さくら・ことのは~川柳の部屋

言の葉はこだまことだまものおもひ…さくらのつれづれ、五七五の部屋へようこそ。

川柳展望10月「渡る」

2018-11-08 | ネット句会

<川柳展望ネット句会・10月>

「渡る」 (互選)

  いつもの朝きょうは人手に渡る家 (5票)

  まとう色変えられぬまま世を渡る (2票) こちらは選外

  
わたしが選ばせていただいたのは、


  一杯の水が命に行き渡る (樋口 りゑ)

  駅伝のドラマを知っている襷 (加藤 吉一)

  この先におひとり様の渡る橋 (三好 光明)

  オフレコが七つの海を吹き渡る (青木 みずえ)

  キャアと言い橋を揺らしてから渡る (岡村 水無月)

  この橋を渡るかどうか思案中 (寿々)

  左右見て渡れと子に教えられ (西上 雄二)


でした。

敬称略で失礼いたします。



   
   にほんブログ村


コメント (8)

豊橋番傘 平成30年11月号掲載句

2018-11-08 | 豊橋番傘

今月号は、豊橋市文化祭 第42回川柳大会
(豊橋番傘川柳会10月句会を兼ねる)
の発表号でした。

「レンタル」 (今田 久帆、宮碕 恵子 選) 

  レンタルの家族で描く虚飾の絵 (今田 久帆 選)

  レンタルのドレスを自分らしく着る (今田 久帆 選)

   
「紐」 (五島 只男、原田 多喜 選)

  飾りだと思った紐に縛られる (五島 只男、原田 多喜 選) 


「漂う」(林 柳泉、小川 加代 選)

「ゆるゆる」(松代 天鬼、藤森 ますみ 選)

は、選外でした。

  
<推せん句> (9月号近詠より・鈴木 順子)

  こんなにも暑い地上をめざす蝉


<近詠>

  他者といることで自分を知ってゆく
    
  さびしさも嫉妬も綿あめに隠す
    
  執着と未練の恋が病んでゆく
    
  空っぽにしてから決める容れるもの


<各・地・句・報>  阪本 きりり 抄

  鱗いちまい恋の名残りがまだ光る




   
   にほんブログ村


コメント

静岡たかね 2018年11月号掲載句

2018-11-05 | 静岡たかね

<前月号推選句>

  すっぴんをゆるしてくれるひとといる (疾風抄・松田 タ介 選 )


<せんりゅう広場 富岳抄>

「面」

  狐面つけておすましする狸

  一面だけでわかったつもり見たつもり

  B面のあなたも魅力的でした

  どの面を見せても月は月である


<9月句会>

「台風」 (増田 信一 選)

  パワフルな台風みんな女性の名 (五客)

  台風の目にいて台風が見えぬ (天位)


「風船」 (八木 益代 選)

  お祭りは終わり風船しぼみだす

  とげのある言葉風船割れました


「敬う」 (佐野 由利子 選)

  さむいのは敬意のこもらない敬語

  敬うべき自然を軽視しちゃならぬ


「自由吟」 (互選)

  ひと文字が埋まらず仕上がらぬパズル (2票)




      
      にほんブログ村



コメント

川柳マガジン 2018年11月号掲載句

2018-11-02 | 川柳マガジン
<川柳マガジン11月号 掲載句>

  貸したのは小銭催促できぬまま
     (笑いのある川柳 三上 博史 選・佳作)

  主婦業も有料ならばさぼれない
     (全国誌上句会「有料」 小代 千代子 選・佳作)

  顔のぞくだけの見舞いがあたたかい
     (全国誌上句会「雑詠」 小代 千代子 選、熊谷 岳朗 選・佳作)



急に冷え込むようになりました。
はや11月ですね。
これから年の暮れまでは、ふだんにも増してあわただしくなり、
毎年あっという間に過ぎてしまいます。 

今月は、川柳マガジン文学賞の発表号でした。
大賞の山田 恭正さん、
準賞の句の一さん、石橋 芳山さん、石川 和己さん、
おめでとうございます。

気持ちのありよう、置きどころが
なにか落ち着かない毎日で、
あたらしい句も生まれず、やることなすことまとまりませんが、
昨年受賞の副賞としてつくっていただける句集の初原稿を、
つい先日ようやく送ることができました。



   
   にほんブログ村


コメント

ネット句会~鈴鹿・豊前境

2018-10-26 | ネット句会

<鈴鹿インターネット句会・10月>

「吹く」 (米山 明日歌・吉崎 柳歩 共選)

  口笛を吹きたくなったいい知らせ (吉崎 柳歩 選)


<豊前境句会・9月>

「ストレス」

  ストレスもあるからこそのうまい酒 (平松 由美江 選、互選22票)


わたしが秀句に選ばせていただいたのは、


  ふるさとの山へストレス捨ててくる (沢田 正司)

  にんげんに戻るストレスまた溜まる (萩原 道半)


でした。 


敬称略で失礼しております。




   
   にほんブログ村


コメント

咲くやこの花賞(第7回)「バリバリ」

2018-10-26 | 誌上大会

<誌上競詠・咲くやこの花賞 30年度>

第7回 「バリバリ」 (笠嶋 恵美子 選)

  フォローされバリバリはもう過去と知る

  煎餅も振った男もかみくだく




   
   にほんブログ村
コメント

川柳すずか 298(30年10月)号掲載句

2018-10-24 | 川柳すずか

<すずか路>

  不意の秋風に歩調を乱される
      
  押されても引っ張られても保つ芯
      
  過ぎるのをじっと待つしかない嵐
      
  事故よりはいいと渋滞受け容れる
      
  いくつもの選択あって今日ひと日


課題句「貫く」「河童」と、自由吟は投句できませんでした。


<誌上互選>

 「清い」

  清くてもそうでなくても欲しい票 (11点)

  清らかな百合に気おくれしてしまう (3点)

 
<小休止> 前月号より推薦句 

  エアコンに過重労働させた夏 (中川 知子 選)


すずか路前号鑑賞 297号から (寺前 みつる)

  平成のさいごの夏が過ぎてゆく




朝晩はめっきり冷え込むようになりました。
日中との気温差もあって、カゼひきさんが増えています。
どうぞお気をつけて。



   
   にほんブログ村



コメント (2)

豊橋番傘 平成30年10月号掲載句

2018-10-05 | 豊橋番傘

<推せん句> (8月号近詠より・鈴木 順子)

  先ばかり見ていて石にけつまずく


<近詠>

  芯にある冷えを湯船であたためる
    
  輪郭はまだ曖昧なデッサン画
    
  立つ位置で声の響きが変化する
    
  言霊のちからで運を引き寄せる


<課題句>

「遠慮」 (戸沢 ほたる 選) 

  断りと遠慮区別がつきにくい

  
「こつ」 (藤森 ますみ 選)

  心得ています夫を使うコツ


「大げさ」 (須崎 東山 選)

  オーバーに血を見て騒ぐのは男




   
   にほんブログ村

コメント

静岡たかね 2018年10月号掲載句

2018-10-02 | 静岡たかね

<せんりゅう広場 富岳抄>

「縁」

  すっぴんをゆるしてくれるひとといる

  合ったのは相性よりもタイミング

  お互いのこだわり少しゆずり合う

  縁あったひとと一緒に老いてゆく


<8月句会>

「守る」 (飯塚 澄人 選)

  一線を守った酒があじけない


「じゃんけん」 (松田 タ介 選)

  じゃんけんに負けたふたりの名コンビ

  最初はグー次は手のひら見せましょう (人位)


「ひまわり」 (山本 智子 選)は、選外でした。


「自由吟」 (互選)

  目分量いつもの母の味になる (4票)




警戒していた台風24号。
被害に遭われた地域のみなさまに、お見舞い申し上げます。

前回の台風では、近辺で停電、断水が続いたところも多く、
屋根瓦が飛んだり、看板が壊れたり、木が折れたり…
友人の車は、リアガラスが割れてしまい、
いまだに修理から戻ってこないようです。

強風でゆがめられて、どちらを向いているのかわからないような信号機は、
停電のために、長らく消えたままでした。
そんな状態の道路を走る車と、渡る歩行者。
停電による二次被害で、地域によっては断水が長く続いたところもあり、
家がぶじでも、生活するうえでは不便な状態でした。

台風が逸れて通過することの多かったこちらの地域では、
これまでにはなかったことでした。
阪神間に住む者が自然災害による被害を体験、実感したのは、
阪神淡路大震災以来のことではなかったでしょうか。
今もところどころに、、ブルーシートのかかったままの屋根があります。
まだ修理もまにあっていないところへまた大型の台風が来たら、
と心配していましたが、
こちらあたりは、幸いにも大きな被害なく、ぶじにしております。

まずは、生きていることが第一。
被害に遭われた方々に、1日も早く日常の暮らしが戻りますように。



      
      にほんブログ村



コメント

川柳マガジン 2018年10月号掲載句

2018-09-30 | 川柳マガジン
<川柳マガジン10月号 掲載句>

  うかうかとできぬ酷暑に蝉の羽化
     (駄×洒落川柳 津田 暹 選・佳作)

  うれしくてちぎれるほどに振る尻尾
     (第17期5回 川柳マガジンクラブ誌上句会「喜ぶ」
       田中 螢柳 選・七十秀)

  逆上がりようやくできた夏休み
     (第17期5回 川柳マガジンクラブ誌上句会「喜ぶ」
       田中 螢柳 選・七十秀)




昨日は4つの合唱団体での交歓会、
歌いあい、聴きあう交流の会でした。
大型台風の影響が出るおそれのある、今日でなかったのはさいわいで、
なごやかで楽しい時間を過ごすことができました。

今日は1日、おうちで過ごします。
どの地域にも、大きな被害がありませんように。




   
   にほんブログ村


コメント