続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『城』3104。

2019-01-10 06:44:58 | カフカ覚書

しかし、たえず疲れていて眠れないわたしにとっても、ありがたいベッドですな。わたいは、一日の大部分をベッドのなかですごすのです。交換文書の処理もここですれば、陳情者との面会もここでやります。


☆しかし、わたしはたえず永眠できずに疲れて眠いのです。わたしは一日の大半を祈りのなかですごします。すべての符号を解決し、ここで関係者を連れて行きます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 🈞マグリット『宝石』④ | トップ | 『オツベルと象』㉘ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カフカ覚書」カテゴリの最新記事