「EQ」ブログセミナー!

ビジネスマンよ、EQ(心の知能指数)を磨いて仕事で差をつけるビジネスマンに変身しようよ!

社員を守って利益を出すのが経営者のミッション!

2018-09-24 15:33:52 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【心に刻んでおきたい言葉】

台湾企業に買収されたシャープだが、少しずつ業績を取り戻しつつあるようだ。だが、3,500人もリストラし、残った社員は賃金カットされ、これまで貢献してきた社員に対する仕打ちはあまりにも悲しい。日本人が潰した会社を台湾人が再建するのも違和感を覚える。

         ~顧客維持&開拓<その24>~

==================================================

【本文】

■社員を守って利益を出すのが経営者のミッション!■

業績が悪くなると直ぐにリストラや賃金カットに走る会社が多い。

顧客を維持し、新規開拓することができなかった責任は、本来は経営者が負うべきだ。

にもかかわらず、常套手段のようにリストラ・賃金カットと言うのでは、あまりにも芸がなさ過ぎるように思う。

リストラされた多くの社員はどこに安住の地を求めたのか、気にかかる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

例えば、介護施設運営会社を子会社として立ち上げ、社員に介護士等の資格を取得してもらい、働いてもらう手があっただろう。

例えば、子会社として人材派遣会社を立ち上げ、希望する企業に人材を期間限定で派遣し、気に入ってもらえたならその企業に再就職してもらう手もあっただろう。

社員を守って利益を出すためには「第二創業」の立ち上げが急務なはずだ。

そのためには、会社が元気なうちから「第二創業」の準備を加速しておくべきだ。

        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

過去の成功経験に捉われず、新しい未来を開く!

2018-09-24 06:47:32 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【心に刻んでおきたい言葉】

経験を積むことは確かに貴重だが、過去の経験から抜け出せない人がいる。「自分はよく分かっているからこれでいいんだ」と言っては、過去の成功体験を持ち出す。思い切って過去と決別してゼロベースでやろうと言う勇気が必要ではないか。

         ~人間力<その24>~

==================================================

【本文】

■過去の成功経験に捉われず、新しい未来を開く!■

人間は経験を積むことで成長する。

これは真実だから異論はない。

だが過去の経験にこだわりすぎている人は多いように思う。

いくつかの成功体験を持つ人なら、なおさらこだわりすぎてしまうようだ。

ビジネスマンは過去の経験、特に成功体験にこだわりすぎないでほしい。

ゼロベースで企画立案し、実行する習慣を身に付けるべきだ。

「柳の下に二匹目のドジョウはいない」と言うことわざがある。

中身も難易度も過去の成功体験とは違う今回の課題に対して、同じやり方は通用しないと思って間違いない。

若いとき、上司に「バカの一つ覚えはダメ」と諭されたことを思い出した。

やはりビジネスマンは、過去の成功経験に拘泥しないように人間力を磨くことだ。

         = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

業界一位よりも半永久的存続を目指してはどうか!

2018-09-23 14:13:32 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【心に刻んでおきたい言葉】

業界で一位になることを目的に突っ走った企業は、本当に幸せだろうか。小売業世界一位のウォルマートは子会社西友を売却することになった。一位になったときから衰退が始まるのが世の常だ。ケーズデンキのように一位にならないように頑張ってはどうだろうか。

         ~顧客維持&開拓<その23>~

==================================================

【本文】

■業界一位よりも半永久的存続を目指してはどうか!■

一等賞を獲ったアスリートもやがて体力が落ちて勝てなくなる。

粘ってぶざまな姿を晒すまでやるか、潮時を感じて引退するかは本人の考え次第だろう。

例えば、女子フィギュアスケートの荒川静香さんはオリンピックで金メダルを獲って引退し、結婚して子供にも恵まれ、解説者として活躍している。

小売業界世界一位のウォルマートだが、子会社西友を売却することになったようで、ひょっとしたら凋落の前兆かも知れない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ケーズデンキを運営するケーズホールディングスのK社長は「一位にならないように頑張らないようにする」と奇妙なことを言っていた。

売上で一位になるのではなく、接客、サービスを含むCS(顧客満足)で一位になり、お客様に愛され続ける会社を目指して頑張ると言う意味に解釈したい。

会社と言うものは「無冠の帝王」でもいいから半永久的存続(ゴーイング・コンサーン)を目指すべきだと思う。

        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

職人の養成に尽力する経営者にエールを!

2018-09-23 06:53:35 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【心に刻んでおきたい言葉】

「職人一代」の時代になってきた。大工が街から消え、寿司職人が街から消えてしまった。工場で加工してユニットに組み上げたものを現場に運んで組み付ければ家が完成だ。ロボットが握ったシャリにネタを乗せれば握り寿司が完成だ。何としても職人を守りたい。

         ~人間力<その23>~

==================================================

【本文】

■職人の養成に尽力する経営者にエールを!■

今の時代、大工の棟梁が弟子を取ることができない。

弟子に食わせながら養成するだけのお金も余裕もないのだ。

ただ組み付けるだけの仕事が増えて、大工が腕を振るう仕事が少なくなった。

街の寿司屋も廃業するお店が増えている。

回転寿司に押されてしまい、弟子を取って養成することができなくなってしまった。

これでは次世代の職人が育たないから、せっかくの職人も一代で終わってしまう。

そんな中、平成建設では自社内で職人を養成している。

しかもみんな有名大学出身で、一級建築士の資格を取得した上で「大工」兼「土木」兼「左官」兼、その他マルチ職人に養成している。

すしざんまいを運営する喜代村では寿司職人養成所を運営して寿司職人を養成している。

職人の養成に尽力する経営者の人間力には感服するばかりだ。

         = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

クロネコの引越し荷物の受注が大幅減に陥る!

2018-09-22 21:01:02 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【心に刻んでおきたい言葉】

「ぺヤングソース焼きそば事件」を覚えている人も多いことと思う。焼きそばの中に、こともあろう二ゴキブリが混入していたのだった。半年間生産ラインを止めて再発防止対策を講じて販売を再開したところ、一時は品薄になるほど人気だった。

         ~顧客維持&開拓<その22>~

==================================================

【本文】

■クロネコの引越し荷物の受注が大幅減に陥る!■

「ペヤングソース焼きそば」はゴキブリ混入事件発覚以降およそ半年間生産を止めて抜本的に対策を講じ、やっと工場再稼動にこぎつけた。

待ちかねていたフアンが多く、生産再開は好意的に受け止められ、爆発的な売れ行きを示し、一時は品薄状態に陥った。

ネットに公開されていた当時の生産ラインは汚れていて、いかにもゴキブリの館のようだったが、抜本的な対策を講じて見違えるほどきれいな工場になった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クロネコの子会社が法人から受注した引越しで、数年にわたり料金を水増し請求していたことが発覚して大騒ぎになった。 

水増し金額は全体で数十億円に上ると言う。

今、法人企業の離反が止まらないそうだが、天に向かって唾を吐けば自分の顔にかかるのは自然の摂理だ。

ヤマトを一流企業と思っていた人々を裏切ったしっぺ返しは大きい。

        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

やる気のスイッチを入れれば部下は動く!

2018-09-22 05:51:47 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【心に刻んでおきたい言葉】

「ウチの課にはろくな部下がいない」と嘆く課長がいた。「どうしてですか」と聞くと「そもそもやる気からして不足している」と返ってきた。やる気を引き出すこともできない自分のふがいなさについては一言も触れない。この課長は管理職失格だ。

         ~人間力<その22>~

==================================================

【本文】

■やる気のスイッチを入れれば部下は動く!■

100人規模のプレス部品を加工しているメーカーから社員教育の依頼があったとき、私は社員の方数人に会議室に集まってもらい、インタビューしたことがあった。

「我々を指してろくな部下がいないと言うことですね」と社員たちは強い口調で言った。

「我々に言わせれば、ろくな経営陣がいないと言うのが真実です」と逆に切り返された。

想定した通りの反応だったのである。

管理職の最大のミッションは「部下にやる気を出させること」であることは明白だ。

やる気のスイッチがオフになっている部下に、やる気のスイッチをオンにしてやればいいわけだが、そのこと自体に関心がないか、知らない管理職は多い。

山本五十六氏の「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、褒めてやらねば 人は動かじ」と言う言葉を心に刻んでほしい。

真珠湾攻撃を成功に導いたとき、山本氏が大将として指揮を執っていた。

軍隊でさえ兵士を動かすのに、やる気のスイッチを入れることに苦労をしていた様子だ。

         = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

新進気鋭の農業法人の経営者はすごい!

2018-09-21 15:55:21 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【心に刻んでおきたい言葉】

食料自給率が40%を切っているようだ。耕作放棄地が増加の一途をたどっているのは農家の高齢化や米の価格が下がり続けていることも大きな要因だ。そんな中、新進気鋭の農業法人が独自の経営モデルを構築して躍進を続けている。

         ~顧客維持&開拓<その21>~

==================================================

【本文】

■新進気鋭の農業法人の経営者はすごい!■

これまで農家では農産物単品を農協に出荷してわずかのお金を手にしてきた。

不ぞろいなどで規格に合わない農産品は廃棄するしかなかった。

しかも価格は自分で決めることができないから、赤字も結構あるわけだ。

農家の平均寿命は70歳にならんとしていて、夢も希望もないから耕作放棄地が増える。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そんな中、新進気鋭の農業法人が増えつつあるのは朗報だ。

チェーン展開のレストランから注文をもらってから作付けする受注生産にも成功した。

規格外品は自分たちの工場で漬物やサラダなど加工食品にして販売するからムダがない。

高級料亭や飲食店と契約し、農協を通さず直接販売するから価格は自分たちで決められる。

例えば千葉県の和郷園や長野県のトップリバーなどは儲かる経営の農業モデルでもあり、両社ともリーダーの人間力で成功を勝ち得ている。

        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

強みをさらに磨けば明るい未来が待っている!

2018-09-21 06:43:54 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【心に刻んでおきたい言葉】

人間は誰でも自分の弱点は見せたくないと思うのが人情だろう。でもありのままを見せればプレッシャーから解放されると思う。いいところだけ見せようとするから無理が生じ、かえって嫌味に見えてしまうのだ。

         ~人間力<その21>~

==================================================

【本文】

■強みをさらに磨けば明るい未来が待っている!■

昔、田舎では世話好きの人がいて仲人を買って出てくれたからほとんどの人が結婚することができた。

美人の妹の写真を見せ、姉が不細工であることは隠す。

そのうえ、和裁もできる、洋裁もできる、料理もうまいと嘘八百を並べて売り込む。

相手側は、嫁が来てくれるだけでもありがたいと言うわけでめでたく婚約成立となる。

結婚式の当日に初めて嫁になる姉の顔を見た婿殿の顔は一瞬曇るが、もう後の祭りだ。

笑い話ではなく、実話なのである。

自分の弱点を見せまいと取り繕う人がいるが、バレたときの波紋は大きい。

それよりもありのままの自分をさらけ出してはどうか。

誰にでも強みもあれば弱みもあるわけだ。

むしろその強みをさらに磨けば、近い将来明るい未来が待っている。

         = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

仕入先も自社の社員も顧客と言う考えを持つべき!

2018-09-20 15:55:12 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【心に刻んでおきたい言葉】

非正規社員が増えてしまう施策を強力に進める政府には困ったものだ。非正規社員は購買力がないから消費は益々低迷する。結婚もできず子供もできず、国力は弱まるばかりではないだろうか。将来の顧客の創造などできるはずがない。

         ~顧客維持&開拓<その20>~

==================================================

【本文】

■仕入先も自社の社員も顧客と言う考えを持つべき!■

仕入先を徹底的に叩いて安く仕入れようとする百貨店やスーパーは多いが、切られるのが怖いから仕入先はみんな我慢して応じている。

非正規社員を雇用して自動車メーカーは莫大な利益を出しているが、社員は給料が安いから車は購入できない。

近所のイオンで休憩中のパートさんが買い物籠を持って買い物をしている姿を見かけるが、少しでも食料品などを安く買って家計を助けようとしているわけだ。

イオンにとって自社のパートさんも大事なお客様になっているだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

非正規社員を大量に生み出す政府の政策に大企業はみんな賛成のようだ。

だが、非正規社員は購買力がないから自社のお客様も将来のお客様も失っているのだ。

目先の経営が顧客維持も顧客開拓も遠ざけてしまっていることに気付いていない。

国民の購買力を脆弱にすることは、国力までもが弱ってしまうことに気付くべきだ。

        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

威張らず、格好も付けないボスは慕われる!

2018-09-20 06:53:35 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【心に刻んでおきたい言葉】

威張らない。格好付けない。このような人はそれだけでみんなから共感を得る。支持もされる。このような人間を目指して努力すれば、きっと将来はいい「ボス」になれる。

         ~人間力<その20>~

==================================================

【本文】

■威張らず、格好も付けないボスは慕われる!■

管理職になったとたんに豹変する人間がいる。

ヒラのときは目立たなかったのにだ。

盆暮れには上司に付け届けをして、挙句告げ口外交がうまい。

こういう輩はどこの会社にも必ずいるだろう。

「部長、A君は部長のことをこんな風に批判していました」などと得意顔で告げ口する。

部長の心証を害したA君の昇進は消滅するわけだ。

部長にしてみれば付け届けをして、いろいろ情報を持ってくるヤツはかわいい。

だが、こんなことまでして、昇進しても部下たちの共感も支持も得られないから部長としての業績を上げることができない。

地味に見えるが「威張らない人、格好付けない人」が人間力に優れ、将来のボスとして最適だと思う。

部下に慕われるボスはきっと社長になれる器だ。

         = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント