goo

奈良市が「大和西大寺駅の周辺整備案」を発表


大和西大寺駅 北側駅前広場のイメージ図


以前より計画されていた「大和西大寺駅南北自由通路」と「南北駅前広場整備」の概要が奈良市より発表されました。
これにより大和西大寺駅の利便性が大幅にアップされるでしょうね。ただ平城宮跡内の「近鉄奈良線」の移設問題との関連はどうなるのでしょうね。


奈良新聞 2016.11.12 http://www.nara-np.co.jp/20161112094525.html

以下引用


駅舎一体で南北通路 - 北側改札口を撤去 押して自転車OK/近鉄大和西大寺駅の周辺整備

奈良市の近鉄大和西大寺駅周辺整備に伴い、歩行者専用道路として設置される「南北自由通路」が、駅舎と一体型の構造となることが決まり、11日、市が発表した。今月1日に鉄道事業者の近畿日本鉄道と仮基本協定を締結ており、関連議案を12月定例議会に提出する。

自由通路は、線路を跨(また)ぎ、 “分断”されている駅南北を結ぶ。当初は独立した形で設置を検討していたが、東日本大震災に伴い橋梁(きょうりょう)の耐震基準が改められたり、地元から「屋根付きにしてほしい」などの要望が出てきたことを受け、設計や構造の見直しなどが市と近鉄の間で進められていた…




南北自由通路(外観)のイメージ図




奈良新聞11/12付紙面によると自由通路は駅舎東端に増設する形になる模様。つまり駅舎は橋上化され、通路付近に改札口が設置される予定。




南北自由通路(内観)のイメージ図



整備が完成すれば南北の移動が便利になりますね。
何よりもやっとしっかりした駅になるかなと思います。

南側の駅前広場整備のイメージも発表されました。



南側駅前広場のイメージ図



長らく停滞していた南側整備もこれで完成ということでしょうね。


ひとつ気になるのは荒井知事が検討している「近鉄奈良線移設」との整合性。
荒井知事の構想では大和西大寺駅の高架化か地下化が前提であったと思います。
県と市の間で話が出来てるのでしょうかね。
そうであればこの計画案は是非とも完成してほしいものだと思います。
長年の大和西大寺駅の課題を解消し、重要な「ターミナル駅」としての役割を発展さしていってほしいですね。
コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )