raretaste~はれのかおり

壁際園芸、自閉症の娘と家族のおかしな毎日

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鬼の居ぬ間の・・・一日目

2010-10-31 23:14:08 | Weblog
はーさんを学校に送り届け、修学旅行出発を見送って帰宅。
さて、予定していた通り、渋谷方向へ出かけました。
まず、渋谷駅に着いたのが11時。東急本店屋上へ。
ここには、渋谷園芸ヴェルデステ店があり、ハーブティーがいただけるコーナーもあるというので見学に。
続いて、神南、マーガレット・ハウエル。カフェが併設されているので、一人でお茶をしていると、正面のテーブルに、どこかで見たことのある年上の女性と、まだ若いまじめそうな男性の、お茶をしているとは思えない堅い話題が漏れ聞こえてきて・・・
あー、名前思い出せないけど、アナウンサーの方たちだなーと。ここ、NHKの裏手になるから、きっとそうだね。
さて、ここから表参道まで歩くのが好きだったりするので、なかなか寒かったのですが、散歩しつつ裏通りへ。
エレファントさんからお葉書いただいていたので、シグネ・ペーション・メリン(読み方はいろいろになりますが)の作品を見に伺いました。どっしりした質感の陶器、一つ一つニュアンスの違う吹きガラスとコルクのティーポットなど、私の好みにびしばしとハマる作家さんです。80代のおばあちゃまなんだそうですが、いまだにお元気で製作されていると店主の方にお聞きしました。
信号を渡って、キルフェボンに涎をたらしながら通り過ぎ、カントリーハーベストさんへ寄らせていただきました。
深野さんはいらっしゃらないようでしたが、ジロジロ見るばかりで何も頼まず買いもせずの客に変な目を向けるでもなく、にこやかな店員さんに申し訳なく思いながらも、遠慮のない目で見させていただきました。決して広くはない敷地で、切り花と鉢花両方を扱うのはなかなかできないでしょうに、果樹から薔薇苗まで置いてありました。(自分が園芸畑なので、どうしてもそちら中心に見てしまうようです)ホームページの写真では分からない、人を惹きつける花屋の現在進行形を見たような気がしました。街中なのに、森の中の一軒家を感じた花屋さんでした。
エレファントさんに置いてあった葉書を頼りに、ショールの作家さんの個展?というのかな、立ち寄らせていただきました。その後入ったお店の方に、こんなのやっていたと葉書をお譲りしたので、名前をすっかり忘れてしまって失礼の限りなのですが、チクチクしない毛糸に長いことかかってめぐりあったので、毛糸を染める所から自分でやられて機を織り、70×130のショールを、調子良ければひと月に4点できるペースで製作されるナチュラルな印象の作家さんでした。驚いたのは、毛糸と相性の悪い藍で染めたショールがあったことでした。お聞きすると、その時々の発酵インディゴのPHを計って、これならばギリギリイケると判断したときのアルカリ性が弱いものを使って染めたのだそうです。物を決める時というか決まる時は、それがなんとなく他のものより浮き出て見えたり光って見えたりするので、今回私のものになりそうなのはありませんでした。
でも、とても肌触りの良い、気持ちいいショールだったので、また作りためて作品を発表する際はお葉書をいただくことにしました。一緒にコラボしていた家具屋さんから検索できそうですので、後で調べてみます。
最後に、45RPMの本店舗がこの辺にあると聞いていたのでうろうろしていたら、地下に女性限定スポーツクラブのあるビルの一階に、自転車と雑貨、奥のオープンキッチンでランチのいただける、面白いお店を見つけました。
壁に埋め込み式の収納、額縁が付いていておもしろいディスプレイでした。
ここを出て、見つけました45rpm、´の本店でした。二階にレストランカフェがある、独特の作り・・・元外国人所有の一軒家だったという店舗部分は、ガレージに開閉式の天井を付けてありました。

へぇーと感心していたら、お兄さんが開けて見せてくれました。冬はすごーく寒いそうです。
外苑前から電車に乗り、夕方5時過ぎは、乗るもんじゃないなと、つくづく思った帰り道でした。
コメント (2)

修学旅行

2010-10-27 09:13:32 | Weblog

ここ数日あまりご機嫌のよくなかったはーさん。
「水曜日?!」「木曜日?!」「金曜日、おうち」と自分を納得させる感じで叫んでいました。
就寝時必要な<りぼんさん>(黄色い顔、リボンシトロンのポーチ)と昔のポケモンキャラクターの置き物(緑色で種背負ってるカエルみたいなの)をリュックに入れて準備。
今朝もかなりの馬鹿笑いが出ていましたが、車に乗ると「バス!」と切りかえられた様子。
到着するとすぐバスに乗り込もうとして先生に止められ、トイレをすすめられてしぶしぶ校舎へ。
出てきて一度「抱き抱き」hugしてチューしてくれました。
先生に「おかあさん、泣かないでね」的なことを言われながらお見送りf^^;


座席に乗った本人はにこやかな顔だったので、安心しました。
元気で、行ってきてね、お呼び出しが怖い母でした。

コメント (2)

寄せ植えコンテスト

2010-10-27 01:30:48 | Weblog
      
私の拙い寄せ植え。タイトル<ラピュタの未来>
真ん中にコニファーのスタンダード仕立てを入れた時に映画<天空の城ラピュタ>を思い出し、植えながら・・・空に飛んで行った彼がその後色んな植物を伴って育んでいたらいいなーとか、世界中にある木はすべてが天界にある世界樹の一枝、とか色々想像しました。選んだテラコッタが、そのイメージを強くしているかもしれません。

私のは、さておき・・・

許可をいただきましたので、大作をお目にかけましょう。

まず、先日ガーデン&ガーデンに載った、スーパー上司の<チモガーデン>
こんな大作作っておいて、「ガーデンシクラメンのチモを使っているから」とあっさりした人です。

 これ、斜めに置いて!という指定です。


元は白い木のプランターだったものを、アンティーク調に塗り替え(これが一番時間かかった)、二つ並べて斜めにしてから
植え付けしてました。先ほどのチモ、ヒース、コプロスマ、ビオラ、ライトグリーンのジャスミン等を大量に使い最後に水ゴケで土止めした華やかな寄せ植えです。相変わらずすごい感性ですなー



こちら大先生の作品。彼女は二作品。

大きなコケ玉に見えるのは、丸いテラコッタのキャンドルカバーの隙間に、植物を詰めていって、最後にコケを貼り付けた、大変手間のかかった<アース>  地球の陰と陽だそうです。
もう一つは、紹興酒の壺の側面を切った物に、何か所か網と麻で土止めをしながら積み上げたもの。
大木のうろを思い起こさせますが、タイトル決定前に退勤したので、さた、何になったでしょうね


<後日談>
他、何点か出品したわが店の作品は・・・結局価格が高くて買い手が一つもつかずに帰ってきました。
ので、10/31に店内何か所かに展示しましたので、ご来店の際は是非ご覧になって下さいね。

ちなみに、スーパー上司作<チモフルワンダフル>(チモガーデンから改名)が、見事最優秀賞に輝きましたよ!!!
コメント (6)

変わった寄せ植えを作るべし・・・さて、題名をどうしましょうf^^;

2010-10-25 23:51:36 | Weblog
                    
市場の品評会に出すので、私も寄せ植えを作りなさいと上司のオーダー。とにかく変わった物をというのが条件で、今日30分で思いつくままに作ったのがこれです。
大作はスーパー上司と大先生にお任せして、他のスタッフに、「渋いのは彼女たちにまかせて、あなたはかわいいの作ったら?」という言葉が頭にあったのでしょう、私にしてはかわいい感じになりました。
寄せ植えの条件は、花材にカルーナ(ヒース)かガーデンシクラメンを使うこと。
イタリア製・下がシェイプしていて上部に花の帯があるテラコッタに、スタンダード仕立てコニファーゴールドクレストを真ん中に、ラベンダー<アロマティコ>の紫とシルバーピンクを間に挟んでその外側植える位置をずらしてカルーナ赤白を両側に、小さい葉の立ち上るアイビーで抑えただけの、でも誰もこんなの作らないよねーっていう植え方です。
イメージとしては、ラピュタとか世界樹の思想とか炎の形にならないかなーとか、全体で一つの木に見えるように刈り込もうかとか考えたのですが、入れてみたら意外にまとまっていたので、このままにすることにしました。
おもしろいと言ってくれる人、よくもまあこんなにきっちり入れたねーと言う人、案の定大先生からは、全部の花材が蒸れに弱いのだよね、とチクリ(><)これから寒くなるので意外にいけるかもよと言ってくれる人も。
品評会で順位を決めた後、競りに掛けられ、売れたら何割かがみんなのおやつ代になります。がんばれ、おやつ代

困ったのは、題名とかアピールポイントとか、書かなきゃいかんのですよ、困った、あー困った・・・
コメント (4)

接ぎ木の台木に何を使うか。

2010-10-24 01:11:19 | Weblog
薔薇の台木に使われるのは、日本では一般的にノイバラ<ロサ・ムルティフローラ>
ヨーロッパではロサ・カニナが多く使われているとは聞きますが・・・確かに輸入苗を見ると明らかに違う根元ですよね。
数年前、フレさんとご一緒した平塚の浜田ばら園で使われているのはロサ・オドラータでした。
よく知らない、スピーシーズではあるようでしたが、その時には聞きなれない名前が脳の片隅に落っこちて、しばらく思い出せなかったんです。
薔薇の栽培も、色々重ねていくと、自分でどこまでやるかってことになる方は多く、ノイバラを大きくして台木を作り、好みのバラを好きな高さで接いでみたり、はたまたブノワ。さんの様に自分だけの薔薇を交配してみたり。
まあ、突き詰めていくと本当にきりなく奥が深く・・・

仕事の休憩時間。バラの接ぎの話になって、台木だけ売っている所はないし、業者さんにそれだけ分けていただくのもねぇ。
って話していたら、浜田ばら園の話を半分思い出して、ノイバラじゃなくて断然それがいいって。さて、肝心の名前が思い出せないf^^;

帰宅して、NHK出版のバラ大百科の目次をめくりながら記憶をたどると、ありました、ロサ・オドラータだ!でも、後ろの(346P)文章に名前だけ載っていて、写真とか特徴とかがないんです。
インターネット検索すると、きれいな薄紅の花が出ました。芳香もあって栽培している人いるんですねー。
挿し木にして発根率が高いので、台木に使われるという文面を見つけました。なるほど。
ただ、ロサ・ギガンテアを親にもつので、寒冷地には向かない。フムフム。
後は次回フレさんにお会いした時にでも、詳しくお聞きしてみましょうか。

夕闇で撮った、ラ・マリエ
ラプソディー
    まだ、たくさんの毬花、ホップ

もうすぐ、11月・・・ってことは今年も後二か月です。早いですねぇ(><)



コメント

いつ食べてもおいしくてやさしい食事

2010-10-23 01:51:35 | Weblog
     
金曜日、午前仕事をしてから、モーリンデッキに急行。ヒロコさん主催のお話会?
とりあえずのネーミングが<グリーンシルクの会>。
化粧品として使っている天蚕のことをもっと知ってほしいと、楽しくおしゃべりする気軽な会にしたいそうです。
私は、はーさん学校の先輩母であるヒロコさんからの紹介ならばと、お試しで始めたファランドールですが、洗顔料の気持ちよさと、何日か使ってみて肌がやわらかくなったことで続ける気持ちになった、未だ知る人ぞ知る化粧品です。
グリーンシルクって言うくらいだから、繭がね、きれいなミントグリーンなんですよ。
美智子妃殿下を指導されている養蚕農家の登坂さんのところへもお邪魔してみたいし、今は登坂さんの作られている無農薬のおいしいコシヒカリを、月1ペースで30キロ送っていただいていたりして。
無農薬栽培なんて、私にとってはタイムリーなお話だし、どんなものを使って栽培されているのかも、お聞きしてみたいところですね。登坂さんと引き合わせてみたい人物も思いついちゃったりして^^
ま、話は少し脱線しましたが、モーリンでご飯、というだけでうれしいので、この日もおいしくいただいてケーキはガトーショコラにしましたとさ。
コメント (2)

いただきました(*^o^*)

2010-10-22 08:19:29 | Weblog
昨日久しぶりにヒロコさんにお会いしたら、何やらうれしそうに(ま、いつも朗らかですが)ガサゴソ…来年のカレンダー、バラのを見たら私にと思ってしまったと言いながら渡してくれました(≧∇≦)
ワーイ\(^ー^)/

主婦の友社から出ているオールドローズのカレンダー、カメラマンは今井秀治さんだし草笛の丘かなぁと。ヴィレッジメイドも載っていてすごく嬉しい。
バラのことご存知ないはずなのに、数あるバラカレンダーの中からピンポイントです、ありがとうヒロコさん(⌒~⌒)
コメント (2)

情けないことに・・・

2010-10-21 08:32:59 | Weblog
また今年も泣きそうなんです。はーさんの宿泊(今回は修学旅行ですが)二泊三日の群馬・軽井沢行き
って、まだ、行ってないんですよ。荷積みして明日学校に提出する。その準備での段階(><)
もう、あちらは、一人で寝られるようになって数か月、一度だけ喘息が辛い時に沿い寝をしましたが、後は母はいらない様子。まわりからは「えらいね」と言われますが、一人子離れインコンプリートの私。
毎回子供のどちらかが泊まりでいないときはブルーになって、呆れられます。

なので、今回は・・・

イベント事で埋めてやるー!!!

見送った初日は、好きな雑貨を見に、都内へ出かけ(ファーマーズ、ハウエル、エレファント、ビオトープかなっ)

朝早出が可能な二日目は、バラと宿根草を見にレイクガーデン!!(日帰り京都も捨てがたいけど)

最終日は、だれかランチしよーよ!!(決まってないしf^^;)

ってな感じで乗りきろうかと、かように思っております。

日刊ウィーズリー

    もう開いたラプソディーインブルー
                                         疲れているはずなのにねぇ
       蕾から非常に美しい ラ・マリエ

                                 今朝は、こんな感じです

コメント (2)

ハロウィンが近付いてきました

2010-10-21 00:28:51 | Weblog
といっても、近所の子どもたちが「トリック オア トリート」 なんて言っては来ないんですけれど。
未だに工作なるものが授業や療育として使われる娘はーさんがいるおかげで、うちにもかぼちゃのお化けがやってきました。

かわいいおもちゃかぼちゃを使って顔を書き、飾りを付けた季節もの。
ちなみに、このちいさなカボチャはうちの店から仕入れていただきました。やっぱり、本物で工作してほしいですからねー。


             
                           
秋のウィーズリーになってきました。そして最後の一枚は先日からずっと散ることなくうつむき続ける子です。花もちが良くなってきて、いよいよ寒くなるのでしょうか・・・
コメント (2)

ちょいと風邪だったらしいのですが

2010-10-19 00:27:58 | Weblog
昨晩(17日夜)かなりのくしゃみと鼻水、ここへきてついに花粉症発症したのか、はたまた久しぶりにの風邪か?とりあえずジンジャーミルクを飲んで寝て・・・
今朝は喉と鼻の奥が痛かゆく変化、風邪と判断し休みでもあるので市販薬を飲んだらまー眠いこと眠いこと!午前の用事が済んで簡単昼食のあと
ズッキーニを乗せたピザトーストを昼食に

ハッと気づけば笑っていいともとごきげんようが終わっていましたf^^;あ-良く寝てすっきり
副作用と言いますが、必要な作用なのかもしれないと思いました、眠気って。
おかげで復活した感じです。


スタンダード仕立てフランシス・デュブルイユ
春と違ってかなりシックな色合い。まだ、花弁が少なめ、でも美男、やっぱり色気がなくちゃね。

うつむくので下からのアングル
ERウィーズリー。小ぶりですがこの子のよい感じが出てます。まだ、蕾たくさんで楽しみです。

先が長くとがったガク片が上品ですなー


遅ればせながら、秋のバラが楽しみな季節に突入です。

自分の植栽を切り戻し作業し、久しぶりにモーリンデッキの庭を整理しに行って来ました。
サークルの中心に植えたラ・ローズ・ドゥ・モリナールの背丈がかなり伸びていてビックリ。このままにするか、切るか巻くか、迷うような元気さでした。他、コンフリーが巨大になっていて他の植物に光と風がいきわたらないので切ることに。ま、強いので近いうちにまた茂ります。切った葉は、少ししたら有機肥料として使えます。

モーリンから、ベジミートを買ってきたので・・・
今夜は、ベジから揚げをしました。
鶏肉感覚で食べられますが、価格は半額以下でヘルシー。言うことなし、おいしいですよ。

明日はまた出勤日。24日まで、店は創業祭を開催していて活気があります。



コメント

色々お知らせ

人気ブログランキングへ ・ランキングに参加中です・一日一回ポチッとクリックしていただけるとうれしいです。人気ブロガーも見れますよ(^^) 不本意ながら、いただいたコメントを承認制にさせていただいております。よろしくお願いします。