見習い百姓のつぶやき

宮仕えも一段落、半農半Ⅹを本格化。農的暮らしとさまざまなⅩを悩んで、楽しんで一歩づつ。

雨の日にはお客様

2018-07-05 19:18:55 | 日記

 雨が降り続いています。
 それも、かなり強い雨です。

 そんな今日は、内仕事と決めて新庄にやってきました。
 途中、ホームセンターで買い物をしていると、お手伝いに来たいけどとという有り難い電話。
 草取りってわけにはいかないけど、お茶飲みに来てくださいって。

 ひとしきりのお茶の後、お昼ご飯を作っての贅沢時間。
 メニューは、道の駅名物の山菜おこわ、スベリヒユとシソの葉と梅ジャムを和えたもので冷ややっこ、梅ジャム味噌でキュウリ、野菜の薩摩揚げの焼き物、がんもと干しタケノコとナスの煮付け、ご馳走さま!
 あっ、おかずは僕の手作り・創作料理です (#^^#)

 手伝いに来ていただいたSさんには、カレー会の下ごしらえで玉ねぎとエシャロット、ニンニクをきつね色になるまで炒めて頂きました。
 夏野菜を楽しむ会に来る皆さん、美味しいカレーができる予定ですよ!


 僕は、その間に不要な露出配線の撤去や掃除、呼び鈴ならぬ呼び板づくり。
 ちょっと響きが悪い、材質もだけど、ちょっと小さいかなあ?それと、やはり金づちじゃだめ、木づちを買ってこなきゃ。

 そうそう、3時のお茶を始めた頃、お勝手口から声をかける方が、、、
 何と、警察、しかも公安の警察官が、事件ではありませんがと。
 一緒にお茶をしながら、民泊では外国人の方を泊める予定がありますか?って。
 たまり場になるようなことがあってはということで、1軒1軒調査と指導に回っていらっしゃる様子。

 この時に聞いたのですが、松江で民泊の届を受理されたのは、カムの宿ただ1件。
 当初の政府の思惑が外れてる印象ですが、あんな面倒で縛りの多い制度だから、うまく行くはずないよなあって思うんだけど。

 雨の日のお客様の被害、キュウリ3本 (;´Д`)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 風と小川が良いですね | トップ | 朝風呂で癒されました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事