博多の建築士三兄弟!豊かな食卓をつくる・トライクルハウス株式会社         電話:092-791-1801

福岡市、福岡近郊の住宅リフォーム
・ガス給湯器・ガスコンロ・レンジフードの修理/交換!

※住宅設備アドバイザー※

福岡 リンナイ ドロップインコンロ(PD-2Fから、RD320STSへ取り替え) 交換工事 福岡市南区高宮

2016年11月21日 | ビルトインガスコンロ

工事内容:ドロップインコンロ へ交換 PD-2F(パロマ) → RD320STS(リンナイ) 福岡市南区高宮

今回は、 製造中止になった2口ビルトインガスコンロから、2口ドロップインコンロへの交換事例についてご紹介します。

 

福岡 住宅リフォーム会社(西部ガスリビング指定販売店) 博多の建築士三兄弟

食と住まいの無料相談窓口トライクルハウス株式会社

 

後継機種の無いビルトインコンロの対処方法のご紹介です。

 

あなたに合った、キッチンづくりのお手伝いが出来たらと思います♪

リンナイ・ドロップインコンロ

 

■お客様からのご相談内容: ホームページを見てご覧をいただきました。 ありがとうございます!

賃貸オーナー様: 『 賃貸で貸し出しているマンションのガスコンロの調子が悪い。』

賃貸オーナー様: 『 入居者の方に連絡して、対応をお願いします。』

 

博多の建築士三兄弟: 『 ご連絡ありがとうございます。 早速、専門診断へお伺いします!』

 

↓早速、ご入居者様へ連絡を取り、専門診断へお伺いしました。

賃貸仕様のミニキッチンの左側に、2口のビルトインガスコンロが設置してありました。

専門診断・現状を確認

症状は、右側のコンロが点火しない。

魚焼きグリルは無いタイプの商品です。

 

↓コンロの下部スペースを確認。 

専門診断・下部スペースを確認

 

↓ガス管の接続状況を確認。

専門診断・ガス管の接続状況を確認

現地での確認を終わらせ、現状のコンロの型番などを調べます。

 

↓この商品は、パロマ製のPD-2Fでした。

 問題点としては、この商品の後継機種が製造されていないところです。

専門診断・パロマ製PD-2F図面

 

↓コンロの後継機種が無いため、現状の穴あけ寸法よりひと回り小さい、ビルトインコンロを設置することにしました。

PD-2F→RD320STS

■オーナー様へ報告 (オーナー様は、福岡県外にお住まいなので、メールでの報告を行いました。)

現況の報告と、お見積書をメールでお送りしました。

ご検討をいただき、ご注文をいただきました。

ご注文ありがとうございます!

 

 

↓ご提案した商品は、こちらになります!  リンナイ製 RD320STS

専門診断_リンナイ製RD320STS

商品の寸法を細かく確認します。

 

↓ドロップインコンロを設置するために、ステンレス枠を製作することにしました。

ステンレス枠

 

↓ドロップインコンロのご紹介!

ドロップインコンロ・RD320STS

魚焼きのグリルはありません。

 

↓とにかく、カッコ良い!

リンナイ製RD320STS拡大写真

 

↓製作したステンレスの枠です。

ステンレス枠を作成しました。

 

↓ドロップインコンロが、ステンレス枠に入るか確認します。

ドロップインコンロ設置イメージ

 

↓ステンレス板へキレイに入りました。

専門診断・事前に確認

 

ご入居者様と時間の調整をして、取り換え工事へ伺いました。

 

↓それでは、工事を開始します!

ドロップインコンロ・工事開始

 

↓商品を撤去して、しっかりと油汚れを落とします。 マジックリンが、良く落ちます。

商品を撤去しました。

 

↓油汚れをキレイにお掃除しました。

油汚れをキレイにお掃除します。

 

↓ステンレス枠の準備 接着剤で、木枠を固定しました。

固定用の木枠を準備

 

↓こんなイメージ。

拡大写真

 

↓ステンレス枠を流し台へ固定しました。 強力な両面テープと、接着剤を併用しました。

ステンレス板の設置

 

↓四隅には、シルバー色のシーリング材をを施します。 

シーリングには、シルバー色

 

↓ブルーの保護シールを剥がすと、本来のステンレスの輝きが見られます。

ブルーの保護シールをはがしました。

 

↓ドロップインコンロは、横向きに設置します。

ガスコンロは、横向きに設置しました。

 

↓コンロの下部に、電池BOXを固定します。

電池BOXを固定して、配線します。

 

↓ゴトクと、点火レバーを設置。 完成しました!

完成しました。

 

↓隅々まで、確認します。

コーナーのシーリングをチェック

 

↓シーリング材を確認。 隙間から入り込む汚れを防止します。

キレイに仕上がりました。

 

↓前面の写真。

前面

 

↓ピカピカっと輝く、カッコ良いキッチンになりました。 ありがとうございました。

 

ありがとうございました♪

 

工事の完了後は、工事前後の写真を添えてオーナー様へ報告しました。

ご依頼いただき誠にありがとうございます。

またのご相談を、お待ちしておきます!

 

 

↓リンナイ ドロップインコンロ RD320STS

ドロップインコンロ

 

↓RD320STS ドロップインコンロのホームページのリンク♪

http://rinnai.jp/products/kitchen/gas_conro/gc_dropin/gc_dropin_point

 

↓キッチンでお困りのことはありませんか?

 博多の建築士三兄弟が、ズバッと! 解決いたします。

レンジフード・ガスコンロ交換で若返るキッチン

 

まずは、専門診断にお申込みください。 ご連絡をお待ちいたします!

 

博多の建築士三兄弟は、福岡市南区高宮で不動産/リフォーム屋を営んでいます。


↓トライクルハウス株式会社のホームページもご覧ください! あなたのお役に立ちます!

 キャンペーン商品にも、ご注目ください!

 

http://tricyclehouse.co.jp/kitchen.html

 

トライクルハウスの電話番号は 092-791-1801 お気軽にご相談ください。

 


福岡 ノーリツ スタイリッシュブリンク+do交換工事 プラスドゥ 福岡市南区高宮

2016年11月07日 | ビルトインガスコンロ

工事内容:ビルトインガスコンロ交換 高火力、鋳物製ゴトクが存在感のある本格派

今回は、ノーリツ製のプラスドゥ の取り替え事例についてご紹介します。

型式:N3WF2KJTKST グッドデザイン賞 受賞 福岡市南区高宮

 

福岡 住宅リフォーム会社(西部ガスリビング指定販売店) 博多の建築士三兄弟

 

造作カウンターに設置された、ビルトインガスコンロについてのご紹介です。

 

あなたに合った、キッチンづくりのお手伝いが出来たらと思います♪

 

■お客様からのご相談内容: ホームページを見てご連絡をいただきまいた。 ありがとうございます!

お客様:『 ガスコンロが時々、点火しなくなりました。 』

お客様:『 ガスコンロの提案をお願いします。 』

 

博多の建築士三兄弟: 『 ご連絡ありがとうございます。 早速、専門診断へお伺いします! 』

 

↓早速、お客様のもとへ専門診断へお伺いしました。

ホワイトで統一された、素敵な造作キッチンに、ビルトインガスコンロが設置してあります。

見た目はキレイですが、てきどき点火しなくなるようです。

今回は、修理ではなく、交換のご相談です。

 

↓電池ボックスの蓋を開いて、商品の型式を確認しました。 ハーマン製 C3WD5PJAL

 

↓カウンターは、大理石製ですが、前面は木製(ホワイトペイント)になっています。

 

↓本来は、左右に付属のシルバー色のカバーが設置してあります。 ちょっと特殊な設置方法です。

 

↓横幅や、高さを確認。

 

↓カウンターの厚みが50mm 少し厚みがあるような気がします…

 

↓ガス管の接続方法も確認します。

 

専門診断は、ここまでです。

既存のコンロの設置状態が確認できました。

カウンターの厚み以外は、特に問題なさそうです。

 

↓お客様と相談をして、このガスコンロに決まりました。

 ノーリツ製 スタイリッシュブリンク +do 

 

↓プロ級の高火力! 本格的なお料理ができるガスコンロ ダッチオーブンが楽しめます♪ 

ホワイトで統一された、ハイセンスな造作キッチンに、ぴったりのガスコンロです。

 

新・旧商品の図面から、設置上の問題が無いか、確認したいと思います。

 

↓現在のコンロの図面 ハーマン製 C3WD5PJAVKST

 

↓交換予定のコンロの図面 ノーリツ製 N3WF2KJTKST

 

↓現在のコンロの断面図 拡大 

 基準のカウンターの厚みは、45mmまで。 現在、50mm。 

↓交換予定のコンロの断面図 拡大

 交換予定のカウンターの厚みも、45mmまでです。 

新・旧ともに、45mmまで設置可能で、現在は50mm。

 

↓カウンターの厚みに問題がありますが、交換の準備を進めました。

 カウンターは、木製なので、状況により加工したいと思います。

 

厚みも問題も含めて、おススメ商品をご提案しました。

ご家族で、ご検討をいただき、ご注文をいただくことになりました。

 

『 ありがとうございます。 』

 

最初にお伺いしてから、約一週間後の工事となりました。

 

 

↓それでは、工事を始めます!

 

↓ガラス製のトッププレートを取り外しました。 

 トッププレートに隠れていた油汚れを、キレイに取り除きます。

 

↓キレイにお掃除♪

 

↓カウンターの厚みが気になりましたが、ぎりぎり設置することができました。

 カウンターの加工は、必要ありませんでした。

 

↓四隅をビスで固定します。

 

↓ステンレス製のトッププレートを設置しました。

お掃除もしやすそうな、ステンレスの光沢です。

 

↓3分割された、鋳物製のゴトクの左側を設置しました。

 

↓都市ガスのガス管を接続します。 ガス専門の資格が必要です。

 

↓横から見ると、カウンターのギリギリ具合がお分かりいただけると思います。

取手は、作業中に汚さないように、養生テープで保護しました。

 

↓前面パネルは、裏から木ビスで固定しました。 

 今回も、前面パネルの左右の付属カバーは使用しませんでした。

 

↓完成しました! 

 

↓上面から!

 

↓スイッチの拡大写真!

左に回すと点火します。

 

↓右側 前面パネルの拡大写真。

 

↓手前に倒すと、操作パネルが出てきます。

 

↓操作パネルの拡大写真。

 

↓左側の前面パネルには、単一乾電池が2本入っています。 アルカリ電池使用。

 

↓付属のダッチオーブンを設置します。 

 

↓ダッチオーブンは、プラスドゥ の付属商品です。

 

↓ダッチオーブンは、まだネズミ色ですが、オイルで使い込むほどに黒くなっていきます。

 

↓ダッチオーブン付属

 

↓ノーリツ製 スタイリッシュブリンク+do

 

↓N3WF2KJTKST 長く愛されているガスコンロです。

 2006年 グリルがダッチオーブンで使える 最初の商品として誕生!!

以前は、ハーマン製として売り出されていましたが、株式会社ノーリツに吸収合併されたので、

今は、ノーリツの商品として売られています。

 

↓2007年 グッドデザイン賞 受賞 (GOOD DESIGN AWAR のホームページより)

http://www.g-mark.org/award/describe/33354?token=34e2o5wK48

 

↓スタイリッシュブリンク+doの詳しい情報 (ノーリツ のホームページより) 

http://www.noritz.co.jp/product/kitchen01/builtin/plusdo.html

 

 

↓プラスドゥは、鋳物製のゴトクが魅力です。

 

↓さらに、左側のバーナーは、4,510kcal/h と、本格派の高火力が楽しめます。 中華料理も思いのまま!

 (通常の強化力バーナーは、3,600kcal/h程度)

 

↓ダッチオーブンでパエリア♪

 

↓ダッチオーブンで、スモークチキン♪  料理の幅が、確実に広がります!

 

↓キッチンでお困りのことはありませんか?

 博多の建築士三兄弟が、ズバッと! 解決いたします。

 

まずは、専門診断にお申込みください。 ご連絡をお待ちいたします!

 

博多の建築士三兄弟は、福岡市南区高宮で不動産/リフォーム屋を営んでいます。


↓トライクルハウス株式会社のホームページもご覧ください! あなたのお役に立ちます!

 キャンペーン商品にも、ご注目ください!

 

http://tricyclehouse.co.jp/kitchen.html

 

トライクルハウスの電話番号は 092-791-1801 お気軽にご相談ください。


福岡 2016年住宅ストック循環支援事業。始まりました!福岡市南区高宮

2016年11月01日 | 住宅補助金_活用

2016年 住宅ストック循環支援事業が始まりました! 福岡市南区高宮

博多の建築士三兄弟

 

平成28年11月1日から、実質的に住宅ストック支援事業が始まりました!

支援内容として、良質な既存住宅の購入や、エコリフォーム、エコ住宅への建替えなどがあります。

 

博多の建築士三兄弟からは、特に【 エコリフォーム 】についてご紹介したいと思います。

 

 

エコリフォームの内容を、簡単に説明すると・・・

 

エコリフォームの対象として、必須なのは、3つのいづれかの工事です。

1.開口部の断熱改修工事 →内窓設置など

2.外壁、屋根・天井または床の断熱改修工事 →一定の断熱材を使用する断熱改修など

3.設備のエコ改修工事 →エコ住宅設備の交換など

 エコ住宅設備とは、

 ・太陽熱利用システム(発電は含まない。)

 ・節水トイレ

 ・高断熱浴槽

 ・高効率給湯器

 ・節水水栓

 

上記と合わせて、以下の工事も対象になります。

A.バリアフリー改修工事

B.エコ住宅設備の設置

C.木造住宅の劣化対策工事

D.耐震改修工事

E.リフォーム瑕疵保険への加入

 

 

補助の限度額は、30万円です。

(耐震改修工事を行う場合の補助限度額は45万円となります。)

※また、補助金の合計金額は、5万円以上であること

 

エコリフォームの概要でした。

 

 

 

 

■昨年(2015年)は、『 省エネ住宅ポイント 』といわれる補助金でした。

今年も同じような内容になっています。 

 

↓昨年の『 省エネ住宅ポイント 』のブログをご紹介します。 2015年4月20日のブログ

http://blog.goo.ne.jp/tricyclehouse/e/ee136df0b940111e15b398c432fefb8d

今年度と、同じような補助事業になります。

参考に、ご覧ください。

 

 

■最新(2016年度)の情報は、以下のホームページでご覧いただけます。

↓国土交通省のホームページ

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000121.html

 

↓住宅ストック循環支援事業の事務局のホームページ

https://stock-jutaku.jp/

 

 

 

福岡市内のお住まいの方は、エコリフォームの専門診断へお伺いできます。

詳しくは、ご相談ください。

ご連絡をお待ちいたします!

 

トライクルハウス株式会社 博多の建築士三兄弟

↓ホームページのリンク

http://tricyclehouse.co.jp/

 

トライクルハウスの電話番号は 092-791-1801 お気軽にご相談ください。