「EQ」ブログセミナー!

ビジネスマンよ、EQ(心の知能指数)を磨いて仕事で差をつけるビジネスマンに変身しようよ!

やり手経営者は次の一手をいつも準備しています!

2014-07-31 15:30:32 | Weblog
このブログをお気に入りに!




「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


========================

【贈る言葉】

次の一手が何もないと言うのは経営者としての怠慢だ。

         ~安田隆夫~

========================

【本文】

■やり手経営者は次の一手をいつも準備しています!■

この一手が失敗すれば玉砕するしかないと言う窮地に追い込まれることはあるだろう。

例えば真珠湾の奇襲攻撃に失敗し、玉砕覚悟で真珠湾に向かった飛行機が全部打ち落とされて、奇襲に失敗していれば勝ち目はないことを悟り、早期にアメリカとの戦争を諦めたかもしれない。

奇襲攻撃の成功もつかの間、徐々に形勢が不利になり、広島と長崎に原子爆弾を投下され、結局無条件降伏となった。

会社の経営も一か八か打った手がたまたま成功すると「運」ではなく「実力」と誤認してしまう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

経営戦略を練り、経営計画に落として実行に移すが、うまくいかないことのほうが多い。

そんな時、次の一手が何もないと言うのでは行き詰まる。

状況と形勢をつぶさに分析して次の一手を繰り出す準備をしておかなければならない。

そのためには経営者は「洞察力」と「創造力」をいかんなく発揮できるように常日頃から勉強をし、心の準備をしておくことが大事だ。


           = コンピテンシー宣教師 =



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

忠誠心をもう一度呼び戻してはどうですか!

2014-07-31 06:34:09 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


========================

【贈る言葉】

日本の皆さんは何事にも献身的に取り組みます。それに企業や社会に対して忠誠心があって個々人が持てる力をフルに発揮しようと一生懸命に努力します。

         ~カルロス・ゴーン~

========================

【本文】

■忠誠心をもう一度呼び戻してはどうですか!■

会社が大きな問題を起こしてしまうことがある。

外的要因で大きな問題に巻き込まれてしまうこともある。

倒産するかもしれない大ピンチなわけだ。

そのようなとき、会社を救ってくれるのはいつも社員たちだった。

例えば岐阜県に本社のあるサラダコスモと言う発芽野菜メーカーは、「カイワレ」でひどい目に遭ったことがあった。

O-157による食中毒の原因として「カイワレ」が原因とされたのだった。

このときの風評被害で会社は大きな損失を被り、倒産の危機に立たされた。

社長が指示もしないのに社員たちはスーパーなどに出向いて交渉し、試食販売をやって売上を助けた。

一人の離職者も出さずに苦境を乗り切れたのは正に社員の忠誠心だった。

今こそ、失われた忠誠心を呼び起こすときではないかと思う。


           = コンピテンシー宣教師 =



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

問題解決の前に問題の未然防止です!

2014-07-30 15:52:12 | Weblog
このブログをお気に入りに!




「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


========================

【贈る言葉】

問題解決を図るとき、最もいけないのはこの二つ。つまり単眼志向と依存体質ある。視野の狭さと他人任せ。全ての問題解決を不可能にするのはこれである。

         ~中島孝志~

========================

【本文】

■問題解決の前に問題の未然防止です!■

外部から不審者が入ろうとしてもセキュリティが厳しく入ることはできない。

にもかかわらず、不祥事を起こす会社では決まって自社の社員が関わっている。

その社員と言うのはほとんどが「契約社員」や「派遣社員」である。

食品工場で農薬を混入させたのは「契約社員」だったし、半導体の機密情報を持ち出して韓国企業に就職したのは提携先企業の「派遣社員」だった。

生い立ちや素性、過去の素行などがよく分からない人間なのである。

素性の確かな正社員が問題を起こさない保証はないが、その確率は低いはずだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

問題解決力を高めるためどこの企業も相当努力している。

しかし、起こってしまった問題の解決の前に問題を起こさない対策、つまり問題の未然防止が大切であることは論を待たない。

ベネッセの顧客情報の漏洩も子会社に管理を任せた結果、派遣社員にやられてしまった。


           = コンピテンシー宣教師 =



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

張本氏が一流選手になれたわけは集中力にあった!

2014-07-30 06:28:02 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


========================

【贈る言葉】

【心に刻んでおきたい言葉】

ダラダラ生きるのではなく、「ここぞ」と言うときに全力を出して物事に当たる集中力があるかどうかである。

         ~中島孝志~

========================

【本文】

■張本氏が一流選手になれたわけは集中力にあった!■

幼児や子供は集中力が持たないと言われている。

もってせいぜい10分程度だ。

大人だって1時間以上も集中力を持続させることは難しいと思っている。

球界のご意見番、張本氏はなぜ一流の選手になれたのかを考えてみる。

守備についているときはボールが自分の方向に飛んできたとき、特に集中力を発揮しなければならない。

連係プレーがあるから決してボールから目を放してはならないという付帯条件は付く。

バッターボックスに入ったとき、張本氏はお尻をブルブルッと振るわせたのを思い出す。

これが張本氏の「集中儀式」だったのだ。

集中力で張本氏は見事に一流選手になれた。

ビジネスマンもここ一番と言うシーンで、最大限集中力を発揮すればいい仕事ができる。


           = コンピテンシー宣教師 =



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

トップセールと言われる人は売りませんから!

2014-07-29 15:33:38 | Weblog
このブログをお気に入りに!




「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


========================

【贈る言葉】

トップセールスの極意は売らないこと。お客様が自分で考えて納得して選んでもらうように説明を尽くすだけ。

         ~上村博美~

========================

【本文】

■トップセールと言われる人は売りませんから!■

営業マンに厳しいノルマを課している会社は多い。

成果主義を標榜する会社では、営業成績の悪い営業マンを吊るし上げる。

セクハラ的な暴言を浴びせたり、左遷まがいの人事異動も横行する。

営業マンは疲れ果て、疲弊して心を病み、やがて辞めていく。

また募集をかけて新規に採用すればいいとでも考えているのだろうか。

このような会社は教育的効果など出るはずもない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ケーズデンキでは販売員にノルマを課すことはなく、むしろ頑張るなと訓示している。

前田新造氏が資生堂の社長になったとき、美容部員からノルマを撤廃し、お客様がきれいになるための方法と商品の説明に意を尽くすようにと訓示した。

ノルマと言う「重石(おもし)」のない社員の情熱的な商品説明で、順調に売上が伸びるから不思議だ。


           = コンピテンシー宣教師 =



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

大事な仕事を任される社員を目指すことです!

2014-07-29 06:48:14 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


========================

【贈る言葉】

(企業では)地位に就くことを目指すのではなく、それに「ふさわしい人間」になるんだと。肩書きでなく、大事な仕事を任される人間になることを目指すと少し見方が変わるんじゃないかな。

         ~山下泰裕~

========================

【本文】

■大事な仕事を任される社員を目指すことです!■

高度成長時代、ビジネスマンは課長になることが一つの目標でもあった。

課長になれば立派な肩書きを手にいれることになる。

周囲の人や取引先の人からも「○○課長」と呼ばれるわけだから悪い気はしない。

しかし、肩書きなんかはどうでもいい。

課長にふさわしい仕事をしてくれと言いたい。

課長ともなれば職場のリーダーだ。

リーダーシップを発揮して部下を束ね、職場としての目標を達成して成果に貢献しなければならない。

だが、時代は変わったものだ。

今は課長になりたくないと考える中堅社員が増えている。

肩書きなど気にする必要はないが、大きな仕事を任せられる社員になってほしいものだ。


           = コンピテンシー宣教師 =



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

健全な赤字部門は熱意を持って育てるのです!

2014-07-28 15:10:15 | Weblog
このブログをお気に入りに!




「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


========================

【贈る言葉】

(利益の出ない事業を)捨てるためには勇気が必要だが、経営者はその前に事業の状況を正確に把握し、その将来性を的確に判断するための材料を持っていなければならない。

         ~斉藤 淳~

========================

【本文】

■健全な赤字部門は熱意を持って育てるのです!■

利益の出ない事業を切り捨てることは決して間違いではないだろう。

会社が左前になったときの手段としてリストラが常套手段のようになってしまった。

そのきっかけはカルロス・ゴーン社長の日産サバイバルプランに端を発するように思う。

あれは大正解だったから今の日産があるわけだ。

元来、赤字の事業には「不健全な赤字事業」と「健全な赤字事業」があるように思う。

「不健全な赤字事業」は勇気を持って切り捨てるべきだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかし、「健全な赤字事業」は熱意を持って育てるべきだ。

ポートフォリオ管理では、「健全な赤字事業」は「大飯食らい」の象限に位置する。

現在のシェアはほんの少しだが、事業の将来性(魅力度)は高いのだ。

今は「金食い虫」だが、うまく育てれば、きっと将来の事業の柱になる。


           = コンピテンシー宣教師 =



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

転職の前に「自己変革」が先です!

2014-07-28 06:39:50 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


========================

【贈る言葉】

「仕事を変える」前に「自分を変える」努力をしよう。「自分を磨く」時間を持とう。

         ~野村正樹~

========================

【本文】

■転職の前に「自己変革」が先です!■

嫌になったらいつでも会社を辞める。

若いときはそんな考えもありかとは思う。

でも、転職を2度、3度と繰り返しているうちに転職することが人生の目的みたいになってしまう。

前職の会社がいかにいい加減で、自分が付いた上司のマネジメントがいかにまずかったかを面接で切々と訴える。

だが、面接官は懐疑的な態度で彼の話を聞くだろう。

何度か再就職できるかもしれないが、いずれ再就職を目指しても何度も落ちるようになる。

はっと気付いたときは、彼は完全に自分をスポイル(ダメに)してしまっている。

転職の前にまず「自己変革」を目指すことだ。

そのためには自分を磨く時間を作らなければならない。

知的武装だけでなく、人間性や人格を磨くことを決して忘れないことだ。


           = コンピテンシー宣教師 =



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

御用聞きこそ営業の原点です!

2014-07-27 15:09:15 | Weblog
このブログをお気に入りに!




「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


========================

【贈る言葉】

今や僕は完全に商売は御用聞きの時代に入ったと考えています。インターネットも通信販売も消費者の自宅に入り込んで商売をするわけですから、ネット時代は御用聞きの考えが大切です。

         ~鈴木敏文~

========================

【本文】

■御用聞きこそ営業の原点です!■

近所の酒屋でも八百屋でも、昔は御用聞きに出向いたものだ。

だが、人手不足からか、いつの間にか御用聞きには出向かなくなった。

高齢化社会が進み、お買い物をしても重くて高齢者は持ち帰ることが困難だ。

心あるスーパーなどでは有料で宅配するサービスが浸透してきた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「なんでもカクヤス」と言う東京都北区の酒屋は次々出店し、都内全域と埼玉県の一部で電話一本、FAX一つで2時間以内にジュース一本からでも配達する。

実際、ジュース一本だけ注文する人はいない。

米、味噌、醤油、酒類など重いものだけでなく、その他の商品と抱き合わせで注文が来る。

「玄関を制するものが市場を制する」と言っても過言ではない。

御用聞きこそ営業の原点なのである。


           = コンピテンシー宣教師 =



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

何段階かにゴールを分けて挑戦することです!

2014-07-27 06:40:50 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


========================

【贈る言葉】

高い目標を成し遂げるには、意識が大切と思います。ものすごく遠くの目標だけを立てていると、今いるところとのギャップが大きく、ゴールはなかなか見えてきません。

         ~イチロー~

========================

【本文】

■何段階かにゴールを分けて挑戦することです!■

とてつもなく大きな目標を掲げて挑戦すべきだとおっしゃる賢人もいる。

しかし、登山もしたことのない人がいきなり富士山を征服しようと目標を立てても無理だ。

ましてやエベレストなど世界の山を征服できるわけなどない。

まず、一般道での歩行訓練から入るべきだ。

重い登山靴を履き、重いリュックを背負い、負荷をかけて歩行訓練をする。

次に高尾山に何度か登ってみる。

力が付いたら白根山に何度か登ってみる。

よし、いけるとなったら富士山への登頂は間違いなく成功するだろう。

日米で数々の記録を打ち立てたイチロー選手だが、手の届く目標を一つひとつクリアしてきた。

ビジネスマンも何段階かにゴールを分けて挑戦し、一つずつクリアしていくことだ。


           = コンピテンシー宣教師 =



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント