「EQ」ブログセミナー!

ビジネスマンよ、EQ(心の知能指数)を磨いて仕事で差をつけるビジネスマンに変身しようよ!

仕事に追われるのではなく、追ってください!

2015-08-31 14:31:25 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


========================

【贈る言葉】

いつも仕事に追われている同僚がきっといるでしょう。彼は残業もたくさんやり、「ああ、忙しい」を連発していませんか。そのうち健康を損ねてうつになり、上司や会社を恨むかもしれません。その一方で定時になると「お先に失礼」と言って帰る人もいますから。

         ~洞察力<その31>~

========================

【本文】

■仕事に追われるのではなく、追ってください!■

いつも仕事に追われている同僚がいる。

今月は100時間を越えたと残業の多さを自慢げに話す。

はっきり言って彼は要領と仕事の段取りが悪いから仕事がはかどらず、仕事に追われっぱなしなのだ。

そのうち健康を損ね、心を病んで上司や会社を恨むことになるかもしれない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一方、要領がよく、仕事の段取りの上手な人がいる。

仕事に入る前に仕事の手順を考え、あらかじめ準備すべきものを身の回りに用意する。

もの探しも不要だから歩行や運搬と言うムダも生じない。

計画通り順調に仕事が進捗し、定時には「お先に失礼」となるわけだ。

時間の使い方は全て先読みして綿密に計画を立てているからなせるワザなのだ。


           = コンピテンシー宣教師 =



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

■「そのうち」と言うセリフはやらないということ!■

2015-08-31 06:36:38 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


========================

【贈る言葉】

中小企業の経営者からいろいろ相談を受けることがある。インタビューして問題点を把握した上でアドバイスをすることにしている。ところが多くの場合、直ぐやる意思はなく、「そのうち」と答える。この社長はやる気がないなと瞬時に分かる。

         ~人格を磨く<その31>~

========================

【本文】

■「そのうち」と言うセリフはやらないということ!■

多くの企業では経営革新に対するニーズは高いが、社長が仕事の合間に計画を立案して実行に移すとなると難しい。

そんなこともあって金融機関や商工会が主催する経営相談会に参加してみようと考える。

事実、金融機関や商工会を通じて経営相談の相談員を頼まれることがある。

前半は社長から会社の現状と抱えている問題点などの説明を聞く。

その後、経営革新の進め方についていろいろとアドバイスをする。

ところがアドバイスしただけでは推進は難しそうであることが分かってくる。

コンサル契約を結ばせて頂き、経営革新計画書の作成と認証後の推進を支援しましょうかと打診すると途端に尻込みされてしまう。

「お金もないし人材もいないので、そのうち検討してみます」と答える経営者が多い。

「そのうち」と言う言葉が飛び出したら「この社長はやる気がない」と判断することにしている。


           = コンピテンシー宣教師 =



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

問題にぶつかったらエクスタシーを感じてください!

2015-08-30 15:57:08 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


========================

【贈る言葉】

「大きな問題にぶつかるとエクスタシーを感じる」と言っていた女性経営者がいた。問題解決を通して会社と社員が成長する絶好の機会と考えているのだろう。

         ~洞察力<その30>~

========================

【本文】

■問題にぶつかったらエクスタシーを感じてください!■

会社を経営していると日々さまざまな問題に遭遇する。

問題は起きないに越したことはない。

マニュアルを整備し、社員教育に力を入れていても管理の網の目をくぐって問題が起きる。

問題は必ず起こることを前提に全社を挙げて問題解決力を磨いてはどうだろうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

問題が起こるとまた莫大な費用が発生すると嫌な顔をする経営者は多い。

利益が減ってしまうと嘆く経営者も多い。

考え方を変えてはどうかと思う。

問題解決に要する費用や利益の目減り分は授業料とポジティブに考えるべきだ。

そう考えればその授業料を生かして問題解決力を高める絶好の機会と捉えられよう。

エクスタシーを感じながら問題解決を図ることで会社も社員も強くなっていく姿が見える。


           = コンピテンシー宣教師 =



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

口が裂けても「オレが一人で」とは言わないこと!

2015-08-30 06:25:23 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


========================

【贈る言葉】

もし本当に自分一人で大きな業績を挙げたのなら誇りに思っていいし、自慢してもいい。だが、多くの人の手や知恵などの支援があったのなら率直に感謝の気持ちを表すことだ。口が裂けても「オレが一人で・・・」などと言ってはならない。

         ~人格を磨く<その30>~

========================

【本文】

■口が裂けても「オレが一人で」とは言わないこと!■

釣り人は何しろ話がでかい。

両手をかざしながら「こんな大きな鯛を釣り逃がした」などと自慢話をする。

傍らでその話を聞いていた意地悪な同僚が「大きな鯛ではなく、大ボラだったんじゃないの」と冷やかす。

彼はバカにされたと思い、マジで怒り出すから面白い。

海外生産でマレーシアに滞在していたとき、華僑、マレー系マレー人、インド人を雇用したのだが、特に華僑の行為が気になった。

会社で大きな事件や問題が起こると「自分は一切関与していない」と言う。

ところが会社で大きな成果が出ると「オレが一人でやった」と平気で言う。

これが華僑の生きる道と言うか、特徴なのだ。

日本の会社でも大口を叩く者が時々いるが、一人で出来るわけがないのだから、協力者、支援者に率直に感謝し、口が裂けても「オレが一人で」などとは言わないことだ。


           = コンピテンシー宣教師 =



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

地道にアリさん経営に徹することです!

2015-08-29 13:38:16 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


========================

【贈る言葉】

将来のために、今何をなすべきかを決定して着実に実行する経営者は半永続的に会社を存続させることが出来る。キリギリスタイプの経営者はわが世の春を謳歌しているうちに平家物語になっていく。

         ~洞察力<その29>~

========================

【本文】

■地道にアリさん経営に徹することです!■

キリギリスは夏の間、さえずりながら楽しく過ごすから冬になると食べ物がなく、ひもじい思いをするだろう。

一方、アリたちは夏の間も一生懸命餌を運び、穴の中に蓄えるから越冬に困らない。

アリたちは、寒さの厳しい冬をどう過ごすかをあらかじめ十分考えているわけだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

時代の波にものり、倍々ゲームさながらに成長した企業があった。

経営者は追い風参考記録とは考えないから自身の経営力のなせるわざと錯覚する。

ところが経営環境が一変し、坂道を転げ落ちるように衰退していった。

一方、たゆまぬ努力で多角化や第二創業を実行し、サバイバルを繰り返した企業もある。

アリさんタイプの経営者が将来を洞察して、先手を打って対策を講じたのである。

このような経営者は絶頂期にこそ、すでに次のステージのことを考えているのだ。


           = コンピテンシー宣教師 =



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

正直に無知を認めるほうが仕事がうまくいく!

2015-08-29 06:32:11 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


========================

【贈る言葉】

正直に自分の無知を認めたがらない人は多い。かと言って自分で勉強するわけでもない。結局知ったか振りをして「こと」を行ってしまい、失敗する。正直に無知を認めた人には熱心に教えてくれる人が現れるから仕事をうまくやり遂げることができる。

         ~人格を磨く<その29>~

========================

【本文】

■正直に無知を認めるほうが仕事がうまくいく!■

「釈迦に説法でしょうから、これについては申し上げません」と言われることがあった。

「いや、恥ずかしいのですが、それについては存じませんのでどうぞ教えてください」とはなかなか言えるものではない。

思い切って、恥を忍んで正直に無知を認め、教えを請うほうがいいのではないか。

そうすれば相手は快く教えてくれることだろう。

時々相槌を打ちながら熱心に聞く。

そして時々質問もしてみる。

相手にもよるが、きっとドヤ顔で教えてくれるだろう。

教えてもらったことが本当かどうか、あとでそっとネットを検索して確認しておくことだ。

これで一つ利口になれる。

内容にもよるが、こうして自分の仕事に活用で来る知識の選択肢が増えていくわけだ。


           = コンピテンシー宣教師 =



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

人事のプロには洞察力が求められます!

2015-08-28 14:15:31 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


========================

【贈る言葉】

8月から本格的に就職戦線がスタートした。だがとっくに内定を出している会社が多いようだ。どこの企業も仕事に対する情熱と意欲を持った学生をほしがっているが履歴書や身上書からは分かりにくい。人事のプロが実際に会って話して、感じ取るしかなさそうだ。

         ~洞察力<その28>~

========================

【本文】

■人事のプロには洞察力が求められます!■

プロ野球の世界では毎年ドラフト会議で指名され、100人前後が入団し、ほぼ同じ数の選手が戦力外で去っていく。

中には華々しい活躍をして引退する選手もいるが、そのような選手はほんの一握りだ。

泣かず飛ばずの選手を推挙したスカウトの目は節穴だったことになるわけだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

会社の採用においても人事担当の力量が問われる。

有名大学出身で成績優秀、しかも面接で卒なく受け答えしてくれると会社に入ってから華々しく活躍してくれると錯覚してしまう。

ところがこのような学生が活躍してくれるとは限らないのだ。

仕事の出来る人間なのか出来ない人間なのかを面接を通して見破るしかないのだ。

有名大学、学力優秀に騙されることなく、仕事が好きになれるか、コミュニケーションが取れるかに重点を置いて人物像を洞察する必要があるのではないか。


           = コンピテンシー宣教師 =



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

会議は利益を生みませんから!

2015-08-28 06:30:26 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


========================

【贈る言葉】

会議の多すぎる会社がある。会議時間の長すぎる会社がある。会議そのものが仕事になっている感じだ。組織風土に欠陥があるのではないか。会議は利益を生んではくれない。

         ~人格を磨く<その28>~

========================

【本文】

■会議は利益を生みませんから!■

会社の規模が大きければ大きいほど会議が多いようだ。

同時に会議の時間も長い。

会議の延長戦もあるし、本社や地方工場へ出向いての出張会議も頻繁だ。

会議をやっても売上や利益が増えるわけがない。

確かに顔を突き合わせての会議も時には必要で、意義があるとは思う。

自分の席にいながらにしてネット会議に参加することは可能だし、出張しなくともテレビ会議を開催することも可能だ。

どうしても対面して会議を開催する場合は、「立ちんぼ会議」にするとよい。

「立ちんぼ会議」は疲れるので早く終わりたいと考えるから会議の生産性は高くなる。

結論が早く出て自分の席に戻れるから実行に移すタイミングも早くなる。

例えば「風土改革委員会」を立ち上げて風土改革に挑戦すれば、みんなの人格も同時に磨かれていく。


           = コンピテンシー宣教師 =



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

お客様に奉仕をすればリピーターを増やせます!

2015-08-27 15:31:58 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


========================

【贈る言葉】

利益追求一辺倒の会社は衰えていく。その一方でお客様への奉仕を重視する会社は栄える。経営者はリピーターが増えていくことを読んでいるのである。

         ~洞察力<その27>~

========================

【本文】

■お客様に奉仕をすればリピーターを増やせます!■

極普通のスーパーに初めてのお客様が100人きたとしよう。

2度目に来てくれる確率は最大でも40%ほどだ。

3度目となるときてくれる確率は最大でも20%に減ってしまう。

そして、4回目以降はたった5~8%のお客様しか残らなくなるというデータがある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

CS(顧客満足)を向上させるなどしてお客様に感動を与え、リピーターになってもらうことは極めて重要だ。

リピーターのお客様は、例え今日のお買い上げは3000円でも事情があって離反すねまでの間、ほぼ確実な潜在売上を約束してくれるのである。

通常、既存店の売上増はあまり期待できないものだが、東京の「オーケー」と言うスーパーでは既存店でも毎年売上が増えている。

安さや信頼でお客様に奉仕するからリピーターが増え続けているのである。


           = コンピテンシー宣教師 =



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント

人格は言葉よりもはるかに雄弁です!

2015-08-27 06:32:48 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


========================

【贈る言葉】

円滑な人間関係を構築して維持するためには言葉よりも「人格」そのものがものを言う。敬語や丁寧語を多用して熱弁を振るっても中身が薄ければ共感は得られない。政治家の答弁や言動がそのことを証明している。

         ~人格を磨く<その27>~

========================

【本文】

■人格は言葉よりもはるかに雄弁です!■

「丁寧に説明する」と繰り返す政治家がいる。

だが質問されると真っ向勝負で答えようとはせず、はぐらかす答弁ばかりを繰り返す。

敬語や丁寧語を多用するから説明が長くなるが、ピーマンのように中身がカラッポだ。

議論すればするほど疑わしくなっていくばかりだ。

普通の会社では、議論は真剣勝負だ。

質問には真っ向勝負で答える。

そのとき賛同が得られるかどうかのカギを握るのが答弁者の「人格」だ。

説明が一貫していて、決してはぐらかしたりしない。

決して嘘をつかず、頭にきて、「さっさと質問しろ!」などと暴言は吐いたりはしない。

「人格」は言葉よりもはるかに雄弁だから共感や支持が得られやすいのである。


           = コンピテンシー宣教師 =



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

コメント