イワンの部屋

Copyright (C) blog.goo.ne.jp/nismo_z33.All Rights Reserved.

(現像し直し)きじひき高原パノラマ展望台から

2021年09月20日 00時08分07秒 | 旅行
函館2日目は、恵山から南茅部、鹿部と道の駅のスタンプを押して、大沼に抜け「きじひき高原パノラマ展望台」に行きました。
函館は何十年も毎年来ていますが、大沼小沼、駒ヶ岳に噴火湾、函館港が眺められる展望台があったのを知りませんでした。
初めて行ってみましたが、函館に観光に来たならば行ってみることをお勧めします。
ただ公共交通機関はありませんから、車でないとダメですね。
(青被りしていたので現像やり直しましたが・・)












標高560メートルにある展望台からの眺望でした。

スマホの写真・・


スマホの方が現像エンジンが上手いのか、私が下手なのか・・光の加減のせいだと思いたい(笑)

大沼小沼の反対側は。


函館港と函館山になります。

展望施設には。


「太平観音」「太平三十三観音」が安置されています。

展望施設の反対側は牧場になっていて、馬2頭(牡馬、牝馬)が放牧されていて仲睦まじくしていました。
つい、かなりの枚数を撮ってしまいましたので載せてしまいます。


























仲良しさんでした。

夕食まで時間があったので、散歩ついでに漁船でも撮れたらとカメラを担いで行ってみました。


一隻の漁船が小さな港に係留されていて、夕焼けになりそうでしたし夕陽と絡めたかったのですが、残念ながら待つ時間はありませんでした。

連泊だったので、海鮮主体の夕食に茹でたてのカニのサービスがありました。
連泊はゆっくりできて、やはりいいですね。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

二泊三日の旅の温泉

2021年09月18日 19時55分31秒 | 旅行
9月になれば落ち着いていると思い、3月に9月の東京旅行を計画していました。
しかし、北海道も東京も緊急事態宣言が延長され感染者が増えている状況から、県境超えは断念しました。
その代替えとして、津軽海峡を渡らなければ県境超えにならないですし、部屋に温泉風呂が付いているなら感染のリスクも少ないだろうと、急遽、湯の川温泉のホテルに予約を入れ二泊で行ってきました。

岩内、寿都、江差、松前経由で湯の川温泉まで、初日は10時間のドライブでした。
4月の道の駅スタンプラリーは中止でしたが、今回は島牧まで休館でスタンプは押せず、元和台からの道の駅は開館していましたので18駅押すことが出来ました。

途中、せたな町の海岸沿いに「親子熊岩」があるので休憩がてら観光写真を撮ってみました。




親子のクマさんに見えましたかね。

上ノ国もんじゅの道の駅の裏手に「神(かん)の道」というのがあり、窓岩の上に鳥居があるという事でスタンプを押すついでに・・。








崖の下ですので急な階段の下り上りで、マスクをしていましたから心臓がパンクしそうでした。

朝の6時30分に札幌を出発して16時過ぎに温泉ホテルに到着しました。
予定では15時のチェックインで入るつもりが、途中の道路工事とか石ころの車に当たってしまい予定が狂いました。
今回は少し贅沢をし、高層階の展望風呂付スイートに二泊としています。


エレベータホール前の休憩場所??






源泉かけ流しの風呂の窓を開ければ、遠くに津軽海峡が見えます。
もっと海側なら良かったのですが・・。

部屋ではコーヒー豆を自分で挽いて飲めましたし、男性用と女性用に別々に洗面台があり、化粧水なども男女別々でポーラ製でした。
真空管アンプでタンノイのスピーカからながれるジャズを聴きながら庭園を眺め、赤ワイン、白ワインも自由に飲める読書コーナーなどもあり少し贅沢なホテルでした。

大浴場・・二日目の誰も入って来ないだろうという時間に、スマホで大浴場をパチリと(笑)


大浴場には、この時の1回だけでした。
やはり部屋の温泉で、ゆったりのんびりと気兼ねなく温泉に浸かっているのが最高です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

レンゲショウマ&アゲハチョウ

2021年08月27日 18時07分42秒 | 写真の部屋
北海道に緊急事態宣言が発令される前に、滝野すずらん広陵公園のレンゲショウマの撮影に行ってきました。
案の定、28日(土曜日)から閉園です。

レンゲショウマは見ごろでしたが、撮影に行った時間が正午という撮影には少し不向きな時間帯でした。
斜光になったときの方が良いのですが、眼科の定期診察にも行かなくてはなりませんでしたので仕方がありません。










見ごろを迎えているレンゲショウマでしたが、ヤンキー座りをしながらの撮影でしたので姿勢が苦しく汗が吹き出し、眼鏡は曇り、マスクで息苦しくてヘロヘロになってしまいました。
低い姿勢で撮らないとならないときは、三脚で撮った方が楽でしたね。

たいした枚数も撮らずにギブアップで一休みと思ってベンチに座っていたら、黒いアゲハチョウが蜜を吸うため飛んでいました。
で、アゲハチョウを撮りだしたら夢中になり、あっという間に枚数が100枚超えてしまいましたよ。
少しもじっとしていなくて、コバギボウシの花から花へ飛び回って移動するので撮るのに一苦労でした。
昔なら、もう少しちゃんと追えて撮れていたと思うのですが、まったく追えませんでした。
































カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ??ですかね。どうなんでしょう。
載せたのもピント外しやらなんやらで駄作ですが、かなりの枚数が超失敗作でした(笑)

最後に


汗も引きましたし、お腹も空きましたのでオオバセンキュウを撮って終わりにしました。

奥さんは姉さんの家で待っていて昼食したという事で、私は途中のお蕎麦屋さんへ。


けん豆ほどではないですが、まぁまぁ美味しいお蕎麦でした。
ニッパチ蕎麦だと思いますが、私は外一蕎麦が好き。




コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

幌加内の白銀の丘は生育遅れでした。

2021年08月22日 21時57分07秒 | 写真の部屋
例年、北竜のヒマワリが終わる時期に幌加内の蕎麦畑に行くのですが、今年は猛暑で雨が降らず土壌も干ばつ状態という情報でした。
8月7日に、美瑛在住の菊池写真家がブログにアップしていた状態です。

お盆が過ぎてから恵みの雨が降り気温も下がりました。
蕎麦の生命力も大したもので、生育は遅れていましたが白い花が咲きだしていました。


面白い雲だと思って撮ったのですが・・いまいちでした。
国道275語号線沿いにある観光スポット「純白の丘」の駐車場から・・・対面側の蕎麦畑(笑)
まだまだ花は小さく少なく純白とは言えませんが、一面が蕎麦畑として生育していました。
これなら白銀の丘も生育しているかなと思いながら、少し先の「白絨毯の畑」から、もう少し先の「白銀の丘」に向かいました。

白銀の丘は大好きな景色になります。




左上の少し黒っぽい雲が気になり、右端の建屋と絡めてと・・。


右端の1本の木を入れて撮ってみようと行ってみましたが、少し下り坂になって低くなり脚立に乗っても蕎麦畑が・・。
ここまでは及第点かな・・。


この1枚は自分なりに合格点(笑)
青空の中の雲の形と位置と、蕎麦畑が平面になってしまわないように右下から左斜めに、うねりがある部分を入れることで少し立体感を出そうとしました。

まだまだ緑色が濃く「白銀の丘」とはなっていませんでしたが、蕎麦が生育していて少し安心しました。
あと、1週間ほど日が経てば、もっと花が咲き白銀になるのではと思います。

真っ白い花の蕎麦畑ではありませんでしたが、今年の8月22日現在の幌加内町「白銀の丘」でした。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

睡蓮は終わりでした。

2021年08月13日 17時51分51秒 | 写真の部屋
今日は道庁近くの病院で耳鼻科の診察でした。
外耳道炎になりやすいので、年に一度のリンデロンVG軟膏をもらいに行きました。
ついでに2年前から比べて、聴力が落ちているか検査をしてもらいました。

医師・・60才になっていましたかね。
私・・・67才ですけれど。
医師・・え 若く見えるけれど・・年相応になっていますわ。
    2年前から、かなり悪くなっていますが、仕事などで会話が多いなら補聴器が必要になるかな。

てなことで、まだ補聴器はしませんが、将来的には補聴器を買わないとならないかもしれません。

診察が終わっての帰りに、久しぶりに北海道庁の池の睡蓮を撮りに行ってみましたが、肝心の睡蓮の盛りは過ぎ葉は大きくなり過ぎていました。




鯉が泳いで行ったので、少し水面の揺らぎを待って・・。





池の周りを一周しましたが、撮りたいと思う睡蓮はありませんでした。
まぁ、こんなもんでしょう。

コメント (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする