goo

ディアーズ・ブレイン(魚佐旅館跡地結婚式場)社長が語る「奈良の挙式」

猿沢池ほとりの旧魚佐旅館の跡地に結婚式場がオーブンします。
それを運営する「ディアーズ・ブレイン」の社長が、ブライダル業界から見た「奈良の価値」を語りました。
なんと社長は奈良県出身との事。


読売新聞奈良版 2015.5.20 http://www.yomiuri.co.jp/local/nara/news/20150519-OYTNT50254.html?from=ycont_top_photo

以下引用

古都挙式 風情に誇り

◇ディアーズ・ブレイン小岸社長 猿沢池付近7月開業

奈良市の猿沢池のほとりに7月、結婚式場がオープンする。興福寺五重塔(国宝)を望める市内有数の景勝地で、古都・奈良にふさわしい式場経営を成功させようという意欲的な試みだ。進出を決めた大手ブライダル会社「ディアーズ・ブレイン」(東京都)の小岸弘和社長 (53)に聞いた。(聞き手 坂木二郎)

――なぜ奈良に結婚式場なのか。

「結婚式のマーケットを県外に奪われている奈良を変えたかった。僕は奈良県出身なので、猿沢池周辺に変なものがあったら絶対に許せない。奈良ならどこでもいいのではなく、あの場所なら僕たちが進出することで、若い人が集う、京都や大阪ではなく、ここで挙式したいと思ってもらえる場所になると考えた」

「『奈良もいいよね』と奈良の人は言いたいはず。そんな場所を用意することで、奈良での挙式を諦めていた人たちを引き戻すことができたらいい」

――市内の県有地や市有地でホテル誘致が進んでいる。

「大歓迎だ。滞在型で楽しめる施設がない限り、式の列席者を大阪や京都のホテルに取られ続ける。高級ホテルなどができると『少し滞在してもいいよね』となる。波及効果は出てくる」

――リニア中央新幹線の新駅が県内にくることも検討したか。

「先の話だが、人の動きが変われば面白い。首都圏では京都への旅はもう飽和状態だから、『同じ古都の奈良に』という動きもある」

――奈良と京都の違いは。

「奈良にもいい素材はたくさんあるが、スポットライトのあて方や宣伝の仕方で京都に負けている。なぜ京都に大勢の観光客が行くのかというと、新幹線がとまるから。リニアが奈良にとまるようになれば、『降りてみるか』と思わせることができる。間違いなく奈良の観光客は増える。京都は一番、それを恐れている」

――将来はレストランも経営する。

「常設ではないが、将来的にはレストランも考えている。僕たちは食で全国展開してきた。式の列席者から『おいしい』と言ってもらえると評判になる。奈良の素材でおいしさを追求していけば勝てる。奈良の人でさえ、地元でこれだけ野菜が取れることをわかっていない。それを僕らが知らせたい」

――結婚式場に大切なことは。

「どんな空気感があるところで、挙式したいかということ。奈良の式場は奈良公園や興福寺を借景にしていく。素晴らしい場所にある式場なので『こんな風景が奈良にはあるんだ。すてきだよね』と自慢してもらえる。その場所で出された食事もおいしければ満足度は倍になる」

「他県は奈良がうらやましくて仕方がないのではないか。僕たちは五重塔や猿沢池のそばに結婚式場を造れば、絶対に喜んでもらえると考えてプロジェクトを進めた。それまで誰もあそこで結婚式場をやろうなんて思わなかった。自分たちが持っているものを外から見ると、活用法がわかる」

<メモ>ディアーズ・ブレイン 2001年設立で、資本金6億円。ウェディングやドレス、レストラン事業を展開している。04年の栃木県を手始めに「リゾート」や「楽園」「邸宅」「古都」などをテーマに関東や九州、関西に次々と結婚式場をオープンし、奈良は20店舗目となる。本社は東京都港区。



奈良県出身であることの想いと、活動拠点の東京から見た冷静な「奈良の評価」がよく出てると思います。
京都になぜ大勢の観光客が行くのか、それは「新幹線」が止まるから。
一言で言い切られました(笑)。そうなんです、僕もそう思います。

同じ古都である京都から観光客を奈良に呼び込むのは大変なことです。
わざわざ電車を乗り換えて行こうと思う人がどれだけいるか。
その意味で「リニア奈良駅」は劇的に関西観光の「カタチ」を変えるでしょうね。
リニア開通後の奈良に期待しましょう。

小岸社長が言われている通り、「高級ホテル」の誘致は大事です。
なんとしても「県営プール跡地の外資系ホテル」は成功して欲しいですね。
バスターミナル機能を持ち、計画ではNHK奈良放送局・劇場もあり、「滞在が楽しめる」ホテル施設になるかもしれません。

新しいカタチのウェディング、その出席者をもてなすホテル。
奈良はどんどん変わっていきそうですね。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

奈良ビブレ跡地 マンション建設へ

NHKニュースが伝えるところによると、奈良ビブレ跡地にマンションが建設されることになったようです。
「高さ制限の緩和」が問題になっていたのですが、ビジネスはそれを待ってくれない という事でしょうね。


NHK ON LINE http://www.nhk.or.jp/lnews/nara/2055602821.html?t=1361271211843

以下引用

ビブレ跡地マンション建設へ

先月閉店した奈良市の大型商業施設、「奈良ビブレ」の跡地に、マンションが建設される見込みであることが分かりました。

地元商店街の関係者は、「多くの人が集まる施設を要望していたので残念だ」と話しています。
奈良市の大型商業施設、「奈良ビブレ」は、売り上げの不振のため先月20日に閉店しました。

近鉄奈良駅にほど近い商店街にある跡地がどのように活用されるか注目されていましたが、土地と建物を所有する奈良市の不動産会社によりますと、今の建物を今月から8月にかけて解体したあとマンション開発を行う企業に土地を売却し、マンションが建設される見込みになったということです。

高さや戸数などは明らかにされていませんが、商店街に面した東側の1階と2階は店舗が入る商業スペースを設け、およそ2年後の再来年(27年)春ごろに完成する見込みだということです。
地元の小西通商店街振興組合の井岡正浩理事長は、「商業施設やホテルなど多くの人が集まる施設を要望していたので残念だ。商業スペースには、買い物客に満足してもらえるような魅力ある店が入ってほしい」と話しています。



奈良市の仲川市長が「高さ制限の緩和」を検討する との意向を表明したことを以前のブログで採り上げたのですが、検討する前に事態は動いてしまいましたね。 まあ「規制の緩和」は時間がかかるので「奈良ビブレ」には間に合わないとは思いますが、やはりもう少し早く検討の姿勢を見せて欲しかったですね。 このまま第2、第3の「奈良ビブレ」が出てくると思うので、奈良市としての「まちづくり」の考えを早く示してほしいと思います。

近鉄奈良駅周辺が「商業地域」として生きていくのはもう難しいのかもしれません。 他の都市が「駅前」として開発している条件が近鉄奈良駅周辺では規制されすぎてます。 この規制が本当に正しいのなら、近鉄奈良駅周辺は「商業地域」としては成り立たないでしょう。 JR奈良駅周辺に「商業地機能」を移すべきですね。 この場合は「規制緩和」はしっかりやってもらいたいと思います。

「景観」を守ることは大事です。 しかし過度の規制は「街の活力」を無くします。 本当にその「景観」が大事なのか 真剣に議論しないといけませんね。 「景観」を守るために奈良を訪れる人が減ってしまえば、全く意味がありません。 「景観」は人が見るためにあるものですから。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

奈良ビブレ跡地 規制緩和検討も

仲川奈良市長が奈良ビブレの跡地に関して、規制緩和も検討するという考えを示しました。 奈良という観光地を考える上で大きな決断だと思います。

NHKニュース奈良 2013.1.24 http://www.nhk.or.jp/nara/lnews/2054426521.html?t=1359029200750

以下引用

ビブレ跡 規制緩和検討も”

奈良市の仲川市長は、今月20日に閉店した大型商業施設、「奈良ビブレ」の跡地利用をめぐり、建物の高さなどの規制緩和も検討する必要があるという考えを示しました。

奈良市の仲川市長は、24日の記者会見で今月20日に閉店した市の中心部の大型商業施設、「奈良ビブレ」の跡地利用について、「現状では市の都市計画で景観に関する規制があり建物の高さなどが制限されている」と述べました。その上で、「歴史遺産との共存を図っていくべき地域は守る必要があるが、それ以外の場所で過剰な規制は得策ではない」と述べ、今後、跡地にできる建物の高さや外観などについては専門家から意見を聞き景観への影響を踏まえながら、規制緩和も検討する必要があるという考えを示しました。

一方で仲川市長は、▼跡地にマンションが建つという見方が出ていることや、▼商業地の空洞化を懸念する声が地元で上がっているとした上で、「マンションは奈良市に定住する人が増えるというメリットがあるが、店や商業施設がある程度集まっていなければ商業ゾーンのにぎわいが欠けていく」と述べました。



奈良市長としては大きな決断であると思います。 高さ制限の見直しまでいくかどうかは分かりませんが、この規制が妥当なものかどうなのか 改めて検討できるいいきっかけになったと思います。 そもそも近くに近鉄奈良駅ビルがそびえ立っているのにこの跡地の高さがどれほど景観に影響を与えるのか、その景観もどの位置から見た景観なのか、県庁の建物はOKなのか。 色々この高さ規制には疑問があります。 しっかり検討して「観光地奈良」としてどう規制していくのか 真剣な議論を期待します。

このブログでも書いていたように景観は「どこまで許容できるか」ということが重要です。 なんでも規制すればいいものではありません。 今回のように商業地域にある建築物に規制をかけるのはそれ相応の理由がないといけません。 明らかに景観に重大な影響を与えるか、そのことで「奈良の価値」を大きく下げるか というような判断が必要です。 奈良中心地のそれも一等地で価値のある建物が建設できないというのは、経済的に「将来」の奈良の「衰退」を示していると思います。

「奈良の魅力」は市街地のすぐそばに世界遺産を含んだ「奈良公園」があるという事だと思います。 そういう意味で世界遺産とビルは、景観的に切り離すことが出来ないものであります。 これからの「奈良らしい景観」とは、ビルを含めた新しい景観であってもいいですね。 若草山の景色は少々の建築物には十分勝てます。 あのインパクトのある奈良県庁も霞んでいますから(笑) 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

奈良ビブレ跡地 高さ制限が問題に

奈良ビブレが1月20日に閉店します。 夏頃までに解体されるみたいですが、その跡地にホテルを建設するという構想が浮上してきたそうです。
しかしその構想には「高さの壁」がありました。

msn産経ニュース 2013.1.19 http://sankei.jp.msn.com/region/news/130119/nar13011902180002-n1.htm

以下引用

奈良ビブレあす閉店 夏頃までに取り壊し 跡地にホテル構想も

 20年以上にわたって地元に親しまれてきた近鉄奈良駅(奈良市)近くの商業施設「奈良ビブレ」が20日、閉店する。現在の建物は夏頃までに取り壊されることが決まり、跡地にはホテル建設構想も浮上しているが、市の高さ規制などもあって具体化せず、難航している。

                   ◇

 運営する「イオンリテール」(千葉市)によると、閉店日には特別なイベントを予定しておらず、通常通り午後8時まで営業するという。一方、テナントでは閉店を見据え、早い店では昨年10月から売り尽くしセールを実施している。

 閉店後、1カ月程度はテナントの店舗の撤収作業が続き、夏頃をめどに建物は解体される。

 関係者によると、跡地利用では、フィットネスクラブや高級ブランド店などを兼ね備えたホテルを建設する構想が浮上している。しかし、この一帯は景観保全のため、市の都市計画で建物の高さを20メートルまでに制限しており、現状では構想実現は難しいという。

 市の担当者は「規制を緩和する場合、市全体で見直す必要があり、すぐに変更することは難しい」と話している。

 奈良ビブレの土地・建物を所有する不動産会社「浅川ハーベストビル」の浅川哲弥社長は産経新聞の取材に対し、「現時点で跡地について公表できることはないが、奈良の町が元気になるような施設にしたい」と話した。

 跡地利用をめぐっては、地元商店街が昨年9月、「市中心部の商業集積の核となる場所で、商業施設を中心に利用を考えてほしい」などとする要望書をイオンリテールに提出している。

 奈良ビブレは平成2年、スーパーの旧「ニチイ奈良店」から衣替えして開業。地上4階・地下1階で、売り場面積は約1万1800平方メートル。服飾や雑貨などの店が入り、若者らの人気を集めてきたが、近年は郊外型の大型商業施設進出などに押され、売り上げはピーク時の半分以下に落ち込んでいた。



近鉄奈良駅周辺は奈良市の都市計画で高さを20メートルに規制されている とのこと。 (高度地区・防火・準防火地域指定図
近くに近鉄奈良駅ビルがあるのですが、おそらく規制前に建設されたのだと思うので高さ制限には引っかからないのでしょう。 結構高さはあると思いますけどね。 それにしても「ホテル建設構想」があるのに実現が難しい というのは残念ですね。 おそらく跡地利用が商業施設以外 という事になれば、近鉄奈良駅周辺の賑わいは厳しいものになるでしょうね。





平城宮跡第二次大極殿跡より撮影したものですが、近鉄奈良駅周辺は若草山・東大寺よりもずっと右の方にずれていますね。 あまり景観には影響しないと思いますが…。





興福寺五重塔が見えなくなるかもしれません。 ただ今でもビルとビルの間にかすかに見える程度なので全体の景観から見るとそれほど影響はないでしょう。 絶対に五重塔が見えないといけないのなら話は別ですが(笑)


このように見ると高さ制限の緩和は可能なように思えます。 ただこれは平城宮跡からの遠望であって、他の場所からの景観への影響はまだわかりません。 薬師寺大池からの遠景などはどうなんでしょうかね。 しかし以前に当ブログ「景観について」で書いたように景観問題はどこまで許容できるかということだと思います。 絶対反対では観光都市としては成り立ちません。 民間の意見も聞いて高さ制限緩和の可否などを早急に検討していってもらいたいと思います。

奈良県の決算審査(平成24年10月16日)で奈良県の荒井知事は、近鉄による近鉄奈良駅前のホテル建設について次のように答弁しています。
荻田議員 「近鉄は高さ制限がなければ近鉄奈良駅周辺にホテルを建設するという意思をもっている。 近鉄との話し合いはどうなっているのか。」
荒井知事 「近鉄奈良駅周辺の高さは景観を阻害するので私は(高さ制限の緩和は)賛成ではない というやりとりがあった。」
奈良県議会議会中継より

近鉄も駅前周辺にホテルを建設する意思はあるみたいですね。 やはり「高さ制限の緩和」がひとつのキーワードになると思います。 高さ制限は奈良市の管轄らしいので奈良市長に早急に検討をお願いしたいと思います。

「奈良ビブレ閉店」は奈良県民にとってショックな出来事ではありましたが、「奈良の問題点」が一つ明らかになりました。 これをどう解決していくか。 これからの「奈良の未来」を決める重要な決定になりそうですね。 若手の奈良市長にはこれからの奈良を背負う「若者」の代表として決断して欲しいですね。(笑)






コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

行基広場屋根設置について

近鉄奈良駅前行基広場の屋根の設置についてやっと動きがあったみたいです。

奈良県ホームページhttp://www.pref.nara.jp/dd_aspx_itemid-87704.htm#itemid87704

以下引用

近鉄奈良駅前行基広場屋根設置工事について

県では、奈良観光の玄関口である近鉄奈良駅周辺において、県民や観光客等の方々の利便性の高い環境づくりを進めたいと考え、待合い空間としての機能向上を図る取組の一環として、行基広場の屋根設置を計画しました。
屋根設置に向けて、関係機関と協議を行って参りましたが、屋根設置に必要となる手続が完了いたしましたので、工事の発注手続を進めることといたします。
今後は、関係機関や地元住民の皆様と調整を行いながら、工事完成に向けて事業を進めて参ります。


一部の住民の反対運動がありどうなるかと思っていましたが、設置工事に向け動き出してきたようです。

工事発注スケジュール
【入札公告予定】平成24年8月29日
【予 定 工 期】 平成24年10月中旬~平成25年3月下旬


来年の春には近鉄奈良駅前が大きく変わりそうです。 僕は以前に「奈良の将来像」で触れたみたいに、基本的には賛成です(デザインには若干不満もありますが)。
行基前で雨の日も待ち合わせが出来ますし、なによりも観光客にとって東向商店街に行くのに雨に濡れずに行けます。 奈良観光の最初の入口でずぶ濡れになれば、おもてなしもへったくれもありません。 奈良の玄関口なのであくまでも来訪者の立場になって考えなければいけないと思います。

         
                 奈良県ホームページより

         
                 奈良県ホームページより
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )