goo

「起工記念式典」開催 県営プール跡地

県営プール跡地で計画されている「交流拠点施設」の起工記念式典が開かれたようです。
県などの関係者約140人が出席。森トラスト社長伊達氏やマリオット・インターナショナル関係者も来られていたみたいですね。
「滞在型観光」に生まれ変われるか、奈良の大きな挑戦が始まりました。


読売新聞 2017.9.16 http://www.yomiuri.co.jp/local/nara/news/20170915-OYTNT50286.html

以下引用






滞在型観光 呼び水に 平城宮跡周辺に交流・宿泊拠点

◇2020年に一体開業

奈良市役所南側で県が計画する国際会議場などの交流拠点施設の起工記念式典が15日、奈良市の奈良春日野国際フォーラム甍いらかで開かれた。同施設と隣接する国内初進出の外資系高級ホテル「JWマリオットホテル奈良」などが、東京五輪前の2020年春に一体開業する予定。平城宮跡周辺は、観光施設の計画が相次いでおり、新たな奈良の観光エリアとして注目される。(岡本輝之)

 県によると、県営プールと奈良署跡地の約3ヘクタールを活用する。県が整備する交流拠点施設は、延べ床面積約3万5000平方メートルで、県内最大級の2000人規模の大会議場などを備え、国際会議や専門学会などに対応できる。

 隣接する屋根付きの屋外広場(約1000平方メートル)は、朝市やコンサートなどの利用を想定。県産食材を使った飲食店のほか、バスターミナルや400台分の駐車場も整備する。設計、施工から開業15年間の運営費を含めて総事業費は約219億円に上る。

 「JWマリオットホテル奈良」は森トラスト(本社・東京)が運営。市の高さ規制31メートルに合わせた地上6階建ての約150室で、米ホテル大手マリオット・インターナショナルの創業者名を冠した最高級ブランドだ。

 式典には、県などの関係者約140人が出席。荒井知事は「交流・宿泊拠点の一体展開は、奈良の観光に心強い」とあいさつした。

 曽祖父が桜井市出身という森トラストの伊達美和子社長は「JWマリオットと、(別に手がける)奈良公園・吉城園よしきえんのホテル計画は国内外の関心が高く、奈良に(観光地の魅力度について)潜在力がある証拠。地域に愛される施設にしたい」と語った。

 大宮通りは従来、東大寺や春日大社などの奈良公園周辺と、薬師寺、唐招提寺などの西の京周辺を結びながら、目立った施設がなかった。今回の計画は、来春に誕生する平城宮跡歴史公園と、旧イトーヨーカドー奈良店を改装する観光型の複合商業施設と合わせて、新たなにぎわいづくりの呼び水となるか――。県の担当者は「駆け足の日帰り観光ではなく、奈良にじっくり滞在してもらう拠点になってほしい」と期待する。

 観光庁の昨年の都道府県別延べ宿泊者数では、奈良県は全国46位と低迷。県によると、2015年の県内観光客は4146万人で、宿泊者数は約277万人と1割未満だ。多くは大阪や京都に宿泊し、日帰り客がほとんどとみられている。




「JWマリオットホテル奈良」のイメージ(森トラスト提供)


県産の木材が屋根に使われている屋外広場のイメージ(県提供)




2020年春の一体開業予定とのこと。
東京五輪直前の開業で全世界へのアピールになるかもしれませんね。
真の「国際観光都市奈良」の誕生です。楽しみに待ちたいと思います。

「JWマリオットホテル奈良」のイメージ図が少し変わりましたね。前の方がカッコいいと思うのは私だけですかね。まぁどっちでもいいんですが(笑)
年内には着工されるみたいなので今回のが実際に近いんでしょう。
マリオットの最高級ブランドが奈良に出来るというのは感慨深いですね。


あとNHK奈良放送会館が奈良公園近くから移転してきます。
放送局がこの場所に出来るのは相乗効果が凄いですよね。
ホテルで宿泊した海外の有名人が即出演というのもあり得るかもしれません。
これも楽しみですよね。


NHK新奈良放送会館外観パース(NHKホームページより)



読売新聞の記事にも触れられてますが、この周辺エリアは今、観光施設の計画が相次いでいます。「国営平城宮跡歴史公園」「旧イトーヨーカドー奈良店」は来年の春に向けて開発・再整備が行われています。
スーパーだった「旧イトーヨーカドー奈良店」はまったく新しい観光商業施設「(仮)奈良平城プラザ」に生まれ変わります。どんな施設になるか楽しみですね。


(仮)奈良平城プラザ(やまきホームページより)



このエリアはこれからの奈良の中心になるべき場所でしょうね。
今までの東に偏り過ぎた観光を西の方にも広げる重要な役割も持っています。
その為にもこのエリアの活性化は必要で、交通インフラなどの整備も待たれますよね。
県では近鉄線移設候補に大宮通りをあげてます。もし大宮通りに移設されたら市役所周辺に駅があればと思います。駅が出来れば人の流れが変わります。移設をなんとか実現して欲しいですね。近鉄との協議は難航してるみたいですが(苦笑)
コメント ( 18 ) | Trackback ( 0 )

大阪・奈良・三重リニア大会 JR東海社長、協力要請

これまで三重・奈良で開かれていた決起大会ですが、今回は大阪を迎え「三重・奈良・大阪」開催の決起大会になりました。
その席でJR東海社長から3府県に対し重要な呼び掛けがあったようです。
事実上のルート決定でしょうね(笑)


日本経済新聞 2017.9.12 https://www.nikkei.com/article/DGXLASJB11H5C_R10C17A9LKA000/

以下引用

三重・奈良・大阪 リニア決起大会 JR東海社長、協力要請

JR東海の柘植康英社長は11日、リニア中央新幹線の大阪延伸に向けた三重、奈良両県と大阪府の決起大会に来賓として出席し、「3府県の皆さんと連携を取らせてほしい」と呼びかけた。名古屋―大阪間の環境影響評価(アセスメント)の前提として情報を収集するという。同社がこの区間で自治体に連携を要請するのは初めて。

 リニア中央新幹線は東京・品川―名古屋が2027年に先行開業予定だ。JR東海は45年の予定だった大阪までの全線開業を最大8年前倒しする方針。名古屋―大阪間のルートについては国の整備計画で「奈良市付近」を通ると定められているが、詳細は決まっておらず、京都府・市は京都駅への誘致を進めてきた。

 柘植社長がこの日、同席する3府県知事に協力を直接呼びかけたことは、京都府域を除く3府県を通るルートを示唆したとみられる。

 決起大会は大阪市内で開かれ、地元選出の国会議員、関西経済連合会の幹部ら約490人が出席した。大阪府の松井一郎知事は「名古屋までの工事にめどを付け、大阪までの工事に一日も早く着手するようお願いしたい」とあいさつした。

 奈良県の荒井正吾知事は3府県が初めて開いた大会の意義を「国の基本計画、整備計画決定に次ぐ大きな出来事」と評価。三重県の鈴木英敬知事は「いよいよ自治体や経済界が汗をかくステージに入った」と述べた。



3府県に対し「環境アセス」を前提としての連携をとりたい、という要請をしたということは「ルートはこの3府県で考えている」と言ってるに等しいですよね。
まぁ当たり前と言えば当たり前のことなんですけどね(笑)
JR東海社長が決起大会で明言した、ということが重要で、事実上「ルート問題」は終了したということだと思います。

後は「中間駅」の問題です。JR東海が「環境アセス」で自治体に協力を求めたことで、中間駅の決定に自治体の意志が少しながらも反映する可能性が出てきたように思います。
最終的にはJR東海が決めることですが、奈良県の「まちづくり」にとって最適な場所に決めて欲しいですよね。
コメント ( 15 ) | Trackback ( 0 )

来春、観光型商業施設へ(イトーヨーカドー奈良店が閉店)

イトーヨーカドー奈良店が10日閉店しました。
私は結構イトーヨーカドーを利用していて思い出深い店でした。
しかし「観光型商業施設」に生まれ変わるということで、新しい出発として前向きにとらえてます。
奈良中心部の活性化を牽引するような賑やかな商業施設になって欲しいですね。



読売新聞 2017.9.12 http://www.yomiuri.co.jp/local/nara/news/20170911-OYTNT50411.html

以下引用


さよなら ヨーカドー 奈良店が閉店

◇来春、観光型の商業施設に

 奈良市役所西側の商業施設「イトーヨーカドー奈良店」(二条大路南)が10日夜、閉店し、14年間の歴史に幕を閉じた。施設は来春、観光型の新たな商業施設に生まれ変わる。近くでは、県が米国の高級ホテルを誘致した再開発事業も進んでおり、新施設の成功はこのエリア活性化の命運を握りそうだ。(松浦彩)

   ■14年の歴史に幕

 10日夜、同店南側出入り口では、従業員が「14年間ありがとうございました」と書かれたボードを掲げて買い物客を見送った。スマートフォンで記念写真を撮る客もおり、閉店を惜しんだ。

 セレモニーが午後8時半頃から始まり、吉川広店長が「14年間本当にありがとうございました。再び奈良の地に戻りたいと思います」と深々と頭を下げた。

 オープン直後に半年間ほど働いたという京都府木津川市の会社員金尾陽子さん(42)は、多い時は週1回、母親や子どもたちと買い物に訪れたといい「多くの思い出が詰まった場所。名残惜しい」と話した。

   ■業績低迷

 イトーヨーカドー奈良店は、奈良時代の悲劇の宰相・長屋王の邸宅跡に立つ。元々、そごうグループの経営破綻に伴い閉店した百貨店「奈良そごう」の跡地だが、奈良公園と平城宮跡を結ぶ幹線道路沿いの好立地で2003年7月に開業した。

 売り場面積約1万5000平方メートルを持ち、65のテナントが入って市美術館やフットサルコートなども備えた。当初は大勢の買い物客でにぎわった。

 しかし、奈良市周辺に大型商業施設が相次いで開業するなど競争が激化して業績が低迷。閉店決定時にはテナントは46に減り、イトーヨーカドーを傘下に収める「セブン&アイ・ホールディングス」が採算性の低い全国40店の閉店計画を立て、奈良店もその対象となった。


◇ユニークな施設や宿泊所

   ■新施設に期待

 閉店後、再開発を担当するのは、コンサルティング会社「やまき」(東京)だ。各地で商業施設の再開発を約30年にわたり手掛けてきた。一部7階建ての建物を改装し、1階部分に食品売り場やフードコートを置く。上階には「金魚ミュージアム」や「侍・忍者館」のユニークな施設のほか、観光客が滞在できるように簡易宿泊所も設ける。施設の名称は近く公募し、年間来館2000万人、初年度売り上げ150億円を見込む。

 一方、市役所南側の県営プールなどの跡地では、20年春に米国の高級ホテルを核とした複合施設がオープン予定。県の再開発担当者は「双方の施設が奈良のまちづくりの拠点になり、相乗効果を期待したい」とし、やまきの担当者も「観光客が楽しめるだけでなく、地元の人が日常使いできる施設となってまちを盛り上げたい」と話している。




今までの奈良にないような商業施設になりそうですね。
特に「侍・忍者館」は大注目です。
内容がよく見えず、大成功するか大コケするかまったくわかりません(笑)
楽しみですね。
この場所は再開発が進められている「県営プール跡地」と歴史公園化される「平城宮跡」の間という、可能性を秘めた場所です。この地域の「まちづくり」の拠点となるように頑張って貰いたいですね。
コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

平城宮跡の朱雀門南側が来年3月開業

平城宮跡歴史公園の朱雀門南側が来年3月24日に開業することが発表されました。
朱雀大路並びに大路東側は国土交通省、大路西側は奈良県の整備になります。
やっと「平城宮跡」が「平城宮跡歴史公園」と呼ばれるのにふさわしい場所になってきましたね(笑)。全体の整備完成が待ち遠しいです。


読売新聞 2017.9.7 http://www.yomiuri.co.jp/local/nara/news/20170907-OYTNT50032.html

以下引用

朱雀門南側 来年3月開業

◇平城宮跡歴史公園

国土交通省と県は6日、奈良市の平城宮跡で両者が整備を進めている平城宮跡歴史公園(約132ヘクタール)について、来年3月24日に朱雀門南側の広場など約35ヘクタールが開業すると発表した。玄関部分に施設ができることで、市民や観光客へのサービス向上が期待される。

 国交省は、約35ヘクタールのうち32ヘクタールを担当。平城京のメイン道路だった朱雀大路のうち、朱雀門から大宮通りまでの区間(幅74メートル、長さ約250メートル)を、柳を植えるなどして往時の姿に復元する。大路東側には、再現映像や模型、出土品などを集めた展示館を整備する。

 県は、大路西側の工場跡地3ヘクタールに、休憩・展望施設やレストラン、シャワー室を備えたジョギング・サイクリング拠点、バス約20台、乗用車約50台分の駐車場などを設置する。

 平城遷都1300年祭(2010年)で展示された復元遣唐使船(全長約30メートル)は、周囲に池を設けて無料公開する。県の事業費は約75億円。

 平城宮跡は、1998年に東大寺や興福寺などの寺社とともに世界遺産に登録され、2008年度に国営公園化が閣議決定された。現在は復元された朱雀門と第1次大極殿院の正殿があり、国交省は今後、第1次大極殿院の南門(高さ15メートル)や回廊などの復元を進める方針。

 荒井知事は「宮跡が現地で残っているのは世界的にも珍しく、体験することで歴史を学んでもらえれば」と話している。



平城宮跡全体の整備はまだまだですが、訪問客が滞在できる施設が完成することは大きなことです。「平城宮跡」という場所が観光の地になれる第一歩を踏み出せた、ということでしょうね。
奈良にとって重要な「観光資産」が出来ました。奈良の観光が奈良公園だけという寂しい状態から抜け出して欲しいですね。

詳細はこちらで
http://www.pref.nara.jp/secure/185130/kaiensiryou.pdf


平城宮跡では今後「第一次大極殿院南門及び回廊」(大極殿の周り)の復元があります。
これは国土交通省の整備です。国営公園としての国をあげた整備が本格化します。


それと読売新聞紙面に書いてあったのですが、平城宮跡を横断する近鉄奈良線の移設に関して奈良県の荒井知事が
歴史公園ができる来年3月までに進展があるよう、近鉄側と折衝したい」と述べて、協議を急ぐ考えを示したらしいです。
平城宮跡歴史公園の整備と近鉄線の移設は一体的に考えなければいけないものです。協議を急ぐ考えを示したということは、近鉄線移設がだんだん現実味をおびてきたということでしょうかね。
楽しみです(笑)



平城宮跡歴史公園の完成イメージ図
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )