peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2019年3月、80歳になります。

奥州市前沢のセンニチコウ(千日紅)2018年9月28日(金)

2018年09月30日 | 植物図鑑

2018年9月28日(金)奥州市前沢の住宅街にある民家の庭で、センニチコウ(千日紅)が花を沢山咲かせていました。

センニチコウ(千日紅)ヒユ科 Gomphrena globosa

別名:センニチソウ(千日草)。熱帯アメリカ原産の非耐寒性一年草。草丈:15~60㎝。花序径:2~3㎝。花色:ピンク、白、青紫。開花期:6~10月。

特徴:苞が発達した小花が球状に集まる。ドライフラワーに向く。

育て方:日なたと水はけの良い用土を好む。タネ播き4~5月、ポット苗を植えても良い。多肥は軟弱に育ち倒伏しやすくなるので注意。耐潮性があるので海辺の庭にも良い。[講談社発行「花を調べる花を使う・四季の花色大図鑑」より]

https://blog.goo.ne.jp/pea2005/s/センニチコウ [peaの植物図鑑]

コメント

奥州市前沢のヒペリカム・イノドルム’ピンキーフレアー’ 2018年9月28日(金)

2018年09月30日 | 植物図鑑

2018年9月28日(金)、奥州市前沢の住宅街の前庭に植栽されているヒペリカム・イノドルム’ピンキーフレアー’が、赤く色づいた果実を沢山付けていました。金色の花も咲かせていました。別名:ビヨウヤナギ(美容柳)、キンシバイ(金糸梅)。

 オトギリソウ科 ヒペリカム(オトギリソウ)属 Hypericum:世界的に450種以上が分布する低木、高木、草本で、落葉または常緑。日本にも代表種のオトギリソウH.erectumが自生。庭園、鉢物材料として多用される種が多い。

ヒペリカム 別名:ビヨウヤナギ、キンシバイ。半耐寒性落葉低木。樹高は80~120㎝。花期は6~7月。長い雄しべが目立つ黄花を観賞する種類、その後につく実の色の変化を楽しむものがあり、それぞれ交配種や園芸品種がある。

ヒペリカム・イノドラム オトギリソウ科 ヒペリカム(オトギリソウ)属 Hypericum×inodorum  Mill。

イタリア、フランス、スペイン原産の耐寒性半常緑低木。Hypericum androsaemumとHypericum hircinumの自然交雑種。品種が多く、果実が美しい’ピンキーフレアー’、’エルステッド’ cv.Elsteadや、葉色が黄金のサマーゴールドcv.Summergoldが有名。花期:夏(6~7月)。

栽培ポイント:夏の西日を避けて日当たり、水はけの良い場所に植える。暑さには強く、耐陰性もあるが、過湿と水切れには注意する。生長期には緩効性化成肥料を施すが、肥料分が多いと、葉色が濁るので、花後は徐々に肥料がきれるようにして、秋の紅葉、実の色づきを観賞する。春挿しか緑枝挿しで殖やせる。[山と渓谷社発行「山渓カラー名鑑・園芸植物」&主婦の友社発行「色がわかる四季の花図鑑」&下記Webサイトより]

http://www.srs21.com/3d_plant/pages/189_hipericam.htm [ヒペリカム・イノドラム]

http://www.zoezoe.biz/2010_syokubutu/ka_0_a/535_otogiri_sou/hypericum/inodorum.html#inodorum [ヒペリカム・イノドルム(植物写真館)]

http://ele-middleman.at.webry.info/200706/article_57.html [ヒペリカム・イノドルム(怠け者の散歩道:ウェブリブログ)]

http://www5a.biglobe.ne.jp/~hanaki/hanadouraku/hiperikamuinodorumu.html [ヒペリカム・イノドルム]

http://yoshino.hobby-web.net/hana/summer2/hiperikamu_ino.html [ヒペリカム・イノドルム(四季の花図鑑)]

http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-f/naiyou/hipercum-mi0.htm [ヒペリクム・アンドロサエムム]

http://www.hana300.com/hiperi1.html [ヒペリカム・アンドロサエマム写真集]

https://blog.goo.ne.jp/pea2005/e/18983b518936bf1a86397424ab57739e [peaの植物図鑑:一関市青葉2丁目のヒペリカム・イノドラム 2012年7月17日(火)]

コメント

映画「検察側の罪人」を観る! 2018年9月28日(金)

2018年09月30日 | 映画鑑賞

2018年9月28日(金)映画「検察側の罪人」を観ました。雫井脩介(しずくい・しゅうすけ)の同名ミステリー小説を映画化したもの。「クライマーズ・ハイ」「わが母の記」「日本のいちばん長い日」「関ケ原」など、話題作や名作を多数てがけてきた原田眞人(はらだ・まさと)が脚本とメガホンをとっています。

(上)東京地検刑事部本部係検事・最上毅(もがみ・たけし)を演じる木村拓哉(きむら・たくや)

(上)東京地検刑事部検事・沖野啓一郎(入庁5年目、刑事部に着任したての若手検事)を演じる二宮和也(にのみや・かずなり)。

 この映画の原作本は読んでいなかったので、ほとんど白紙の状態で観ました。「検察側の罪人」とは一体どういうものなのだろうと思いながら、筋だけ追って見ていたのですが、所々で良くわからない所がありました。最後まで見て、題名の「検察側の罪人」は的を得た題名では無いように思いました。「検察側の証人」とか「弁護側の証人」というのなら理解できますが、「罪人」に検察側とか弁護側とかいうのがあるのだろうかと思っています。

 映画のあらすじなどは下記のWebサイトを観てください。

https://www.toho.co.jp/movie/lineup/kensatsu-movie.html[検察側の罪人・映画・映像:東宝WEB SITE]

https://eiga.com/movie/87053/ [検察側の罪人:作品情報・映画.com]

https://twitter.com/kensatsu_movie[映画『検察側の罪人』(@kennsatsu_movie)さん:Twitter]

コメント

奥州市前沢のコルチカム/イヌサフラン 2018年9月28日(金)

2018年09月29日 | 植物図鑑

(上)ベニシジミと思われる蝶が吸蜜にやってきました。

2018年9月28日(金)、奥州市前沢の住宅街の中にある草の生えた畑に植栽されているコルチカム(イヌサフラン)が、ピンク色の花を沢山咲かせていました。

コルチカム/イヌサフラン コルチカム(ユリ)科 コルチカム(イヌサフラン)属 Colchicum Hybrids

ヨーロッパ~北アフリカ原産の多年草。10月頃、大きな鱗茎(球根)から花茎だけが突然伸びてきて花が咲く。球根のまま机の上に置いておいても、花が咲くので人気がある。直径6㎝ほどで桃紫色。雄しべは6個ある。良く似たクロッカスの雄しべは3個。白花八重の品種もある。幅の広い葉が春に束になって伸び、夏には枯れて休眠する。鱗茎や種子に有毒なコルヒチンを含む。コルヒチンは染色体を倍加する作用があり、育種に利用されている。[山と渓谷社発行「山渓ポケット図鑑3・秋の花」より]

コメント

奥州市前沢のイチイ(一位)の実 2018年9月28日(金)

2018年09月29日 | 植物図鑑

2018年9月28日(金)、奥州市前沢の住宅街にある民家の庭に植栽されているイチイ(一位)が、樹にびっしりと赤い果実を付けていました。赤いゼリーのような仮種皮は甘くて食べられるそうですが、仮種皮が包んでいる種子有毒だそうです。

 

イチイ(一位)イチイ科 イチイ属 Taxus cuspidata

アララギまたはオンコともいう。山地から亜高山に生える常緑高木。大きいものは高さ20m、直径2mになる。樹皮赤褐色で縦に浅い割れ目が入る。長さ1.5~3㎝、幅2~3㎜の線形。花期3~4月。雌雄別株。果実は秋に熟す。赤いゼリーのような仮種皮が種子を包み、先端には穴が開いている。仮種皮は食べられる。は緻密で、光沢があって美しく、飛騨の一刀彫など、彫刻によく利用される。この材で、笏(しゃく)を作ったので、一位の名があるいう。分布:北海道~九州。[山と渓谷社発行「山渓ポケット図鑑3・秋の花」より] 

コメント