raretaste~はれのかおり

壁際園芸、自閉症の娘と家族のおかしな毎日

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

地植え、増やしました

2011-10-31 20:44:13 | Weblog

もうね、鉢植えの手間ってのは、なんといっても水やりですねー。

けっこう、きつい時があるんですよ、体調悪い時とか・・・

でも、植えて手元に置いておきたい植物は山程あって、困った困った(><)

で、ここなら穴開けてもいいだろう、いや是非開けよう、何故最初からコンクリート敷かずに置かなかったんだって(笑)

ということで、掃き出し窓の下を、コンクリはがして穴開けてもらうことにしました。

    

こんな感じに深さ50cm。赤玉土と腐葉土を元土に混ぜ、裏にたくさんある使用済みの土を入れて。

後は花守り菌液にバイオポストを少し。


今まで鉢に入っていたもので、地植えにしてあげたいものを仮置きして


一旦終了。

そして今日
  携帯で撮影したので小さくてすみません

入れたもの覚書

向かって左から・・・

西洋ニンジンボク・プルプレア、ERコンスタンス・スプライ、ロサ・アネモネフローラ、
ERジ・インジニアス・ミスターフェアチャイルド、ブルンネラ・ジャックフロスト、ヒューケラ、
青花フウロ、黒竜、八重咲きアガパンサス、エキナセア・ヴァージン、宿根ビオラ・ソラリア
ハイドランジア・ヘイズスターバースト、ホタルブクロ・黄二重、サクシセラ・フロステッドパールズ
ERプリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント、ブルンネラ・・・・あれっ?名前が出てこない。

もう一つ二つ忘れているような気がしますが、後は一番前面の下生えにしてコンクリートにはみ出しても

大丈夫な植物を考えています。アジュガは両側に入れているので他の物がいいなあ。

まだ、決定ではないですが、うまく植栽できるといいですな。

ハナニラをココママさんからいただいているので、アリウム球根と一緒に仕込むつもりでいます。


追記:ブルンネラ・ルッキンググラスでした。八重咲きのアガパンサスはフローラ・プレノだったかな。
    チェリーセージに似た形の青花、サルビア・コアウイレンシスも入れました。まだ、あります・・・

追記の追記:ブルーベルクリーパーも入れましたが、トベラ科のツル性だということに今さら思いつき、
         これは植えるところを変えた方がいいでしょう。どちらかのフェンスに絡ませますか・・・

こうやって見てみると、自分の好みというか、なんの花で何色を入れたいのかはっきりしていることに
改めて気付きますね。

バラ大輪でピンク、小輪で白、宿根中背で白と青、青は紫っぽくない青。
例外は宿根ビオラのソラリアだけ濃いピンク。といっても、黒竜を鉢から取り出す際、
同じ鉢に植えてダメになっていたと思っていたソラリアが根と塊根だけになって生きている
ことに気付いて、じゃあこれも植えようかという気になっただけなので、出てくるかどうか分かりませんが。

もう、これ以上植えない方が、それぞれの株に対しては良いことなんでしょうねぇ・・・



 

 

 

コメント

ダルダルな朝に

2011-10-31 09:39:31 | Weblog
焼きたてのベーグルとコーヒー(〃⌒ー⌒〃)ゞ
はーさんを送り、役所の用事済ませ車を回したら、目の前に見知ったカフェが(*≧∀≦*)
なーんて確信犯なのですが、モーニングやってる所なんてなかなかないので、
貴重ですねー。

コーヒーとくるみのベーグル、焼きたてフワッとモッチリ、スクランブルエッグベーコン、サラダで500円。
たまにはいいぞぉー
コメント (2)

この秋一番の花、咲きました

2011-10-30 23:28:59 | Weblog

虫にもやられず、雨にもぬれず、じっくり大きくなって充実した一輪が咲きました。



イングリッシュローズ:アブラハムダービー

玄関先、郵便受け前にフワッと俯く、頭で描いていた理想的な咲き方をしてくれました。

そーいえば、秋の黒点病に弱いはずのこの品種、全くなっていません。

今年こそは、株として充実したのかもしれません。

別角度からも



うーん、春の花よりも秋の色の方が好きかもしれません。



さて、この秋一番といえば・・・



アノダ・白花が咲きました。やーっと、秋まで待って。

ミョンちゃん家で見て、種をいただいて発芽に失敗し、バリエさんからポットを一ついただくも

すぐに虫に食べられ危うくなり、植えかえて養生復活を待って。

付いた蕾も暑い間は膨らまず、寒暖差が出始めてようやく開きました。

やはりアノダはかわいい。できれば種を取って来年に備えたいと思っています。

コメント

cafe Kaffon 再び   息子とお茶編

2011-10-27 18:12:44 | Weblog

本日は仕事はお休み、午前中はめまいの薬の副作用?血流を良くするために脈拍が早くなって、逆に気持悪い(><)

昼食時めまい症状なかったので服用をやめたら楽になって、午後のシュン学校面談の時には楽になっていました。

はーさんとシュンの学校は実は目と鼻の先でして、はーさんお迎えまで1時間弱・・・それでは、と

息子を誘ってみましたところ、珍しくついてくる気持ちになったようです。

再びカフェ kaffonに伺いました。

  シフォンケーキと紅茶のセットです。

シュンはプレーンシフォンにイチゴソース。  

私は


                 メープルシフォンにパンプキンソースでした。うん、とってもおいしかった

それから、はーさんのお迎えに行き、パンを買おうとすると・・・

ほとんど売り切れf^^;

今週は学校へ行こう週間で、地域の方々が2時位からいらしてたくさん買っていって下さったとのことです。

ありがたいことです。が、しかーし、はーさんには通用しないのです。チョコパン!!!

残ったのは小さいチョコパン1つ、食パン1つ、良かった全部買います!!

出てきたはーさんに、もう車に積んであるよ・・・・すっごい疑いの眼。

乗車してチョコトップパンがあるのを見ると「おうち帰る」とつぶやきました。

やれやれ、こんなんで、毎回買っていかなくてはならんのだろうか?と書いていると後ろで文句の唸り声、あ、バレバレだー。

心に思っただけでなんで分かるのかな、打ち込んでいるの見えているのかしらん・・・


さて、夕方、モーリンデッキにあるコテージローズがきれいに咲いていましたよ

コメント

癒し・・・私の場合はバラ

2011-10-26 19:21:31 | Weblog

一昨日の夕方から久しぶりにめまいが出て、昨日はとにかく動かないことに。

申し訳ないけれど、どうしても送迎が必要なはーさんを休ませとにかくとにかく寝ころんでいることに決めて、

韓国料理教室も休んで静養につとめました。

ホルモン系に加えて疲労もしているのだろうし、食欲も出ない一日でした。

良く寝ましたぁー。

 

今朝はグラッとなることもなくなったので、良し良し回復。

シャッターを開けると、掃き出し窓からピンク色が目に飛び込んできました。

                         

    イングリッシュローズ:プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント     やっぱり、好きな花です

        

        ギヨー:モニークダーヴ    尖った花弁マイセン食器を連想した、第一印象は変わっていません


バラに元気をもらって出勤しました。

退勤時、そーいえば今日は浜田ばら園入荷日だなと気付き、キーパーを覗かせてもらって・・・

ガーデンローズとは違う、根が付いていないが故の儚さや優しさがあるように思っているフローリストローズ

もう少し癒されたいのかな、と判断して、本当に久しぶりに連れて帰りました。



ラ・カンパネラ、ラネク・ドゥット、アンブリッジローズ、ロッシュ+、イヴ・ピアッチェ、パパメイアン

やっと花もちの良い季節になってきました。少しずつ水切りして、長く楽しむことに致しましょう、ったらそうしましょう。


コメント

少ない数でもなぜか艶っぽい秋の花

2011-10-23 13:12:04 | Weblog

並べてみたわけではないのですが・・・というか不可能なので写真等で確認する他はないのです

春の一番花は数はたくさんだし、色合いも華やかで大きいですが、さて秋の花はどうかというと


これが、ゆっくり大きくなって、日が経つにつれ気温が下がるせいか、色がシックに濃くなってきます。

なんとも艶っぽい。

改めて確認すると、薄いピンク系のバラが多いこと。でも薄ピンクで色が濃いなんてあり得るのかと

言われそうですが、これが、分かる。明らかに春よりも色が乗っておまけに肉厚。

もうすぐ、咲いてくる、うちの数少ないバラの蕾とその他をご紹介しておきましょう。



細くとがった先が美しい・モニークダーヴ

ラ・マリエ

この秋、人気急上昇間違いなしの(趣味の園芸参照あれ)
                                                 プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケントはまだ開かずセント・セシリアももう少し

アブラハム・ダービーも楽しみに待っています

さて、他の花も

かわいく色づいて来た越中ミセバヤ

まだきれいなエキナセア・ヴァージンとチェリーセージ青花


それぞれ開いたら、またアップします。

コメント

cafe Kaffon でランチしてきました

2011-10-20 19:39:49 | Weblog

ずーっと気になっていたのですよ。

A.T.P.が内装手掛けて、花の店輪さんセレクトの植物が置いてある。いいじゃない?

ベーグルとシフォンケーキの店、しかも8:30からモーニングがやっているらしい・・・

気になるねぇ。

と思っていたのですが、人間てのは忘却の生き物でして、すっかり  f^^;

と、仕事でお祝い花を美容室に配達するのがあって・・・kaffonのお隣でした。

おおっと!!近くで見たらやっぱり入りたい!!

と言う訳で、ヨシミさんにお付き合いしてもらって、モーニングならぬランチに出かけました。

  印象深いドアを中からパチリ

カウンターに額縁を付けてディスプレイ

全体的にしっくいの模様が入る塗り方をした落ち着いた店内で、某淵野辺じゃないようでした(笑)

ベーグルサンドは生地が4種類、私はいちじく、ヨシミさんはセサミで。

サンドの中身も4種類だったかな。私はスモークサーモンとクリームチーズ、ヨシミさんはパストラミ

これに飲み物とスープが付いて大変満足なお味でした。それにベーグルってのはお腹にたまりますね。




ランチデザートを追加で頼んだら、シフォンケーキとガトーショコラから選べました。


   


        cafe  kaffon
        相模原市中央区鹿沼台2-11-1チサンマンション108
    ℡ 042-707-8281

    水曜定休  でした。


    おいしゅうございました

コメント (2)

焦りでなく、苛立ちであるかもしれない物事へ

2011-10-20 00:24:42 | Weblog



好き嫌いだけで物事は進んではいかないものだけれど・・・

色んなことに対応できるじゃん!って思える時と

どっちつかずでどこに居たらいいのよ!!って思う時もある。

好きな場所にいるのが一番幸せだけれど、そこでは必要とされてないのかと。

と思うと都合のいい時に押し出されて戸惑う時もあって。

根なし草のようで、不確かな・・・

やりたいことをやらせてもらえないなら、面倒くさーい!!ってやめてしまえばいいのか、

苛立っている自分に気付いてしまいました、困ったもので  f^^;

言ったもの勝ちなのか、言わずにだんだん順応していくものなのか。

好きでなければ続かない、とも思うし。

何かの間に挟まって、どうして?とか、面倒くさいなーとか、思うのにもストレスが溜まっていそうです。

どうしたもんかなー、甘いのかな私は。

 

愚痴って、少しはすっきりした、かな?やっぱり、しないな

コメント

何を急いでいるのか・・・

2011-10-17 10:24:59 | Weblog

先々週、先週、なんだか忙しく仕向けているような気がします。自分でもよく分かりませんが、

休みなのに仕事がらみの用事を次々入れてみたり。

今の仕事が好きで続けていますが、何かもう少しという欲求があるのかもしれません。

一種の焦りがあるのかないのか???

ま、ともあれ・・・

こんな、美しいバラを見せていただきました。



画像縮小するのがとてももったいないくらいの美しさです。キメ、色合い、エッジ、なんとも言えません。



きれいでしょう?!


多くは語りませんが、バラのまた違う世界を見れた、貴重な時間でした。




さて、家では・・・



こんな蕾から



クチュール・チリアのごとき花が咲いて・・・作出者が同じなので無理はないですが。



昨日急に暑くなりすぎて開いてしまった、アレキサンドラ・オブ・ケント

二三日前このぐらいだったエキナセア・ヴァージン



これぐらいの時か



咲きかけのこれぐらいの時が一番好きで、満開状態時はもう興味がなくなっています。勝手なものですねぇ

この株は異常に元気で




また、新たな蕾が出てきています。今冬に地植えにしてあげようと思っています。


また、今日も仕事がらみで行って来ます。

こういうのは、いくらでもできてちっとも疲れないのはなぜでしょうねー



コメント

京成バラ園に行って来ました

2011-10-12 22:10:08 | Weblog



そろそろ咲き始めているでしょう・・・ということで、はーさんが宿泊に出かけた昨日、京成バラ園にいってきました。

とても良い天気で、暑いくらいでした。

たくさんの大株、ハイブリッドティーとともに、オールドローズのヒップも楽しみにして行ったんですよ。



自分の家では見たことのない、マダム・アルディーのヒップ

ボケた画像ですみません

             きれいに赤く色づいたヨークアンドランカスター(ロサ ダマスケナ ベリシコール)



イングリッシュローズ・コンスタンススプライの巨大なヒップ

バラの丘というブースには、立派に育ったイングリッシュローズがありました。

四季咲き性の強い

アラン・ティッチマーシュ


色んなブースを見ましたが、一番色合いで印象深かったのが

ミッドナイト・ブルー




とても楽しく過ごしてから帰ったのですが、帰宅途上で思うのは、バラを見に行くと、癒されるでなく、生気を

吸い取られて帰る様な気分になるのは何故でしょうか?

楽しいのに、とても疲れるんです。不思議ですね





コメント

色々お知らせ

人気ブログランキングへ ・ランキングに参加中です・一日一回ポチッとクリックしていただけるとうれしいです。人気ブロガーも見れますよ(^^) 不本意ながら、いただいたコメントを承認制にさせていただいております。よろしくお願いします。