信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

西吾妻山を下る

2018年10月10日 | 磐梯・朝日・吾妻連峰


お早うございます、信です。
季節は10月 神無月 寒露の初候、第四十九候 鴻雁来(こうがん きたる)です。
遠くシベリアからマガン、白鳥などがやって来る季節です。
ちょうど4月清明の次候「鴻雁北(こうがんかえる)」と対になっています。

今朝も美味しい珈琲を頂いています。
錫杖流
大日岳の黄金の草紅葉  今一番の見頃、弥陀ヶ原  そして谷間に輝くダケカンバ
錫杖さんの山に向かう哲学が、美しい絵に溢れているようです。



9月28日の西吾妻山の山頂付近の紅葉です
山カエデでしょうか


1







2





足元の小さな彩り


3






これはナナカマド


4





これは沢山ありました
ムシカリとは違うようですが


5





樹林帯を出て木道に出ます


6





西吾妻小屋に寄ります


7





雪に耐えるためか
鋭角な屋根でした


8





室内は整然とされています


9





午後になってガスが巻いてきました


10





PM13:15 西大巓(にしだいてん)に戻ります


11





行きに見ていた吾妻山の斜面


12





こちらは西大巓の千島笹の斜面


13





吾妻山の斜面 ダケカンバが綺麗でした


14







15





本日のロープウェイの営業は15:30まで


16





まだゆっくり時間はあるわい
この時はまだそう思っていました


17





タムキューで狙います


18






眼下は美しい草紅葉


19





午後の陽光が


20






西大巓の斜面を美しく照らします


21





手強い濡れた岩だらけの登山道を思い出しました


22



帰り道の時間が気にかかりだした下山でした。


 撮影日: 9月28日
 撮影場所:福島北塩原村 西吾妻山


明日も午後の陽光に輝く、西大巓への登り返しです

それでは皆様、ご機嫌よう。



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 西吾妻山に登る | トップ | 再び西大巓へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はりさん)
2018-10-10 09:34:18
おはようございます。
撮影に夢中でロープウェイの時間が‥。
信さんの姿が思い浮かびます(笑)
紅葉の斜面も美しいですが(12.18)
西大巓の斜面の美しさは何でしょう。(20.21)
千島笹の斜面なんですね。
そして、6番がやはり素晴らしいです。
昨日の錫杖さんのにもこんな場面ありました。
千島笹の斜面 ()
2018-10-10 18:30:39
はりさん>

今晩は。
今日は蒸し暑い一日でした。
あの錫杖ヶ岳でのシーンを思い浮かべて頂けましたか
岩に上がって奇跡のような雲海を夢中で撮ってました。
今回はあれほどの感動はありませんでしたが、午後の陽光に照らされる西大巓の斜面に何度も何度もシャッターを切っていました。
この後の登り返しの辛さも忘れて・・
この登り返しが結構きいて
登山道からスキー場に出るところで、案の定、道を間違えました。

昨日の錫杖さん
大日岳から奥大日にかけての木道ですね
あんな美しい山景だったら、それこそじっくり撮って東急ホテルご一泊でしたね
背景があまりにも違いすぎます
勿論、腕も違いますが
やはり山に対する哲学が、決定的に違うのだと思い知らされました。
片や三百名山と百名棚田をほぼ踏破した鉄人
こちとらは百名山さえ半分の駆け出し爺やです。
やっぱりラベルが違うわい・・でした。
コメント有難うございます。

コメントを投稿

磐梯・朝日・吾妻連峰」カテゴリの最新記事