さくら・たわわにたわごと

合唱、ドイツリート、川柳、愛犬りん、お酒、折々の思い…などなど、私 澁谷さくらの愛しきものたちとの日々を綴ります。

サロンコンサートを終えて

2017-03-08 | 合唱・声楽など
先日の日曜日に、ぶじ終えた朝野先生門下のSpring concert。

前回までの記事に書いた3曲…

「いのちの記憶」 をアンサンブルユニット(女声5名)のミルフィユ オ フレーズで、

「ほんとにきれい」
「きんいろの太陽がもえる朝に」 をデュエットで、

「O del mio amato ben」(私の愛する人) をソロで

それぞれ歌った。

今回のコンサートでは、ひどくあがることなく
初めて自分本来の感じで歌えた気がする。

めざしたのは、
フレーズの歌いだしの前に、からだ、気持ちの準備をして
それができてから声にすること。
とりあえずの声で歌わないこと。

歌いだしたら、けっして抜かないで
ずっとつなげて前へ前へと進んでいくこと。

きれいに歌うことや、BGMをめざすのではない、
そこに自分(人間)がいるかどうか…と。

けれど、それらがどの程度できていたかはわからないし、
はたしてこれまでと何がちがっていたのか、
はっきりとはわからない。

ただ、心配ごとがあったり、
状況や心身のぐあいが決して好調ではないなかでも、
集中して歌うことはできるものなんだと思った。
できないことの言い訳を、あれこれしてはいけないと。

調子のよいときよくないときの波があったとしても、
歌うときは歌に集中して、
最低限この感じで、毎回歌えるように練習をかさねていきたい。

今回もあがるだけで終わりました…
ということばかりのくり返しが、ほんとうにつらかったから。

たったいちどでも、
少なからず思うように歌えたのだという実感を忘れずに
糧として、この体験を積みかさねていこう。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

最近のあれこれ

2017-03-03 | たわごと・できごと
年明けすぐからの、心身の不調が長びくなか
なんとか動けるようになってからは
ふだんの仕事や家事、歌のレッスン、実家への行き来などのほかにも
あれこれの雑事をかかえていた。

銀行での住宅ローン借り換え手続きやら、
浴室のユニット交換工事…
現実的な生活に深くかかわること。

昨年末には、
耐久年数をはるかに超えて?
それでもちゃんと働いてくれてはいた
給湯器・ガスこんろ、換気扇の交換工事を
すませたところだった。

そういうものの必要に迫られる年まわりなのか、
来るときはいろいろ同時にやってくる。

それらの手続きや立ち合い、対応で、
こまごまと、あるいはまとまった時間を費やしているこのごろ…
たいしたことでもないのだが、
心身のぐあいが万全でないせいでストレスも大きいのか、
なんとなく落ちつかない日が続いていた。

それらがあとすこしで終わり、ようやくひと段落つく予定。

すこしはほっとできるかなと思えば、
今度は実家で長年飼っているわんこ・ハルの調子がよくない。

老犬なので、いろいろ出てきても不思議はないのだが、
やはり受け容れるのにつらいものがある。

父亡きあと、いまだにしゃきっとしない母の
なぐさめともなっている存在だ。
その母にも、あらたな体調の心配ごとが出てきて…

また憂いの日々がはじまり、
長きにわたって続いていくのだろうか。

まだ見えてもいない先々を考えて思い悩んでもしかたがないが、
気持ちの晴れないことではある。

どんなことが起こっても、
どんな状況になっても、
受けとめられる自分でありたいが、
いまの自分の低下したエネルギーがなんとももどかしい。
なにかがガツンと来たとして、
とても受けとめる自信がない。


あさって日曜日には、歌の本番がある。

自分の調子も、状況も、いいときばかりではない。
むしろ、ここ数年は心配ごとばかりが続いていた。

歌も川柳もお休みした時期もあった。

はたしていまは、どうなのだろう。

それでもわたしは歌っていけるだろうか。
句をつくっていけるだろうか。

気持ちやからだや時間を、それに向けられるだろうか。

そのときどきの状況のなかで、
自分が落ちつける状態をさがしていこう。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「ほんとにきれい」&「きんいろの太陽がもえる朝に」

2017-02-24 | 合唱・声楽など
この2曲は、3月のコンサートで歌うデュエットです。


待ちこがれた春の訪れのよろこびをうたう
「ほんとにきれい」は、
語るように歌いたい。

リズムをふたりでぴったり合わせるためには、
けっこう繊細に気をつかう曲なのですが、
それにとらわれてぎくしゃくしないよう、
なめらかに流れるように歌えたらいいなあ。


わくわくとした旅の冒険が待っているような
童話の物語のような
「きんいろの太陽がもえる朝に」は、
軽快でさっそうと歌いたいです。

ピアノ合わせでは、間奏のないまま2番に入るのに
自分の気持ちが追いつけず、
途中で歌詞にまごついてしまったのでした。。。
本番では、気持ちをどんどん前に進めて、
待ちきれないくらいの感じで歌いましょうっと。


 「ほんとにきれい」 吉田 映子/木下 牧子

ほんとにきれい
花いっぱいのさくらの木
ひかりまばゆい まっしろ晴れ着

春は四月のよろこびに
ああ ほんとにきれい


ほんとにきれい
実もいっぱいのさくらの木
つやつや真っ赤な つぶらなたま

みどりしたたる葉をかざり
ああ ほんとにきれい


 「きんいろの太陽がもえる朝に」 やなせ たかし/木下 牧子

きんいろの太陽が もえる朝に
旅にでようか たったひとりで
古ぼけた帽子を空になげて
そよ風が友だち
あてはないが
ドタ靴をふみならし
知らない国へいこう


(きんいろの太陽が もえる朝に
 舟出しようか たったひとりで
 さびついたいかりを海にすてて
 くちぶえが友だち
 あてはないが
 ぼろきれの帆をあげて
 ふしぎな国へいこう)


きんいろの太陽が もえる朝に
さよならしよう 青いふるさと
みたされぬこころは 雲にのせて
さく花が友だち
あてはないが
柳のムチをあてて
白い馬をとばそう

柳のムチをあてて
白い馬をとばそう


2曲連続なので、時間の制約のこともあり
( )のついた2番は省略して、
1、3番を歌います。

ピアノ合わせのとき、
歌詞が途中で出てこなくなった2番というのは、
実際には3番のことなのでした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「いのちの記憶」

2017-02-21 | 合唱・声楽など
この曲は、
3月のコンサートでは女声5人(2パート)のアンサンブルで、
4月のコンサートではデュエットで歌います。

映画「かぐや姫の物語」の主題曲。
しみじみと語りかけてくれるような、味わいのあるうたです。
ソロでもいいのですが、
追いかけっこやハモリのある上下パートで歌うと
さらにいい感じです♪


   「いのちの記憶」   二階堂 和美

あなたに触れた よろこびが
深く 深く
このからだの端々に しみ込んでゆく

ずっと 遠く
なにも わからなくなっても
たとえ このいのちが 終わる時が来ても

いまのすべては 過去のすべて
必ず また会える
懐かしい場所で

あなたがくれた ぬくもりが
深く 深く
今 遙かな時を越え 充ち渡ってく

じっと 心に
灯す情熱の炎も
そっと 傷をさする 悲しみの淵にも

いまのすべては 未来の希望
必ず 憶えてる
懐かしい場所で

いまのすべては 過去のすべて
必ず また会える
懐かしい場所で

いまのすべては 未来の希望
必ず 憶えてる
いのちの記憶で




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「私の愛する人」

2017-02-19 | 合唱・声楽など
3月と4月に歌の本番をふたつ予定していますが、
それに向けて気持ちを高めていけない状態が続き、
体調の乱れが長びくと、こうも気力が低下してしまうのかと
自分でもおどろきとまどっています。

こんなでは、聴いてくださる方々にも、ともに歌うお仲間たちにも申し訳ない。

できる努力はしていかなければ…


今回うたうソロは、
不慣れなイタリア歌曲にチャレンジ中。

原詩と訳詩をご紹介します。



  「O del mio amato ben」 私の愛する人   ステーファノ・ドナウディ

O del mio amato ben perduto incanto!    私の愛した 消え去った魅惑の人よ

Lungi e dagli occhi miei           あの人はここにもういない

chi m'era gloria e vanto!           私の喜びと誇りだったのに        

Or per le mute stanze             今は寂しい部屋のなかを             

sempre lo cerco e chiamo           いつも探し その名を呼んでいる

con pieno il cor di speranze.        もしや と期待に胸をふくらませながら

Ma cerco invan,chiamo invan!         でも 探しても呼んでも無駄なこと

E il pianger m' e si caro           そして泣くのに疲れ果てて

che di pianto sol nutro il cor.        胸は涙であふれるばかり



Mi sembra,senza lui,triste ogni loco.    あの人がいないと どこにいても悲しくて

Notte mi sembra il giorno,           昼さえ夜に思われる

mi sembra gelo il foco.             火すら氷に思われる

Se pur talvolta spero              たとえ時には思ってみても

di darmi ad altra cura,             他に心を向けようと

sol mi tormenta un pensiero:          私は苦しむばかり

Ma,senza lui,che faro?              あの人なしではどうしたらいいのか

Mi par cosi la vita               愛する人がいなければ こんなにも

vana cosa senza il mio ben.          日々は空しいものなのか




詩はなんだか女々しいのですが(イタリア歌曲はたいてい…)
しっとりとしたきれいな曲です。

発声の面からいえば、
イタリア語はくちもノドも開放しやすく
明るい声を響かせられる気がします。

けれど、
ドイツリートをしばらく歌わないでいると、
なんともさびしいような、ものたりないような気分になってくるから不思議です。
いつも発声や発音に悩まされているのに。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またしても

2017-02-05 | たわごと・できごと
なにか抵抗力が弱っているのか、
立春のきのう、発熱してまた寝込んでしまいました。

夜中になんとなく寝苦しくて目が覚め、
しばらくは目をつぶって横になっていましたが
そのまま眠れず起きだし、
ゆっくり書く時間がとれずにいた手紙を1通したためました。

それからもういちど床につき、
起きてから午前中、お昼過ぎまではふつうに家事できましたが
そこから倦怠感が増してきて発熱、
38℃くらいまでの熱でしたが
全身の筋肉や関節が痛みだし…

勉強になりそうで興味ぶかい合唱の講習会への参加を
夜に予定していたのですが、
微熱が出始めた時点でやむなく断念。
けっこうな遠出でしたし、
そこからどんどん熱があがってしんどくなってきたので
おとなしく家にいて正解でしたが、残念でした。

夜間診療所でインフルエンザのチェックをしてもらうべきか?
と思いましたが、ワクチンは受けているし、
くすりが効くか様子をみていたところ、
比較的すみやかに解熱し、からだも楽になりました。

ノドの違和感と軽い咳もあるので、
通常のカゼなのでしょう。
今日も1日、養生します。

1月に苦しめられた腰痛、頭痛から解放されてホッとしていたところへ
またしてもこの不調。
ちょっと気持ちがへこみます。

仕事や勉強にしても、楽しみな予定にしても、
不調だとお休みやキャンセルにせざるをえませんから
元気でいないとあきませんね。

これでひととおり体内の解毒、デトックス??ができたということで、
このさきは元気に過ごしたいものです。

ちょっとぐちっぽい記事になりましたが、ごめんなさい。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ゆっくりと

2017-01-31 | たわごと・できごと
もうすぐ立春。

東風凍を解く(とうふうこおりをとく)。
旧暦の七十二候では、新年のはじまりです。


1月半ば、体調不良で1週間も臥せってしまいました。

ひどい腰痛がはじまりでしたが、
それがすこしやわらいだかなと思う頃から
これまたひどい頭痛が出現し、
今回はこの頭痛に悩まされつづけた不調でした。

なにしろ、昼夜おかまいなくずっと、
ズキッ、ビリビリッと痛みが何分かおき、
ときには1分間のうちに何度となく来るのです。
仕事も家事もできず、寝ているしかない状態でした。
吐き気やめまいはいっさいなかったのですが。

これまで、頭痛はほとんどない体質だったもので、
何か頭に原因があるかもしれないと思い、
急ぎ検査を受けたところ、さいわいにも異常なし。
ほっとしましたが、
それにしても痛みは治まってくれません。

職場の院長や漢方薬局、漢方にくわしい友人にも相談し、
何種類かの薬を試しているうち、
ようやく頭痛のない時間が長くなってきて、
通常の動きができるようになり、
仕事にも戻ることができました。

一時は、いつ治まるのかしれない痛みの苦痛と不安のために
睡眠や食欲にも影響が出て、気力もそがれていくようでした。

ひとつバランスをくずすと、
こうなってしまうのですね。
むりをしていたつもりはないのですが…

とにかく、日常に戻れたことがありがたいです。
自分で気づかないうちに、疲れやストレスをためないようにしなくては。
からだの発するサインに気をつけながら、過ごします。


頭痛で臥せっていたあいだは、仕事も家事もできず家におこもりで
歌もお休みでしたが、
3月と4月にコンサートがあります。

どちらも、ご指導いただいている先生の門下生によるコンサートですが、
今回は練習期間も特に短く、
何曲もの新曲にとりくんで本番ステージにまにあうように仕上げるにはむりがあると思い、
おなじ曲をていねいに練習していこうと決めました。

それで、そろそろ暗譜もできていないといけないのですが、
不慣れなイタリア語の曲がなかなか覚えられず。

ドイツ語が覚えやすいとはいえませんが、
たぶん、わたしにとってはなじみぐあいに格段に差があるのでしょう。
もともと合唱から入り、ドイツ語の合唱曲をたくさん歌い、20年近く。
ドイツリートを習うようにもなり、これもいつのまにか10年が過ぎ…
これで、なぜいつまでたっても進歩がないのかとかなしくもなりますが、
それはまあ、続けることに意味があるとして。

そのあいだに、イタリア語の曲をほとんど歌ってこなかったので、
覚えにくいのも当然かもしれません。

くりかえし練習で、なんとか本番にまにあうようがんばります。

ほか、女声5人のアンサンブルで歌うのが1曲。

女声2部のデュエットで短い曲を2曲。

これらは日本語。

曲のご紹介は、また後日にいたします。


待ちわびる春に向けて、
わたしもゆっくりゆっくりと、動きはじめます。





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

演奏曲・ソロ&アンサンブル編 4(2016年)

2017-01-03 | 演奏曲・習った曲
2016年の演奏曲・ソロ&アンサンブル編おぼえがきです。

演奏曲・ソロ&デュエット編その3(2015年)は こちら

☆橘茂 還暦コンサートにて
 橘茂門下生によるだいだいリートコンサート vol.18  1月23日(土) 伊丹アイフォニックホール・大ホール

・愛の庭 Liebesgarten   R.シューマン (Duet)  ぶるーぴーたーさんと。

ずっと歌いたかった念願の曲でした。 


☆朝野裕子門下生によるSpring concert  3月5日(土) いたみホール・多目的ホール

門下生の女性4人ではじめて組んだアンサンブルユニット、”ミルフィユ オ フレーズ” で2曲。
Duetも含め、アンサンブルは楽しい!

・上を向いて歩こう   永 六輔詩/中村 八大作曲

・心の瞳        荒木 とよひさ詩/三木 たかし作曲

そしてドイツリートのソロを2曲。

・君は心の王冠 Du meines Herzens Kronelein  R.シュトラウス 

・献呈  Zueignung       R.シュトラウス


☆だいだいリートコンサート vol.19  6月4日(土) いたみホール・中ホール

・歌の翼に Auf Flugeln des Gesanges   F.メンデルスゾーン (Solo)

・秋の歌  Herbslied            F.メンデルスゾーン (Duet)


☆朝野裕子門下生によるSummer concert  7月24日(日) 伊丹アイフォニックホール・大ホール

・歌の翼に Auf Flugeln des Gesanges   F.メンデルスゾーン (Solo) 

・秋の歌  Herbslied            F.メンデルスゾーン (Duet)


シュトラウスの2曲、そしてメンデルスゾーンの、このソロとデュエットの曲は、
いつかは歌いたいと思いながらずっと歌えずに(選べずに)きた曲。

そろそろチャレンジしてみてもいいかな?という気持ちになれたので
今回はえいやっと。
あがりがついてまわるので、のびやかにとはいきませんでしたが、
「秋の歌」のハモリがよかったとほめてくださったかたもいて
うれしかったです。


☆だいだいリートコンサート vol.20  12月24日(土) ピッコロシアター・小ホール

・海と涙と私と     やなせ たかし/木下 牧子 (Duet) 

・津軽海峡・冬景色   石若 雅弥 編曲 (Duet)

・聖なる夜の歌  Weihnachtlied    シューマン
  K山くんのソロ。最後のフレーズだけ3名の合唱隊のひとりとしてハモり。
  これがいちばんましに歌えたかも。
  って、歌ったのは
   ♪ Halleluja,Kind Jesus! ♪
  だけですが。。。
  

今回は、ソロはなし。

以前ぬっくさんと歌った曲「海と涙と私と」
今回は男声とのDuetで。
だいすきな曲ですが…わたしが例のごとくあがってしまい、
きっとコワイ顔で息もたえだえに歌っていたと思います。
K山くんごめんなさい。

ところで、
通常なら演歌・歌謡曲は選曲できないのですが、
石若 雅弥さんが女声2部の声楽用にアレンジされた楽譜があり、師匠のOKが出ました。
「コレを一緒に歌いましょう!」
と誘ってくださったなんこさんとDuetしたのが
「津軽海峡・冬景色」。

ハモリあり、追いかけっこありの楽しいアレンジ。
歌は大まじめに正統派でハモッて、
パフォーマンスも大まじめに(しかしド演歌調で)
笑ってもらえるくらいやってやれ~!とか思ったのですが、
やはりここでもわたしがぎこちなく。


とにもかくにも、なかなか思うようには歌えませんが、
またぼちぼちとやっていきます。

先生がた、こりずにご指導ください。
お仲間のみなさん、こんなわたしですが、また一緒に歌ってください^^;





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

演奏曲・ジュビラーテ編 4(2016年)

2017-01-02 | 演奏曲・習った曲
混声合唱ジュビラーテ、2016年の演奏曲おぼえがきです。

演奏曲・ジュビラーテ編3は こちら


☆ジュビラーテコンサート 10月22日(土) 伊丹アイフォニックホール

  指揮:小梶 史絵  ピアノ:小林 千夏

*オープニング*

 「いつの日か」より 赤とんぼ

*第1部*

 ホームソングメドレー ~ドイツ・オーストリア編より~

   ローレライ

   野ばら

   ウィーンわが夢のまち


 Auf Flugeln des Gesanges (歌の翼に)  メンデルスゾーン

 Rosmarin Op.62-1 (ロスマリン)  ブラームス

 In stiller Nacht (静かな夜に)  ブラームス


 武満徹作品より

   明日ハ晴レカナ、曇リカナ

   小さな空

   〇と△の歌

   島へ


*第2部*

 スタジオジブリ ソングメドレーより

   さんぽ

   カントリー・ロード

   君をのせて

   やさしさに包まれたなら

   愛は花、君はその種

   上を向いて歩こう


*クロージング*

   くちびるに歌を


*アンコール*

   鷗(かもめ)
 
   365日の紙飛行機


☆第52回 伊丹市民合唱祭 12月4日(日) 伊丹アイフォニックホール

   歌の翼に     ハイネ/メンデルスゾーン

   鷗(かもめ)   三好 達治/木下 牧子


音楽ホールの予約は、通常1年ほども前から。
土日を確保するのはなかなかむずかしく、くじ引きというところが多い。

もし会場がとれたら、とれた時点で考えましょうか
ジュビラーテの単独コンサート…

などという話をしていたら、
いきなり団員であるお仲間さんが引き当ててこられた、
1年後の10月22日土曜日のアイフォニックホール。

これは、せっかくなのでやるしかないでしょう♪
みんなの気持ちはおなじだった。

さあ、そこからがたいへん。

演奏曲が決まり、
これまでにない暗譜するべき曲数の多さ、
ジブリの曲につける動きや演出、
そしてもちろん歌そのもののハーモニーの質の向上…

かぎられた時間のなかで
個人としての課題、全体の課題をクリアしていかなくてはならない。

ほんとうにできるのか??と不安にかられることもしばしば。

そのたびこたえはひとつ、
やるしかない! やればできる! だった。

ぎりぎりまでできるだけのことをやろう、と
みんながそれぞれがんばった。
先生にも叱咤激励されながら。

へこんだり、あせったり、不安を抱きながらも
やるしかない の一心。

ぶじに終えた当日は、心底ホッとして
長く張りつめていたものが一気に解けた気がしたものだ。

苦しくも楽しかった。

苦しい過程があったからこそ、よろこびも感謝も大きかった。

すばらしい先生がたやお仲間とともに歌えるしあわせは、
なにものにもかえがたい。


同級生のUちゃんも
すっかりジュビラーテにとけこんで、もうまる2年になる。
ここでもなくてはならない仲間のひとりになった。
歌う楽しさを知ってもらえて、
ジュビラーテをすきになってくれてうれしい。

ご結婚され、ご出産予定であるピアノの千夏先生とは、
しばらくお別れだけれど、
元気に生きていれば、そして音楽を続けていれば、
またいつかきっとご一緒できる。

安産で元気な子がうまれますように。


さあ、今年はどんなうたとのであいがあるかな。

これからも、先生やお仲間とともによき時間を、音楽を分かちあいたい。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドイツリート・習った曲 6(2016年)

2017-01-01 | 演奏曲・習った曲
あけましておめでとうございます。

昨年11月から、ノンストップで走ってきたようなあわただしさで過ぎました。
毎年忙しい時期ではあるのですが、
昨年は年末ぎりぎりまで、仕事や歌関係、急な雑事もあり
盛りだくさん でした。

さて、今年はどんな年になるでしょうか。

おだやかな年であってほしいものです。

歌も川柳も、
こうしてすきなことを続けていられるのはしあわせです。
よくばって息切れしないように、
なにごともペースを考えてやっていきたいと思います。
いつも、これがヘタなんですよねえ。


2016年にドイツリートの会で習った曲おぼえがきです。

早いもので、2006年12月からドイツリートの会に通いはじめて
ふと気がつけば、まる10年が経っていました。

(  )の曲は、これまでにもこの会で習ったことのある曲。
カッコ内の数字は、この会で何回目に登場したか、の数。

ドイツリート・習った曲5(2015年)は こちら


149.ほのお色 Feuerfarb  ベートーヴェン

150.安らぎについて口ずさむ歌 Das Liebchen von der Ruhe  ベートーヴェン

151.満足(KV349)Die Zufriedenheit  モーツアルト

152.マリアの子守唄 Maria Wiegenlied マックス・レーガー

   (むなしいセレナーデ Vergebliches Standchen ブラームス ②)

   (愛の歌 Minnelied ブラームス ③)

   (歌の翼に Auf Flugeln des Gesanges メンデルスゾーン ④)

   (五月の夜 Die Mainacht ブラームス ②)

   (五月の歌 Mailied ベートーヴェン ④)

153.日本の雨の歌 Japanisches Regenlied ヨゼフ・マルクス

154.セレナーデ Standchen ヨゼフ・マルクス

   (エレンの歌第三・アヴェマリア Ellens GesangⅢ・Ave Maria シューベルト ②)

155.シルヴィアに An Silvia  シューベルト

   (至福 Seligkeit シューベルト ②)

156.葦の歌 Schilflied  メンデルスゾーン

157.夜の歌 Nachtlied  メンデルスゾーン 

   (異郷で In der Fremde シューマン ②   リーダークライス Liederkreis Op.39 より)

158.間奏曲 Intermezzo  シューマン      リーダークライス Liederkreis Op.39 より

   (森の対話 Waldesgesprach  シューマン ②   リーダークライス Liederkreis Op.39 より)


シューマンのリーダークライスOp.39の曲が、このあともしばらく続きます。

今年も、ぼちぼちと楽しく歌っていきたいといきます。

進歩がなくても…なおらないあがり症も…あるけれど、
めげないめげない!ことがだいじと信じて。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加