peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2019年3月、80歳になります。

一関市大東町渋民のミソハギ(禊萩)2018年7月31日(火)

2018年07月31日 | 植物図鑑

2018年7月31日(火)、一関市大東保健センター(大東町渋民字小林)の近くにある民家の庭に植栽されているミソハギ(禊萩)が、ピンク色の花を沢山咲かせていました。この草花、お盆に仏前に供えることから、「盆花」とも呼ぶそうです。

 ミソハギ(禊萩)ミソハギ科 ミソハギ属 Lythrum anceps

山野の湿地に生える多年草高さ50~100㎝は対生し、長さ2~6㎝の広披針形。7~8月紅紫色の花が長い穂をつくって咲く。は直径約1.5㎝。花弁は4~6個。この仲間の花は雄しべと雌しべがそれぞれ長いもの。中くらい、短いものの3タイプがあり、花によって、長雌しべと中雄しべに短雄しべというふうに組み合わせが違っている。分布:北海道~九州。[山と渓谷社発行「山渓ポケット図鑑2・夏の花」より]

コメント

一関市大東町渋民のヒマワリ(向日葵)2018年7月31日(火)

2018年07月31日 | 植物図鑑

2018年7月31日(火)、一関市大東町渋民字小林砂鉄川に架かる橋(  橋)の傍にある民家の畑に植栽されているヒマワリ(向日葵)が、大きな花を沢山咲かせていました。https://map.goo.ne.jp/map/latlon/E141.20.45.510N39.0.56.740/zoom/9/ [一関市大東町渋民字小林付近の地図]

ヒマワリ:種子は炒って食べるとおいしい。種子から油を摂るために栽培されている。

 ヒマワリ(向日葵)キク科 ヒマワリ(ヘリアンサス)属 Helianthus annuus

北アメリカ西部原産の大形の一年草。花壇に植えるほか、種子から油を摂るために栽培される。茎は太く直立して高さ1.5mにもなる。全体に粗い毛があってざらつく。は長さ20~30㎝の楕円形で先は尖る。7月頃、茎の先に直径20~25㎝の頭花がつく。花の周り舌状花が取り巻き、中心筒状花が集まっている。花の色黄色、淡い橙黄色、赤褐色。舌状花がなく、筒状花が舌状に発達して八重咲きになったものや、矮性のもの、種子に黒と白の条線の入る大形のロシアヒマワリなど、いろいろな品種がある。[山と渓谷社発行「山渓ポケット図鑑2・夏の花」より]

コメント

TV映画『この世界の片隅に』を観る! 2018年7月29日(日)

2018年07月30日 | 映画鑑賞

 

https://www.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/『この世界の片隅に』第2話-尾野真千子の“小姑感”に「さすが」の声/ar-BBKXGYr

https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_Cinemacafe_57638/ [松本穂香に「癒される」の声相次ぐ…一方次回の展開に不安の声も]

2018年7月29日(日)、TBS系/毎週日曜21時から放送されている『この世界の片隅に』(第3話)を観ました。女優の松本穂香が演じるヒロイン・すず夫・周作役の松坂桃季の逢い引きが描かれていました。(あらすじは省略するが)この回には、遊女役二階堂ふみが出演しています。

 https://gunosy.com/articles/Ro8pb [松本穂香と松坂桃季の”あいびき”に「萌えた」『この世界の片隅に』

コメント

奥州市江刺・水沢のオオハンゴンソウ(大反魂草)2018年7月29日(日)

2018年07月30日 | 植物図鑑

2018年7月29日(日)、えさし郷土文化館(奥州市江刺岩谷堂字小名丸102-1)に「平成30年度・えさし郷土文化館 館長ツキイチ講座」受講のため行きました。入口の斜面の一番下にオオハンゴウソウ(大反魂草)が、一重の鮮やかな黄色い花を沢山咲かせていました。また、北上川の岸辺にも沢山咲いていました。

オオハンゴンソウ(大反魂草)キク科 オオハンゴンソウ(ルドベキア)Rudbeckia laciniata

カナダからアメリカ合衆国東部が原産地の多年草。性質が強く、広く栽培されたので、山奥の廃村などにも野生化して残っているものが見られる。高さ2m近くもあり、上部で枝分かれして、先端に鮮やかな黄色の花が咲く。花の最盛期7~8月だが、10月頃まで咲いている。頭花直径10㎝ほどで、10個ほどの舌状花が1列に並んだ一重咲き。

 日本でよく見られるのは万重咲きの園芸品で、ハナガサギク(花笠菊)と呼ばれている。[山と渓谷社発行「山渓ポケット図鑑2・夏の花」より]

コメント

金ケ崎要害と2人の明治期の女性医師 2018年7月29日(日)

2018年07月30日 | 企画展

2018年7月29日(日)、金ケ崎要害歴史館(胆沢郡金ケ崎町西根達小路2-1)展示室 企画展コーナーで開催中の金ケ崎町教育委員会・主催の「金ケ崎要害歴史館第9回企画展・金ケ崎要害武家の志を受け継ぐ明治期の女性医師」という企画展を観てきました。

金ケ崎生まれで明治時代に活躍した志賀ミエさんと曽根(旧姓:相澤)ミサホさん。この二人の生涯にスポットをあて、江戸から明治へと時代が大きく変わった中で、金ケ崎要害の武家の志を受け継ぎ活躍した女性の姿が紹介されていました。

 志賀ミエさんについては、孫(志賀健次郎氏の長女)かう子さんが書き表した『祖母、わたしの明治』(昭和57年(1982)、北上書房発行)が発行されているので、比較的知られているのではないかと思います。

 

 

コメント