タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

LIVゴルフに出場中の選手会長に多くの批判が出ている?

2022年07月29日 | 海外ツアーあれこれ

 グレッグ・ノーマン氏(豪州)率いる新リーグ『LIVゴルフ』のLIV招待シリーズ第3戦が

29日から三日間の日程で行なわれます。 会場は米国ニュージャージー州にある元大統領の

トラップ氏 所有の「トランプナショナル GC ベドミンスター(7,591ヤード パー71))」です。

 

大会は三日間54ホールのストロークプレーによる個人戦と、四人1組での団体戦を同時

進行させ、12組48人が参戦します。 団体戦は初日と二日目は各組上位2人のスコアを

合算、最終日は同3人のスコアを合わせた三日間の通算ストローク数で競います。

 

優勝賞金は個人戦が400万ドル(約5億5,000万円)、団体戦は300万ドル(約4億

1,000万円)。日本勢は第2戦に続き、谷原秀人プロがキャプテンを務め、木下稜介・

稲森佑貴・香妻陣一朗プロらが参戦。「トルクGC」のチーム名で団体戦に臨みます。

 

サウジアラビアの潤沢なオイルマネーを背景に設立されたLIVゴルフですが、出場を

続けている日本勢も獲得賞金には面喰っているようですヨ。 米国オレゴン州のポート

 

ランドで行なわれた「LIVゴルフ」の第2戦に、同じく四人の日本勢が出場しました。

そこで、特に顕著だったのは、単独6位に入った28歳の香妻陣一朗プロでしょうネ。

 

獲得賞金は6位で、なんと80万ドル(約1億800万円)ですからネ。そうでした、香妻

陣一朗プロが通算2勝目を挙げた今季の日本ツアー「東建ホームメイトカップ」の賞金が

 総額でですヨ、1億3,000万円でしたから、いかに凄まじい優勝賞金かが分かります。

 

人の懐具合なんてどうでもいいですが、香妻プロが今季の日本ツアー6試合で獲得した

賞金は、約3,238万円です。約三倍もの金額を54ホールで稼いでしまいました。因みに、

 

日本ツアーでの生涯獲得賞金が約2億660万円となっており、それの約50%をゲットする

荒稼ぎ(失礼)でした。本人も吃驚です。 そりゃ~ 誰でも出場したくなりますよねぇ~

 

「LIVゴルフ」での第2戦の日本勢四人の結果と獲得賞金は ・・・

6位    香妻陣一朗  80万ドル(約1億800万円)

11位タイ  稲森佑貴   37万4000ドル(約5,000万円)

16位タイ  谷原秀人   22万3600ドル(約3,000万円)

23位タイ  木下稜介   16万8000ドル(約2,200万円)

 

獲得賞金で大喜びする日本勢選手を尻目に、先頭に立っている谷原秀人プロに関係者から批判が

噴出していましたネ。男子プロの再興の音頭をとるべき選手会長が、“日本のツアーを ほっぽり

出して、海外の高額ツアーに参戦しているのは何事か” ということでしょうネ。明日に続きます。  


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 非常事態宣言が19回目の延長... | トップ | LIVゴルフに出場中の選手会長... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

海外ツアーあれこれ」カテゴリの最新記事