goo

キャンプ場は雪景色(各種ご報告)

 

キャンプ場には雪が積もり始めました。

この写真は、これまでキャンプにきてくれた参加者全員に贈った

シーズンズグリーティングカードです。クリスマスが近づく

この時期になると、キャンプ場の看護師さんは他のスタッフたちと、

発送作業をするのが恒例です。月曜日に送ったのでもうすぐ届きます!

 

さて冬キャンプは雪がしっかり積もった2月に入ってからの開催ですが、

冬季は、キャンプ場を飛び出して、下記PRイベントを企画しています。

ご都合あえばお越しください。

 

◆そらぷち写真展 場所:東京・国分寺・カフェスロー

2018年12月14日(金)~19(水) 11:00~18:00 ※17(月)休み

☆15日(土)夜のトークショーは、満席、申込み締切となりました。

 写真展+トークショーは来年以降も、機会をみつけて開催計画中なので

 楽しみにしていてください。(お近くに適切な会場があれば、

 その地域で企画しますので、是非教えてもらえると嬉しいです。)

 

◆そらぷちPR遊びイベント+写真展 場所:札幌・北海道新聞本社1階

2019年1月19日(土)~20(日) 10:00~ (19日17:00まで、20日15:00まで)

☆19日(土)夜は、元キャンパーも参加したトークショーを企画中

 (詳細後日掲載予定)

 

◆そらぷち写真展+東京マラソン応援 場所:東京・東京国際フォーラム6階

2019年3月3日(日) 10:00~18:00

 (詳細後日掲載予定)

 

随時更新します。乞うご期待!

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

12/14~19 東京・国分寺で、写真家ゴリと写真展を開催!

(写真は、今夏開催した北海道・札幌での写真展準備の様子)

 

突然ですが、12/14(金)~19(水) 東京・国分寺で、

写真家ゴリと写真展を開催することになりました!

 

小西貴士氏(ゴリ)は、八ヶ岳南麓(山梨・清里)で、子どもたちと過ごしながら、「命を巡るうまく言葉にならないこと」をテーマに写真を撮り続ける、森の案内人であり写真家です。

 

ゴリがそらぷちの子どもたちと家族を撮りに来てくれるようになって十年が過ぎました。

現在そらぷちキャンパーたちの輝きをより多くの人と分かち合うべく、写真パネルを毎年増作し、全国各地で写真展を企画中です。

 

今回、ゴリのネットワークで、東京・国分寺のカフェで、2018年12/14(金)~19(水)のあいだ(月曜日はお休み)写真展を開催できることになりました。

 

そらぷちで、子どもたちや家族が持ち帰っている「明日へのエネルギー」は、写真展をみにきてくれた人にもきっと伝わると思います。関東地方にお住まいの方で、ご都合のつく方は、是非お立寄りください。

 

写真展は無料で自由にご覧いただけますので、お知り合いの方にも、この写真展の開催をPRください。

 

追:

写真展期間中のチャリティイベント(要申込。有料。)として、

12/15(土)18:30~20:30(開場17:30)に、

トークセッション「子どもの命を守ること 命が輝くこと」

を開催します。

「スピーカー」

・汐見稔幸(日本保育学会会長/ぐうたら村村長)

・佐々木健一郎(そらぷちキッズキャンプ事務局長)

・宮坂真紗規(そらぷちキッズキャンプ医療スタッフ)

・小西貴士(写真家/ぐうたら村管理人)

 

キャンプでのエピソード、ゴリの写真等をネタに

スピーカーが自由に語らう、ゆるやかなトークショーなので、

お時間ありましたら、ご参加ください。

 

(写真展などの詳細情報は以下チラシ(PDF))

http://www.solaputi.jp/news/pdf/20181125sola.pdf

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

そらぷち野菜ボックス2018★完売御礼★

 

好評をいただいておりました「そらぷち野菜ボックス

おかげさまで 締切を前にしまして完売いたしました!

 

お申込みいただいたみなさまありがとうございました。 

BOXの到着を楽しみに待っていてください。

 

そして、これからお申し込みを考えていた方には申し訳ありません…

 

そらぷちがある滝川市えべおつの大地の恵みたっぷりのそらぷちボックスは、

そらぷちにご賛同いただける方と地元農家の有志、そらぷちがつながって

 「病気とたたかう子どもたち」を支えることを目的としています。

 

詳しくは「野菜ボックスチャリティ販売のお知らせ」

 http://www.solaputi.jp/news/s_box/index.html(HP)


 

今年分は終了しましたが、また来年も、HPなどでご案内する予定ですので

その際は、よろしくお願いいたします!!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

地震で延期になったキャンプを開催。無事終了!

 

(写真は、ファミリーキャンプの馬プログラム)

2018年10月19日(金)~22日(月)の3泊4日で、

先月の地震で延期になった個別ファミリーキャンプを

開催することができました。東京から2家族8名が参加し、

紅葉黄葉真っ盛りのキャンプ場で、ゆっくりとした

時間を過ごしてもらいました。

まずは、リ・スケジュールのキャンプに

来てくれた、難病とたたかう子どもと家族に感謝。

(1ヶ月以上も待って、来てくれました!)

そして、同行してくれた小児科医の先生方にも感謝。

更に、地震による延期開催を理解し協力してくれた

多くのボランティアスタッフ、支援者の皆様に感謝

いたします。

 

参加したあるお母さんからは

「“何もしなくて良い”家族みんなで“ぼーっ”とできる

時間がとてもうれしかった」と感想を頂きました。

(詳細の報告は後日キャンプニュースに掲載します。)

 

今回のキャンプでの経験が日常生活のエネルギーに

なると嬉しいです。年内のキャンプは、すべて無事終了。

11月初旬にボランティア宿泊研修(募集終了)を開催後、

キャンプ場は、雪がふる準備を急ピッチで行います。

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フェス無事終了。そらぷちの森(いのちの森)に感謝!

(写真は紅葉黄葉が始まった、そらぷちの森から建物をみた景色です。)

10/8(月祝)に開催されたキャンプ場一般開放イベント「そらぷちフェスティバル」は、

奇跡的に天候に恵まれ、250名を超える多くの方々に来場いただき、大盛況となりました。

日々の感謝をいろんな形で伝えることができました。ありがとうございました。

 

さて、キャンプ場のある丸加高原は、ずいぶん寒くなり、

みじかい秋・紅葉黄葉シーズンに突入しています。

年内の主な活動としては、先月の地震で延期になったキャンプを

10月中旬に開催できることになりました。

また11月上旬にはボランティア宿泊研修(参加者募集中!)の開催を予定しています。

雪虫は飛び始めていますが、丸加高原の初雪はもう少し待ってほしいです!

 

悲報ですが、いちばん最初に、「そらぷちの森(いのちの森)」づくりに、

ご支援を頂いたユニ・チャーム創業者の高原慶一朗様が逝去されました。

キャンプ場にもお越し頂き、難病とたたかう子どもたちには、笑顔で「楽しんで!」、

我々スタッフには「夢に向かって頑張れ!」とお声かけ頂きました。

「そらぷちの森(いのちの森)」は、これからもずっと成長していきます!

生前のご厚情に心から感謝し、ご冥福をお祈りいたします。

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

10/8(月祝)年に1度の一般公開そらフェス開催!

(写真は、キャンプ場入口に出没した文字看板です。)

 

シリアス・ファン!Serious Fun!

 

この言葉は日本語では、真剣に楽しむ!という意味で、

 

故ポール・ニューマン氏も使った、

 

キャンプの精神性を表す言葉を、入口に文字看板として飾りました。

 

キャンプ場を訪れるすべての人に、真剣に楽しんでもらい、

 

そのキャンプでのチャレンジや仲間との経験が、

 

明日を生きるエネルギーにつながってほしいとの願いを込めました。

 

 

来る10/8(月祝)は、年に1度のキャンプ場一般公開日です。

 

毎年少しずつ新しい施設・設備・備品などが増えています。

 

キャンプ場の「シリアスファン」を見つけに是非来場ください!

イベント案内チラシはこちら↓

http://solaputi.jp/news/pdf/sola20181008.pdf

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「こんな時だからこそ」の精神でキャンプ等開催予定!

被害の大きい地域の皆様、心よりお見舞い申し上げます。

また、全国的にも各種災害後の対応で、お疲れが出ている方もいるかもしれません。

御身体、御心くれぐれもご自愛ください。

 

そらぷちの年内の事業ですが、被災者を想いながら、

「こんな時だからこそ」の精神で、以下の通り実施予定です!

(安全対策や節電はいつも以上に準備・実施します。)

 

●9月下旬 3泊4日 ファミリーキャンプ(栃木から)

●10/8(月祝)そらぷちフェスティバル(一般公開)

●11/3(土)4(日)ボランティア宿泊研修・秋

※9月上旬中止(延期)になったキャンプは、

  年内と来年に分けて、キャンプ再開催を調整中。

 

自然はこわい面もありますが、やさしく包み込んでくれます。

その両方に想いをはせながら、前を向いて進んでいきましょう。

みんなで 「支えあう社会」をつくっていきましょう。

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

祈ってくれていた皆様に感謝

写真は、金曜日から、本日月曜日まで、3泊4日で、

東京からキャンプ場に来る予定だった、3家族に、

事前に郵送をお願いしていた荷物です。

 

少し到着が遅れましたが、キャンプ場に無事届いています。

キャンプは中止ではなく、延期だからねと

改めてこの荷物たちにも伝えながら返送します。

 

本日よりキャンプ場は平常体制に戻りました。

そらぷちや北海道の無事を、

祈ってくれていたすべての皆様に、

心から御礼を申し上げます。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

停電復旧。気分転換もウェルカム!

 

昨晩、キャンプ場の停電が復旧し、

全建物で電気が使えるようになりました。(最大限の節電中ですが。)

滝川市内に住む職員の家も、復旧したようで、テレビで流れているように、

99%一旦復旧しているようです。(1%方々もう少しです。)

日常的に医療機器を利用している方々、

ご家族は、特に不安な日々を過ごしていたことと

思います。まだ余震に備えなければなりませんが、

まずはお疲れ様でした、少し緊張がほぐれると良いですね。

 

そらぷちでは、電気使用やトイレ使用、

そして、子どもたち(きょうだい含む)の気分転換に、

本日と明日の土日、開放するようにしますので、いつでもお越しください。

 

また今回の経験で、1週間以上は非常用バックアップ電源が

作動し、電気も、水も、トイレも継続して使えることが実感できました。

非常時、何かお困りの際は、いつでもご連絡ください。(お越しください。)

 

追:

ご心配、激励のご連絡をいただいた方、連絡せず祈ってくれていた方々に、

心から御礼を申し上げます。まだ安心できない部分もありますので、

直接の御礼は、落ち着いた日々が過ごせるようになってから改めて。

自然の怖さと素晴らしさに畏敬の念を持ちながら、キャンプ場内のツリーハウスより。

 

公益財団法人そらぷちキッズキャンプ

北海道滝川市江部乙町丸加高原4264-1

TEL:0125-75-3200  e-mail:info@solaputi.jp

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

バックアップ電源稼働中!必要な方は、

 

(写真はキャンプ場で現在作動中のバックアップ電源です。)

空知地域は少しずつ停電復旧しているようですが、

キャンプ場をはじめ、まだまだ停電中のところも多いと聞きます。

現在、キャンプ場は、バックアップ電源が作動中で、一部ですが、

電気が使える状況です。

 

日常的に医療ケアが必要で、医療機器等で電気が必要な方は、

家族と一緒に、キャンプ場にお越しください。トイレも使えますし、

飲物、食糧も少量ですが、確保できます。

 

24時間人工呼吸器利用の方や、夜間人工呼吸器利用の方、

吸引機や様々な医療機器が必要な方がいると思います。

停電復旧がまだ見えなくて、不安な日々を過ごしている方々が

おられると思います。

空知地域の方で車が使える方は、是非キャンプ場にお越しください。

車が使えない方は、以下に連絡いただけたら、

相談のうえ、車で迎えに行くことも可能です。

 

お知り合いに、上記対象の方がいらっしゃったら、

この情報を伝えてください。よろしくお願いします。

 

公益財団法人そらぷちキッズキャンプ

北海道滝川市江部乙町丸加高原4264-1

TEL:0125-75-3200

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ