goo

奈良少年刑務所 ホテルなどの運営企業決まる

「奈良少年刑務所」再利用の優先交渉権者が決まりました。
8つの企業からなるグループが選ばれ、ホテルや温泉施設などの複合施設を造るということです。
日本初の「監獄ホテル」の誕生ですかね(笑)



NHK奈良ニュース 2017.5.26 http://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/2053704041.html

以下引用


少年刑務所の運営企業決まる

明治時代の建築で、ことし3月に閉鎖された奈良市の奈良少年刑務所が、民間のホテルや温泉施設などを備えた複合施設として、新しくオープンすることになりました。
奈良市の奈良少年刑務所は、明治41年に建てられた国内で現存する最も古い刑務所で、敷地を取り囲む塀や建物はロマネスクを基調とした重厚な赤れんがで統一されています。
受刑者が入る5つの収容棟は、看守所や事務所を中心に放射状に配置され、人の出入りを確認しやすい機能性と建築としての美しさを両立させていて、ことし2月には、国の重要文化財にも指定されました。
老朽化が進んだため、ことし3月末に閉鎖されましたが法務省は、再利用してもらおうと、施設の運営権を売却し、民間の事業者を募集していました。
その結果、法務省は、応募のあった中から、8つの会社からなる企業グループ、「ソラ-レグループ」を優先的に交渉する事業者に選んだと発表しました。
「ソラ-レグループ」が提案した計画では、▼5つの収容棟のうち4つを改修工事を行ったうえで、およそ150の客室を備えたホテルとして再利用するほか、▼地元の食材を使った料理を提供するレストランや天然温泉の施設も整備するとしています▼さらに、奈良少年刑務所などの歴史を伝える資料館も収容棟を改修して整備するということです。
法務省は、選定の理由として、「重要文化財である建物の保存に配慮していることや、資料館などとしても活用するなど、地域の活性化にもつながる提案がなされたことを評価した」としています。
奈良少年刑務所を後世に残していこうと活動している「奈良少年刑務所を宝に思う会」の松永洋介事務局長は、「歴史のつなぎめを感じられる場所になってもらいたいです」と話していました。
奈良少年刑務所は、このあと、耐震化などの改修工事が行われ、資料館は平成31年10月に、ホテルは平成32年にオープンする予定です。
奈良少年刑務所がホテルなどが入る複合施設としてオープンすることとなったことについて、オーストラリア人の夫婦は「監獄ホテルには興味があります」「以前、カナダでも泊まった監獄ホテルもとても良かったですし」と話していました。
また、中国人の男性は「コンセプトがいいと思います。ぜひ泊まってみたいです」と話していました。
また、カナダ人の男性は「刑務所らしく、出入りするドアに鉄格子があるともっといいと思います」と話していました。
京都から家族連れで訪れていた男性は「刑務所に見えないです。中もとてもすてきですし、子どもも連れて泊まりたいです」と話していました。



やっと決まりましたね。
観光地奈良の新しい「宿泊施設」「観光拠点」が出来そうです。
世界的にも珍しい宿泊施設になると思うので、「奈良の鹿」共々世界に発信していけたらいいですね。
コメント ( 20 ) | Trackback ( 0 )

奈良市長選 仲川市長が立候補表明

やっと現職の立候補が表明されました。
7月に行われる奈良市長選で、現職の仲川市長が3期目を目指して立候補するとのこと。
先日の前生駒市長の立候補表明に続き二人目の立候補者になりました。
実質この二人の闘いになるのでしょうね。



NHK奈良ニュース 2017.5.15 http://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/2053219121.html

以下引用


奈良市長選 現職が立候補表明

ことし7月に行われる奈良市長選挙に、現職の仲川げん市長が3期目を目指して立候補する意向を表明しました。
任期満了に伴う奈良市長選挙は、7月2日告示、7月9日投開票の日程で行われます。
奈良市の仲川げん市長は、15日記者会見を開き、奈良市長選挙に無所属で立候補する意向を表明しました。
仲川氏は「これまで取り組んできた市政改革を更に加速させ、これから4年間の成長戦略を進めたい。
また、最重要課題である新しい火葬場のしゅんこうまで見届けるのが責任だと感じている」と述べました。
仲川氏は41歳。
石油開発会社の社員やNPO法人の役員を経て平成21年の市長選挙で初当選し、現在2期目です。
奈良市長選挙をめぐっては、このほか、奈良県生駒市の元市長の山下真氏(48)が無所属での立候補を表明しています。



最近の仲川市長の取り組みは評価しています。
仲川市長が市長を続ける意思を示したことは大きいですね。
今ある課題(火葬場・清掃工場など)解決に向けて頑張り抜くということでしょう。
火葬場は何とか方向が見えてきたみたいですが、清掃工場移転はなかなか難しいでしょうね。
結論はどうなるかわかりませんが頑張って欲しいと思います。

奈良県その他との提携は誰が奈良市長になろうとも継続して欲しいと思います。
奈良が大きく変わろうとしている時です。ここで流れを止めてはいけません。
奈良のこれからの「大発展」の為に継続よろしくお願いします。

前生駒市長は公約に「奈良県と連携して観光に取り組む」と書いて欲しいですね。
それと「リニアの誘致は奈良市に」もお願いします。
もちろん「生駒市誘致」は撤回してもらわないといけませんが(笑)
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )