てんち米店 東京府中のこだわり米屋 無農薬玄米・出産内祝い米・引越し挨拶品・披露宴両親贈答米

日々のあれこれ、米屋としての徒然を気分のままに。玄米・精米・環境・町づくりetc!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

放射能検査 随分下限値が低くなった

2012-10-27 09:57:48 | お米

このブログ、素晴らしいんです。

震災後に、特にお米を中心に放射能に関する過去の記録、そしてこれからの予測を詳細に展開。

このブログのおかげで、どれだけ気分的に救われたか。

3.11東日本大震災後の日本

http://tsukuba2011.blog60.fc2.com/blog-entry-645.html

そして、このページに、都道府県の今年の新米の検査結果リンクが貼ってあります。

 

一つずつ、サイトをチェックしてみると、感慨深いです。

 

昨年と比べて、何と強気な検査。

つまり、下限値が非常に低いということです。

 

去年は、公的な検査のほとんどが、20Bq/kg下限値。

数値が出るのをびくびくしながら、下限値を高めにしていたことが見え見えでした。

 

一方、今年は、県によっては、2Bq/kg以下。

一気に、十分の一にしています。

 

多分、昨年も実際にはNDではなくて、10とか15とか数値が出ていたんではないかな。

そして、それほど高くなくても、数字を見せるより、NDでしのいでしまおうと。

 

それが、今年は、時間をかけて測っても、非常に低い値が出るので、思い切って、公表する下限値も下げることができた。

 

こんな風に、勝手に想像しています。

 

でも、確かにすごい減りようです。

過去最悪(だった)の1963年~1965年は、半減ずつしかしなかったことを考えると。

 

多分、当時は、まだまだ水爆実験が行われており、中国の最悪の実験以後も、さらに降り注いでいたんでしょう。

それが、福島の場合は、去年があまりにもひどかったけど、その一回で済んでいる、というのも違いかなと。

 

なんにしても、下がるのは、いいことです。

私の予想以上の減少です。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 青森 1kgずつ | トップ | 業務用米のお問い合わせ »
最近の画像もっと見る