ノーブル・ノーズの花の穴

麗しき本音のつぶや記
~月に1度ブログ~

国家レベルで頭がおかしい

2013-12-19 12:14:26 | 気になる

魂の言葉

…って番組で、
林真理子氏の言った事だけが、良かった。

自殺しようとする人に、一言かけるとしたら?

「私と1時間、話をしましょう。」

林さんは、続けた。

「お金の事なら、私、持ってるから、どうにかするし。
病気なら、医者を紹介できるし…。
とにかく、2時間話せば、思いとどまらせる自信がある。」

すごく、現実的で良い!!
やっぱり、林さんは面白いなぁ。

年末の、自殺防止キャンペーンのつもりか?
自殺する人の気持ちなんか、
本人にしか、分からねーよ。

ナンチャッテにも程がある

ナンチャッテ手話って、イミあるのか?(笑)
意味の分からん通訳なんて、意味が無いだろう。
一番分かる人に、バレバレじゃんか。

依頼した人に、問題があるんじゃないか?
みんな、頭、大丈夫か?

ボ、ボンがドン

北のボンが、№2を処刑したのは、ショックだった。
恐いなぁ。

火炎放射器って…、あぶりサーモンじゃあるまいし。

独裁者の末路は、「死」しかない。
だから、彼は、負けるわけにはいかない。
独裁者は、孤独でビビリなのだ。

父親から、
「支障があれば、№2を処分しろ。」と、言われていたらしいが、
そんな会話が、どうして、他国の一般人にまで知られるのだ。
国家レベルの噂話、嫌だなぁ。

国家機密より、近くのおしゃべりバカを、
どうにかした方がいい。
取り巻きが、勝手にやった事でも、
本人のせいにされるぞ。

自分がやった事は、自分に返ってくるのだ。
引き継いだ者の宿命か。

腹が減ると、みんな、キレ始める。
腹ペコは、怒りの根源だ。
独裁者は、国民の腹ペコに気をつけろ。

腹一杯になれば、
国民も、本物の涙を流すだろう。
せっかく、若くて、綺麗な顔してんだから、
ボンが、ちゃんとしたドンになれる事を、祈るよ。

疑心暗鬼

目に見える物、聞こえる言葉、
本当とは限らない。

隣にいる愛想のいい人は、
きっと、あなたの悪口、言ってるよ!(笑)

約束を、ドタキャンした子持ちは、
近くの席になっても、何も言ってこない。
そういうもんだ。

世の中は、おかしい。
私の頭も、全ておかしい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポーッでプーッなディナー

2013-12-19 10:43:07 | おでかけ

その日の午後、私は、
ランニング(ほとんどウォーキング)をしていた。
腹の調子を、整える為である。

フルコースを食べるのに、
トレーニングをする奴なんて、他にいるだろうか。
しかし、早食い、少食の私は、お腹を空かせておかないと、
マジ、食べられないかもしれんのだ。

どっちが田舎だ

バス停に降りると、辺りは、真っ暗だった。

電話で、場所を確認してから、カーブを歩いて行くと、
向かい側にある、ホテルの急な坂道から、
スタッフが、降りて来るのが見えた。

迎えに来たというより、探しに来たという感じ。(笑)

こっちが、田舎者なんじゃない!!
ホテルのある場所が、田舎なんだ!!

お互いを認識したものの、ガードレールに隙間が無く、
渡る事ができない為、又、元の道を戻るというマヌケさ。
着いてから、レストランに入るまで、時間くってしまった。

イルミネーションをくぐり、
クラシカルなロビーを過ぎると、
思っていたより、

レストランのフロア、狭っ!!
テーブル、近っ!!
客、いなっシー!!

今日は、貸し切りか?

パンフに、「夜は潮騒の音に耳を傾けながら…。」とあるが、
確かに、BGMも無っシー!
静か過ぎて、波の音も聞こえねーよ。(笑)

窓際にしてくれたのはいいが、真っ暗で何も見えん。
せっかくの、オーシャンビューも、イミ無っシー!

フルコースに緊張するんじゃなくて、
黙って突っ立ってる、スタッフの視線に緊張する。

この状態は、しばらく続いた。

オードブルは、フォアグラをチョイス。
料理に不釣合いな、丸顔の給仕に、
「~のポワレでございます。」と説明されても、
頭に入ってこない。(笑)

「フォアグラって、美味しいんだね。ブリの煮付けみたい。」と、連れが言う。
ブリの脂の、プニプニした部分の事だろう。
鳥を魚で、表現すんなよ。
表面を、少しこがしてあり、ソースも美味しい。

スープは、温度が良かった。
熱いのだが、トロミがあるので、キツくない。

静けさにも慣れてきたので、丸顔に話しかけた。
「M・Jが来たって言うけど、どこに座ったんですか?」
「今、お座りになっている、こちらのお席です。」

ポーッ!!

驚いた。
気づかなかった。
予約時に、「とにかく、いい席に座りたいんです!」と頼んだので、
この席になったわけか。

サインを型押ししたプレートが、
背もたれに、貼り付けてあった。

M・Jは、ランチで海を見たのか、
それとも、私と同じように、
真っ暗な静けさを、楽しんだのか。

違うイミで、「いい席」になり、テンション上がった。

私は、料金アップして、メインを牛に替えた。

ところが、この〇〇牛、肉の味が、よく分からん。
ソースに負けている。
しかも、フォアグラにかかっていたソースと、同じ気がする。
むしろ、添えてある温野菜の方が良い。

何だか、ガッカリ。

最近、舌が肥えてきたせいか、
素材の味が、分かってしまうのだ。
このぐらい、美味しくて当たり前と思い、
ちょっとやそっとでは、感動しない。

これは、全ての事に言えていて、
ユーミンのライブの時も、そうだった。

あるいは、年のせいで、脳に異常があり、
何を食べても、美味しくないと、感じてしまうのだろうか。

おひとり様の中年女性が、料理が来るたびに、
バシャッとフラッシュをたいている。
その後、2組のカップルが、時間差でやって来た。

メインの後に、丸顔が、
「消化に良いので、チーズはいかがですか?」と、
何種類か、持ってきた。

聞けば、1種600円だと言う。
腹一杯だというのに、
連れが、頼むと言うので、2種選んだ。

プーッ!!

出て来たのは、鼻息で飛びそうな、
ペラペラの、小さなスライスが2枚と、
子供が、つまみ食いで、引きちぎったような、ひとかけら。
もうしわけ程度に、ドライフルーツが散らばっている。

あきれて、笑いそうになった。

別料金かと聞いた、私がケチなんじゃない!!
これっぽっちしか出さない、店がケチなんだ!!

最近は、何事も、
適正価格でない事が、腹立たしい。

振り返れば客がいる

後ろのテーブルにいたカップルが、
私のイスを見ながら、M・Jの話をし始めた。

私は、思わず振り返って、
「さっき聞いたら、この席だって言われて、それまで、気づかなかったんですよ。」と、
話しかけてしまった。

そのぐらい、テーブル、近っ!!(笑)

メッセージと花とオルゴール

デザートと一緒に、
ミニ花束とオルゴールの音を、サービスしてくれた。

頼んでおいたメッセージを見ると、
思っていたより、文字がデカかった。
チョコレートのプレートに、書くのかと思ったら、
プレート=皿の事だったのか。

腹空かしのトレーニングの成果はともかく、
どうにか、全て食べ終えた。
ゲプ。

うーん。
フレンチの方が、和食より、
パンチがあると思っていたんだが、
そうでもなかったか。

それに、このレストランは、
昼間のランチで来た方が、
景色も料金も、お得だろう。

おお、千鳥足

駅のホームで、酔っ払ったオッサンを、2人も見た。
千鳥足なんて、コントでしか見た事がない。

「本当に、千鳥足の人っているんだねぇ。」

この日、一番の感心事かも。
人身事故の約60%が、千鳥足だと言う。

どっちかと言うと、料理以外の事で、
盛り上がったディナーであった。(笑)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朋ちゃん×小室さん

2013-12-19 10:22:37 | 音楽

朋ちゃんは、小室さんの為だけに、歌っていたね。
小室さんの方ばかり、見ていたもんね。

朋ちゃんにとって、小室さんは、
「永遠の男性」なんだね。

15年という歳月は、傷ついた者にとって、決して長くはない。
痛みは消えても、ついこの間の事のように、覚えている。

捨てられた女は、彼に、少し不幸でいてほしい。
美しい思い出として、いつまでも、関わっていたい。

捨てた男は、彼女に、幸せになってほしい。
すぐにでも、この場から、逃げ出したい。

朋ちゃんが、あまりに幸せそうに歌うので、泣けてきた。

熱く語りかける朋ちゃんに、
すっかり、おじいちゃんになってしまった小室さんは、
「頑張って下さい。」と、そっけなかったけど。

倒れたケイコの手前、
楽しそうには、できないだろうけどさ。
本当は、どう思って、コラボしたのだろうか。

関係ねーよ。
でも、印税入るし…。

だったりして。(笑)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユーミン、大好き!

2013-12-19 09:35:38 | 音楽

ユーミンは、腐ってなどいなかった。
中尾ミエみたいで、カッコ良かった。

シャザーンのような、ロングのポニーテールが、
あれほど、似合う人はいない。

あきれるほど、キラびやか。
それでいて、こそげ落としたデコラティブ。
ライティングも、衣装も、派手さにムダが無い。
あのキャパでも、こだわりの演出は、さすが。

席は、左右からも、タテ横からも、ほぼ真ん中で、
ギリ、表情が見える、良い席だった。

隣の女性が、
「電話したら、チケット完売で、オークションで買った。」と、話しかけてきた。
20分でつながった私は、そうとうラッキーだったようだ。

思っていたより、男性が来ていた。
みんな、ハゲか白髪だ。(笑)

でも、小太りのオバさんが、両手を上に突き出して、
リズムを取っているのを見た時、
「ああ、この人は、私よりもずっと多く、ライブに来てるんだな。」と思った。

懐かしいと思って、見に来たのは、私だけで、
盆踊りのようなオッサンも、バブリーなままの人も、
ユーミン風にオシャレな女性も、
みんな、現役のファンなのかもしれない。

私は、知らない歌が、半分くらいで、
ハイテンションだったわけではないが、
これは、素晴らしいショーだと思った。

キャバレーのダンサーのような、キラキラ衣装で、
ももクロのように、股を広げても、
赤いタータンチェックの、ふくらんだワンピースも、
ユーミンなら、いくつになっても、何でも似合う。

ユーミンを見ていたら、オシャレしたくなった。
オシャレせねばならないと思った。
「シャレオツ」って、選ぶ力を失わない事だと思う。
(SMAPの「シャレオツ」は良い。)

経る時

ユーミンは、昔の歌でも、
今のアーティストとは、クオリティーが違うんだよ。
ああ、こんな歌も、あったっけ。

最初の、「~老夫婦が」で、
私は、静かに盛り上がった。

二度と来ない人の事を 
ずっと待ってる気がするティールーム 

…さびれた このホテルから

まさに、CLASSICOだね。

ここにいる人達は、
どれだけ、恋や経験を、重ねてきたんだろうと思うと、
涙が出そうになった。

ただ、いつまでも、見ていたかった。
聴いていたかった。

最近のユーミンは、ワールドワイドになってきた。
ユーミンも、それをめざしていると言う。
「シャンソン」は、松任谷夫妻の歌だと思った。

でも、私は、ユーミンには、
ずっと、個人の小さな悲しみを歌ってほしい。
ずっと、ペシミストを描いてほしい。

アンコールのアンコールで、
私も、「ユーミン!」と叫んでみたが、
手拍子とコールで、かき消された。

キーボードは、FNS歌謡祭でも、よく見かける、
少しハゲたオッサンだ。
あの人、有名なスタジオミュージシャンなんだろうな。

あなたは 私の 青春そのもの

ユーミン、あなたに、その言葉、そっくりお返しします。

私は、その夜、ユーミンの夢を見た。
体は、ついていかなくても、
頭の中では、コーフンしまくっていたのだろう。(笑)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加