ノーブル・ノーズの花の穴

麗しき本音のつぶや記
~月に1度ブログ~

琥珀色の未来

2018-06-20 11:46:25 | Weblog

黒い温泉

久しぶりに、万葉じゃない温泉施設に行った。

あれっ、こんなに黒いお湯だっけ?
底が、全く見えないのに、段差がある。

あぶねーな。
しかし、コケてるババァはいない。
みんな、常連か?

以前来た時、
あるとは気づかなかった、つぼ湯に入った。
黒酢に漬かった大豆になった気分。(笑)

黒い虫

ある朝、玄関前に転がっていた黒っぽい虫。
ゴキブリか、カナブンかと思ったら、
メスのクワガタだった。

クワガタが、ウチに訪ねて来たのは初めて。
おとなしいのか、元気が無いのか、ほとんど動かない。

自由な自然より、
エサがもらえるから、人間に飼われた方がいいのか?
何か言いたそうだけど、
分からないから、樹にくっつけた。

兄弟に言ったら、
大人になったら、クワガタに触れないんだと。(笑)

私も、虫は好きじゃないが、
動きが速くて菌を運ぶゴキブリや、
ブンブン灯に寄って来るカナブンより、
クワガタを、ランク上と思っているところが、人間だな。

黒い腹を薄くする

ボン、トランプが恐かったんじゃない?
デカいし、目の周りが白いし。(笑)

でも、トランプで良かったんじゃない?

人は皆、善人面したヤツには、アプローチするけど、
嫌われ者には、アプローチしない。
それをやれたのは、トランプだからだよ。
ヒラリーなら、会ってない。

トランプは、「話し相手ファースト」なんだよ。
あれでも彼は、気を遣ってるんだと思う。
リップサービスも、大人だから言える。

経済人としては、
金のかかる戦争より、経済バトルしたい。
仲良くしながら、戦う。

褒められたら、ボンも変わるしかないだろう。
(変われと言われてるようなもんだ。)

ボンも、分かりやすい顔するし、
粛清さえしなけりゃ、可愛いヤツなんだがな。

身内が、
「でも、トランプも、悪口言う奴は辞めさせてるよ。」だって。
ボンの悪口言ったら、処刑だよ。
全然、違うじゃん。(笑)

愛しか武器が無い。 核はもういらない。
未来も争わない。 それでもあきらめない。 

琥珀色の相手の懐に、ゆっくり足を入れろ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全部、黒い。

2018-06-20 11:08:30 | Weblog

まったく、ムナクソ悪い事件だったよ。

でも私は、宮川には同情しないよ。

彼は一瞬でも、
関学のQB(バーベキューみたい。)がケガして、
試合に出られなくなっても、
自分は出たいと思ったんでしょ。

表沙汰にならなければ、
そのまま過ごしたんでしょ。

それだけで、スポーツマンとして、アウトなんだよ。
監督とかコーチの問題の前に、
彼の心の問題なんだよ。

私に、あんなタックルしてみろ。
一生、許さねーからな。

本意でない事をすると、
必ず、災いが降りかかるという事だ。

人を威圧して、言う事を聞かせようとする奴って、大嫌い。
今度は、おまえらが、世間からタックルされろ。

すもーといい、雨太といい、
スポーツ界も、汚ねーな。

医療、福祉もだけど、
本来、正々堂々とやるべき事、
本来、尊い使命であるべきもの、
みんな、中をのぞくと、汚ねーんだよ。
人間が、タチ悪いって事だよ。

「ブラックペアン」見てたら、
手術なんて、できねーよ。(笑)

紀州のドンファンは、ヤバそうな人でも、
自分の金を、好きな女の為に使って死んだのだから、
クリアな人生だと思う。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聞き耳事件

2018-05-23 09:34:06 | Weblog

それは、電車内のボックスシートで起こった。

リュックをどかさないおばさんと、
ビジネスバッグをどかさない、
リタイア風(イタリアじゃないよ。定年てイミ。)おじさんが、
向かい合わせに座っていた。

通路を隔てた場所に座っていた私は、
「空いている席をチラ見しながら、通り過ぎている人達」に、
気づかないこの2人に、イライラしていた。

そう思っていたら、別のおばさんが、
リュックおばさんの横に座ろうとしたので、
ようやくリュックは、どかされた。

しかし、リュックおばさんが、何かを探し始めると、
後から来て座ったおばさんは、早々に立ち去ってしまった。

それを見た私は、
リュックの置き場に困っているおばさんに遠慮して、
行ってしまったのかと思った。

おじさんが、「何を探してるの?」
どうやら、リュックおばさんは、パスモを探していたらしい。

おじさんが立ち上がって、車両後方を見ながら、何か言うと、
リュックおばさんは、そっちの方へ行き、やがて戻って来て、
「知らないって。」

すると、おじさんは、
「あの人が、カバンに入れるのを見たよ。」
「恐いわ~。普通の奥さんでしょ。」

そう言うと、リュックおばさんは、意を決したように、
もう一度、さっきのおばさんのところへ行ったようだった。

そして、戻って来ると、
「『向かいの男性が、あなたがカバンに入れるのを見た。
パスモには、名前も書いてある。(記名式)』って言ったら、返してくれたわ。
よく見たら、細面の上品な人だった。」

2人とも、バアさんに近いおばさんだ。

リュックおばさんは、おじさんに、えらく感謝したようで、
「お名刺、いただけますか?」
「古いのしかないけど。」
(古いってどういう意味だ? 定年退職した会社のか?)

リュックおばさんが、この件を、大ごとにしなかったのは、
これからハイキングに行くから、面倒だったのだろう。

それに、さっきのおばさんも、
シートに落ちていたパスモが、隣の人のだと察していても、
拾ったふりしてもらっちゃおうと、思っただけかもしれない。

「じゃあ又、ご縁があれば。」
リュックおばさんは、先に降りて行った。

リュックおばさんが、プチスリに合ったのは、パスモか。
それとも、リタイア風おじさんに、心をられたか。
いずれにせよ、古い名刺では、ロマンスは生まれまい。(笑)

私はただ、

「図々しく荷物を置いてるから、そういう目に合うんだよ!」

と思った。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はわせる女

2018-04-18 11:11:02 | Weblog

エスカレーターで、
上の方まで来た時、驚いた。

乳児が、エスカレーターをはっている。
若い母親は、見ているだけで何もしない。

「何て危ない! 何て母親!」
私は一瞬、そう思った。

一般的には、あの光景を見たら、
その母親は、責められるだろう。

しかし乳児は、難なく上りきり、
立ち上がって、右方向へ歩き出した。
母親は、左方向へ行き、乳児に呼びかけた。

この時も母親は、乳児に近づかなかった。

母親のファッションは、オーガニック系アウトドア風。
もしや、体も心も、自由で放任?

乳児を、エスカレーターではわせたのも、
「このくらい大丈夫。」という自信があったのかもしれない。
(ロッククライミング感覚か?)

今日び、公園のジャングルジムが危ないとか、アレルギーだとか、
大騒ぎして守ろうとするだけで、鍛える事は何もしない。

左側に行列を作って安心し、
右側を偉そうに歩いて行くバカに、気を遣うよりも、
はわせる女の余裕の方が、マシかもしれないと思った。

私をバカにするな!

駅のエスカレーターで、左に立っていた女子中学生、
何、チラチラ見てんだよ。
人と同じじゃないとマズイか?

通り過ぎた美容室のスタッフ、何だ、その目は。
私の格好が、変だって言うのか?

本屋で、シウマイ本から顔を上げたら、
ずっと見ていた女、どういうつもりだ。

ズルしてやる!

信号の無い、短い横断歩道。
ゆずり合わなきゃならないのに、
歩行者が、どんどん渡ろうとする。

幹線道路から曲がろうとする車が、たまっちゃうんだよ。
そういう時、私は渡らない。

車なんて来やしない、短い横断歩道。
信号がある。

臨機応変だ。 無視してやる。
このぐらいインチキしないと、割に合わない。

自治体で、ゴミの分別が雲泥の差だと知って、ア然とした。
コレ、出してやるか。

ああ、分かった。
ルールは、タチの悪い人間の為にあるものだと。

スマホ人間 セルフレジ

スマホの電池が切れそうだからと、
電話の向こうで、情けない声を出す青年。
他の方法を教えても、やる気無し。

TVの中の失踪少女は、
身も心も傷つくけれど、家には帰らない。
スタッフに、「一番大切な物は何?」と聞かれて、
「充電器!」と即答。

こいつら、スマホが電池切れしたら、死ぬな。(笑)

私のスマホは、最近、調子が悪いぞ!
電話の音が、スピーカーにしないと聞こえないし、
ジャニーズの迷惑メールが送られてくる。
どういう事だ、クソ!!

先日、Tポイントの店に、
セルフレジがあるのを、初めて知った。
返す時に、店員に渡して、チェックするのを見ていたら、
「返却なら、あのカゴに入れても、けっこうですよ。」と言われた。

見ると、大きなゴミ箱のような網のカゴがあった。
店員がいるのに?
お客も並んでないのに?

そのくせ、カゴの横には、
「ケースの中身が空の場合があります。」って注意書き。
だったら、店員が受け取れよ。(笑)

妄想ではない被害と孤独

私のしゃべり方は、そんなにウザイのか?

もう、よけいな気は遣わない。
必要な人に、必要な分だけの事をするのみ。

人はなぜ、弱くなっていく体を、
治してまで、生きようとするのか。

ボケ老人、キチガイ、はびこる世の中。
それを支えるふりをする、もっとタチの悪いヤツら。
これ以上、増やしてどーする。

どんなに頭にきても、発砲しちゃいかんのだよ、19才くん。
人を殺すと、バカより下になるだけだ。

男女平等は、必ずしも全てでなくていい。
でも、言われた事しかできないと、
本末転倒な行司さんみたいになるぞ。

心も頭も使わない。
バカは、そのうち、早死にしていく。
便利な分、寿命は縮まる。

死ぬまで生きる、ただそれだけでいい。

飛鳥Ⅱで、世界一周、いいなぁ。

この間、松ぼっくり蹴飛ばしたら、スッとした。
運動不足だな。

はわせる女の乳児が、ケガして死んだら、
彼女は、「それまでだ。」と思うのだろうか。
どうか、思ってほしい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

席でイラックス

2018-03-14 09:36:47 | Weblog

私をいつも、ハラハラ、イライラさせるのは、
「席」だという事に気づいた。

短時間だとか、そこしか空いていない場合ならともかく、
何度も通う場所、長時間過ごす時、
あるいは、それが気分転換を目的とする時、
私は、こだわるのだ。

例えば、食事、映画、電車の中など、
向き、空調、光、臭いなどが不快だと、落ち着かない。

演奏会など、音が全く違ってしまうし、
新幹線で、隣の人が、靴を脱いだりしたら最悪だ。(実際あった。)

子供の頃は、教室で机が決められていたが、
何とも思わなかったのに。
今は、体調に影響するので、ガマンすると、イライラする。

できれば、ラーメン屋では、カウンターには座りたくない。
荷物が多いし、狭くて食べづらい。
テーブル席があれば、そっちに座る。

もちろん、店の人には確認する。
混んできそうな時間は、嫌がられるだろう。

しかし、「ダメです。」と言われたところで、
私は、カウンターには座らない。
「了解。」と、店を出るのだ。
ようするに…、

パーソナルスペースが大事。

人と、くっつきたくない。

電車で、デカい人が肘とか張って、
1人分の幅から、はみ出しているのに気にしないと、イライラする。
両サイドにいたら、非常にキツい。(心身とも。)

それでなくても、人の気持ちを考える人など、
ほとんどいない世の中。
私は、爆発寸前なのだ。

私はもう、アンタらに期待しない。
だからせめて、気に入った席で、ゆっくりさせてくれ。

ゆっくり、商品を見ているだけなのに、
万引き犯扱いして、近づいて来るな、店員!!
ムカつくんだよ!!

お願いだから、私にくっつかないで。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウツかも

2018-02-15 12:27:31 | Weblog

有賀さつき、
黙って死んで、カッコいい。
本当にキツくて、強い人だ。

金正恩、
スポーツ好きだから、
オリンピックは、楽しかろ。

ああ、私は、
何もかも、やる気無し。
頭も体も、おかしい。

怒るのでさえ、面倒くさい。

ツラい。
疲れる。
すごく、寂しい。

でも、みんな、
そうなんだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何も言えず 染み入るもの

2018-01-17 12:13:53 | Weblog

代理の人から、返事のハガキが来た。

本人が、笑って手に取ったと書いてあった。

ああ、何て嬉しい。
まるで、アイドルに届いたみたいだ。

私がもし、それを目の前で見たなら、
きっと、泣いてしまうだろう。

ケンジョウシャの闇を洗い流す、
ショウガイシャの光の笑みよ!

「プレバト!!  冬麗戦」、
キスマイの千賀くんの句、本当に素晴らしかった!!

雪原や

星を指す

大樹の骸

目の前に、情景が浮かんできたよ。
圧巻だね。
他の出演者も、何も言えなかったもんね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゲートオーバー

2017-11-15 09:33:03 | Weblog

ゲートキーパー講習を受けた。

自殺者を止めたいわけじゃない。
仕事上、人の話を聴かねばならないし、
脳(精神)に障害がある人が、
何を考えているのか、知りたいからだ。

自殺願望者が、9人殺された事件で、
犯人と関わっていた女性が、
「話しているうちに恐くなって、死にたくなくなった。」と言っていた。

皮肉にも、犯人は、アンゲートキーパーであると同時に、
ゲートキーパーにもなっていたわけだ。

人は、「殺される!」と思ったら、死なない。
テレンス・リーも、戦場では、
「こんなところで死ねるか!」と思ったらしい。
戦中戦後、人は、「どうやって生きていくか。」を考えたはずだ。

死ぬのって恐くないの?

資料の中にある、自殺の原因で、
男性の方に、「失恋」とあったのに笑えた。

人を好きになる事は、素晴らしい。
しかし、死ぬのはマズいだろう。
一時的な感情なんだから。

ただし、経営者の倒産はキツい。
自分だけの問題じゃないから。

社会人も、仕事を辞めればいいのにって思うんだけど、
それが、なかなかできないものだ。
「次は、どうすればいいんだ。」って、考えてしまう。

でも、子供の自殺はダメ。
自分が、そこから逃げたって、
周りが食いっぱぐれるわけじゃない。
どうにかしろ!

小学生であろうと、社長であろうと、
その器にその重さ、精一杯の苦悩に変わりはない。

でも本当は、「死にたい」んじゃなくて、
「生きるのが辛い」だけなんだろ。
育ってる環境で、その人の強さが決まると思う。

追い詰められても、自分は死なずに他人を殺す奴も、
実は、死にたい奴なのだ。

老人ホームの介護職員が、
入居者を風呂場で殺した事件。
入浴させている最中に、排便した事が、
ストレスになったらしいが、残念としか言えんなぁ。

殺意は、自分に負けた瞬間なんだな。

25才は、体力的にはいいのだけれど、
全てを受け止めるには、若いのかもしれない。
それだけ本気で、人に寄り添うという事は、難しいという事だ。

受講している年寄りの中には、
「知り合いが悩んで、何度も、夜中に電話してくる。」とか、
「奥さんを介護しているご主人が、会うたびに、『死にたい。』と言う。」とか、
リアルに、対処しようとしている人達もいる。

後者のおじいさんは、ご自身は、経済的不安は全く無し。
フルマラソンが趣味なのに、
美味しい物を食べ過ぎて、太ってしまうのが悩みだとか。
裕福で、体を動かしている人は、最強なのだ。

最近読んだ、「大往生したけりゃ医療とかかわるな」中村仁一著では、
「繁殖を終えたら死ぬというのが自然界の掟」とある。

しょせん身体は、生きている間のレンタル。
人生も、客観的に見てはどうか。
前向きに、あきらめるしかない。

命は、バトンである。
ヨボヨボと歩いている老人を追い抜いた瞬間、
私は、いつも思う。
「まだ動ける。生きねば!」と。

私は、人間以外にはなりたくない。
しかし、人間嫌いなので、生まれ変わりたくない。

よって私は、一度きりの人生を、死ぬまで生きる。

先日、珍しく、スズメが死んでいるのを見た。
「ただ生きて、死ぬ。」
同じだ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一休に号泣

2017-10-19 09:31:59 | Weblog

あばれる君が、京都を取材していた時、
一休さんの事をやっていた。

蜷川新右衛門の末裔が、蜷川幸雄氏だと言う。
へぇ~。

その時、私は初めて、一休さんが、天皇の子供であると知り、
後継者問題を避ける為、
母親によって、寺に預けられたのだと分かった。

じゃあ、あのアニメの、「母上様~、お元気ですか~♪」は、
リアルに、悲しい歌じゃねーか。
今までより、心を込めて歌ってみる。

しかし、それもつかの間。
身内が、「一休さんて、やりまくってたんでしょ。」と言い始めた。

本屋で、「オトナの一休さん」というイラスト本に出会い、
NHKアニメで、話題になっていた事を知った。

一休さんは、「破戒僧」と呼ばれ、そうとう破天荒だったようだ。
(それじゃあ、「破僧」だろ。)

兄弟子と、仲が悪かったようだが、
反発していたのは一休の方で、説明を読まずとも、
養叟の方は、一休を嫌っていなかった事が分かる。
彼が、一休を、如意庵の住職(エリートコース)に、推薦したからだ。

感動のエピソード

一休さんが親しくしていたお茶屋の店主が、
死ぬ前に、上の句を読み、
「下の句を、一休さんにつけてほしい。」と遺言した。

一休さんは、下の句を読んだ後、
更に付け足したが、次のような事だった。

人生は実体がなく、はかないものだからよいのだ。
だから今をしっかり生きていれば、死んだ後は、
お茶の泡と消えてよい。

この説明の横に、店主の遺言を伝えた小僧が、泣きながら、
一休さんに、お礼するイラストが描かれているのだが、表情がすごくいい。

だから私は、この小僧の気持ちになって、泣けた。
これを描いたイラストレーターも、すごい。

周りを騒がせたとしても、いつの時代も、
ブレない人が愛され、後まで名を残すのだろう。

こしかたも
また行く末も
傀儡の       (店主)

いときれぬれば
本の木のきれ   (一休)

一服一銭
一期の内

末期の一句
雲脚の泡

「海の藻屑」と言われたら、冷たくて寂しいが、
(お茶屋の店主なので)
「お茶の泡」と言われると、死に対する恐怖や不安が、スッと、
「安堵感」に、変わった気がした。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

〇〇映え

2017-09-20 11:41:25 | Weblog

「セシルのもくろみ」は、もくろみになってなかったが、
共に、目的を達成していく連帯感と、
ミヤジが通った話し方教室で、
「言葉の終わりを、相手の目の前に置くようにして話す。」というのが、
大変、勉強になりました。

「この声をきみに」は、朗読の話だが、
声に出して読むというのは、なかなか良い事だと思う。
文章を作る時も、声に出すとリズムができる。

今、スマホで撮る写真が気に入ってる。
デジカメより、綺麗に見えるのはなぜ?
何を切り取っても、それなりに見える。

でも、SDカードが背中なので、
面倒で、プリントできない。
プリントしたら、どんな感じになるのか。

「インスタ映え」なんて、
ネットにアップしない私には関係ないが、
「プリント映え」は、気になる。

「インスタ映え」って、流行語大賞じゃない?
群がって来る人達は、「インスタ蝿」。

私が、ハマってるのは、フルーツサンド。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加