goo

新成長戦略で、リニア大阪延伸前倒しを明記へ

政府の新成長戦略にリニアの大阪延伸前倒しが明記される、との動きが出てきたようです。
大阪までの早期開業が現実味を帯びてきました。


毎日新聞 2014.5.31 http://mainichi.jp/feature/news/20140531k0000e020213000c.html

以下引用

新成長戦略:リニア中央新幹線 大阪延伸前倒しを明記へ

 ◇無利子で貸し付け検討
 政府は6月にまとめる新たな成長戦略に、リニア中央新幹線の大阪延伸前倒しを明記する方向で最終調整に入った。現行計画のままでは、大阪など関西経済圏の地盤沈下が進みかねないと判断。2045年に予定してきた名古屋−大阪間開業を、可能な限り東京−名古屋間の27年に近づけるため、国が支援する姿勢を打ち出す。JR東海の単独事業から、政府支援の「国家プロジェクト」に格上げすることで、3大都市圏の均衡発展につなげたい考えだ。【永井大介、宮島寛】

 リニア延伸の前倒しについては、政府側がすでにJR東海幹部に接触し、支援の意向を伝えた。安倍晋三首相も「国家プロジェクトと言っていい」などとリニア新幹線への支援に前向きな考えを示している。

 具体的な支援内容は、成長戦略を決めた後、本格的に検討する。前倒しに必要なお金を無利子で貸し付けたり、名古屋−大阪間を国が建設した上で同社に引き渡し、元本分だけ負担してもらったりする案が有力だ。東京−名古屋間は計画通り、同社負担で建設する。

 JR東海は、ルートや駅の選定に対する政治介入を避けたいとの思惑から、国からの支援受け入れに慎重な姿勢を見せてきた。ただ、早期開業を求める声が、政府・与党内で高まっていることを踏まえ、支援策が提示された段階で「健全経営と安定配当を前提に」(柘植(つげ)康英社長)検討する方向だ。

 課題は財源をどうひねり出すか。名古屋−大阪間の事業費は約3兆6000億円にのぼる。政府内には、無利子融資の場合、国費支援は総額1000億円規模になるとの試算がある上、今後、金利が上昇すれば支援額が膨れ上がる可能性がある。さらに、政府・与党は北海道、北陸の両整備新幹線の開業前倒しを検討中。公共事業費の膨張を警戒する財務省の抵抗や、「リニアに使うお金があれば整備新幹線に回せ」との与党議員からの反発も予想される。

 前倒しを推進する政府・与党関係者は、東京−大阪間の開業で、17兆円もの経済効果が生まれるとの民間試算も示しながら「経済効果がコストを上回れば、将来の税収増などで国費負担は回収可能」と理解を求めていくことにしている。

 政府は元々、リニア中央新幹線を、全国新幹線鉄道整備法に基づき国費を投入して建設する予定だった。しかし財政難で実現のメドが立たなかったため、JR東海が07年、総事業費9兆円のリニアの全額自己資金での建設を表明。健全経営を維持するため、東京−名古屋間の先行開業を決めている。



東名間の着工を控え、一気に流れが加速してきました。
「国家プロジェクト」としての意味合いがはっきりしてきたように思います。
「同時開業」は厳しいかもしれませんが、「早期開業」はぜひとも実現して欲しいですね。 ただ実施するのはJR東海なので、この条件を飲むかはどうかはわかりませんが(笑)
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

県営プール跡地利用、少し前進?

奈良県が、県営プール跡地の「活用プロジェクト構想案」を発表しました。
県民の意見を聞いて、今秋にも民間事業者の募集を始めたいようですが、今回はうまくいくでしょうか。


奈良新聞 2014.5.16 http://www.nara-np.co.jp/20140516090004.html

以下一部引用

今秋にも事業者募集へ - 県営プール跡地

国際級ホテルを核とした県営プール跡地(奈良市三条大路1丁目)と旧奈良署用地の活用プロジェクト構想(約3・1ヘクタール)で、県は早ければ今夏~秋ごろにも、民間事業者の募集・選定方法を決める作業に着手する。一歩前進の格好で、滞在型観光地への変革に向け、「東京五輪が開催される平成32年を目標に、町開きができるように進めたい」(中尾晃史・県まちづくり推進局次長)としている。

 県がまとめた活用プロジェクト構想案について、今月16日から6月13日まで、県民の意見を募集する。寄せられた意見は、民間事業者の募集・選定手続きや事業者決定後のプロジェクトの推進にも生かす。



以下紙面より引用

構想案によると、予定地の活用は国際級ホテルを中心に10施設で構成される。

国際級ホテル=7~8階建て、200~300室
コンべンション施設=2千人程度の大会議場など
屋内イベント施設=音楽ライブや演劇
屋外多目的広場=大屋根を備えた全天候型
駐車場・駐輪場、バスターミナル=空港リムジンや都市間長距離バスの発着など
料飲・物販施設=既存の店舗へ人が流れる仕掛けも検討
映像アトラクション=最新技術の導入を検討、エンターテイメント性も確保
温浴施設=奈良時代の入浴施設「からふろ」を参考にした蒸し風呂も検討
移動式遊園地=小規模のアミューズメント空間
NHK奈良放送会館



壮大な計画ですね(笑) 本当にこれが実現すれば奈良にとってはプラスになるとは思いますけどね。

本来、奈良観光活性化の為の「ホテル誘致」であったはずなのに、「ホテル誘致」が目的化されてしまっているように思います。
別にホテルにこだわらず、NHK奈良放送会館を核とした「活用プロジェクト構想」でもいいんじゃないですかね。 NHK移転は大丈夫のようですし、もし仮に「ホテル誘致」が失敗すればこのプロジェクトはゼロになってしまいます。 それではもったいないですね。

ホテルはその地域が賑やかになれば自ずとやってくるように思います。
まず、ホテルを作りたいと思うような「環境作り」が大事ではないでしょうかね。
コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )