てんち米店 東京府中のこだわり米屋 無農薬玄米・出産内祝い米・引越し挨拶品・披露宴両親贈答米

日々のあれこれ、米屋としての徒然を気分のままに。玄米・精米・環境・町づくりetc!

2002年が分岐点でした。全ては無洗米から (^_^)

2013-10-19 18:43:00 | 栄養・健康

平成5年の大凶作で、

それまでの普通の流通に乗っかっていては、

全く、どうしようもないことがはっきりしてから、

色々とそして、ゆっくりと試行錯誤していきました。

 

そして、大きな分岐点は、2002年。そうです、日韓ワールドカップの年 (^_^)

この頃、知り合った方々のおかげで、今があると言っても過言ではありません。

米、産地、精米、通販、などなど。

 

そして、知り合えた方々との元々のきっかけは、「無洗米」でした。

 

それまで、青年会議所や他の様々な活動を通じて、

自然環境の循環性に気付かされていました。

森や田んぼなどの、水系に対する影響も初めて認識しました。

 

そこに、、「無洗米」のとても納得がいかないPRが怒涛のごとく始まりました。

それに憤慨して、調査をしながら、業界内外の方と意見交換していきました。

環境に良いとか、栄養があるとか、

調べれば色々出てきますが、

なにしろ、マスコミを使うのが上手くて、

環境系の団体にもくいこみ、環境賞などもいくつも受賞。

 

なにしろ、無洗米開発の最初のきっかけが、

瀬戸内の汚れた海で、その原因が米ヌカだと。

 

米消費が減り、精米のヌカ切れが良くなり、

研ぎ汁に含まれる米ヌカがどれだけ減っていたか、

ちょっと考えればわかることなのに。

マスコミは誰も突っ込まない。スポンサーだからか (^_^)

 

無洗米がカビるという事件が起きたあとは、

生協でのPR講演で、国の研究機関の、本当は内容の違う研究を引用して

米の水分が多過ぎたと問題をすりかえ。

 

日本中の、米屋・環境団体・食の研究会など、

意見を同じくする方たちがたくさんいることがわかり、

情報交換を通じて、それなりのレポートになりました。

が、今度は、

「常設サイトにした方がいい」とアドバイスを受けて、

素人なりに、作ってみました。

 

そうなんです。

店の紹介とか通販なんかは、完全に後付けで、

本当は、一部の無洗米の納得できないPRへの対抗活動のためでした (^_^)

 

あの頃、無洗米は、業界を席捲していくという見立てはありましたが、

そうはなりませんでした。

 

結局、食味部分での抵抗が大きかったということかと。

日本人の舌、まんざらじゃありませんね。

 

それでも、無洗米PR派は、その後もあの手この手で、

じわじわっと、その幅を広げています。

 

特に、荒川静香さんを使った 金芽米CMと

タニタの健康志向に便乗した 最近のPR。

 

さすがです。

マスコミの使い方は、相変わらず上手です。

 

メジャーな無洗米についての問題は、

幣サイトをご参照ください。

 

また、金芽米は、無洗米の胚芽米を作ろうとして

結局、出来なかったための、苦肉の策かと思います。

 

本来、デンプン・タンパク以外の栄養素がほとんど欠落している白米を

基準にすれば、ほんのちょっと栄養があれば、

何倍・何十倍になります。

しかし、必要摂取量からすれば、微々たるものです。

 

玄米を基準にすれば、なんとも少ない量になってしまうし、

そもそも玄米だけでは足りないのです。

 

でも、消費を伸ばすために、これからも推進派は、あの手この手で、

PRを続けることでしょう。

 

そして、マスコミは、スポンサーは叩かないという鉄則に従い、

批判することはないでしょうね。

 

※軽洗米と呼ぶべきであろう、一部の無洗米は全く別の話です (^_^)


低グルテリン米の説明には難儀します

2013-09-28 14:21:44 | 栄養・健康

今日も低グルテリン米のお問い合わせ。

 

低グルテリン米とは、タンパク質摂取の制限を受けている方へのヘルプとなるお米。

 

いつも、長い電話での説明の後に、「これでわかってもらえるか?」自問自答。

こんなんですが、どうでしょう?

1.

まず、タンパク質摂取のために、酵素処理したレトルト米(低タンパク米)が開発された。

病院の購買や通販で買える。

1/20とか1/25とか書いてある。つまり、タンパク質がそれしかないということ。

しかし、高くて不味い。

 

2.

そこで、開発されたのが、現在、低グルテリン米と呼ばれるお米。

最初は、低タンパク米とも呼ばれたが、

その後、厚労省と農水省の間で、タンパク質が半減しないのにこの名称はどうかという話になり、

低グルテリン米に変更。

グルテリンとは、体が吸収するタンパク質の一つで、これがお米のメインのタンパク質。

 

3.

低グルテリン米のポイントは、

体が吸収するタンパク質を減らしたこと。

お米は、デンプン質がメインだが、タンパク質も7%くらいある。

五訂日本食品成分表によれば、玄米100gに6.8gという「みなし」。

実際は、5~8%くらいにはぶれる。

このうち、75%くらいは体が吸収する易消化性タンパク質、

残りが吸収しない難消化性タンパク質。

ということで、

この易消化性を減らし、難消化性を増やせば、

結果として、体が吸収するタンパク質は減る、という仕組み。

品種により、また毎年の出来にもより、数値は変わるが、

だいたい、普通のお米の6割前後。

 

4.

そして、一番、お客様の知りたいことが、

「ご飯100gで、タンパク質は何グラム?」

ということ。

とにかく、摂取している食品のタンパク質を計算したいので、

当然の質問なんですが。

 

ここからが一番難しい。

 

1)まず、農産物は工業規格品のようには作れない。常にぶれがある。

2)そも、国の栄養成分も「みなし」であり、確か、タンパク質も20%くらいのぶれが認められている。

3)従い、絶対値は求められない。あくまで、参考値。全ての食品及び成分表示は、そういうものだと認識してください。

4)しかしながら、それでは、何も指標がないので、当店の過去十年近く仕入れてきたお米の分析結果からは、

「ごはん100gに、体が吸収するタンパク質は1.2~1.9g。勿論、理論的には、これ以上も以下もありうる。」

と説明しています。

 

また、栄養士さんが対象にしている数値は、タンパク質総量で、易消化性とか難消化性とかは、ほとんど認知されていないから、お客さんが医師や栄養士さんと話しても、なかなか通じないと思う。らちがあかない場合は、直接、医師・栄養士から電話がもらえるとありがたい。

ともお願いしています。

 

どうでしょうか?

これで、わかるでしょうか?

とにかく、薬ではないし、勘違いされてのお買い上げも困るし、という、

売っているのに、「買わないで」ともとれる説明の仕方になってしまいます (~_~;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お茶にコーヒーにほうじ茶に

2013-09-27 11:11:58 | 栄養・健康

お客様との会話。

こちらは、珈琲焙煎舎さんていう、手焙煎の珈琲屋さんのお客様。

珈琲焙煎舎さんは、豆と粉を販売してます。

府中市美好町で、可愛い女性が、

機械じゃなくて、手鍋で焙煎してます。

世界中の色々な品を取り揃えています。

うちのお気に入りは、ブラジルのピーベリー

 

前は、また別の焙煎士さんがいて、

コーヒーの蘊蓄を色々聞かせてくれて、

米との類似点や相違点など

色々勉強させていただきました。

 

そして、こちらのお客様が、

またわざわざ当店でお米のお買い上げ (^_^)

 

 そんな時の会話で。

 

「うち(当家です)では、朝一、水、次にお茶、食後にコーヒー。和食の後でも。」

「そうそう、私も全部飲みます。」

「でも、今では、同世代の家でも、急須すら置いてないところがあるらしくて。」

「そうみたいですね。でも、お茶もちゃんと急須で入れないと美味しくないですよね。

一度、間に合わせにペットボトルのお茶を飲んだけど、二度と飲みたくない。」

「そうそう、ほうじ茶も美味しいのがありますよ(当店の売り物ではない)。

人形町の森乃園さん。とにかく、えぐみが全く無くて、さらに一体何杯とれるのかってくらいとれる。

何でも、先代が店をたたむって時に、出入りの銀行マンが、銀行辞めて修行してから店を継いだっていう。

(半沢直樹のネタにもしたいくらいのお話)」

 

って、飲み物話で盛り上がり (^_^)

 

お米、お茶、コーヒー、海苔、卵、醤油。

手を加えなくても、美味しい物が美味しいと感じられる。

加工されちゃえば、どこの国のどんな物か、

農薬は、添加物は、遺伝子組み換えか などなど

全然わからない。

 

贅沢するわけではないけれど、

当たり前の物が当たり前で、

それぞれに小さな幸せを感じられることに、

大きな幸せを感じながらのトークでした。

 


私がごはん食をすすめる理由 5  パート2

2013-09-06 11:59:29 | 栄養・健康

「もっとお米を愉しむ 米スタイル」 Vol.7/2013年9月号(お米マイスターからお客様へお米ツウになる情報誌)

より

私がごはん食をすすめる理由 5

フーズ&ヘルス研究所
所長 幕内 秀雄

「糞」と書けばわかること

便秘で悩んでいるのは圧倒的に女性です。

ところが、多くの女性は、「私は主人や子どもに比べて、野菜や海草、果物などの食物繊維をしっかりとっているのに、どうして便秘になるのでしょうか?」と言います。

たしかに、子どもや男性に比べて、女性のほうが野菜や海草、果物などをしっかり食べている人が多いと思います。

それにもかかわらず、便秘が多いと言うことは、それらの食物繊維はほとんど影響がないということを証明しているようなものです。

多 くの女性が大切なことを忘れています。

「便」というからわからないのです。「糞」と書けばわかることです。

「糞」という字は、「米」が「異」なる形で出て くると読むことができます。

子どもは、野菜や海草など好んで食べることはありません。おかずよりもごはんばかり食べたがります。

ダイエットのために「ごはんを減らしている」という男性もめったにいません。しっかりごはんを食べています。

女性は、考えすぎて、あまりごはんを食べないことが多いのです。その結果が、便(たより)に出ているのです。

食生活は便りでわかります。運が悪い人はきちんとごはんを食べることから見直してみましょう。きっと、運が良くなりますよ。


幕内秀夫(まくうちひでお)

1953年茨城県生まれ。東京農業大学栄養学科卒業。

現在、フーズ&ヘルス研究所代表。

主な著書、『粗食のすすめ』(新潮社)、『じょうぶな子どもを作る基本食』(講談社)、近刊『粗食の基本』(ブックマン社)など多数。


私がごはん食をすすめる理由 5  パート1

2013-09-05 10:36:41 | 栄養・健康

「もっとお米を愉しむ 米スタイル」 Vol.7/2013年9月号(お米マイスターからお客様へお米ツウになる情報誌)

より

私がごはん食をすすめる理由 5

フーズ&ヘルス研究所
所長 幕内 秀雄

食生活は「便り」でわかる

運(ウン)のいい人、悪い人

食事と健康について造詣の深い有識者によるリレー連載

「私がごはん食をすすめる理由」は、

これまで1年間、京都大学の森谷教授にご執筆を頂きましたが、

今号より著書「粗食のすすめ」で有名な幕内秀夫先生にバトンタッチします。

引き続き、ご飯の素晴らしさを皆様にお届けしますのでよろしくお願いします。

皆さんの食生活は「運」が良くなるものになっているでしょうか?

それとも、運の悪い食生活でしょうか?

運勢の話ではありません。やや臭いのあるウンの話です。

食生活がどうなっているかは、ほとんど便(たよ)りでわかります。文字通り、便に出ていると言っていいと思います。

幼稚園児くらいの子どもは、トイレに入っても大か小かわかりません。

何しろ、パンツを下すのが早いか、ウンチが出るのが早いかわからないくらい短時間で終わります。

お尻をふくにもトイレットバーバーはわずかしか使いません。

子どもの後にトイレに入つても、臭(くさ)くないので大か小かわからないものです。

まさに、運の良い食生活をしているからです。

それに比べて、大人はどうでしょうか?

トイレで、演歌を歌っているのではないかと思うほど、真っ赤な顔をしていきんでいる人もいるのではないでしょうか?

トイレットバーバーも、縁日で販売されているはつかねずみが回転しているかのように、

カラカラと音を鳴らしながら、たくさん使っているはずです。

それだけ、 お尻が汚れているということです。

それは、善玉菌よりも、腐敗菌などの悪玉菌が多くなっているからです。

当然、おならも臭くなります。そのような人の口癖は、「運(うん)が悪い」です。

それは運が悪いのではなく、食生活が悪いからです。