タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

今年の暑季は熱いらしい、ナイターゴルフもいいね!

2019年02月20日 | タイのゴルフ、あれこれ
 
 3月に近づいて来ました。 タイの気温も これから徐々に上がっていきますヨ。

 

通常 タイの気候について、日本の観光ガイドブックなどには 暑季(3月~5月)、 雨季
(6月~10月)、乾季(11月~2月)と 紹介。 当然、これから暑くなっていきます。

ですが 欧米人は、ホッテスト(3月~5月)、ホッター(6月~10月)、ホット(11月~
2月)と 暑さの順に 三つの季節を そう呼んでいると聞いたことがあります。 順番に
「死ぬほど暑い季節」「かなり暑い季節」「暑い季節」と訳す欧米人もいるようです(笑)。

 

ところが今年の暑季は、本当に「死ぬほど暑い季節」になりそうですヨ。タイ気象局の
発表では「今年の夏は全国的に最高気温が43度に達する」との予測を出しています。

そして、暑季の平均気温が昨年を1度~2度上回るとの見通しで、バンコクの最高気温も
2月~3月が35~37度、4月~5月が36~38度に達すると予報しています(苦笑)。

 

そうなると、これからのゴルフで暑さ予防と熱中症が心配になります。近年はタイでも
ゴルフの最中、外国人が熱中症で病院に運ばれる人も 結構 いるよう。気をつけて下さい。

これからのシーズン、暑さに弱いゴルファーはナイターゴルフがお勧めかな。
夕方 涼しくなってからプレーするナイターゴルフ、タイではシーズンに入りますネ。

  

また一日2ランドしたい、時間を有効に使いたい、そんなゴルファーにはもってこい、でしょうネ。
他のゴルフ場でラウンドしてから、更に追加ラウンドしたいという熱心なゴルファーも 結構
おりますヨ。 そう、ツーサムでもプレーできますからリピーターも増えているようです。

 

ゴルファーには暑くも酷くなく涼しく、心地よい気分で楽しめます。特に これからのシーズンは
夕方以降でも雨の心配がありませんからネ。ただ 左右にボールが飛んでしまうゴルファーには、
結構 ロストボールが増えますので大変ですけどネ ・・・  池メンの私のことか(苦笑)。

照明を照らす主なエリアは フェアウェイの花道とグリーンですので、慣れているキャディさんだって
探しずらくなりますからネ。でも女性にも好評です。日焼けや紫外線の心配なし、早起きの必要なし、
通常より安い、比較的空いているのでゆっくりプレーできる 等々。また 幻想的な雰囲気も味わえます。

 

では、バンコク近郊で ナイター設備のあるゴルフ場って、どのくらいあるのでしょう。

バンコク近郊               ナコンパトム / パタヤ方面

サミット ウィンドミル GC        スワン ゴルフ&CC
パンヤ インドラ GC           レムチャバン インターナショナル GC
バンコク ゴルフ クラブ
パインハースト ゴルフ&CC
ムアン エーク ビスタGC
ラチャカム GC

他にありましたかねぇ~ タイのゴルフ通の方、 ご存知でしたら教えて下さいな ・・・

  

日本のゴルフ場は、スタート時間が18時以降と聞きますが、タイのスタート時間は
もっと早く、平日・土曜・休日 問わず、16時から17時くらいからでもプレー可能です。
多少 ゴルフ場によって違いますので、確認してから行った方が良いでしょうネ。

涼しくプレーできるし、土曜・休日しかプレーできないゴルファーなど、仕事帰りのプレーも
いいですネ。まだ ナイタープレーの経験のない方、話しのタネに 一度は 行っても良いかな 。  




「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 私は今日、”タンブン” を意識... | トップ | ドン・キホーテのタイ1号店... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
個人的な季節分類 (岡崎)
2019-02-20 10:40:32
タイにはミドルステイなので、正確ではありませんが・・・当方の季節分類は次の通りです。
●暑季(2月下旬~5月上旬)・・・1年で一番気温が高い季節ですが、日本の7月、8月の猛暑ほどではなく、ゴルフも傘を差せば問題なくプレーできます。ただし、短期旅行者は熱中症にご注意ください。
4月下旬頃から、ドリアン、マンゴスチン、ランブータンなど南国特有のフルーツが出回る時期になります。
●雨季①(5月中旬~7月上旬)・・・バンコクは5月中旬に雨期入りしますが、7月上旬までは残暑が残り、気温が高めです。
●雨季②(7月中旬~9月上旬)・・・残暑が終わり、凌ぎやすい気温になります。雨季ですが降水量が少なく(スコールが降っても1時間以内)、ゴルフや観光には支障がありません。特に8月は、日本の猛暑を避けて、タイへ避暑に出かけるのがお勧めです。
●雨季③(9月中旬~10月)・・・雨季本番となります。降水量が増え、シトシト長雨が降ることもあり、アユタヤ、バンコクでは洪水騒ぎが起こる季節になります。かと言って、ゴルフが雨で中止になるのは2~3日程度です。
●乾季(11月~12月中旬)・・・雨季が終わり、太陽の日差しが強くなり、気温が高い日が続きます。暑季の次に熱い季節になります。観光のベストシーズンと言われますが意外と熱い日が続きます。
●寒季(12月中旬~2月中旬)・・・日中は日本の初夏のように快適な気候になります。夜間は涼しすぎて、掛布団が欲しくなる季節です。
海やプールに入るには水温が低すぎて躊躇します。ゴルフには最適なシーズンですが、欧米からの避寒客が多く、ゴルフ場が混雑します。
岡崎さんへ (nagaichi)
2019-02-24 09:00:27
詳しい内容の所感と情報を有難うございます。
とても参考になっております。
これからも、どうぞ宜しくお願いします。

コメントを投稿

タイのゴルフ、あれこれ」カテゴリの最新記事