goo

外国人観光客

2011年に奈良県を訪れた外国人訪問(観光)客は、過去最高の前年に比べて4割弱に落ち込んだとの報道がありました。

YOMIURI ONLINE 2012.5.11
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nara/news/20120510-OYT8T01257.htm

 県によると11年、県内を訪れた外国人訪問(観光)客は推計23万6000人で韓国6万9600人、台湾3万5800人、中国2万7100人など。「平城遷都1300年祭」でにぎわい、過去最多の64万6000人を数えた10年の4割弱に落ち込み、10年前の水準に逆戻りした。海外でも大きく報じられた東日本大震災や福島第一原発事故の影響が大きいとみられる。
全国の外国人観光客のうち、奈良を訪れた人の割合を示す訪問率も3・8%と全国12位で、10年(7・5%、11位)より後退した。減少率は東京、京都、神奈川、千葉に次ぐワースト5位だった。


この記事で2つの事が気になりました。
 1.「平城遷都1300年祭」の行われた2010年の訪問客数が過去最多であった
 2.その10年でさえ訪問率が全国11位であった

1つ目で考えると全国的に話題となった1300年祭の年に過去最多になったという事は、奈良に話題が無ければ外国人観光客の増加は難しいという事です。 おそらくマスメディアに取り上げられないと外国人は奈良のことを知らないのでしょうね。 2つ目は国際観光都市を名乗っている奈良が全国11位(10年)であった、という事。 ミシュラングリーンガイドで三つ星をもらっている奈良。 交通インフラを含めて何か問題があるのでしょうね。

2つの事はいずれも奈良の国内外向けの情報発信が不足であることが原因であるように思います。 まず奈良の魅力を外国人に知ってもらわないといけません。 マスメディアを通じての発信は、外国人観光客にとってもその情報を得る大きなツールになると思います。 奈良の魅力とは何かをまず整理し、具体的にどのように発信すれば一番効果的かを検討していかなければいけないでしょうね。

奈良に外国人観光客を呼び込むにはいくつかの基本的なものがあると思います。
僕が考えるのは
 1.市街地に近い奈良公園の魅力
 2.奈良公園を歩き回る野生の鹿
 3.世界最大級の木造建築物大仏殿と奈良の大仏
 4.古代の国際都市であった平城京の平城宮跡(未整備)
 5.古いものと新しいものが融合したならまちの雑貨・カフェ
 6.謎の石造物 飛鳥
 7.外国人観光客は同じ文化圏のアジア人よりも欧米人を誘致
                              他

7は欧米人のほうが奈良に興味を持つように思っていますので。(フランスミシュランガイドでも明らか)
外国人の目線で奈良の魅力は何かを見つけていきたいですね。

奈良市内に五つある観光案内所の今年1~3月の案内実績が計約1万9700人と11年より400人増えるなど、回復の兆しも出てきたという。県観光局の久保田幸治局長は「日本の修学旅行にあたる海外の『教育旅行』の誘致などにも取り組み、目標達成に努力したい」と話す。

今年は回復の兆しが出てきてるようです。 奈良公園周辺を歩いてみると、確かに去年に比べて外国人観光客が増えているように思います。 電力不足という不安もありますが、国際観光都市の名に恥じないように将来を見据えた誘致活動をお願いしたいと思います。


  
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

関西の電力

今年の夏はどんな夏になるのでしょうか。
関西電力管内の電力が不足し、節電を見込んでもピーク時に約15%もの供給不足が生じるとされています。 この数字が正しいのか、またそもそも電力が本当に足りないのか僕にはよくわかりませんが、なんとなく計画停電という最悪のシナリオに進んでいっているような気がします。
僕は大飯原発の再稼動には賛成も反対もありません。 判断ができない、と言うほうが正しいかもしれません。 原発は一度事故を起こしたら取り返しのつかない危険なものですが、今の日本にとって無くてはならないものでもあります。 特に関西では約50%の電力を原子力に頼っていて、その原発がひとつも稼動していないということは素人の僕でもその大変さが分かります。 このまま再稼動しなければ関西の生活や経済は大変な影響をうけるでしょう。 かといって大きなリスクのある原発の稼動を簡単に認めていいのか。 難しい問題です。
ただ原発反対を主張している人に聞いてみたいのは、原発ゼロで本当にこの夏を乗り切れると思っているのか ですね。 そう思っているのならその根拠を教えてもらいたいです。 関電の出している数字が信用できないのと同じように、その根拠の数字が信用できなければ再稼動反対には同意できません。 お互い賛成の為の賛成、反対の為の反対ではなく、今後の日本のエネルギーに対して真剣に考えていって欲しいですね。 もちろん自分も考えていかないといけませんが。
関西の夏は暑いです。 その夏を今年はどう乗り越えていくのか。 関西の経済はどうなるのか。 今一番の関心事です。

今回は奈良の話題から外れましたが関西電力管内に奈良はあるので 奈良=関西 で考えました。 しかし大阪京都滋賀の首長の考えで関西全体のエネルギー対策が決まってしまうのは少し納得いかない気がしますが。 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )