タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

日タイの「プロ選手対抗戦」が明日から始まる!

2018年12月20日 | タイのゴルフ、あれこれ
 
 私は いつか 日韓の女子ゴルフ対抗戦のように、“タイと日本で同じようなトーナメントが
開催されたらいいなぁ~” と、常々 願っていました。それが実現します。こんなに早く ・・・

しかも男女一緒で、両国を代表するアマ選手まで出場します。明日21日から三日間、
日本選抜とタイ選抜の対抗戦「 第1回 アマタ フレンドシップカップ」の開幕です。

 

タイのアマタ スプリングCCを舞台に、男女それぞれプロ5人、アマチュア1人の計12人が出場します。 
タイにいるタイ人・日本人ゴルファー初め、こんな理想的なトーナメントの企画を誰が予測したでしょう。

出場選手は下記の通りです。 私も日本人ですから日本の選手から書きたいのですが、顔ぶれを
見て、今の実力からすると タイ選手のほうが上ですので、タイの代表選手から書きます(笑)。
そして、世界的に見て 男子より女子の方が格上ですので、女子から書きますネ(苦笑)。

 
 <両国のキャプテン>

女子キャプテン:ヴィラダ・ニラパスポンポーン、古閑美保。
男子キャプテン:ブンチュウ・ランキット、尾崎直道。

タイの女子は、アリヤ・ジュタヌガーン、モリヤ・ジュタヌガーン、ポルナノン・ファトラム、
ティダパ・スワンナプーラ、パンナラット・タナポルブーンヤラス、アタヤ・ティティクル(アマ)。
日本の女子は、畑岡奈紗、福田真未、川岸史果、原英莉花、小祝さくら、吉田優利(麗澤高3年)。

タイの男子は、プラヤド・マークセン、トンチャイ・ジェイディ、キラデク・アフィバーンラト、
ジャズ・ジェーンワタナノンド、プロム・ミーサワット、サドム・ケーオカンジャナ(アマ)。
日本の選手は、小平智、谷原秀人、川村昌弘、時松隆光、市原弘大、桂川有人(日本大2年)。

 
 <タイの代表選手>

メンバーを見ると、タイの選手は男女とも欧米・日本で大活躍している選手ばかりです。
どのような基準で選ばれたのか分りませんが、日本で3勝もしているO・サタヤ選手が
入っていないのは残念ですネ。 スケジュールの問題もあったのでしょうネ。

日本の男子も欧米で活躍している小平智、谷原秀人プロ。欧州とアジアでも頑張っている川村昌弘、
市原弘大プロと素晴らしい人選です。 川村昌弘プロは欧州ツアーでもQTを通っていますしネ。

 
 <アマタスプリングCC>

試合形式は男女混合のマッチプレーで、1日目 午前にフォアサム4試合、午後にフォアボール
4試合、2日目 午前にフォアサム4試合、午後にフォアボール4試合、最終日にシングルス戦と
ライダーカップ形式で行なわれます。 しかし、開催されるタイミングが良いですネ。

アリヤ・ジュタヌガーン選手は世界ランク1位になって、タイでの凱旋試合となりますからねぇ~
お姉さんのモリヤ選手だって、今年 初優勝しています。日本の選手では、アジアンツアーなどを

 
 <市原弘大プロ>

通して、長くタイのゴルフに関わっている市原弘大プロも今季、日本のメジャーで初優勝し2勝目も
勝ち取りました。 市原弘大プロだって、ある意味 凱旋試合であり、さぞかし嬉しい出場でしょう。 

私も明日から観戦の準備は整っています。三日間 通して行けるかどうか、分りませんが、
応援観戦に行きます。 追って 当ブログで報告させていただきますネ。  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  

  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 母国語を持っているというこ... | トップ | タイは「ゴルフが盛ん」とい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのゴルフ、あれこれ」カテゴリの最新記事