宮古on Web「宮古伝言板」後のコーケやんブログ

2011.6.1~、大津波、宮古市、鍬ヶ崎、蛸の浜、浄土ヶ浜、復興計画。陸中宮古への硬派のオマージュ。

北方にM9地震の可能性

2017年12月20日 | データ、転載など

北海道東、千島海溝沿いで

マグニチュード9 巨大地震の可能性


≪ 12/19 政府調査委員会が公表 ≫


 

北海道新聞(2017.12.19)夕刊トップ

 


政府の地震調査委員会(委員長・平田直東大教授)は19日、十勝沖から北方領土の国後島沖にかけての千島海溝沿いで、東日本大震災級の「超巨大地震」が発生する確率を含む新たな長期評価を公表した。マグニチュード(M)9クラスの超巨大地震の発生について「切迫している可能性が高い」とし、今後30年以内に起きる確率を7%から最大40%と評価した。一回り小さなM8前後の「巨大地震」の30年以内の発生確率は、根室沖で70%程度、色丹島・国後島沖で60%程度、十勝沖で7%とした。(北海道新聞第1面リード)


 

 長期評価の発表は2004年以来で、超巨大地震の予測は初めて。前回から時間が経過したことや、11年3月の東日本大震災を受けて評価方法を見直したことなどで、各震源域での巨大地震などの規模や発生確率は軒並み上昇した。

 

 沿岸自治体は12年に道が公表 した最大M9.1を想定した津波浸水予測図に基づいて防災対策を進めており、今回の評価はこれらの対策の必要性を改めて裏付けた形だ。

 

 調査委は、これまで北海道周辺で最大規模とされてきた「500年間隔地震」と呼ばれる超巨大地震について、規模をM8.8程度以上の「M9クラス」とし、発生間隔を「340~380年」と評価。前回17世紀の地震は1611~37年の間に十勝・根室沖で発生したとされ、400年程度が経過しており、切迫している可能性が高いとした。 ── 以下略 ──



津波の発生は、東北太平洋側の沿岸に影響必至。


湾口方向からみて
宮古湾は<超>要警戒 




[関連記事]二番目の津波(2)北海道の場合,南海トラフの場合        2012.4.9

 

[関連記事]せたな最大26.9m津波     2017.2.12


[関連記事]カムチャッカ東部海上M7.7   2017.7.19







 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加