談ください。