ニュージーランド移住記録:日記「さいらん日和」

2004年に香港からニュージーランドに移住した西蘭(さいらん)一家。雨でも晴れでもここでは毎日「さいらん日和」。

トンカツ屋のあのキャベツ

2017-03-15 | 料理・食べ物・外食
旅行に行ってもほとんど買い物をしない私たち
するとしても最速最短で極力時間をかけないほう。
さすがに日本となると若干話は違い、今回はけっこう買いました。


1.メガネ
生涯初の遠近両用メガネなるものを作ってみました。夫は2つめ。


2.スーツケース
リモワ全盛の中で、やっぱりサムソナイト(笑)


成田空港に着いた時、リモワの4つ足の1つがめりこんで3つ足になり
航空会社のスタッフと交渉している人を見かけました。
「やっぱりこれって起きるんだ
と見ていると、慣れた感じのスタッフが
「お預かりして、内側からトントンやってお直しします。」
と説明していました。


「クルマの板金と一緒かぁ
確かにバンパーみたいなもの!
ここでリモワというかポリカーボネート製の選択が消えました


サムソナイトは19歳の初海外旅行以来、生涯4つめじゃないかな?
丈夫で長持ち。自分と一緒
(※けっきょくコスパがいい気がする)


3.キャベツスライサー

スチャ


予定外にかっぱ橋に行ったので

急きょ真剣に選びました。


目的は
「トンカツ屋のあのキャベツ

極薄1mm


あのキャベツですから、もちろんお替り自由(笑)

楽に大量にほしい!


それを叶えてくれるのが

この波型刃らしいです。
入射角度が急な刃は切れ味抜群らしいですが滑るという問題も。


結果

NZの固いキャベツでもこんな感じに
これは今から春キャベツが楽しみだぁ
(※同じようなのがニトリにもありました)


いろいろ相談に乗ってくれ、とっても親切対応だったこのお店

偶然の飛び込みだったのですが、


「ここってバクモンで紹介されてたとこだよね
調理器具なんてなーんの興味もない夫は超冷静
前のめりであーでもないこーでもないとやっていた私は
「へっ






そうでした。
店員さんたちがみんな細面でメガネかけていて、もう誰が誰だか
(※ヤバし!ガイジンさん並みに日本人が見分けられなくなってる?)
皆さん親切でした。



周辺はとっても下町風情で



なかなか楽しいところでした。



友人宅が激近ということも判明し

ぜひまた行ってみよう


このキャベツはあっても

トンカツがないとわかって
ガッカリの夫
(※ご、ゴメンね~


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

『オセアニア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 芸術の秋は18禁で | トップ | 白飯は食べないのに菜飯なら... »

コメントを投稿

料理・食べ物・外食」カテゴリの最新記事