さくら・ことのは~川柳の部屋

言の葉はこだまことだまものおもひ…五七五の部屋へようこそ。

川柳すずか 331(3年7月)号掲載句

2021-07-13 | 川柳すずか

<すずか路>

  くちなしの香りが誘う回り道

  涼感のマスクで真夏日を歩く

  生き生きと目立たぬ場所で咲いた花

  過去形で話そう過去にするために

  断捨離に遠い暮らしがまだ続く


<課題句>

 「失敗」 (吉崎 柳歩 選)

  選外でした;


 「シンプル」 (川喜多 正道、小川 はつこ 共選)

  飽きの来ぬ和食ごはんとお味噌汁 
        (川喜多 正道 選)


<自由吟>  (橋倉 久美子 選) 

  食べやすくなあれと刻む介護食

  読むたびに同じところで泣く絵本

  焚いた火とじっと向き合うソロキャンプ


<誌上互選> 

「熱意」

  結局は熱意に負けたプロポーズ (5点)

  東京五輪熱意だけでは成り立たぬ(3点)


  


   
   にほんブログ村


コメント (2)

静岡たかね 2021年7月号掲載句

2021-07-07 | 静岡たかね

<せんりゅう広場 富岳抄>

「雨宿り」

  つかのまのご縁でしたね雨宿り

  紫陽花とともに見送る去る背中

  さよならも言えぬ別れの多いこと

  濡れて知る傘あることのありがたみ


<5月句会>

「昇る」 (増田 信一 選)

  いつかみな煙となって昇る天

  エレベーターの先は最上階の夜


「休む」 (澤崎 ひらめ 選)

  休んだらまた歩きだしめざす山(五客)


「コーヒー」 (佐野 由利子 選)

  コーヒーが冷める結論出せぬまま


「自由吟」 (互選)

  線引きが下手で誤答をくりかえす (3票)




      
      にほんブログ村



コメント

豊橋番傘 令和3年7月号掲載句

2021-07-05 | 豊橋番傘

<5月号(4月句会吟)から推薦句> 

  ひとの世がどうあれめぐる花暦  寺部 水川・推薦


<近詠>

  こころにも太陽が射す梅雨晴れ間

  水をやりすぎてなかなか咲かぬ花

  殊更に言わぬ不幸もしあわせも

  役目終えしずかにほどけゆく絆


<課題句>

 「返す」 (戸沢 ほたる 選)

  引き返す選択もある登山道


 「餌」 (佐藤 恭子 選)

  老犬の少しずつ減る餌の量

  餌付けした猫が夜な夜な会いに来る

 
 「先駆け」 (寺部 水川 選)

  夏に先駆けて今年もダイエット


<各・地・句・報>  前中 知栄 抄

  本質がつかめぬままの読み飛ばし




   
   にほんブログ村


コメント

川柳マガジン 2021年7月号掲載句

2021-06-29 | 川柳マガジン
<川柳マガジン7月号 掲載句>

  夫婦にも温度差がある好みの湯
     (笑いのある川柳 簗瀬 みちよ 選・佳作)

  彼がまだ住むメールボックス
     (十四字詩「彼」 井手 ゆう子 選・秀)

  ステイホーム居酒屋ごっこする夫婦
     (時事川柳 河合 笑久慕 選・佳作)

  雛鳥がもうすぐ孵る鳩時計
     (前衛川柳 植竹 団扇 選・佳作)

  地模様の愛を時々見失う
     (川柳卯月賞「模様」 みぎわ はな 選・秀)

  模様替え手ばなすべきものに気づく
     (川柳卯月賞「模様」 西 恵美子 選・佳作)

  悪いニュース聞きたくはない食事中
     (全国誌上句会「食事」 ひとり静 選・佳作
                 平井 義雄 選・佳作)

  味わって飽きないものに人と酒
     (全国誌上句会「雑詠」 平井 義雄 選・佳作)

  デートドタキャンテディベアに八つ当たり
     (マガジンクラブ誌上句会「腹いせ」 安田 翔光 選・七〇秀)
   
   

   
   にほんブログ村


コメント

鈴鹿ネット句会・6月「弱い」

2021-06-29 | ネット句会

<鈴鹿インターネット句会・6月>

「弱い」 (真島 久美子・吉崎 柳歩 共選)

  弱いのに注がれる酒は拒めない (吉崎 柳歩 選)




   
   にほんブログ村


コメント

川柳すずか 330(3年6月)号掲載句

2021-06-15 | 川柳すずか

<すずか路>

  藤棚でみじかい時を分かち合う

  梅雨入りが早く紫陽花あわてだす

  まだ素顔みせてはいないディスタンス

  巣ごもりでたまごひとつをあたためる

  瓶覗だんだん深い藍になる


<課題句>

 「重ねる・重なる」 (橋倉 久美子 選)

  選外でした;


 「母」 (吉崎 柳歩、鈴木 裕子 共選)

  母なぞり母に似ながら老いてゆく 
        (吉崎 柳歩 選)


<自由吟>  (青砥 たかこ 選) 

  ささやかな旅駅弁のお取り寄せ


<すずか路前月鑑賞> 329号から・加藤 ゆみ子

  ときめきを探してカーテンをひらく


<誌上互選> 

「鈍い」

  鈍感力つけて夫婦の和を保つ (3点)

  鈍くなる身と折り合いつけてゆく暮らし(2点)


  


   
   にほんブログ村


コメント

静岡たかね 2021年6月号掲載句

2021-06-07 | 静岡たかね

<せんりゅう広場 富岳抄>

「呪縛」

  解けるまで自覚できずにいた呪縛

  好きだったあなたらしさを疎む今日

  いさぎよく離すこれまでつないだ手

  いつもの景色遠くから見る非日常


<4月句会>

「お団子」 (山田 浩則 選)

  映像の花見団子もスタンバイ

  長い髪お団子にしてひと仕事


「歯」 (松田 タ介 選)

  歯ざわりもごちそうにする春セロリ

  白い歯の笑顔マスクが邪魔をする


「抱く」 (松田 タ介 選)

  お姫さま抱っこを月で所望する


「自由吟」 (互選)

  選外でした;




      
      にほんブログ村



コメント

豊橋番傘 令和3年6月号掲載句

2021-06-07 | 豊橋番傘

<推せん句> 4月号近詠より・鈴木 順子

  そこにある事実が見えぬ思い込み


<近詠>

  連休の自粛うながすように雨

  予定消しためいきばかりつく手帳

  ぬくもりを忘れそうですディスタンス

  毎日に楽しみさがすのも仕事


<課題句>

 「都合」 (山口 タカシ 選)

  ウイルスは人の都合を気にかけぬ

  疑ってかかる都合のいい話


 「凄い」 (尾方 静子 選)

  しっかりと挨拶をして母が逝く

 
 「スリル」 (須崎 東山 選)

  スピードのスリルに酔っていた若さ




   
   にほんブログ村



コメント

川柳マガジン 2021年6月号掲載句

2021-06-07 | 川柳マガジン
<川柳マガジン6月号 掲載句>

  愛は枯れ水を注いでももう咲かぬ
     (全国誌上句会「今更」 牧野 芳光 選・佳作)


   
   にほんブログ村


コメント

川柳すずか 329(3年5月)号掲載句

2021-05-15 | 川柳すずか

<すずか路>

  ときめきを探してカーテンをひらく

  なぞなぞは解かずにおいてさようなら

  運針のみだれこころを映しだす

  おだやかな日々にも欲しいアクセント

  時をかけ見つけたシンプルなこたえ


<課題句>

 「揺れる」 (青砥 たかこ 選)

  頻繁で微細な揺れに慣れてくる


 「うっとり」 (橋倉 久美子、毎熊 伊佐男 共選)

  うっとりと見つめ合う日もあった恋 
        (橋倉 久美子 選、毎熊 伊佐男 選)

  求愛のアリアに聴き惚れるオペラ (毎熊 伊佐男 選)  
 

<自由吟>  (吉崎 柳歩 選) 

  刻んでも事実は消えぬシュレッダー


<すずか路前月鑑賞> 328号から・月波 与生

  間を置けば出せぬと知っている手紙


<誌上互選> 

「鳴る・鳴らす」

  チャイム鳴る前に鳴りだす腹の虫 (3点)


  


   
   にほんブログ村



コメント (2)