goo

奈良ドリームランド跡地 遊具類の解体来月から始まる

奈良ドリームランド跡地で動きがありました。
来月から遊具・施設等の解体作業が始まる、とのこと。
でも肝心の跡地利用はまだ決まってないらしいです。
この動き、謎ですね。



奈良新聞ニュース 2016.9.23 http://www.nara-np.co.jp/20160923085344.html


以下引用


遊具類、来月から解体 - 土地利用なお未定/奈良ドリームランド跡地

奈良市法蓮佐保山の奈良ドリームランド跡地(約29・8ヘクタール)に残された施設や遊具の解体作業が、来月から始まることが22日、関係者らの話で分かった。同園は平成18年に閉鎖され、現在は大阪市北区の不動産会社 「SKハウジング」が所有。跡地は正面入り口がバリケードなどで囲われているが、侵入者が後を絶たず、地元住民や県警が安全対策として工作物を撤去するよう要請していた。同社は奈良新聞社の取材に対し「土地利用については、まだ何も決まっていない」としている。

奈良ドリームランドは昭和36年7月 に開園。ピーク時の昭和40年代には年間150万~160万人が訪れるなど、県を代表する遊園地として人気を集めたが、娯楽の多様化などで次第に業績 が低迷。平成18年8月末に閉園した…




昨年11月、公売により大阪の不動産会社「SKハウジング」に売却されました。
その時も跡地利用は決まってなかったのですが、10ヶ月経って急に解体作業をおこなうのは何か不自然な気がしますね。
安全対策と言いますが今まで何もしてなかったのに何で急にと正直思います。
前の管理会社を含めると10年もあんな状態やったのにね(笑)

新たな開発の始まりだったらいいんですけどね。
でもここは規制ガチガチの場所。簡単には開発出来ません。
不動産会社はそれを承知で買っているので何か裏ワザみたいなものがあるのかもしれません。


奈良新聞9月23日付紙面によると

SKハウジングは「本来なら土地利用に伴い工事をするのが効率的だが、まずは解体を先行し、安全対策を取る」と説明


土地利用の効率性よりも安全対策を優先する、とのことらしいですが撤去費用も相当かかると思うのでにわかには信じられません。
やはり何かあるのかなと思っています、個人的には(笑)

施設撤去は雑木類の一部伐採もあり、1年程度かかるそうです。
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

奈良ドリームランド跡地「規制緩和せず」 仲川市長

奈良ドリームランド跡地の件で、仲川市長が記者会見の場で発言されたようです。
「規制緩和しない」
ますます再開発が不透明になりました。


NHK奈良ニュース 2015.11.13 http://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/2053136851.html?t=1447411279558

以下引用

遊園地跡地規制緩和せず

大阪の不動産会社が公売で落札した「奈良ドリームランド」の跡地について、奈良市の仲 川市長は、風致地区などに指定され開発が制限されている跡地の規制は緩和しない考えを 示しました。
平成18年に閉園した「奈良ドリームランド」の跡地は管理する不動産会社が固定資産税などを滞納したため奈良市が土地を差し押さえ、今月10日に行われた公売で大阪の不動産会社「SKハウジング」が7億3000万円で落札しました。
落札した会社は、跡地の今後の利用について明らかにしていませんが、跡地は風致地区や市街化調整区域に指定され、住宅やマンション、それにショッピングセンターやホテルなどの商業施設は建設できないよう開発が規制されています。
奈良市の仲川市長は13日の記者会見で、「用途に制限のある土地を買ったあとに、自由に家が建てられるようになるなら錬金術みたいな話になってしまう。規制を緩和すれば土地の評価が大幅に変わってしまうので許されるものではない。あくまで規制の範囲で開発を考えてほしい」と述べて奈良ドリームランドの跡地の規制を緩和しない方針を示しました。
その上で跡地の今後の利用については、「まちづくりの観点でも重要な場所なので、会社の考えを聞いたうえで協議や相談に対応していきたい」と述べました。



まだ落札した会社が再開発案を発表していないので何とも言えませんが、規制緩和なしでは相当厳しいように思います。
それにしても仲川市長の発言は唖然としますね。

規制を緩和すれば土地の評価が大幅に変わってしまうので許されるものではない

公売の後に規制緩和をするのが問題というのなら、なぜ公売前に緩和をすることを考えなかったのか。
緩和をすれば評価が上がるのなら、「市民の利益」という考えから規制緩和をするべきではなかったか。
入札が1件で最低価格で落札された結果をみると、仲川市長の判断は大いに疑問に感じます。

まだ言うと「まちづくりの観点でも重要な場所 」ならなぜ積極的に関与しないのか。
規制緩和もせずに「協議や相談に対応 」するのか。

何か訳がわかりませんね。仲川市長には「まちづくり」への想いというものがないんですかね。本当に残念です。


記者会見の記事なので発言はこれだけではないと思いますが、もっと市民に向き合った行政をして欲しいですね。そう言えば荒井知事に対しても前に同じようなことを書きましたが(笑)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

奈良ドリームランド跡地が落札。でも再開発の行方は・・・

奈良ドリームランド跡地の再公売が行われ、大阪のビル賃貸業者が落札しました。
しかしどんな「土地開発」になるのかは、今のところ「未定」ということです。


産経WEST 2015.11.10 http://www.sankei.com/west/news/151110/wst1511100032-n1.html

以下引用

奈良ドリームランド跡地、やっと落札7億3千万円 SKハウジングが再公売で…さてどんな再開発?

テーマパークの先駆けとして誕生したが、平成18年に閉園した奈良市の「奈良ドリームランド」跡地(約30ヘクタール)が10日、税金滞納による差し押さえ物件として奈良市による2度目の公売にかけられ、7億3千万円の最低入札価格でビル賃貸業「SKハウジング」(大阪市北区)に落札された。

昨年11月に行われた公売は今回と同条件だったが、放置された遊具の撤去に数億円かかることや、開発規制のためマンションや商業施設など収益性の高い建物が建てられないことが敬遠され、不成立に。だが、市中心部で甲子園球場8個分という広大な土地に市が提示した価格は「破格の安さ」(関係者)でもあり、公売後は市に20件以上の問い合わせがあったという。

落札したSKハウジングは、大阪を中心に貸しビル事業などを手掛けている。市によると、跡地は風致地区などに指定されているため、社会福祉施設やスポーツ施設など以 外は建設できないとされ、今後どのような再開発が行われるか注目される。



正式の落札は、納金されてからということらしいです。
そしてこの土地の跡地利用がこれで進んでいくか、といえばそうでもなさそうな気配です。

別の報道によれば、「土地の利用方法はまだ未定」とのこと。
今現在明らかに出来ないのかもしれませんが、どういう開発がなされるか分からなければ安心は出来ません。
規制でがんじがらめのこの土地をどうするのか、早く業者には明らかにして欲しいですね。
戸建もマンションも現状では建てられない、というのを承知の上で購入されるはずですから・・・。

この件では奈良市の行政責任は大きいと思います。
規制緩和を行わず公売を強行した、ということでもし市民の望まないような開発になったとすれば、それは奈良市民に対しての大きな「裏切り」です。
そもそも遊園地の跡地に「火葬場」という発想が出たことが考えられません。
やっぱり「大仏商法」的気質がまだまだあるんでしょうね。

こうなれば、仲川市長には落札業者と前向きに協議してもらってより良い「跡地利用」を目指して貰いたいですね。

最後に一言。
今回の公募で入札があったのはこの業者1件だったそうです。
仲川市長にはこの現実を噛み締めてこれからの行政を行って欲しいです。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

奈良ドリームランド跡地、再公売に

かなり久し振りの更新です。
奈良ドリームランド跡地が再び公売されるとの事。それも「規制の緩和」もなく、ほとんど去年と変わらない内容の公売らしいです。
この奈良市の「強気」は何か意味があるのでしょうか。


YOMIURI ONLINE 2015.9.30 http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150930-OYT1T50026.html

以下引用

「奈良ドリームランド」跡地、 再び公売を実施へ

2006年に閉園した遊園地「奈良ドリームランド」の跡地(約29・8ヘクタール)について、奈良市は11月10日に再び公売を実施する。

市は「利便性が高い一等地」として、見積価格を入札がなかった前回と同額で据え置く強気 の構えだ。だが、跡地開発には厳しい法規制があり、遊具の撤去費もかかるなど、懸念材料は依然として残されたままだ。

跡地は市内の不動産会社が所有していたが、固定資産税など約6億5000万円を滞納した ため、市は13年4月に土地や建物を差し押さえた。昨年11月、県が市町村と同時実施する「合同公売」にかけられたが、入札者はいなかった。

今回も合同公売で、午前10時40分~11時に入札を行い、すぐに開札する。見積価格は 変更せず、7億3000万円としている。

市滞納整理課によると、昨年11月の公売は空振りに終わったものの、話題になったことで 関心を示す不動産や開発業者、社会福祉法人など20以上の企業、団体から問い合わせが寄せられたという。

奈良県内最大の観光地・奈良公園に近く、近鉄奈良駅も徒歩圏内とあって、奥田晴久課長は 「価格を下げなくても入札に参加する業者はいるはず。売却しか考えていない」と言い切る。

だが、跡地は古都保存法に基づく歴史的風土保存区域、都市計画法の風致地区や市街化調整 区域などに指定され、マンションやショッピングセンターなどの開発は原則としてできない。可能なのは、図書館などの公共施設や福祉施設、スポーツ施設などに限られるという。仲川元庸市長は29日の定例記者会見で、「何でも開発できるようにするつもりはない」と、改めて規制の緩和を否定した。

跡地は現在、草が生い茂り、遊具もさびつくなど景観が悪化。約30の遊具や75の建物が 残り、撤去費は少なくとも数億円に上るとみられ、2回目の入札が実を結ぶかどうかは不透明だ。

(近藤修史)



去年の公売は入札が0件でした。その事が全国的に話題になり、ワイドショー等はこぞってこの件を取り上げていました。
廃墟化した遊園地の姿が映像的にインパクトが強く、この土地はこの先どうなるのかと多くの人に関心を与えたと思います。

そういう中での今回の公売。ほとんど同じ内容での公売であれば僕は疑問に感じます。
なぜ市民やマスコミからも指摘があった「規制緩和」を考えなかったのか。今のままでは用途が限られるこの土地が本当に売れると思っているのか。

去年の公売翌日の奈良新聞によると、

奈良市の税務室長と滞納整理課長が(公売不成立の)経緯を説明し、課長は「公売は成立しなかった。厳しい規制が主な原因と考えられる」と述べた。

と、厳しい規制の問題は把握しているように伝えてます。

それではなぜ、と思ってしまいますが読売の今回の記事には、去年の公売後「20以上の企業、団体から問い合わせが寄せられた」と書いてます。
つまり規制の事を承知の上でまだ興味がある企業団体が「20以上」あるということでしょうね。マスコミのおかげで全国的な「公売」になったかもしれません(笑)

奈良市が強気なのは有力な企業団体の問い合わせがあったのでしょうかね。
今のままではアウトレットのようなショッピングセンターは出来ません。でも遊園地跡地であるので、テーマパークは可能であるように思います。何とか賑わいのある開発であってほしいですね。奈良の活性化には絶対に必要です。

今回の公売で分かったのは、仲川市長はアウトレットの誘致には消極的だという事です。
残念ですね。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

奈良ドリームランド跡地の公売、入札ゼロ

ある程度予想はしてましたが、結果がわかれば少しショックですね。
仲川市長はこの廃墟をどうするつもりでしょうか。


Sankei Biz 2014.11.11 http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/141111/cpd1411111147010-n1.htm?view=pc

以下引用

テーマパークの先駆けとして誕生したものの、平成18年に 閉園した奈良市の「奈良ドリームランド」跡地(約30ヘク タール)が11日、税金滞納による差し押さえ物件として奈良 市による公売にかけられたが入札がなく、不成立となった。市 は価格などを再検討し、半年後にも再び公売にかける方針。

市は最低入札価格を7億3千万と掲示。土地単価は1平方 メートルあたり2433円で、近隣と比べ“破格”の安さだ。しかし阪神甲子園球場8個分に相当する広大な土地には厳重な建築規制があるうえ、遊具や建物のほとんどが放置されたままのため、撤去だけでも相当な費用が必要なことなどが敬遠された とみられる。

跡地は都市計画法の市街化調整区域にあたり、現状で設置可能なのは社会福祉施設やスポーツ施設ぐらい。市の担当者は 「残念。厳しい規制が主な原因だろう」とし、今後は価格の見直しも検討するという。

ドリームランドは昭和36年、木製のジェットコースターなど約30種類の遊具を備えるテーマパークとして開園。40年代の最盛期には約160万人が訪れたが、他のテーマパークと の競合などで来場者は減少。平成17年に所有者のダイエーが 奈良市内の不動産会社に運営会社を売却し、18年8月に閉園された。

市は運営会社が固定資産税を滞納したとして25年4月に土 地・建物を差し押さえ、今年9月下旬に公売の公告を開始。同社などによると滞納額は約6億5千万円に上るが、市の公売に反発し、返済の意向も示しているという。



この結果は予想出来ていたと思います…。奈良市には。
問題がわかっているのに何もしないということは、全然やる気がないということですね。
残念です。

JR奈良駅西口の市有地に続き、応募者ゼロ。
この危機感の無さが、奈良が発展出来ない理由でしょうね。
奈良市長の頭の中には、「奈良のカタチ(まちづくり)」は無いのでしょうか。
最初に当選された時に期待した「若者による奈良づくり」は期待したほうが間違いでした。
ドリームランド跡地に火葬場は、その発想から有り得ません(笑)

今後跡地は、どうなるのでしょうね。
荒井知事はこれにはタッチしないのでしょうか。
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ