goo

県営プール跡地 「会場施設」来月着工


コンベンション施設等のイメージ図


奈良県が行う「大宮通り新ホテル・交流拠点事業」で、県が整備することになっているコンベンション施設等の着工が来月にも行われるとのことです。
やっと目に見える動きになってきましたね。楽しみです。


奈良新聞 2017.8.23 http://www.nara-np.co.jp/20170823085709.html

以下引用


「会議施設」来月着工 - 新ホテルも年内に/県営プール跡地

奈良市三条大路1丁目の県営プール跡地周辺を活用するプロジェクト「大宮通り新ホテル・交流拠点事業」が本格的に動き出す。県が整備するコンベンション施設等がトップを切って9月に着工、同15日に起工記念式典を開く。続いて年内には新ホテル、さらに来春にはNHK奈良放送会館(移転)も着工する予定で、東京五輪開幕前の平成32年4月の開業を目指す。

 同事業では県営プールと奈良警察署跡地を含む3・1ヘクタールに、国際級ホテルを核とした交流拠点を整備する…



奈良新聞8月23日紙面によると

施設の概要は、中心となるコンベンション施設が地上2階建て、延べ床面積1万692平方メートル。大会議室と小中会議室計8室などを配置する。大屋根付きの屋外多目的広場は約1000平方メートル。地上・地下の駐車スペースには、約400台の駐車場とバス2台分の乗降場、バス3台の駐機場、バス待合所、79台分の駐輪場を整備する。
にぎわい関連では、延べ床面積5310平方メートルの1、2階スペースに飲食・物販施設(1、2階)、屋内多目的広場(2階)を設ける。



これ以外に、奈良県初の国際級ホテル「JWマリオットホテル奈良」、「NHK奈良放送会館」が敷地内に整備される予定です。
これからのビジネス・観光、特に訪日外国人に対する重要なアクセスポイントになると思います。
今までの奈良で出来なかった様々な国際会議等が期待できますよね。
平成32年4月(予定)の開業が待ち遠しいですね。

やっとプロジェクトが動き始めてきました。
オリンピックまでには他の場所でも施設整備が進んでいきます。様々なホテルも建設されます。平成30年代半ばには「JR新駅及び周辺まちづくり」も。
そして20年後には「リニア中央新幹線」がやってきます。

奈良は確実に変わっていくでしょうね(笑)



「JWマリオットホテル奈良」のイメージ図
コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )