パンダroom

『パンダroom2』へ引っ越しました!
URL:http://pandaroom.blog.jp/

超ウマイ感動の自然派ドーナツ  グランパ

2009年08月14日 | 観光写談報 東村山

 数日前、昨年まで住んでいた東村山の役所へ用があり、東村山駅で下車して歩いていると、イトーヨーカドーの隣りにあったミスドが別のドーナツ屋になっていました。

   ≫ 自然派ドーナツ グランパ

 そういえばここ、以前に超人気ブログサイトである「東村山グルメ日記」の管理者マサさんが絶賛していたのを思い出した。

   ≫ 東村山グルメ日記 「個人的に超好みのドーナツ&コーヒー 」

 そんなわけで、本日は東村山のドーナツをレポしてみたいかと思います。


 東村山駅東口前
Rimg0014

Rimg0010



 今年完成したばかりのこの高層ビルの建設に関して東村山では、反対運動などもあって結構もめていたのであります。

Rimg0004


 この青い屋根の店舗がグランパ。


Rimg0005

 自然派ドーナツって、どんだけ美味いんだろうか?
Rimg0006

Rimg0007


 この日、店内はお客さんで賑わっていた。それなりのお味が期待できるのかな。

 珈琲も美味しいらしいのだが、ビンボー人はもちろんテイクアウトして帰ります。。

Rimg0026

 購入したのはプレーンとシナモン。

Rimg0027

 食べてみると、今まで食べてきたドーナツはゴワゴワボソボソとした食感のものばかりであったが、グランパのこれに関してはそれが全くなくて滑らかな舌触りだったのには驚いた。
 これなら喉に詰まることもなく、ドリンク無しでも軽く5個はスイスイ食べられそうなぐらいだ。
 このドーナツには「参りました」の一言でしたね。
 東村山のおみやげにされると誰しもきっと喜ばれる逸品だろうと思いました。

 にほんブログ村 スイーツブログへ

コメント (2)

元日産村山工場勤務のパン屋さん  クロコッチ

2008年09月14日 | 観光写談報 東村山

 憶えていますでしょうか? 今からもう十年近く前、カルロス・ゴーン氏が日産自動車の社長に就任してから、武蔵村山市にあった村山工場を閉鎖したことを。

 その工場に勤務してロケットの開発をしていたが、閉鎖によってリストラにあってしまったというエンジニアが開業されたというパン屋さんへ行ってみることに。。。

 この日は自転車で野火止用水路沿いを通り行って来た。

Dscn0320

Dscn0344

Dscn0345

 店へ行くまでの途中、川の鯉や野菜の自販機を覗いてみたりと、飽きさせない景色が広がる。

Dscn0343

 ブドウの季節なんだよね。
Dscn0325

 そういえばブドウは今年に入って未だ食べてないなぁ~。
 パンダにとってはスーパーの試食ぐらいしか縁のない代物です。

Dscn0326

 なので、うしろで見てるだけ。。。
Dscn0329

Dscn0334

 梨もたべたいなあ~~。

 お店はここから歩いて直ぐの住宅街にある。
Dscn0568

Dscn0567_2

Dscn0571

Dscn0569

Dscn0570

 ご主人が手造りした看板らしい。
Dscn0341

 店内には、製菓学校へ通って学んだというご主人お手製のパンがずらりと並んでいる。
Dscn0573

 ロケットからパン職人へ転身というのもこれまたすごい変化だよね。
Dscn0574

Dscn0575

Dscn0579

Dscn0578

 今年で還暦を迎えるご主人の黒河内(くろこうち)さん。。。だから店名が「クロコッチ」なんだね。

Dscn0580

 店番をしていた奥さんが、クロコッチについて色々と話してくれた。そしてこちらで造られるパンの特徴も話してくれた。
 その奥さんの話しによると、ご主人は毎朝、3時、4時に起きてパンを仕込むという。そうしなければパンが発酵せず、開店時間まで間に合わないという。普通はそんなに早起きしてパンを仕込んでいる店は少なく、大概の店は前日に仕込んで冷凍庫で冷やしておいたり、遅い朝から仕込んでも発酵が間に合うように強いイースト菌を使って仕込むのだそうだ。
 そしてその強いイースト菌は、体に悪いのだという。

Dscn0582

Dscn0586_2



















 飲食店というものは、マニュアル化された企業が営むのではなく、「品質最優先で職人が営む」というのが理想なんだと私は思うのでありました。

 住所:東京都東村山市青葉町1-3-13
 電話:042-396-8895
 営業時間:午前10時~
 定休日:月曜

  にほんブログ村 スイーツブログへ

コメント (4)

東村山市障害者地域自立生活センター るーと

2008年08月18日 | 観光写談報 東村山

 最近、市内で生活相談を無料で受けることの出来る公的機関があることを知りました。

 その組織名は、

     東村山市障害者地域自立生活センター  るーと

 この「るーと」とは、どうやら東村山市の市民税で運営されている公的機関の団体らしい。

 そして、ここでは主に市内在住者で身体、知的、精神障害を抱えた人を対象にした相談所で、生活に係わる様々な悩みを相談することが出来るそうである。

 また、障害者でなくとも学費の支援制度など、一般の人を対象とした相談も受け付けているようである。

Dscn9409

 因みに、この「るーと」という団体名の由来は、

 地域に根(Root)ざしたセンター、そして皆の道(Route)になるように

 という願いを込めて名付けられた様です。

 あなたの町の生活支援センターもちょっとググッて調べてみては如何でしょうか?

Dscn9410

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

市内で無料の見学スポット  東村山ふるさと歴史館

2008年08月16日 | 観光写談報 東村山

 東村山駅から10分程度歩いた所に東村山の歴史を紹介する博物館があります。

 ここはちょっとした程度の場所なのですが、無料で自分の住む歴史を学べるということで今回紹介してみたいかと思いました。

Dscn9411

 入館時間は9時~16時30分迄。休館日は月曜。
Dscn9413

Dscn9415

Dscn9416

Dscn9417

Dscn9420

 野焼きの温度ってどのくらいなんでしょうね。
Dscn9421_2

 こんな田舎にしては本格的だ。
Dscn9423

Dscn9425

Dscn9426

Dscn9439

Dscn9427

Dscn9428

 東村山市民にとってはデートコースでもあるようだ。

Dscn9430

Dscn9431_2

Dscn9429

 東村山市民の方には是非訪れてみられることをお薦めしたいと思います。

   東村山ふるさと歴史館

 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

トトロの森の前にある自宅系カフェ  茶 かわせみ

2008年08月13日 | 観光写談報 東村山

 パンダにとって、オリンピックは別にどうでも良かったんだけど、先日、バドミントンのオグ・シオコンビの試合を観てから、バドミントンだけは密かに!? 応援していたのである。
 そして今日は、準決勝で前田・末綱コンビが韓国と対戦した。。。が、しかし、残念なことに負けてしまい、なんだか憂鬱な気分になってしまった。

 マズイぞ、このままではイケナイ。。  

 ズルズルしていても仕方がない、ここは自分の中の流れを変えなくては。

 こういう時はどうするべきか。。。

 やっぱりこんな時はシャリッ とした甘いもので、幸福感を取り戻すのが一番だろう。

 ということで行っちゃいました、かき氷を食べにね。

 トトロの森のモデルにもなった八国山緑地、北山公園の直ぐ近くに最近オープンしたばかりだというカフェが、かき氷も出しているらしく、この日はここへ行ってみることにした。

Dscn0087

Dscn0092

Dscn0093

Dscn0095

Dscn0097

 お店は、開場橋の目の前にありました。「氷」のノボリが眩しいねぇ。
Dscn0102

 カワセミがお洒落だね。この辺りは、稀にカワセミが出没する所でもあるんだよね。
Dscn0103_3

Dscn0107

 正真正銘の自宅系Cafeだね。東村山には、この自宅系レストランとかっていうのが多いんですよ。
Dscn0104

Dscn0105

Dscn0108

 



 では中へ入りましょうか。。

Dscn0109

 中に入ると、50代位のご夫婦がカウンターに居た。

 写真のテーブル席に座ろうと思ったが、やっぱり広いカウンターに足が向いてしまった。
 カウンター席は、一段高くなっていて、靴を脱いでスリッパに履き替えるような様式だ。足を休めたい人ならば、こちらのほうが良いだろう。

Dscn0115


 300円とは、これまた安いねぇ。

 ブドウやパイン味ってのも珍しい。

 でもここはやっぱり緑茶をウリにしているカフェなんで、宇治金時を注文してみた。

Dscn0110

 店内では、レトロチックなインテリアで演出されている。

 クラシカルなラジオからは、優しく心地良い音色の音楽が流れてくる。
 マスターに聞いてみると、これは1950年代に作られたドイツの真空管ラジオだという。
Dscn0111

Dscn0117

 棚の上には、クラシカルなカメラが飾られている。
 これは、昔のイタリア製フィルムカメラだという。

Dscn0112

 暫らくすると、とてもお洒落な盛り付けで運ばれてきた。

 美味しそうな抹茶の上にトロッとした餡子が乗せられている。

 木製のスプーンで氷をサクッとすくい一口放り込んだ。。

 イチゴやメロンも良いけど、やっぱり抹茶は口当たりが優しくって良いねぇ。
Dscn0114

Dscn0120


 気さくなマスターと癒し系ママさんがお二人で営む和み系カフェ。北山公園におこしの際、ちょっと一休みするには丁度良いお店ではないかと思いました。

Dscn0119_2

   茶 かわせみ HP

   ママさんのブログサイト

   にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

コメント (2)

東村山にインド料理店がオープンした!  ピアーズ

2008年08月09日 | 観光写談報 東村山

 暑い日が続いてますねぇ~~。

 こう暑くなってくると、やっぱり口に入れたくなってくるのは、スパイスたっぷりの本場インドカレーになっちゃうんですよね。

 そういうことで、この日は東村山でつい先日オープンしたというインド料理店へ行ってみることにしました。

 この日も暑い昼下がり。。。

Dscn9995

 最近、都内にインド料理店の数が増えてきたような気がする。そんなことからなのか、長閑な田舎町にもインド料理店が進出してきたっていうことは、都内でインド料理店が飽和状態になってきたってことなのかな?
 まぁ、どちらにしても、一昔前と比べるとインド料理ってかなり認知されてきたのではないかと思う。それから温暖化の影響もあってカレーへのニーズも高まってきたってこともあるのだろうか。。
Dscn9996

Dscn0001

 小玉のスイカが半切りで150円。。。。カレーもいいけどスイカもいいなぁ。

 美味しいと評判の「ひの食堂」の向かいに「浅谷眼科」がある。
Dscn0026

 眼科の裏に見えるマンションの一階にインド料理店がある。
 眼科の両脇に道があるのだが、歩いてきた場合はひの食堂から見て左側の道を進む、写真で見ると自転車が走っているほうの道だ。
 駐車場はマンションの裏手にあるので、車や自転車で来られる人は右手の道を進むようにする。
Dscn0028

 どうやらここのようだが、インド料理店らしからぬ洋食レストランといった雰囲気だ。あれ、ホントにココ? と一瞬迷ってしまった。

Dscn0012

Dscn0009

 インドのポストか?? インドの国旗が中途半端に置かれているのは勿体無いなぁ。。
 まぁ、いいや、入ってみることにしよう。

Dscn0011

 中に入ると、インド人コック2名とインド人ウェイトレスの計3名で切り盛りしているようだった。

Dscn0020

 洋風レストランを意識したインテリアな気がしたんだが。。。まぁ、いいか。

 ランチはスープとサラダ、ドリンク付きで、850円。
Dscn0015

Dscn0017

 私が注文したのは、Bの豆とほうれん草のカレーというダルパラクセット。
 そして、ナンとライスから選択できるということで、ナンにした。

 暑い夏はやっぱり辛口でシャキッとしたいということで辛さのほうは、「おすすめできません」と書いてある一つ手前の「4」を希望してみることにした。

Dscn0019

 注文してからさほど待つこともなく、直ぐさまにトマト味のスープとサラダが運ばれて来た。

 インドでは、トマト味のスープを飲まれているのであろうか? 珍しいと思ったが、これが酸味もあって、この時期なかなか美味しく飲むことが出来た。

 ドリンクはアイスチャイを希望した。チャイってミルクティーとさほど味は変わらない。 
Dscn0021

 ドリンクが運ばれてきたあと、少し間を置いて最後にナンとカレーが運ばれてきた。

 ナンに塗られているのはギー(水牛の乳から作るバター)だろうか!?
Dscn0023_2

Dscn0024

 量は、ナンも大きいが、カレーも結構多かった。
 味は、決して都内のインド料理店に負けていない本格的なインドカレーで美味しい。

 しかし、辛さ「4」は、さすがに顔全体から汗が吹き出てしまう辛さでした。

 この辛さで最後まで食べ切れるか心配したが、なんとか無事に残さず食べることが出来たというぐらいのしんどさがあった。辛すぎるカレーというのも、逆にスパイスの味が分かり難くなるので、精々「3」までに留めておいたほうがいいかもしれない。

Dscn0025

 毎週通いたいからナンとカレーだけにして、650円ぐらいで出してくれないかなぁ。

Dscn0034

Dscn0035

 もうじき引っ越そうかという時に来て、自転車で行ける場所にこんな本格インド料理店が出来てしまうなんて。。

 この土地を離れるのがなんだか惜しまれてきちゃったなぁ。

Dscn0006

Dscn0003   

 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

東村山の地ソース屋   ポールスタア

2008年08月08日 | 観光写談報 東村山

 たしか昨年の秋頃だったでしょうか、東村山にある武田商店の「辻ソース」という地ソースを紹介したことがありました。

   http://blog.goo.ne.jp/pandapanja/d/20071017

 実は、ここ東村山市には、ソースメーカーがもう一社あるんですよ。

 今日は、そのもう一社であるポールスタアのソースを紹介しておきたいかと思います。 

 実は、ファミレスのデニーズのソースは、ポールスタアが製造しているんですよね。

Dscn0045









 値段は安いんですよ、いなげやで188円

 このソース、安いのに無添加なところが良いんですよね♪Dscn0046

 8月9日(土)、9時30分放送予定の「ぶらり途中下車の旅」でこの会社が登場するらしいです。

    ポールスタア HP

 ブログランキング・にほんブログ村へ  

Dscn9998

コメント (4)

あの神社の御神酒はここで。。   豊島屋酒造

2008年08月02日 | 観光写談報 東村山

 東村山には現在、ソースから納豆まで実に様々な食品製造会社があります。

 その中でも、特に注目するべき製造会社が、東村山の地酒ブランドである「金婚」を醸造している蔵元(酒造会社または経営者を指す場合もある)なんです。
 何故かっていうとこの蔵元、実は明治神宮の御神酒はここで醸造されているんですよ。

 東村山の割と長閑な場所にその蔵元はある。

Dscn9461

 地元では主に「金婚」と「東村山」という清酒のブランドを醸造している。
Dscn9463

Dscn9462

Dscn9464

Dscn9468
Dscn9467 

 富士山系から流れてくる地下150メートル伏流水を使用して仕込むんです。

Dscn9563

 近頃は、一頃よりもちょっと味が落ちたかなという感じてしまう時が度々あるのでちょっと残念です。

 経営陣が算数のし過ぎなのだろうか、この蔵で仕込む酒は種類が他の酒蔵と比較しても非常に多い。それが品質を低下させている一つの原因なのかもしれないと私は感じている。

Dscn9568

 作り酒屋を覗いてみたい方は、酒造見学会も毎年行われておりますよ。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

薪で茹でる武蔵野うどん   小島屋

2008年07月12日 | 観光写談報 東村山

 東村山といえば、武蔵野うどんの聖地といえるほど沢山のうどん屋があります。蕎麦屋より多いぐらいなんですよ。

 で、今回紹介する「小島屋」といううどん屋は、「きくや」や「とき」と並んで東村山の武蔵野うどん店の御三家といっても過言でない人気のお店なのです。

 そしてこの小島屋の特徴は何かというと、今時なんと! を使ってうどんを茹でるんですよ。

 最寄り駅は西武新宿線東村山駅。西口を降りて歩くと。。。ちょっと遠いかな。

Dscn9198

Dscn9199

 この一本道を駅からひたすら歩く。。。のが嫌な方は、ここからバスに乗って数分の所です。

Dscn9191

Dscn9192

Dscn9182

 この建物、元は建設会社の社員寮だったという話。

 裏へ回れば駐車場になっていて、その奥が撒き割り場。
Dscn9187

Dscn9190

 では、お店に入ってみましょうか。。。
Dscn9188

 営業時間は朝の10時から14時で、売切れ次第閉店。そして日曜、祝日は休み。

Dscn9181

 焼きだんごや野菜なんかも売っているんだよね。
Dscn9175

 武蔵野うどんといえば肉汁うどんなんだけど、普通にもりうどんの並と人参のてんぷらを一つ注文した。
Dscn9179

Dscn9177

Dscn9170

 厨房は土間だ。

 そしてここは、お母さん達で厨房を切り盛りしている。

Dscn9167

 見た目は何の変哲もない普通のうどん。。。まぁ、うどんはうどんだから、当たり前か。

 残念なことに、この店ではうどんを茹で置きしてしまうので、せっかくのうどんの味が落ちてしまっている。肉汁の評判は悪くないらしいのだが、うどんの「腰」や「味」においては、「きくや」や「とき」に軍配が上がるだろう。

 そしてこの量で700円。国産小麦のうどんを薪で茹でるという特徴があっても、観光客(そんな人はいない)でない地元人間にとってはちょっと微妙な値段に感じてしまう。

Dscn9169

Dscn9171













































 この店は「薪で茹でるうどん」ということが非常に珍しいということで、テレビなどでも度々紹介されていたりもする。そんなこともあり、小島屋は東村山を代表する武蔵野うどん店として暗黙の了解になっている。
 そんな武蔵野うどんの顔であるとして、「茹でたてを一つ心掛けていただきたい」と願いを込めながら店を後にするのでありました。

 { 東村山市 あい~ん 商工会  手打ちうどん屋さんマップ }

   http://www.shoukoukai.or.jp/guide/map01.html

 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント (2)

東村山駅構内の鯛焼き

2008年06月30日 | 観光写談報 東村山

 西武国分寺線から西武新宿線への乗り換えで、久し振りに東村山駅を利用しました。

 乗り換えの途中、「旨そ~だなぁ~」と、駅構内で販売している鯛焼きをこの駅を利用する度に横目で通り過ぎていたことを思い出し、この日はおもいっきって購入して帰ることに。。

 東村山駅構内には、カフェと立ち食いそば、そしてその脇で鯛焼きが販売されている。

Dscn9067

 ここで買うのは何年振りだろうなぁ。。。
Dscn9068

Dscn9069

 大判焼きも食べたかったが、クリームとチーズのみの販売だったので、この日は1個110円の鯛焼きを2個購入。
Dscn9070

Dscn9071

 味は、何の変哲もない昔ながらの普通な鯛焼きなんだけど、それが逆に自分の舌に馴染んでいるから美味しく頂けちゃうんですよね。

  にほんブログ村 スイーツブログへ

コメント (1)