GAIA所員のひとり言

建築設計事務所の一所員の、建築はもちろん、社会の様々なことについてのひとり言。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フランス語になった「畳」!?

2009-10-15 18:45:05 | Weblog
みなさま、「tatamiser (タタミゼ)」という言葉を聞いたことがありますか??
tatami・・・?

そう、「」です!!
実はこのタタミゼという言葉は、畳の造語で「畳化」という意味を表したフランス語なんです。

使い方はというと・・・
「彼は、部屋に畳を敷いてお布団で寝ているそうよ。和風のインテリアも好きみたい。」
「へぇ、彼はタタミゼなのね。」
といった感じでしょうか。
つまり、日本文化は畳文化と称され、そこから親日家・日本愛好家・日本式生活・日本的なというような意味をもっているそうです。
畳は日本の生活スタイルとして代表的なものとして認識されており、日本風の室内装飾や様式を取り入れることをtatami化=tatamiserと言われるようになったのですね。
日本文化の代表として称される「畳」も、現代の日本社会では徐々に減ってきているように思います。
海を越えて愛され、現地の言葉として使われるほどメジャーとなっている日本文化。全世界で愛される日本文化をわたしたち日本人がもっとその良さを見出し愛し伝承していけるように励んでいくことが大切なのではないでしょうか。
 
ところで、最近では、フランスにおける日本のアニメの人気が非常に高いと聞きます。
(フランスは世界の中でも日本のアニメが紹介されたもっとも古い国だからでしょうか?)
そんなこともあって、アニメを通して日本文化を知る若者がとても増えているようです。
・・・ということは、今まで日本的として使われていた「tatamiser(タタミゼ)」がいつの間にやら「animeser(アニメゼ)」という言葉が生まれて、取って代わられていることも有り得るかも^^??
 
なにはともあれ、日本文化が愛されることはとてもうれしいことです。
tomo
 

**************************************************

設計事務所・不動産情報をお探しの方はこちらへアクセス

株式会社 アーキテクツ・ガイア 一級建築士事務所  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 上杉鷹山をご存知ですか?? | トップ | 「初」を生み出すための心意気☆ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事